変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

5月まとめ

今日はこちらを買いました。
押絵と旅する男

江戸川乱歩「江戸川乱歩全集 第5巻 押絵と旅する男」
積読が一桁になったら買いたいと思っていたのですが、この調子ではいつまで経っても無理そうなので、とりあえず買ってみました。買ったというか、JCBのポイントを使ってbk-1で引き換えですので無料です。ふふふ。5巻にしたのは「盲獣」が載っているからです。


5月まとめ

買った本 36冊
読んだ本 30冊     ※漫画、雑誌は含まない、ラノベは含む。

うーん、なかなかラノベ以外の本が読めません。

今読んでいる本 川本静子「ガヴァネス(女家庭教師) ヴィクトリア時代の<余った>女たち」

積読はあと43冊(こちらにはラノベ含まず)。
5月在庫



明日と明後日はお休みします。

disc2

今日はこちらを買いました。
disc2.jpg

田尾典丈「ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc2」 ファミ通文庫

前作で、辛くも一度は消えたヒロイン達を取り戻した主人公。その為彼女達は自身が虚構の世界から生み出された存在だと認識してしまう。
が、それはそれとして主人公と仲良く過ごしていく日々。
そんなある日主人公の本当の幼馴染が現れ虚構出身の姉妹、幼馴染とご対面。
自分の記憶にない主人公の関係者を不審に思うリアル幼馴染、
辻褄あわせに生きた心地のしない主人公、
所詮自分と主人公との記憶は作り物なのかと落ち込む虚構出身幼馴染、
主人公の「ギャルゲー脳」思考にブチ切れるクラスメイト、
そして騒動の中、別のギャルゲー由来と思われる現象が顕現しはじめる…

今回はシュールさ&SF度がアップ。二つのゲームの無茶設定がぶつかりあう様はナンと言ったらよろしいやら。ふと昔読んだ子供向け雑誌の「ライオンとティラノサウルス、戦ったらどちらが強い?」という特集を思い出しました(チームプレイでライオンの勝ちだそうです)。

前作は学園系、今回は伝奇系のゲームが主題でしたが、次回はファンタジー系をなんとかならないでしょうかね。



ドンキホーテでダウニーを買ってきました。
ダウニー

二人暮らしなので家事は分担。洗濯は私の仕事です。ですから柔軟剤も私好みの物を選びます。
とりあえず今回も一度使用して部屋干ししてみました。
うーん、鼻が痛くなるほど匂う。やはり柔軟剤はこうでなくては。



今日は他にもフランシス・ロビンソン「ムガル皇帝歴代誌」を読みました。積読はあと42冊。



九連宝燈

2chを見ているとこんなニュースが…

【麻雀】九連宝燈を親ヅモ!! ミスター麻雀、小島武夫が公式戦オーラスで逆転の闘牌を魅せる

詳細はバビィこと馬場裕一さんのブログを参照。

これはスゲェ、個人的には19:00のNHKニュースで取り上げてもおかしくはない話題だ。しかも公式戦二回目かよ。
小島プロ長生きしてください。



麻雀といえば、私のお気に入り動画の一つ。

もう二年ほど前の作品です。
全体的に非常にクオリティが高いのですが、特に長門さんがチートで国士無双をロンするシーンが最高です。

だらだら週末記

帰宅すると「ハルヒちゃん」のDVDが届いていました。アニメのDVD買うのは久しぶりです。
ハルヒちゃん

「ハルヒちゃん」はあともう少しだけ続いてほしかったです。
本編で「笹の葉ラプソディ」が公開されたのに続いて、何度も朝比奈さんを気絶させる朝比奈さん(大)が観たかった…。
南の島で長門さんと一緒に傍観者を決めこむ喜緑さんが観たかった…。


今回の「けいおん!」は駄目先輩共に共感度300%でした。最近職場で机に座ってもやる気が起きません。取り掛かればあとはなんとかなるのですが、それまでがねえ。とりあえずコーヒーでも飲んで気分転換、と日に何度コーヒー飲めば気が済むのやら。却下されるのが100%確実な設備導入のプレゼン資料とか作りたくありません。
でもあずにゃんは頑張るのですよ。キレモノの部下がいると怠け者の先輩は非常に楽です(しみじみと)。


戦国ランスは正史ルート、上杉ルートをクリアして現在南条蘭ルートを攻略中。流石に3周目となると手際が良くなります。今度こそは毛利三姉妹と仲良くなるのだ。

時代は替わる ~温帯逝く

昨日は一日ネットのつながらない環境だったので、今日出社後色々チェックをしていたのですが、その中で
「栗本薫さん死去」
というニュースが目に入り、朝っぱらから結構動揺しました。だって早すぎるじゃないですか。

我々の世代で栗本薫さんといえば、田中芳樹さん、菊地秀行さんらと並ぶ人気作家でした。

そういえば雑誌「ファンロード」で三者の比較と題してネタにされていたこともありましたっけ。


自作のやおい同人誌を見て

激怒するのが田中芳樹先生
黙認するのが菊地秀行先生
奨励するのが栗本薫先生


と、こんな感じだったと思います。読んだ時には深く納得してしまったものです。


…しかし、私お恥ずかしい限りですが、肝心の栗本温帯の本はほとんど読んだことがありません。
読んだことがあるのはこちら
天狼星

「天狼星」Ⅰ、Ⅱ のみ。
この作品後にシリーズ化されたようですが、果たして伊集院大介とシリウスとの対決はどのような結末を迎えたのでしょうか。

どちらかというと私は「中島梓」名義の方が馴染み深いです。「象印クイズ ヒントでピント」は毎週観ていました。

御冥福をお祈り致します。



今日は青木道彦「エリザベスⅠ世」と深沢秋男「旗本夫人が見た江戸のたそがれ」を読みました。
積読はあと43冊。

買い溜めラノベ読了

今日はこちらを読みました。
鉄球王エミリー

八薙玉造「鉄球王エミリー 鉄球姫エミリー第五幕」 スーパーダッシュ文庫

今月の頭から読み始めたシリーズですが、タイミングよく最終巻が発売されました。
今回は王国の存亡を賭けた大決戦、レギュラーキャラが何人生き残れるかと心配しましたが、ラストのご祝儀でしょうか、満身創痍ながらもなんとか全員生き残ることができてなによりです。
物語はこれで終了ですが、欲を言えば次は隣国に討って出る続編が読みたかったです。これまでは規模は違えども、全てエミリー側が守勢で苦戦する展開でしたので、ご自慢の鉄球をふるって他国を蹂躙するような話も悪くはないのではないかなと。



今日は他に
ラヴクラフト「ラヴクラフト全集」6と
「クトゥルー神話の本」を読みました。
「ラヴクラフト全集」は全て同じ人の訳なのですが、なぜか話によって固有名詞の読み方が異なることがあります。
クトゥルーとクルウルウ、ルルイエとル・リエー、ニャルラトホテプとナイアルラトホテップ、とか。
ラヴクラフトは故意に読みにくい綴りにしてあるそうですが、訳した時期が少し違うのかもしれませんね。
とある理由により、這いよる混沌な人の呼名は断然「ニャルラトホテプ」を支持します。他のはどれでもいいです。


積読はあと45冊。


明日はお休みします。

はわわ、ご主人様、敵が来ちゃいました!

第738回のトラックバックテーマが「玄徳は綺麗にしてますか?」に見えて、
なんだよ、そのBL風味なテーマは?と思ってしましました。
ああ、玄関ですね。私少し疲れていますね。

もう寝よう、明日も早いし。

やりやがった…(色んな意味で)

今日はこちらの二冊を読みました。
今日読んだ二冊

樋口司「ぴにおん!」3 MF文庫J
サイキック学園モノですが、バトルは無し(主人公はボコられます)。今回も趣向が凝らされていました。タイムトラベルネタはこれまで様々なタイトルで使用されていますが、味付け次第ではまだまだ美味しくいただけることが確認できました。与四郎少年が、バカはバカなりに最善を尽くそうと必死になっているところも好感が持てますね。
あと、こちらの口絵ですが、
まだ早いっスよ

最初見た時は、またまたこんな性行為を連想させるような思わせぶりなものを…、とか思っていたのですが、、、そのまんまでした。
最後までできたかどうか興味のおありの方はぜひご一読をお勧めします。イラストはクセがありますが面白いですよ。(ヒント:できませんでした)


餅月望 「小学星のプリンセス☆3 わたしたち、けっこんします!!」
今回は完結篇。
前回までの展開でもう二人の間にわだかまりは微塵もありません。一緒にいると延々とキャッキャウフフをやりやがります。
今回の障害は中学星の王子様、ルリスを拉致って強引に結婚式を挙げようとします。貢たち御一行は、そうはさせじと小学星に居るルリスの姉達に助力を請い、近衛隊を動員して救出にむかいます。
宇宙戦闘艇、宇宙要塞戦、要塞内での白兵戦、おお、3巻はスペースオペラだ!ローゼンリッターだ、シェーンコップ中将がおるぞ!
邪魔者を駆逐した二人はめでたくゴールイン。物語は幕を閉じ…ません。

少し話しは変わりますが、昔動物園にレオポンとか、ライガーとかっていう動物がいましたよね。同じネコ科同士ならある程度は繁殖可能のようですね。
うーん、…、子供の名前は15人まで考えていたと作中で貢君は言ってましたね。じゃあ、あと14人は大丈夫ですね。
めでたしめでたし。

またクーペに乗りたい…

三代目プリウスが発売されて、トヨタのディーラーはどこも盛況のようですね。今日通りかかった近所の「トヨタ店」では一緒にインサイトも展示していました。比べてみろ、ということですか。凄い自信ですが、さてさて。

土曜日に高松商店街の広場でレクサスの展示会をやっていました。私の目を引いたのはISのクーペ、
ISクーペ
写真と同じく赤いボディに真っ白な内装。近くで見ると意外とデカイ。
大体なんですかあの白い革を張りまくった内装は。あれじゃ毎回車乗る前に風呂入って服着替えないといけないじゃないですか。悔しいのでアニメイトの袋を提げたままジーパンで乗り込んでやりましたよ、ええ。…丁寧に乗ったので傷とか汚れとかは付いていないと思います。
総額600万ですか。
買うだけなら、、なんとか、、なる、かも。

全部は読めませんでした

昨日買ってきたラノベを今日中に全部読むつもりでしたが、結局読めたのは6冊だけでした。
本日読了

おかざき登「二人で始める世界征服」3 
3巻にしてようやく領土獲得ですか。委員長の軽い百合疑惑もあったりして、今回も楽しい展開でした。
主人公側の当面の敵となるような存在も出てきましたが、とりあえずはどうでもいいです。
ただ言っておきたいことは、私は「片桐ありす」派です。
以上。

比嘉智康「ギャルゴ!!!!!」1~5
5巻は今日買ってきました。
その妙なタイトル故に今まで手を出していませんでしたが、これは面白い。一気に5冊読みました。
お話はいわゆる学園退魔モノ(何がいわゆるだ)。自分の力に気付いた主人公がヒトクセもフタクセもある仲間達と学園やご町内に潜む人外と戦います。
まず登場人物が個性的ですね。相棒の「人形のエアリス」、「ドーベルマンのかま子」「突っ張り棒使いのライム」は無論ですが、ステレオタイプっぽいキャラでも何かしら+αがあります。
お話も伏線の張り方や緩急の付け方が丁寧で読み手を飽きさせません。1巻の終盤から黒幕の存在と重い展開を匂わせるのですが、基本的にはユルいコメディタッチのお話です。3巻の「巨乳風邪」は最高でした。5巻はお話も佳境に入ってきたためか、「漂流教室」&圧倒的に強い黒幕からの逃避行で少々しんどい展開でしたが、こちらも終盤の意外な結末が効いています。さて次巻はどうなることやら。
イラストも良し!ヒロインの「シャア専用機」のようなアホ毛も許容範囲です。



消費は美徳2009

ハルヒの新作を観ることができてご機嫌な私。
今日はその余勢というわけでもありませんが、色々買ってきました。


アニメイト
アニメイト
比嘉智康「ギャルゴ!!!!!2 地域限定焼餅大全」
おかざき登「二人で始める世界征服」3
樋口司「ぴにおん!」3
ここまでMF文庫J
餅月望「小学星のプリンセス3 わたしたち、けっこんします!!」
八薙玉造「鉄球王エミリー 鉄球姫エミリー第五幕」
ここまでスーパーダッシュ文庫


宮脇書店
宮脇書店
比嘉智康「ギャルゴ!!!!!3 地上最強G級大全」「ギャルゴ!!!!!4 地獄天国直通大全」 MF文庫J
「クトゥルウー神話の本」 学研
A.ダヴィッド=ネール「パリジェンヌのラサ旅行」1 東洋文庫


リバー書房
リバー書房
川本静子「ガヴァネス(女家庭教師) ヴィクトリア時代の<余った女>たち」
長崎暢子「インド大反乱 一八五七年」
中公新書


BOOKOFF
ブコフ
青木道彦「エリザベスⅠ世」 講談社現代新書
深沢秋男「旗本夫人が見た江戸のたそがれ 井関隆子のエスプリ日記」 文春新書


ラノベは明日中には読むつもりです。
他の本はシラネ。


宮脇書店ではこちらを立読みしました。
GAマガジン VOL.2 (SOFTBANK MOOK)GAマガジン VOL.2 (SOFTBANK MOOK)
(2009/05/21)
不明

商品詳細を見る

「ニャル子さん」の短編が載っていたのです。続編が出るのは大変結構なことですね。

しかしなあ…、今回こんなセリフがありました。


ニャル子:「ドムゴォォ」
真尋:「どこの高次元の神だよ」


…ゴッドサイダー懐かしいですね。もしかしてラノベの主要読者層って30代なんだろうか、最近そのように思えてきました。


買物の後はスターバックスで休憩。奥殿がストラップを買ってくれましたので、早速携帯に付けてみました。
スターバックス
ちゃんとコーヒーのような液体と氷のような物が入っているのがポイント高いです。
夫婦お揃いです。




やったー!新作ダー!

イコン
ネットで拾った画像を貼り付けてみました。製作者の方ごめんなさい。私の今の気分を表す良い絵でしたのでつい。

結局朝起きたら観れました。「笹の葉ラプソディ」
いやー、「消失」篇の第一話を飾るのにふさわしい出来でしたね。このまま時系列順で行くのなら次回新作「エンドレスエイト」は来月後半ですか。気長に待つとしましょう。

今回新作は14話と聞いていますが、一体どこまで話を進めるつもりでしょうか。「ひとめぼれLOVER」と「雪山症候群」まではぜひやってもらいたいところです。この二つのエピソード抜きの「消失」などまるでクリープの入っていないコーヒーのようなものですから。
他にも、「溜息」は入れるのか、今回もオリジナルエピソードはあるのか等々、興味は尽きません。
これで放映中に「驚愕」を発売してくれたら完璧なのですが、どうにかなりませんか角川並びに谷川さん。

次回「エンドレスエイト」には新OPも入っていたらいいなあ。

ノークレーム・ノーリターンでお願いします。

会社がマスクを支給してくれました。
(従業員+その家族)×25枚。
私は50枚貰いました。
正直マスクでインフルエンザが防げるとは思いませんが、そのお心遣いはありがたく頂戴致します。今度風邪でも引いたら使わせて頂きます。


しかし、ヤフオクとか見てたら今マスクって結構値上がりしてるのね。1枚あたり約100円か…
よこなが…、
いやいやいや。

さーて、今週のハルヒさんはぁ、

おはようございます。

いつも通り4時半に起きてきました。
「笹の葉ラプソディ」は本当に放映されたのだろうか。誰か一部でもニコニコあたりにUPしていないかなあ、とニコニコ、YouTubeあたりを物色してみましたが…
よく考えると、最短の放送日は21日の0時40分じやなくて、24時40分。なんだ明日じゃないか。俺頭悪ぅー。

代わりといってはなんですが、こんなのを見つけました。

【手描き】らき☆すたで涼宮ハルヒの憂鬱OPパロ

クオリティ高いなあ。眠気ざましになりました。

ペルシャ

今日はお小遣いを下ろしてきました。

以前より欲しい本があったので次に紀伊國屋書店へ。新刊コーナーその他諸々を物色するが…、
むむ、無い。
宮脇書店には置いてあったのに。素直にそちらに行けば良かったかな。ちなみに欲しかった本はこちらです。
トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界―ムーミントロールの誕生トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界―ムーミントロールの誕生
(2009/05)
冨原 眞弓

商品詳細を見る


仕方がないので他にも何かないかと覗いてみました。するとこんな本を見つけました。
ムガル皇帝歴代誌
フランシス・ロビンソン「ムガル皇帝歴代誌」創元社
創元社のシリーズ物で、他には中国皇帝、ローマ皇帝、ファラオとかが出版されているみたいです。
本書は表題のムガル皇帝の列伝だけではなく、帯によりますと、


チンギス・ハーンの後継者たち
イル・ハーン国、ティムール朝、ムガル帝国…。
空前の大帝国モンゴルの滅亡後、13世紀から20世紀にかけ、インド・イラン・中央アジアに誕生した「ムガル(モンゴル)系イスラーム王朝」の700年の歴史と、101人の「皇帝」たちの生涯。


うおお、これは欲しい。少し高かったけど買いました。トーべ・ヤンソンはまた今度です。

本書はカラーページ、図版、写真も豊富で、とても読みやすくなっています。
サファヴィー朝

イスファハーン

以前からこんな本が欲しいと思っていました。中央アジア、イラン系の王朝を扱っているのは学術書が多く、素人趣味ではちょっとハードルが高いので。

今日からこの本を夜のお供に任命します。寝床で少しずつ読もう。

イランもホメイニ革命以降は戒律が厳しくなって地味になりましたが、それ以前は結構華やかな雰囲気もあったんですよね。
以下はシュトラッツの著作「女体の人種美」より。
ペルシャの女の子

ペルシャの女の子達
ペルシャの上流階級の女の子達です。
「ペルシャの女性は足が美しいので屋内では短いスカートで過ごします。屋外ではさらにズボンをはいてマントを着用します。」
と説明がありますが、本当かなあ。変態シュトラッツ先生、無理やりズボン脱がせてないかぁ。

これ以上の写真は法に触れますので自粛します。


他にもラノベの新規開拓を行いました。
ギャルゴ
比嘉智康「ギャルゴ!!!!! 地方都市伝説大全」MF文庫J

なんつータイトルだ…




ベネ(良し)!

おはようございます。

いつも通り4時半に起床し、眠気ざましにネットのチェックなどしておりますと、下記の記事が目にとまり…

テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」、噂の第2期エピソード「笹の葉ラプソディ」放送か

ほほう。

良しッ! ディ・モールト ディ・モールト(非常に 非常に)良いぞッ!

でも香川じゃやってないから配信待ちなんだよね。来週が待ち遠しいですな。

前作と混ぜて放映するということは、DVDの発売はどのような形式になるのでしょうか。こちらも前作と混ぜて巻数水増しというのは勘弁していただきたいところです。私、前作は日本・北米・台湾版(これはエピソード00だけ)を所有しておりますので。
ハルヒ


あー、でも今回は1巻4話収録にして巻数は同じにするとか、ブルーレイ版だけ前作を混ぜるとか、そんなのなら良いですよ。


昨日は横溝正史「びっくり箱殺人事件」を読みました。積読はあと41冊。

降伏の儀式

降伏の儀式

「戦国ランス」やってて少し中断してましたけど、読みました。
ラリー・ニーヴン&ジェリー・パーネル「降伏の儀式」上下 創元推理文庫


あらすじ
1990年代、土星の方角に光点が観測された。分析の結果それは巨大な宇宙船であり、地球に向けて近づいてきていることが判明した。地球側はアメリカとソ連の水面下の駆け引きを経て軌道上に使節を派遣することを決定。宇宙船にむけて交信を試みるが、相手はまったく反応しない。
地球軌道上に到達した宇宙船は地球側使節団を攻撃、その後地球に向けて攻撃を開始する。宇宙人「フィスプ」はアメリカの主要施設を破壊後、カンザス州に拠点を構える。アメリカ政府はソ連の協力の下「フィスプ」の迎撃能力を上回る量の核ミサイルをカンザス州に撃ち込み辛くも「フィスプ」の撃退に成功する。そしてアメリカは残された最後の反撃手段「大天使」計画を発動させるが…



うーん、私のまとめたあらすじではもの凄く厨クサイ話のように思えますね…
山本弘さんの紹介文を丸写しにした方が分かりやすいのですが、それはやってはいけないことですよね。


なんとなく映画「インディペンデンス・デイ」を思わせる本作ですが、アレとは似て非なるものです。
登場する宇宙人「フィスプ」はゾウが進化したような(手の代わりに8本に分岐した鼻を使用します。そのため彼らの数のかぞえ方は8進法)外観をしており、常に個人よりも集団の考えを優先させます。地球人にとっては卑怯で残酷きわまりない行為にみえても、彼らにとっては合理的なものだったりします。逆に集団の決定は絶対としている「フィスプ」にとっては、制圧し降伏を受諾させた後の地域からレジスタンスが現れることが理解できません。この辺りの考え方のギャップは本作のキモです。
1000ページ以上ある本作ですが、その半分近くは「フィスプ」側の描写に割かれています。異形ながらも男女の区別があり、集団を優先させつつもその中には二つのゆるやかな派閥がありで、驚くほど心理描写が細やかです。正直「人間」パートよりも「フィスプ」パートの方が面白く読めました。

対する人類(アメリカ)側も魅力的です。なぜかアメリカ政府は宇宙人問題に対する諮問機関として国内の著名なSF作家達を招集します。このセンセイ方は人類側に億単位で被害が出ている中でも超然とかまえて「フィスプ」の目的と行動パターンを分析し、アメリカ政府に的確な助言を与えていきます。正に「賢人会議」といった感じです。
そして最後の反撃手段の「大天使」計画ですが、これは巨大な宇宙船「大天使」を核爆弾の連続爆破により宇宙に持ち上げるというもので、1960年代には実際に計画されていた手法だそうです。もちろんそんなことをすれば周囲数キロは焦土と化します。コストと被害を度外視すれば現代のテクノロジーでも実現可能(かもしれない)な方法で宇宙人に対して戦いを挑むところが本作にリアルさと興奮を与えています。
「フィスプ」の裏をかいて宇宙におどりでた「大天使」は「フィスプ」の母船に対して総力戦をしかけます。使えるものはなんでも使えといったところで、4機のスペースシャトルも戦闘艇として使用されます(チャレンジャー号爆発前に書かれた作品かな?)。敵母船に特攻して血路を開くアトランティス号のくだりは涙ナシには読めません。

傷付きながらも「フィスプ」の母船を追い詰め自らの特攻も辞さない「大天使」、そしてその時「フィスプ」の長の決断した行動とは…。

BOOKOFFあたりで見かけたらぜひ読んでいただきたい一冊です。

積読はあと42冊。


明日はお休みします。

お疲れさまです

んー、「ハルヒちゃん」エンディングが配信されとる。どうも前回の25話が最終回だったみたいね。私はてっきり先週はエロゲ風OPに力を入れすぎて一話分しか製作できなかったのかと…。
EDも良い感じだけど、これ観てると少し寂しい気分。
本作は当初全く期待していなかったし、一話は微妙な出来だったのだが(個人的に)二話目からはとても楽しめました。スタッフの皆様お疲れさまでした。今度はハルヒの新作に期待しています(当然やりますよね?)


…ただ、…ただ、「きみどりさん」ではない「喜緑さん」の出番も欲しかったです。
喜緑さん

えろえろ7.75

「戦国ランス」クリアしました。
150ターンもかかってしまった。2週目からはもっと上手にやろう。今度こそは上杉と、毛利三姉妹と仲良くなるのだ!
このゲームの世界観は結構好きです。九州っぽいところを「アフリカ」と名付けて、「カイロ」、「モロッコ」、「アマゾン」、「南ア」の4国があるとか、ちょっと馬鹿な中学生風味がたまりません。
エロ絵も扇情的で良いです。流石は老舗といったところですか。


「けいおん!」 ~ 女子高校生の上半身は重武装、下半身は生足もしくはストッキングのみという服装は法律で禁止して下さい。見ているこちらが寒くなります。


今日はラリー・ニーヴン&ジェリー・パーネル「降伏の儀式」上 を読みました。積読はあと43冊。

BOOK MARKETと私 ~ たまには違う道を通ってみた

いつもは国道11号線を通って帰宅するのですが、今日はまわり道をして善通寺市に寄ってみました。自衛隊前を通過して市内へ。BOOK MARKET善通寺店に入ります。

BOOK MARKETとはBOOK OFFっぽい中古古書チェーン店で、それ程多くはありませんが一応全国展開しているようです。BOOK OFFに比べるとややホビー系に力を入れているみたいです。宇多津店には時々足を運ぶのですが、善通寺店には12月にエロゲーを買って以来です。

漫画コーナーでこのような本を見かけたので立読みしてみました。
シエル~ラスト・オータム・ストーリー 1 (WINGS COMICS)シエル~ラスト・オータム・ストーリー 1 (WINGS COMICS)
(2009/01/24)
イム・ジュヨン

商品詳細を見る

なんといいますか、少女漫画の絵柄は完全に日本が世界標準ですな。アニメだと結構お国柄が出るものですが、これは著者名を見ないと海外作品だとは分からないです。
しかし、韓国の本は洋書のように左→右と読むのですね。この辺には日帝残滓は無いのですか、漢字文化圏としては少し寂しいですね。
そういえば北京の本屋に行った時も大半の本は横書きで左側からめくる形式だったような気がします。本場なのになあ。


そのあとこちらを買って帰りました。
5月14日

ミカ・ワルタリ「エジプト人」全三巻と小林信彦「怪物がめざめる夜」
ゲームばかりやってるのにいつ読むんだよ。

えろえろ7.5

「戦国ランス」が面白く、暇さえあれば遊んでいるのだが、130ターン越えてもまだクリアできない。
いっそのこと最初からやりなおそうかとも思う。もたもたしている間にまわりの大名衆は全て魔軍にのっとられてしまうし結構大変だ。
ああ、上杉が毛利三姉妹がいなくなってしまった…


今日お店でこれを見つけた。



「行殺☆ 新撰組ふれっしゅ」
何年も前のゲームだけどこれやりたかったんだよね。戦国ランスが終わったら買おう。

うーん、中世

今日は帰りにこちらを買いました。
狼と香辛料11

支倉凍砂「狼と香辛料 ⅩⅠ」電撃文庫
今回は短編集で、ホロとロレンスのコンビがメインの短編二話と、エーブさんの過去話の中編一話です。
今回のメインである守銭奴エーブさんのまだ心に青いものが残っていた頃の話も良いのですが、私が一番気に入ったのは、ホロとロレンスが立ち寄った村の土地問題を解決する「狼と黄金色の約束」です。
文字を読めない農民が土地の境界を忘れない為に取る方法として、境界線上に子供を立たせ思い切り引っぱたく(子供は強い印象に残った出来事はいつまでもよく憶えているから)というのは、中世ヨーロッパの農村の暮らしについて書かれている本にはよく紹介されていますが、今回ホロがそれをやってくれるとは思いませんでした。
可愛らしいクローリィ君は、変な言葉使いをするお姉ちゃんにいきなり殴られたことをいつまでも憶えていて、よぼよぼの老人になっても土地争いの度に引っ張り出されて境界線の位置を証言するわけですな。 うーん、中世ヨーロッパよの。



明日はお休みします。

えろえろ7

「ハルヒちゃん」のエロゲ風OPを観てからというもの、なんとなくその手のゲームをやりたくなったので、今日はその手のお店屋さんに行ってきました。
元ネタになったと思われる「きしめん」こと「Nursery Rhyme」が欲しかったのですが、ここは香川県丸亀市。そう都合よく数年前のエロゲが置かれてあるわけがありません。その代わりといってはなんですが、こちらの中古が安かったので買ってきました。
戦国ランス

「戦国ランス」 アリスソフト
いやー、ランスシリーズ息が長いなあ。一作目は確か私が中学生の頃の発売ですよ。
VISTA対応とは書かれていなかったので少し不安はありましたが、何の問題もなくサクサク動きました。
本作は架空の日本みたいな国を舞台としたシミュレーションゲームです。難易度も適度な感じで、ストレスフリーです。エロも序盤から程よいタイミングでビシビシ入ってよろしいですな。
夕食後3時間続けて遊びましたが、なかなか止め時が分からなくて困りました。
武将のデザインが大変私好みです。特に毛利家三姉妹と山中子鹿が。
明日からポチポチやっていきます。
ゲームは一日一時間。



今日は ピンチョン「スロー・ラーナー」を読みました。積読はあと40冊。

そんなに回るとバターになっちゃうよ

退屈だけど本を読む気にはなれない、そんな時によく眺めています。

野町和嘉「カラー版 メッカ 聖地の素顔」 岩波新書
メッカ

イスラム教の聖地メッカ紹介した、写真メインの本です。メッカの中心地にはイスラム教徒以外は立ち入り禁止で、筆者はこの取材の為に入信したそうです。

本書はとにかく写真が美しい。サウド家が威信をかけて守護しているだけあって、カーバ神殿を含めた聖地は壮麗に飾り立てられています。厳格な偶像崇拝禁止の戒律の為、肖像画・彫像等が一切無いイスラム独特の装飾が素晴らしいではありませんか。お寺や教会とはまた違った趣がありますよね。
モスク内部

100年前のカーバ神殿の写真などもあります。着色写真の為、言われないと過去のものとは気付かない自然さです。
昔1

昔2

世界中から集まってきた人、人、人。圧巻です。
まわる巡礼者

人 人 人

聖地の解説もありますので、本書を読めばイスラム教の成り立ちもある程度は理解できます。

この本たったの1000円、これは安い!

購・入・決・定

朝ごはんを食べながらハルヒちゃん25話観ていた。
最初のエロゲ風OPが流れた時点で本作のDVD購入を決意し、視聴後に速攻でAmazonでポチった。

森さんルート…、 やりてぇ…!

雑記

けいおん! 6話観ました。いや、良いお話でした。メインのライブ関連が光っているのは当然としても、真鍋女史の能吏っぷりとか、和ちゃんのオマワリさん帽子とか、みどころたくさんでしたね。のどか可愛いよのどか。
今更ですけどこのアニメ、EDがお気に入りです。しかし、最初の澪ちゃんを観て空也上人立像を連想してしまう私は少しお疲れ気味なのかも。
南無阿弥陀仏



それにしても最近時間の経つのが早いとつくづく感じます。連休中、奥殿と普段は通らない道をドライブしていた時、
「そういえばこの前この道を通っていた時こんな事あったよなあ」
と会話がはずんだのですが、その「この前」が8年前だと気がついた時には愕然としてしまいました。

仕事中もあっという間です。午前に簡単な資料を作成していると、いつの間にかお昼になってるし。
逆にお昼休みは長く感じます。昼食後本を20ページも読むと、眠くなってきてそのまま寝てしまうのですが、体感的には3時間寝たつもりで、夢までみたのに10分しか経っていないとか。
「一炊の夢」ができる年になってしまいましたか…

思うに、人間100歳まで生きるとしても、主観的な人生時間は20歳の時点で半分は終わっているのではないでしょうか。
私は22世紀まで生き延びて、リアルでドラえもんをこの目で見るまではくたばらないつもりですが、自分で実感できる余生はそれ程長くはないのかな、と。
ですから、その短い余生を充実させるためにも、一冊でも多く本が読みたいし、アニメも観たい、愛する人とも一緒にいたいと思うわけです。

今回はちょっと意味不明でした(ちょっとか?)



今日は トマス・ハーディ「テス」下巻を読みました。 積読はあと41冊。

やっと手に入れた

もう昨日のことになりますが、これらの本を買いました。

ラリー・ニーヴン&ジェリー・パーネル「降伏の儀式」上下巻 創元推理文庫
冨谷 至「古代中国の刑罰」 中公新書
5月6日

「古代中国の刑罰」は安かったのでなんとなく購入ですが、「降伏の儀式」はずっと探していました。
本書は山本弘さんの「トンデモ本?違う、SFだ!」に紹介されていて、読んでみたくなったのですが既に絶版のようで、マーケットプレイス等の中古価格も少々お高い。プレミアム価格を払ってまでは欲しくなかったのでさてどうしたものかと思っていたのですが、半年前にBOOKOFF屋島店で下巻だけ発見しました。それじゃ買えねぇよと放置していたのですが、昨日郷東店にて今度は上巻のみを発見。ようやく上下巻とも購入する事が出来ました。
しかし、今回この記事を作成するにあたって、参考までに中古価格を確認してみたのですが、マーケットプレイス、日本の古本屋ともに安いのなら400円からの値付けがあるではありませんか…、むむむ。二年前に見た時には上下揃いで3000円とかそんなのしか無かったのだが。まあ、それでも送料がかかるからこちらのほうが安いか。二冊で550円でした。

本書は地球侵略モノのSF小説です。戦前のSF黎明期ならともかく、1980年代の作品にしてはかなり珍しい直球勝負の侵略モノのようで、宇宙人と地球人(つーかアメリカ)が、お互いの存亡をかけてガチバトルを繰り広げるとのこと。山本弘さんの紹介や、Amazonのレビューを読んだ限りではとても面白そうです。今読んでいる本が片付いたら早速読んでみます。


今日は昨日買ってきた冨谷 至「古代中国の刑罰」を読みました。積読はあと42冊。

デブの帝国

20歳の頃57kgだった体重が33歳の今では67kgに。食べる量も運動量もほとんど変わっていないので、やはり基礎代謝が落ちているのだろうと思います。日に4本飲む缶コーヒーを2本に抑えないといけないかなあ、などとのんきな事を考えています。まだ外観上の変化は無い(私は固く信じています)今の内になんとかしたいところです。



今回はこちら。
デブの帝国

グレッグ・クライツァー「デブの帝国 いかにしてアメリカは肥満大国となったのか」バジリコ
自分より悲惨な境遇の人達を見て心に平安を得ようとする行為はあまりほめられたものではありませんね。
… フン。

本書は2003年の発行です。おそらくマイケル・ムーアの「アホでマヌケなアメリカ白人」が売れたので、その便乗で翻訳されたのではなかろうかと。
アメリカが肥満大国となった背景と、それに対する取り組みが語られています。
コーンシロップとパーム油の普及、ファストフード企業の営業戦略、政府の対応、アメリカの社会・文化と肥満との関係…
ふざけたタイトルの割には内容は真面目で詳しく、色々と考えさせられます。
個人的に一番問題だと思うのは学校内へのファストフード店の進出ですかね。食堂内では連邦法の規制に縛られるので、校庭、芝生、自動販売機の近くで販売するとか、効率を優先させるあまりに教育の現場でそのような脱法的な発想がまかり通るのはダメでしょう。小中学生の昼食がピザとコーラとか、考えただけでもウンザリします。
子供の頃に身についた食習慣は一生ついてまわるので、そこは効率とか、企業の思惑とかとは切り離して、政府が手厚く保護しなくてはならないと思うのです。

余談ながら、私高校生の頃の昼食は大半が素うどんでした。学食の定食や購買のパンはすぐに売り切れるので、授業が終わるとダッシュで食堂に駆け込まなくてはならなかったのです。セルフのうどんならいつ行ってもなくなりませんので(香川の高校にはセルフ式のうどんがあるのです。一般のお店と違いうどんをゆでるところからセルフです)。具はスプーン一杯のネギのみ。あれ程まずいうどんは生まれてこのかた食べたことがありません。

連休も後半

昨日は少し遠出をしたので、今日は近場で用を済ませました。
午前中に紀伊國屋書店の丸亀店へ。特に買う本が無くてもつい立寄ってしまいます。本をぼけーっと眺めているだけでも二、三時間は過ごせるものです(なんと迷惑な客か)。

おやおや、この前来た時には無かった「異色作家短編集」の14巻がある。よし、久しぶりに買おう。
む、ピンチョンもある。これ読んでみたかったんだよね。よし、買おう。
衝動買い
両方とも文庫と新書サイズにしては許しがたい値段です。特に文庫が1000円とか、ナメとんのかコラ。
両方ともいつ読めるやら。



「鉄球姫エミリー」も残りを買ってきて読みました。
エミリー
相変わらずの撲殺メイン、幼児も容赦なし。
しかし巻が進むにつれ話のスケールが大きくなり、ついに次巻では隣国との全面衝突の予感。しかし4巻の発売日が去年の7月か、5巻はいつ出るのだろうか? …とか思っていたら、5月のスーパーダッシュ文庫の発売予定にコレが入っているではありませんか。「ドルイドさん」といい、なんというタイミングの良さか、ククク。



この連休中は積読を消化しようと思っていたのですが、新たに購入したり、ラノベばっかり読んだりでちっとも減りません。

最近のラノベは意外と年寄りにも優しい

「鉄球姫エミリー」も読みました。うーん、色んな意味で「重い」お話でした。口絵には12人登場人物が描かれているのですが、その内10人は殺されます…。しかも頭を踏み潰されるとか、巨大な槌で潰されるとか、、、、そんな嫌系の方法で。
表紙と口絵だけ見て楽しいファンタジー物かなぁ、とか思ったのですが。
しかしお話自体は面白かったので続きも買うつもりです。日中に寄った本屋には置いてなかったので、この後TSUTAYAにでも行ってこようかと思っています。


ドルイドさん2巻

「やってきたよ、ドルイドさん!」の2巻は買ってきて読みました。2巻はキャラの性格設定が明確になった感じで、1巻よりも出来が良いです。でも、「ツインテールー(グドンの餌)」とかいうネタは2009年現在でも有効なのですか?あれはエビの味がするそうですね。小さい頃持っていた怪獣図鑑にはそう書いていました。あと、「民明書房」ネタとか、「横溝正史じゃなくてポーだったか」とか。

2巻は百合っ気もたっぷりでした。これはもう今月発売の3巻も買わねばなりますまい。



それと、BOOKOFFでこれも買いました。
いんぎー

THE YNGWIE MALMSTEEN collection
今時インギーかよっ て感じですが、いや、最近「けいおん!」観てたら聴きたくなりまして…。ベスト版が安かったものだからつい。 Far Beyond The Sun とかいいですよね。




追記5/6 「ドルイドさん」3巻は6月発売でした。

Top|Next »

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード