変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

7月まとめ

朝起きて、某エンドレスアニメを観て深い溜息をついてから出勤。

昨日の誓いの通りに今日は缶コーヒーを一本も買わなかった。手が震えてきたら麦茶を飲んで我慢する。麦茶は味がコーヒーに似ているような気がする。


7月まとめ
買った本 25冊
読んだ本 26冊     ※漫画、雑誌は含まない、ラノベは含む。

今月もかろうじて読んだ本の方が多かった。最近23時を過ぎると眠くてたまらなくなり、家でなかなか本が読めない。

今読んでいる本
フィリップ「朝のコント」 佐藤次高「砂糖のイスラーム生活史」 日日日「狂乱家族日記 番外そのご」

積読はあと35冊(こちらにはラノベ含まず)。
7月末在庫

8月は下の方の本も読もう。


明日はお休みします。

フォアグラ

この前行った献血の結果が届く。
γ-GTPが145。
!?、酒は一滴も飲まないのに何故?
ALTも74ある、ここから導き出される答えは一つ…
…脂肪肝 …になりつつあるな。
おお、なんてこったい、外観は変化が無いから体重増えても気にしていなかったのだが、内臓からデブになっていたとは。
よーし、明日から缶コーヒー買うのはやめる。寝る前に腕立て伏せする。明日から本気出す。


気を取り直して、今日はこちらを買いました。
学校の階段と狂乱家族日記

櫂末高彰「学校の階段10」
日日日「狂乱家族日記 番外そのご」  ファミ通文庫

とりあえず学校の階段を読みました。これが最終巻ですね。
…クセぇ、なんて青春クセぇ話だ。あの何とも言えないもやもやとした焦燥感と衝動、私にもありましたよ缶バッチ(今はカケラもありません)。
筋肉研究部も有終の美を飾ったし、缶バッチの同級生達の小ネタも良かった。そして最後のエールの交換。
これはいつの昭和のお話ですか。クッセぇー!
今後の展開をちょっとだけ想像できるエピローグも良い。
全くキレイに完結できたお話は幸せですな。
…ハルヒもちゃんと終わりますように。

狂乱家族日記はこれから読みます。


学校の階段を読んでいると、奥殿が「脂肪肝さんどうぞ♡」とチョコの箱を差し出す。流石は恋女房、気がきくのう。メルティキッスうめぇ。

明日から本気出す。

会社のエアコンの調子が悪いので業者に点検を依頼する。
午後業者さん到着。
点検・修理に立ち会うが、業者さん屋外での仕事がメインの為真っ赤に日焼けしており、丸っこい体格と相まって赤鬼のようだ。さらにもの凄いのは手、手袋無しで凍った配管をぺたぺた触っているその手はなんだか赤黒い。正に働く男の手である。


作業終了後エアコンの効いた部屋でボケッと物思いにふける。
思えば母も水仕事と農作業で手はヒビだらけで黒ずみ、ガサガサになってたっけ。
そんな手で時折私の手を取り、「何もしないからまるで娘さんのような手だ」とニコニコしてたよな。

私も就職してから三年程は生産部に配属され、無知とズボラな性格故に油・グリス・溶剤関係を素手で扱い、1.2mはある巨大なトルクレンチをゴリゴリ振り回す日々。
半年もしないうちに私の手も豆だらけのガサガサになり、母に誇らしげに「働き者の手だよ」と見せたもんだ。

今はデスクワークばかりで手もすっかり元通りのむちむちスベスベに戻ってしまった。パソコン弄くって書き物してるからペンだこもねえ。
「働き者だけど娘さんのような手だよ」と見せたい人も今はもういない。


なんとも言えない気分でひたっていた為上司・同僚・部下には全て生返事で対応してしまい、そのまま定時を迎える。
これもすべて業者さんのせいだな、うんうん。請求書が届いたら頑張って値引き交渉しようっと。

機嫌の直った給料泥棒帰宅の途につく。



昨日と今日で石毛直道「麵の文化史」と「江戸川乱歩全集 第2巻 パノラマ島綺譚」を読みました。積読はあと35冊。

リージョンコード余裕でした

うははは、ついに見つけました買いました。
ハルヒ4巻表

ハルヒ4巻裏

ロシア版「涼宮ハルヒの憂鬱 4巻」
ロシア雑貨のお店がヤフオクに出品していました。
送料込みの即決価格が3800円。お店の儲けとか手数料とか考えたら現地価格は2000円台?4話収録でこれはお安い。制作費は財布のヒモのゆるいヤポンスキーから回収済みっつーことですかな。
早速観てみましたが、パソコンならリージョンコードもPAL方式も関係無しですね。良い時代になったものです。
学生の頃、裏ビデオ屋から大枚はたいて買ったとあるビデオがPAL方式だった日にはもう…。でも米国モノよりヨーロッパモノの方が断然面白いのですよ、とあるビデオというものは。

…、少し話しがそれましたが、4巻を選んだのはまず「ライブアライブ」が観たかったからです。ロシア版は断然歌が良いです。「恋のミクル伝説」まで吹替えしているのはロシア版くらいのものでは。
今回初めてロシア語の「ハレ晴れユカイ」も聴きましたが、オリジナルに勝るとも劣らない出来です。
吹替えに関しては北米版がブッチ切りのクオリティを誇っていますが、こと歌に関する限りではロシア版が一番だと私は思います。

で、本編ですが、流石にロシア語は何言ってるのかさっぱり分かりません時々「だー」とか「にぇっと」とか「すぱしーば」とかが分かるくらいです。
名前は原則的に苗字では呼ばないのですね。キョンでも「ユキ」とか「みくる」とか言っていました(例外:鶴屋さん)
北米版では「ヘイ、ナガチョ」とか言っていましたが。

キャラ別だと
頑張っている ~ ハルヒ、朝比奈さん
ちょっと違うけど良い ~ 長門さん(優しくてセクシーな感じなり)
そこそこ ~ 鶴屋さん、妹
うーん ~ 古泉
違う ~ キョン
本人? ~ コンピ研部長
こんな感じです。

これを観た後1~3巻も同じ業者さんから買いました。
資本主義ウラーッ!!


明日はお休みします。

色々と我慢ができず…

ベン・トー4読みました。
私は槍水先輩と佐藤さんとのやり取りが好きで好きで。今回も堪能させられました。もちろん著莪さん、白粉さんも良い。
あとがきによると、今回も執筆中予定枚数を大幅に越えて何箇所も内容を削ったとか。
ああ、なんと勿体無いことか。分厚いラノベだってあるのだから、500頁くらい書かせてあげてよ編集。


午前中にAmazonからこちらが届きました。
Amazonより

平野綾「Super Driver」  石毛直道「麺の文化史」 講談社学術文庫
この曲は好きです。初見は「このOPで消失編やんのかよ」と思いましたが、どうも今回消失編はやらないっぽいので、それならば納得です。
ただ、ただ、エンドレスエイトはそろそろ終わりにしていただきたい。


それから紀伊國屋書店に行きました。夏休みに入った為か、文庫本の棚に空きが目立ちます。
これは前々から思っていたことなのですが、この店本の置かれ方が少々乱雑です。店の広さの割に店員さんが少ないのでしょうか。それにしてもある日の棚の乱れ具合が次の日来ても全く同じ状態というのはいただけません。営業中に手がまわらないのなら、閉店後に整頓していただきたいものです。
そのような乱れた陳列棚を見ると気になって仕方がなく、買わない本に無闇に触るのは良くないことではありますが、つい本の並びとかカバーや帯のズレやはずれを修正してしまいます。
一区画分整頓してふと我に帰り、あわてて売り場を離れました。
紀伊國屋書店丸亀店さん、毎度毎度迷惑な客で申し訳ないです。しかし、特にカバーのはずれた平置きの文庫本は本当に気になって仕方がないのです。


その後これらの本を買いました。
紀伊國屋書店にて

佐藤次高「砂糖のイスラーム生活史」 岩波書店
ブラッドベリ「メランコリイの妙薬」 早川書房
これは前々から買うつもりだった本です。

フィリップ「朝のコント」 岩波文庫
マイケル・シェイボン「ユダヤ警官同盟」上下 新潮文庫
こちらは衝動買いです。なかでも「ユダヤ警官同盟」はお店の宣伝POPに触発されて。このお店のPOPはやたらと購買意欲を刺激するので困ります。ユダヤ人達がイスラエル建国に失敗してアメリカのアラスカ州に間借りしているという舞台設定らしいのですが、果たしてどんなお話なのでしょうか。


積読はあと37冊。頑張って減らしていたのに月初の数を上回ってしまいました。

カッコ悪すぎ

帰りにこれを買いました。
ベン・トー4

アサウラ「ベン・トー 4 花火ちらし寿司305円」 スーパーダッシュ文庫
3巻がツボだったので今回も楽しみ。
まだ3分の1しか読んでいませんが、なかなかよろしいかと。本編の前哨戦ともいえる駅弁争奪戦とか、お父さんがかめはめ波の練習をするエピソードとか、笑わせてもらいました。 残りもこれから読みます。

こちらも買いました。
少年エース9月号

少年エース9月号
いやぁ、エンドレスエイトが延々と続く件について、公式メディアがどんな白々しいコメントをつけてるのかなあと思って。
… … … おお、12話しか取り上げていない。スニーカーやニュータイプは13話まで載せていたのに。このバックレ具合は予想外だ。
13話も14話も15話も16話も17話も18話もエンドレスエイトだよぉぉぉ!!!
はぁはぁ。
まあ、今月号はおまけが聖衣だったのでよしとしよう。
ハルヒTシャツ

明日早速着ます(下着にです)。


時間は少し遡ります。

帰宅すると奥殿のお友達が遊びにきていました。

「おお、○○さんオッスオッス。お元気?
もういい時間だし、これから三人で晩ご飯でもいかが?」

近くのファミレス「Big Boy」に行きました。

「当然俺の奢りだから何でも注文してよ。
遠慮すると大きくなれないぞぅ、ガハハ。」

料理が届いてから財布を家に忘れてきた事に気付く…。
食事代は奥殿に立て替えてもらいました。

俺サマの貫目下がりまくり。

エンドレスエイトで凹み、ギャルゴで機嫌が直る、そんな一日でした。

7話目突入確定か…、朝っぱらからそんな話を観てしまうと一日中テンションが下がってしまって大変。
エンドレスエイトいつ終わるのかのう。


今日はこれを買いました。
ギャルゴ6

比嘉智康「ギャルゴ!!!!!6 地上波初登場大全」 MF文庫J

これもついに完結。ギャルゲーゴッドさんがギャルゲットゴッドさんになるまでのお話でした。
5巻のジェイソンというか、DIOというか、映画の「激突」というか、圧倒的な敵に追い回される絶望的な展開とは打って変わって6巻は今までのほのぼの路線に戻っていました。しかし主人公御一行を取り巻く危機的な状況は全く変わりが無いわけで、ほのぼのさと緊張感のバランスが絶妙でした。
様々な因縁を決着させたラストは正に大団円。オチも良し。
変なタイトル故に手を出さずにいた本作ですが、思い切って読んでみてよかったです。


今日は他にもジッド「法王庁の抜け穴」を読みました。こちらもタイトルとジッドの作風から抹香臭い話なのかと想像していたのですが、読んでみると普通に物語として面白い。

積読はあと31冊。

しかし はええもんだぜ あの海の要塞竜宮城魚も泳ぐ千石風呂大決戦からもう一ヶ月

タイトルに深い意味はなし

このブログも始めてから一年が経とうとしています。
結構続くものですね。

このしょうもないブログを読んで頂いている方々には本当に本当に感謝感激雨あられでございます。
いつまで続けられるかは分かりませんが、今後も時々暇潰しに覗いて頂けると幸いでございます。


奥殿
ニラタマゴ おいしゅうございました
とうふハンバーグ おいしゅうございました
野菜炒め おいしゅうございました
お味噌汁 おいしゅうございました

今後ともよろしく

…ネタが一々古臭いのは仕様です。


折角ですのでこの一年間で買った本と読んだ本を合計してみました。

買った本:417冊
読んだ本:401冊 (どちらともラノベ含む、漫画・雑誌は含まない)

毒にも薬にもならん本を…、我ながらアホやのう。

皆既日食

香川県は11時が最大と聞いていましたので、時間になったらちょっと外に出てみようと思っていました。

10時半頃

部長:「今日の一番の仕事は日食を見ることだ。手の空いている者は外に出ろ出ろ。」

部長用意のイイことに黒いセロファンまで配っている。全く福利厚生の行き届いた会社だこと。

生憎の曇り空でしたが、雲の合間から時々三日月状の太陽を観測する事が出来ました。曇り空の為か日食の為か判別はつき難いのですが、辺りも少し薄暗くなっていました。
生産部の人たちも交代で外に出てきているし、隣の会社の人たちも出てきていて結構な騒ぎになっていました。
私もつい興奮して、奥殿や実家の父にも電話をかけてしまいました。

たっぷり30分間天変地異を堪能することができました。次回はやはり40年後でしょうか。後2回は見てからくたばるつもりです。

7月20日 買った本と読んだ本のこと

連休中どこにも行かないのもつまらないので、今日は奥殿と高松まで出かけてきました。
まず商店街で献血を行う。
人様のお役に立つのは社会人としての義務です!  …  献血すると駐車場の無料券が貰えるのです。
私の400ml、有効に使われると幸いです。

その後商店街散策、食事。
帰りに刑務所近くの讃州堂書店へ。
嘉永年間の和算の本が置いてあって、図版も多く非常に魅力的でした。ちょっとお高いですが。
昨日本を買うのはできるだけ我慢すると書きましたが、頑張りました。一日我慢しました。
今日買ったのはこちら。
7月20日

大場正史「男の匂い・女の匂い 性における匂いの研究」 第二書房
松田権六「うるしの話」 岩波新書
どちらももう読みました。
「男の匂い~」は最初は香料・香水の話なのですが、次第に話題が体臭・糞便臭へとシフトしていきます。体臭はともかく、糞便臭が性的魅力につながるものなのか…。
蓼食う虫もすきずきですか。
あと~、このような事例も紹介されています。


不老長寿の研究家として有名なベルリン大学教授フーフェランド博士は、あるイタリア人が永年女子学校の校長として勤続し、百十五歳の長命を全うしたケース、その他を調査して、
「少女の体臭こそ彼の長寿に寄与した絶大な貢献者である」
と断定


断定しちゃったンですか。
それにしても百歳を越えた校長が居る女学校って何か嫌ですね。
昭和35年発行の本です。


今日は他にも横溝正史「怪獣男爵」を読みました。横溝正史の在庫もやっと終了です。また古本屋で良いものがあれば買ってみたいと思います。
積読はあと32冊。


明日はお休みします。

7月19日 読んだ本のこと

連休初日はあまり遠出せず。
紀伊國屋書店に寄って本を物色するが、最近ようやく積読が減り気味なのでできるだけ我慢してみようと思いとどまる。

今日はこちらを読みました。
今日読んだ本

犬村小六「とある飛空士への恋歌」 ガガガ文庫
本屋で見かけた時は「学園モノみたいな表紙だなあ」と思いましたが、読んでみると普通に学園モノでした。表紙に偽りはありません。
次巻から戦闘が多くなりそうな予感ですが、個人的にはもう少し学園日常パートと訓練の描写に時間を割いても良さそうな気がします。
今回訓練学校の同級生が多数登場して楽しそうな雰囲気でしたが、次巻以降訓練不足のまま実戦に投入され、「宇宙の戦士」や「トップをねらえ」のようにバタバタと倒されていくのは勘弁願いたいところです。
クレアがカルエルの素性に気付きはじめるタイミングももう少し後でも良かったのでは。
今回の終盤で「追憶」との接点がようやく出てきましたが、一体どのような時代設定・世界観になっているのでしょうか。続きが気になります。

鹿島茂「馬車が買いたい!」 白水社
「ゴリオ爺さん」「あら皮」「レ・ミゼラブル」「赤と黒」等の登場人物の生活描写を引き合いに出し、19世紀パリの交通手段・下宿・食事・服装・娯楽を解説している本です。
パリの風俗描写といってもパリに住む一般庶民ではなく、上記小説に登場する男子学生「おのぼりさん」の日常生活に主眼が置かれています。
当時のフランスの通貨を現代日本の価値に換算した早見表が章毎に掲載されており、当時の物価が分かりやすくなっています。当時はフラン、サンチームという公式の単位の他に、スー、エキュ、ルイ、リーヴルといった革命以前の単位も併用されており(特にスーは根強い)当時の小説を読んでも混乱しやすいのですが、そのあたりの事情の解説が詳しくて助かります。
タイトルにもなっている馬車についての解説は実に3章も割かれており、当時の馬車の種類、使用状況が大変細かく解説されています。
買ってから数ヶ月積んでいた本ですが、これ程面白いのならもっと早く読んでおけばよかったと思いました。積んでいる本がつまらないというわけではありませんが。


積読はあと33冊。

ファンロード二度目の復活

今日は四半期に一度の全社会議に出席しました。
本社、ウチ、全国5ヶ所の営業所をTV会議システムでつないで行うのですが、8時から18時までの間で私の発言時間はたったの10分。あとはひたすら映し出される資料をながめながら話を聴くだけ。本当に疲れました。


帰りに寄った本屋の雑誌コーナーでこちらをみかけました。
Fanroad改 (ファンロード・カイ) 2009年 09月号 [雑誌]Fanroad改 (ファンロード・カイ) 2009年 09月号 [雑誌]
(2009/07/16)
不明

商品詳細を見る

もう復活とは本当にしぶとい雑誌です。少し立読みしてみましたが、未だに大事典にアミバの項があるし、ゲゲボクイズもある。スタッフにケッダーマンさんがいる。基本的には何も変わっていないようで、安心しました。

こちらは買いました。
恋歌2

犬村小六「とある飛空士への恋歌 2」 ガガガ文庫
一見したところ学園モノの新刊かと思い、あやうく見逃すところでした。別に学園モノで間違ってはいないのですが。
これから読みます。


今日は横溝正史「芙蓉屋敷の秘密」を読みました。積読はあと34冊。

今回が15498回目のPlayに該当する(嘘)

夏中ずっとやる気かエンドレスエイト。新作14話の内半分はコレで消費しそうだが、もう消失はやらんのかな。というか、溜息はとばしてほしくありません。
どうか「憂鬱」改めて28話放送→新シリーズ「消失」の流れになりますように。



今日はこちらがAmazonより届きました。
クロニクルズ

PSP 「イースⅠ&Ⅱクロニクルズ」 日本ファルコム 一緒に写しているのは特典のイースⅠ&Ⅱベストサウンドコレクションです。「ベスト」と称しながらPC-88版のサントラに入っていた平野文さんのボーカル曲が入っていないのは許しがたいものがありますが、それは少数意見でしょうから、とりあえずこれ以上は言いますまい。
これはWindows版の移植だそうで。
キャラのグラフィックと音楽は今回新たに製作しているそうですが、グラフィックはオリジナル(Windows)と本作、音楽はオリジナル、本作、PC-88(!)と選択ができるようです。ということは、画面は最新、音楽は88のFM音源という懐古厨のオッサンにとっては至高のPlayが楽しめるわけですね。
まあ、最初はファルコムの意気込みに免じてグラフィックも音楽も最新版を選択しました。
ヤルのはⅡです。当然です。Ⅰは気が向いたらそのうちに。

とりあえず冒頭だけ遊んでみましたが、最新版のキャラデザは少し違和感があります。OPの後リリアがアドルに話しかける例のシーンが始まるのですが、顔を見た瞬間思わず「誰?」と言いたくなりました。キャラデザに関しては本作よりも、大元の88版よりも、Windows版が一番だと思います。
音楽は良いですね。ボス戦、サルモン神殿、地下水路の音楽が今から楽しみです。

ゲームの内容自体は今更何も言う事はありません。これまで4つの機種で数十回クリアしていますので、少々細部が変わっていようとも体が勝手に動きます。ファルコムの移植ですので安心です。


今日は筒井康隆「筒井順慶」を読みました。積読はあと35冊。

本棚その5の2

本の置き場所が少なくなってきたので整理をしました。
棚の下段にあったうる星やつらとめぞん一刻をさらに下に移動させ、シュトラッツ選集をこちらに移動させました。
本棚その5の2の1

撮影の為ガラスははずしています。アルコールは全て奥殿のブツです。
上段
本棚その5の2の2

「近代犯罪科學全集」は私が購入した本の中ではかなり高い部類です。それでも後から出版された別巻が1冊か2冊欠けているので、揃いとしては安価だそうで。バラなら1000円前後で結構見かけます。
下段
本棚その5の2の3

東洋文庫は高くてなかなか手が出ません。古書店でもあまりお安くないので大変です。

収納場所が少し増えました。
これでもう少し本が買えます。

ニャル子さんとデスレース2000の日

帰りにTSUTAYAでこちらを買いました。
ニャル子さん2巻

逢空万太「這いよれ!ニャル子さん 2」 GA文庫
今回はラヴクラフト全集を7巻まで読みましたので、予習はバッチリです。
ストーリー後半のモチーフになっているランドルフ・カーター連作ももちろん読んでいます。
猫TUEEE!な「未知なるカダスを夢に求めて」良いですよね。

しかし、まー、お話自体はクトゥルフとあまり関係ないような。次回があるのならば、「ニャル子がちょっかいを出す」→「真尋が反発する」のボケとツッコミ以外のパターンももう少し読みたいところです。2巻は最初から最後まで延々とこれを繰り返していたような印象があります。
今回一番可愛かったのはニャル子でもクー子でもなく、シャンタッ君であると断言して今回の感想を締めたいと思います。


先日ハルヒのMADを貼ったのですが、動画の中で紹介されている映画が観たくなり、ついでにTSUTAYAで探してみました。
本命の「恐怖奇形人間」は置いていませんでした。一度高画質版を観てみたいのですが。
HORRORS OF MALFORMED MEN : 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間 [DVD]HORRORS OF MALFORMED MEN : 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間 [DVD]
(2007/08/28)
吉田輝雄由美てる子

商品詳細を見る


次に観たかった「デスレース2000」は置いてあったので借りてきました。
デスレース2000 [DVD]デスレース2000 [DVD]
(2008/02/22)
デヴィッド・キャラダインシルヴェスター・スタローン

商品詳細を見る

スタローンの最高傑作はこれだっ!とひねくれたことを言ってみたりして。
あとでじっくりと観ます。


今日は他にA.ダヴィッド=ネール「パリジェンヌのラサ旅行 2」を読みました。積読はあと36冊。

梶芽衣子は美人

エンドレスエイトを題材にしたハルヒのMAD動画

うp主さんの選んだ映画のマニアックなこと。
夏休みにヤコペッティの映画観る高校生男女とか嫌過ぎます。
でも、デスレース2000とか女囚さそりとかはいいかも。
あと恐怖奇形人間ってDVDが発売されていたのですね、知りませんでした。TSUTAYAでレンタルしていないかな。

あづまと私 ~30年目にして初入店

ローカルな話で申し訳ないのですが、高瀬町の国道11号線沿いに「あづま」という古民芸のお店があります。私が物心つく以前からやっているお店なのですが、古民芸とは縁がありませんのでこれまで入ったことはありませんでした。
この前帰宅途中にお店の方へふと目をやると、扉に「本」と書かれているではありませんか。数日後、今度はもう少しよく見てみると、お店の中に本棚が…。あちゃー、この店古本も取り扱っていたのか。何年も店の前往復しているの気が付かなかった。
というわけで、今日仕事の帰りに寄ってみました。
専業の古本屋ではありませんので置いている本は少なめですが、結構落ち着いて良い雰囲気。江戸時代の和本もぼちぼち置いてありました。レアな本はみかけませんでしたが、値段は全体的にお安く、なかなかの穴場でした。レコードも置いています。
私が買ったのはこちら。
筒井順慶

筒井康隆「筒井順慶」
毎度毎度勿体つけますが、大した本は買いません。何気に初刷でちょっとだけ得した気分です。
本の他にはこちらを買いました。
暦

明治43年の暦で、安かったのでポスターにでもしようかと。でもどこに貼ろうか、部屋の壁はほとんど本棚で埋まってるしなあ。
お勘定の際に本の代金分はおまけしてくれました。
また機会があれば寄ろうと思います。



昨日と今日で デイヴ・デ・ウィット「ルネサンス 料理の饗宴」とジェイムズ・サーバー「虹をつかむ男」と横溝正史「悪魔の家」を読みました。積読はあと37冊。

ハルヒの新エピソードのDVDもAmazonにて予約しました。斬新すぎる構成で批判も多い今シリーズですが、私はよく飼い慣らされた信者ですので平気です。平気だモン。


明日はお休みします。

あるぅぇー?(・3・)

起きてブログを確認すると昨日の記事に奥殿より書き込みがありました。

・「カフェ・ハイチ」のコーヒーに入れるのはブランデーではなくてラム酒
・中米だよ?ハイチだよ?普通ラム酒使うだろ?
・恥かく前に直しときな

といった内容でした。

そういえばそうですね昨日は少しヤン提督が乗移っていたみたいです。
あえて訂正はいたしません。どうせこのブログはちょっと知識のある方が読まれたら失笑モノの記事が満載ですので。

それにしてもあなた、やっぱりまだ時々ここを見ていたのですね。
(/ω\)お恥ずかしい。

本日のお買い物と女子高生キムチ

午前中に横溝正史「蔵の中」を読みました。これで積読の中の横溝正史は品切れ。
…だったのですが、その後奥殿と行ったBOOKOFFで買ってきました。
横溝正史三冊

「悪魔の家」「芙蓉屋敷の秘密」「怪獣男爵」
100円で状態も比較的良い、これはお買い得。
そしてこちらも買いました。
フェラーリ

「パッション・オート フェラーリ:ヴィーナスの創造」 二玄社
流石はCG、資料も図版も豊富で読み応え抜群。
私は最近のモデルでは456GTが旦那仕様で好きです。
456GT.jpg

でもフェラーリっぽくないですかね。

その後ゆめタウン高松店へ。
くまざわ書店でこちらを衝動買い
カレー大全

水野仁輔「ニッポンカレー大全」小学館
日本のカレーに関する様々なコラム集。お店の紹介あり、市販商品の紹介あり、関連する人物・文化の紹介あり。
購入した動機は、まずこの本を読んでいた奥殿が「カフェ・ハイチのドライカレーが紹介されてるよ」と教えてくれたことです。
カフェ・ハイチ

「カフェ・ハイチ」とは新宿にあるハイチ料理のお店で、5年前に夫婦で行ったことがあります。確かその時食べたのが正にこのドライカレーでした。そして一緒に出されたハイチ風の甘いコーヒーは、お好みでブランデーを注いで飲む方式で、私はアルコールが駄目なのでコーヒーだけ飲みましたが、奥殿はたっぷりと注いで聞こし召されました。
ブラックカレーで有名な「包丁人味平」のカレー勝負のエピソードも紹介されています。

ついでにこちらも買いました。
料理の饗宴

デイヴ・デ・ウィット「ルネサンス料理の饗宴」原書房
原書房の本にしてはお安い。

次に食料品売り場で夕飯のお買い物をしました。
お見切り品コーナーで「女子高生キムチ」なる商品を見つけました。
女子高生キムチ

携帯で撮影したので分かりにくいですが、なんだこのパッケージは。女子高生とキムチに何の関連が?個人的には嫌いではないのですが、スーパーで販売するには少々マニアックすぎます。
案の定大量に見切られていました。
お買い得


夕方には予約しておいた「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱3」が届きました。
ハルヒちゃん限定版

長門さんときみどりさん

おまけの長門さんがとても良い出来です。もちろん本編も面白く読めました。


今日買った本の中では、フェラーリとカレーの本は既に読みました。積読はあと39冊。

エンドレスエイト・仏

今日はかなり遅くなってしまいました。残業は大嫌いなのですが、好き嫌いで仕事を選べたら誰も苦労はしませんよね。

帰りにこちらを買って帰りました。
8月号

ニュータイプ8月号
エヴァはやっぱり観る気がおきません。付録のお人形さんはかなり良い感じなのですが。
マリさんズ

お目当てのハルヒの特集は…、相変わらずガードが堅いなあ。ちなみに来月号は「涼宮ハルヒの憂鬱 新エピソードに迫るッ!!」と予告がありましたが、来月号までにエンドレスエイト終わってるんかいな。

角川の行き過ぎた商業主義には反吐が出るのですが、20年来踊らされ続ける自分も大概かと。…楽しいですけどね。

エンドレスエイト・鬼

おおお、マジで終わらん。本当に6話やる気か。
角川は本気だな。
ブーイングは覚悟の上だろう、こうなったらしっかりと見届けてやるわぁっ!
でもこんなに長くやるのなら1回くらい鶴屋さんとか喜緑さん出してくれんかのぅ。

CMによると新作は単体でDVDが発売されるようですね。それは大変結構ですが、タイトルが「涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ」となっていました。4?4てなんだ?


ふぅー、そろそろ仕事いくか。すこしダルな気分なので、それにピッタリなCDを棚から引っ張ってきた。
特捜最前線jpg
これを聴きながら行こう。
わぁーたぁーしーだけのじゅぅーじかあー。

働くおじさんこんにちは

本日出勤すると、生産部から内線がかかってきて…

私:「ハイ、○○デス。オハヨウゴザイマス。」

生産部主任:「お早う。あのさ、今日うち人手が足りんのよ。悪いけど原料の受け取りやってくれない?フレコンで20t。」

私:「アノー、コチラデりふとツカエルノハワタシダケデスガ…」

主任:「だから○○君にお願いしてるんだよ。運ちゃん待ってるから早くしてね。」

私:「ハァ。」

原料の受け取りをするなど何年も無かったことなので大変気が重いのですが、主任のお願い(命令)とあらば仕方がない。溜息をつきながら机の中にリフトの免許が入っているのを確認し、メットをかぶって久しぶりにフォークリフトに乗り込む。
ちなみに、フレコンとはこういう形状の物です。
5015892.jpg
ウチで購入しているブツは一袋1t。リフトでトラックから吊り上げて倉庫に保管するのですが、数年ぶりの作業なので大変気をつかい、お腹が痛くなりました。20t片付けるのに1時間半もかかってしまいました。運ちゃんごめんね。でも安全第一ですから。
フォークリフトもただ運転するだけなら小回りが利いてなかなか面白い乗り物なのですが。
おかげで午前中は目が覚めました。




今夜のハルヒは今度こそエンドレスエイトが完結しているでしょうか。6話構成とか嫌な噂も耳にしましたが、さてさて。

「なにをしゃぶってるんだ、さっきから」 「性病治療用の舌下錠さ」

いつものように寄り道し、新刊コーナーを冷やかしておりました。

ふんふん、創元の銀英伝の新刊か、外伝5か、ふーん。
…んん~!外伝って4巻までじゃなかったのか?
手にとって目次を読んでみると、

ダゴン星域会戦記
白銀の谷
黄金の翼
朝の夢、夜の歌
汚名

これまで単行本未収録の短編5つと田中芳樹ロングインタビューですか、よし買おう。
銀英伝買うのは約20年ぶり

巻末によると、本書は一度徳間デュアル文庫で出版されたことがあるそうですね。全く知りませんでした。情弱はつらいですね。
まあ、短編の方はこれまで何らかのかたちで全て読んだことはあるのですが。
この5編の中では「ダゴン星域会戦記」がお気に入りです。
突如大軍を同盟領に侵攻させてきた帝国軍の意図が読めず対応に苦慮する同盟軍ですが、司令官のリン・パオと参謀長のユースフ・トパロウルはついに気がつきます。

「やっとわかった。帝国軍(やつら)はあほうだ。」
「賛成」

短いお話ですが、この凸凹コンビの活躍がタマランのです。


もう田中芳樹さんの新作を買うつもりは無いのですが、アルスラーン戦記だけはまともに終了させてほしいと願う今日このごろです。


今日はラヴクラフト「ラブクラフト全集7巻」を読みました。積読はあと35冊。

ヒゲとボイン(表紙を見てふと思い浮かんだ単語)

うんうん、今日は置いてありました。
ヤングエース第1号
ヤングエース

一応エヴァの漫画も読んでみました。碇司令のエゴイストぶりがアニメよりも分かりやすくなっていて面白く読めたのですが、結末がアレではやはり萎えます。
付録のお人形さんも組み立てました。
マリさん?

えー、どちらさまで?

私的に本命の「長門有希ちゃんの消失」ですが、本編の「消失」でキョンの記憶まで改変したらこんな感じになるでしょうか。さらっとタイムリミット過ぎていますし。
思っていたよりも直球勝負な青春モノになっていて良いですね。この後ハルヒ達も絡んできそうな雰囲気ではありますが…。

しかしこのヤングエース、作品のカラーがほとんど少年エースと変わらないような気がしますが、どの辺が「ヤング」でございましょうか。
もっと景気よく脱がなきゃ。



明日はお休みします。

見てください!!

30代オタの皆様、昔集めたLDは現在どのような状態になっているでしょうか?

私は実家を出る際に大半は処分したのですが、一部はまだ残ったままです。
一部の一部

どうしましょうかね、コレ。プレーヤーが無いので観ることもできません。確か奥殿の実家に昔私があげたプレーヤーがあるのですが、今更持ってくるのもなあ、と。

残ってるのはガンダムばかりですが、中でもVガンダムは好きでした。個人的な評価では、ファースト>Z=V=∀>逆シャア>F91>越えられない壁>ZZ(ハゲ監督作品に限って)です。

Vガンダムは俗にいう「黒トミノ」作品で、鬱展開がてんこ盛りなのですが、私は終盤の盛り上がりが気に入っています。
LDの裏を見てみると、リガ・ミリティアがザンスカールと最終決戦に入ったのは41話からですか。それから最終話まで延々艦隊戦をやっているのですが、その辺りのエピソードが濃いですよね。記憶を掘り起こしてみると、

・リーンホースJr.、連邦のムバラク艦隊と合流、ザンスカール主力と交戦
・ピピニーデン艦隊撃破、指揮シートを温めるのが嫌いな司令官閣下は悲惨な最期を遂げる。
・ファラのザンネック撃破、最終兵器エンジェルハィロゥ起動。ウッソ、エンジェルハィロゥの影響で一時アヒャる。
・ファラ戦死、「タシロ、後は一人でやってみなー!!」。一人で色々やってみたタシロさんも戦死。
・エンジェルハィロゥ地球に降下を始める。艦隊群もそれに伴い大気圏突入。以後戦闘は高空下で行われる。
・ムバラク、思うところがあったのか、唐突に艦隊旗艦「ジャンヌ・ダルク」に特攻を指示。しかしクロノクルに阻まれる。
・リガ・ミリティアの指導者ジン・ジャハナム(偽)、頃合を見計らってリーンホースJr.に特攻を指示。こちらは首尾よく成功し、クロノクルの艦隊全滅。しかしクロノクルは女と出撃していた為無事。ズガン激怒。
・この辺からカテジナさんのキチガイ度がMAXに。
・シュラク隊全滅。南無~。
・オデロ戦死。ハゲ許すまじ。
・落とされたと思われていたジャンヌ・ダルク、ズガン艦隊に突入→全滅。
・クロノクル戦死。
・ウッソ、カテジナさんをなんとかねじふせることに成功。エンジェルハィロゥは分解。
・エピローグ

こんな感じだったでしょうか。記憶のみを頼りに書いているのでちょっと自信がありません。
それにしてもオデロを死なせたのは許せませんな。ウッソの母ちゃんの死の描写は一万歩譲って許せるとしても、これはなあ。
MSのデザインは玉石混交でした。これ以降のガンダムで馬鹿の一つおぼえのように使用される「光の翼」を出す「V2」、ファラの機体「ザンネック」「ゲンガオゾ」は強く印象に残っていますが、カテジナさんの機体「ゴトラタン」は強いわりには影が薄い。パイロットがキチガイすぎましたかね。クロノクルに至っては本人もMSも中途半端で…。


今日はプーシキン「大尉の娘」と横溝正史「悪魔の設計図」を読みました。
「大尉の娘」は名作と呼ばれるに相応しい内容でした。

積読はあと37冊。


追記:2010.4.16
ライナーノートのイラストです。
綺麗な水着のお姉さん達

えろえろ8

ヤングエースを求めてTSUTAYAに寄ったあと、ついでだからこちらにもと、TSUTAYAの近所にあるどちらかというと大人向けのラインナップ(エロゲとかエロ同人とか)の多い本屋さんにも寄ってみました。
当然ながらヤングエースは置いていなかったのですが、こちらの雑誌が立読みできる状態になっていたので、ちょっと読んでみました。

アイドロイドビスタ 7 (コアムックシリーズ 416)アイドロイドビスタ 7 (コアムックシリーズ 416)
(2009/06)
不明

商品詳細を見る


いわゆる「ラブドール」の専門誌なのですが、グラビアあり、モデルごとのレビューあり、シリコンに切れ目が入った時の修理法ありとなかなかに充実していました。
この雑誌を読むのは初めてなのですが、なんというか、読後の背徳感がもの凄いですね。こんなのは中学一年生の時に町の本屋でこっそり「ぺあ」を立読みした時以来です。
お人形故か、消しも全くないんですね。頭がクラクラしてきました。

しかし、一点だけ注文を付けさせていただくとすれば、あくまでも個人的な見解ですが、お人形さんにぶっかけはよくないと思います。あれではお人形さんがかわいそうです。

売り切れ、では無いと思う。うん、多分。いや、そうだ。

仕事の帰りにこちらを買おうと思っていたのですが…

ヤングエース Vol.1 2009年8月号 [雑誌]ヤングエース Vol.1 2009年8月号 [雑誌]
(2009/07/04)
不明

商品詳細を見る


置いていない…

紀伊國屋、宮脇、TSUTAYAと三軒置いていなかったので、おそらく香川にはまだ入荷していないのでしょうな。月曜日ですか。
アニメイトならもしかしてとも思ったのですが、独身時代ならまだしも、仕事帰りに高速とばして高松商店街まで足を伸ばす気力はありません。

ふぅ~、買うつもりの本が置いていなかった時の脱力感はかなりのものです。代わりに何か買おうと物色してみたのですが、今回はお手ごろ価格で特に食指の動く本も無し。

いや、個人的にはエヴァの漫画とか、UCCコーヒーの缶のイラストで見かけた新顔の娘さんの人形とかはどうでもいいのです。
私はただ、ただ、「長門有希ちゃんの消失」を読んでから日曜日を迎えたかった…。
ただそれだけなのです。

はぁ~。


今日は横溝正史「花髑髏」を読みました。
積読はあと39冊。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

今、ハルヒの14話を観終わったのですが…、
エンドレスエイトもう一回あんのかー。いつになったら終わるんだ?
京都アニメーションの作画監督が一巡するまでやんのかー。
なんか同じ話を全く違う作画で観ていると、漫画やアニメの企画でよくある「○○先生の描いた××」を思い出す。
iup574962.jpg

まあ、流石に次週で終わるだろう、と思いたいです。

しかしエンドレスエイトに最低4話も割いて、放送スケジュールはどうなるんだろうか。
もしかして「あらためてアニメ放映」は28話「サムデイ イン ザ レイン」で終了して、次週より涼宮ハルヒシリーズ「二期」、「涼宮ハルヒの消失」が始まります、とか? …そんなわけはないか。

さあ、仕事に行こう。

フフ……『水底を這うもの』とでもいっておきましょうか

読みました。
ネルリ
石川博品「耳刈ネルリと奪われた七人の花婿」 ファミ通文庫

今回も良い出来。
八高一年十一組の面々が演劇に挑戦するのですが、選んだ演目が連邦の文化英雄コーチキンの代表作「動乱」。これは連邦で「耳刈ネルリ」の名で恐れられているシャーリック王国中興の祖「大ネルリ」の戦いとそれに巻き込まれた若きカップルのお話。
崇拝する同じ名を持つご先祖様の役をやることになったネルリは俄然はりきります。ライバルは同じ演目の優勝候補三年一組。演劇大祭当日は文化英雄コーチキン氏もご臨席。さあ、どうなる?

文化祭の演劇は野球大会と並んで学園バラエティものの定番です。本作で一年十一組が演じる「動乱」改め「耳刈ネルリと奪われた七人の花婿」はなんと100ページ近くも割かれた読み応えのある、旧共産圏臭のする歌劇でした。アドリブ、裏方、お客の反応と、周辺の描写も丁寧。勿論共産圏には必須の政治闘争も裏では行われています。連邦の情報局を相手にするネルリさんの政治センスもなかなかのもので、流石は未来の国王といった感じです。
主人公レイチ少年の猛毒モノローグも健在でした。今回は妄想9に対して韜晦が1混ざっているような印象で、終盤には父や家族への思い、ネルリに対する恋の自覚など、少ししっとりとしていきます。
いやー、面白かった。次巻が待ち遠しくなりました。

作者あとがきによると今回作中で演じられたコーチキンの「動乱」はプーシキンの「大尉の娘」をモチーフにしたものだとか。そういえば私、「大尉の娘」読んだこと無いよなー、と。

そんなわけで買ってきました。
ミーハー(死語)

プーシキン「大尉の娘」
チェーホフ「サハリン島」上下
そのうちに読みたいと思います。
「サハリン島」は村上春樹の「1Q84」で取り上げられ、この度岩波が復刊したそうですね。なかなか商売上手じゃないですか。

なんと狡猾な…

今日は仕事が忙しいのでお休みするつもりでしたが、思ったよりも早くハネたので少々書きます。

今日も紀伊國屋書店に寄りました。そして見ちゃいました。
ザ・スニーカー8月号

ザ・スニーカー8月号
表紙と別冊に描き下ろし「消失」系イラストとは…、しかも季節に合わせて夏服にするとは…、くぅー、なんと狡猾な。これをスルー出来るほど私は大人ではありませんでした。
いつもなら買っても「読むところが無い…」とぼやく破目になるスニーカーですが、今号は代金分の価値はあったと思います。
ぷよさんの連載が今号だけ「長門有希ちゃんの消失」出張版になっていたのもポイントが高いですし、なによりも別冊付録がよろしい。
涼宮ハルヒの追憶

「涼宮ハルヒの追憶」と題して、ザ・スニーカーで6年間に渡って掲載されたハルヒの特集ページが全て掲載されています。
もちろんあの好企画「長門有希の100冊」も掲載されています。
長門有希の100冊

有志の方が個人のブログに取り上げておられるのは見たことがありますが、オリジナルを見るのはこれが初めてなので、大変ありがたいことです。

100冊の中で私が読んだことがあるのは

ダン・シモンズ「エンディミオン」
京極夏彦「魍魎の匣」
ハインライン「世界SF全集12」(ハインラインの著作群と解釈してカウント)
筒井康隆「バブリング創世記」
サイモン・シン「暗号解読」
ラヴクラフト「真ク・リトル・リトル神話体系」(ラヴクラフト全集をカウント)
と学会「トンデモ本の世界」
ポール・アンダースン「タウ・ゼロ」
井上ひさし「吉里吉里人」
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「たったひとつの冴えたやりかた」
夢野久作「ドグラ・マグラ」
豊田有恒」少年エスパー戦隊」
J・P・ホーガン「星を継ぐもの」
西原理恵子「できるかなリターンズ」

の14冊だけ。
もっともっと本が読みたいですね。


予想通り「驚愕」に関しては一切言及なし。スニーカー文庫の発売予定も9月まで発表されていましたが、かすりもせず…。
せめて二期が終了するまでには何らかのアナウンスがありますように。


こちらも買いました。
乱歩全集2

江戸川乱歩全集第2巻「パノラマ島綺譚」 光文社文庫
これが原作の映画「恐怖奇形人間」は観たことがあります。

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード