変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

2010年3月まとめ

まずは昨日読んだ本の感想です。

大森望 編「不思議の扉 時間がいっぱい」
時間モノSFの中でも、時の流れ方がちょっと変わった作品を収録したアンソロジー集です。
ハルヒが一本入っているのは若者向けをアピールしているからでしょうか。オタのオッサンも一人釣れてしまいましたけど。
収録されている作品の中では星新一さんの「時の渦」が一番お気に入りです。やはりこの人はオチが素晴らしいです。
大槻ケンヂさんの作品は今回初めて読みましたが、なんと言いますか、悪くはないのですが、ちょっと背中がかゆくなりました。


日日日「狂乱家族日記 拾参さつめ」
裏社会編終了。
ドタバタ大騒ぎした挙句ぬるい結末を迎えるのはもはや様式美といったところですか。
時折挿入される「鬼ヶ島」の勢力図はゲームみたいで面白かったです。
次巻より最終章突入とのこと。
舞台となるであろう地下帝国の成り立ちも今回明らかにされていました(多分)。



3月まとめ
買った本 31冊
読んだ本 26冊     ※漫画、雑誌は含まない、ラノベは含む

ちょっと後半買いすぎました。
積読はあと27冊。
3月末在庫

今読んでいる本
池澤夏樹「マシアス・ギリの失脚」(先月からあまり進んでいません)
モーリス・ルブラン「奇巌城」




明日と明後日はお休みします。

お口の恋人

このような記事を見つけました。


異色コラボ実現!生田斗真と涼宮ハルヒがCM競演

俳優の生田斗真と『涼宮ハルヒ シリーズ』の主人公・涼宮ハルヒが、
ロッテのガム『ACUO』の新CMで共演していることが30日までにわかった。
同CMは、生田から“いい息”を吹きかけられた女性が、
アニメキャラのハルヒに変身してしまうというストーリーを展開。
そのほかにも、朝比奈みくるや長門有希といった人気キャラクターたちも登場し、CMを盛り上げる。

CMは、同商品を噛みながら買い物に訪れた生田が、
ブティックの店員にお目当ての商品が品切れと言われ思わずため息をつくと、
その“いい息”にうっとりとした店員がなぜか突然、みくるに変身。
これを目にした店長が「人のことアニメにしていいとでも!」と生田に詰め寄ると、
彼が「すいません」という言葉とともに吐き出した“いい息”で、
今度は店長がハルヒに変身!!訳が分からず慌てて店を飛び出した生田は、
さらに路地裏の猫も同様に長門へと変えてしまう・・・という奇想天外な内容となっている。
(以下略)
http://www.oricon.co.jp/news/movie/74823/full/


ほぉ~。
しかしハルヒってそこまで認知度高い作品なのか?

このCMは4月5日から公開らしいのですが、私、民放はほとんど観ないからなあ。

と思っていたら、このガムのHPでCM流しているみたいですね。
http://www.lotte.co.jp/products/brand/acuo/
4月5日になったら覗いてみます。一応楽しみです。

どれ、ひとつご祝儀にこのガム一個買ってみるかな。


追記
おやおや、ワイドショーで紹介されていたものが早くもupされています。
http://www.youtube.com/watch?v=6mvjWVIUzBk
長門さんの「にゃん!」にやられました。

チャイナさんと私

チャイナさんは大好きです。
comet2_convert_20100330193709.jpg
あー、いや。たまには仕事のお話でも。一応私も働いています。


高付加価値の製品をお客様にお届けしてきた弊社も最近は海外勢に押され気味です。
この業界も装置産業となって久しく、弊社もある程度は工場を中国に移さざるを得ません。

これまで山東省に工場を一つ持っていましたが、もう一つ工場を構えることになりました。

今日は新工場の現地スタッフがウチに研修に来ました。

社内を一通り説明して周ったのですが、やはり幹部候補生は一味違います。質問が微に入り細に入りつつ要点を的確に捉えていますし、中国人同士の雑談まで日本語で行う徹底ぶりです。頑張ってレベル高いのを獲ってきてるなーと感心しました。
来週は新入社員の講習を行わなければならないのですが、良い予行練習になりました。


しかし中国工場に出向となった人達は大変です。
昨年の新工場報告会で現地の責任者になった方が、
「風景きれいなところでした…」
と語っていたのが非常に印象的でした。
何も無いところなんだなあ。

山東の工場は私も視察したことがありますが、周りは絵に描いたような農村でした。

いくら仕事とはいえそんな所に何年も出向とは、出向組の一人に本社で私と同役の方が含まれていたので、シャレになりません(キャリアはその方のほうが断然上ですが)。
おお、くわばらくわばら。

買ったら読む、読んだら買う。 良い子のお約束

先週読んだ本の感想を簡単に。



メリメ「シャルル九世年代記」
新教徒虐殺の嵐が吹き荒れた「サン・バルテルミー事件」前後のお話。
戦乱が続いた時代だけあって、貴族の若い衆も非常に血の気が濃く、略奪・決闘当たり前です。
貴族を「武士」と訳しているのは物語の武張った雰囲気に合致しています。
旧仮名遣いのままの復刊も大正解です。

ヤマグチノボル「烈風の騎士姫2」
ルイズのカーチャンの物語第二弾。
本編ではいい大人で一応落ち着いているルイズの父ちゃん母ちゃん、ギーシュの父ちゃん(多分ナルシスがそうなんだろう)、マリアンヌ太后がそれぞれにハッチャケていて実に楽しいです。
本編でギーシュが語っていた「エスターシュ殿の反乱を一人で鎮圧した」というカーチャンの活躍はいつ頃読めるのでしょうか。

モーリス・ルブラン「緑の目の令嬢」
どんな危機的状況に陥っても御婦人の前では余裕ブッこいてみせるルパンが相変わらずカッコイイお話でした。
反対に男に対しては非常に冷笑的な態度なのもいいですね。

安藤優一郎「大名行列の秘密」
・列を整えて歩くのは町中だけ
・行列に出くわしても庶民は土下座する必要はなかった(御三家・将軍の行列はのぞく)
・各藩江戸に向けての精密なダイヤグラムを作って旅に備えていた
・行列の荷物持ちは民間からの雇用
等々大名行列に関する豆知識本です。
非常に読みやすいので、普段読書しない人でも江戸時代に興味がおありならお勧めできます。

日日日「ささみさん@がんばらない」
ひきこもりの美少女ささみさん視点で物語は展開しますが、表題の通りささみさんはあまりアクションを起こさないので終始狂言まわしっぽい役どころです。
ラノベにしても奇妙すぎる登場人物の名前や言動に最初は面食らいましたが、お話が進むにつれその辺りのフォローもあって一応納得がいきます。

アーニェ・コリア「コンドームの歴史」
文字通りコンドームの歴史の本です。
本書で一番面白いのは舞台がアメリカに移ってから。
アメリカではコンドームを販売すると猥褻罪で逮捕された時期もあったとか。一応他国にも似たような法律が存在していましたが、アメリカが他国と違うのは、法律を積極的に運用してビシビシと検挙しまくっていたことです。
おかげで第一次世界大戦頃には米軍内で梅毒が蔓延して首脳部は対応に苦慮したそうです。
意外とアメリカは「生類憐れみの令」レベルの法律がごく最近まで(中には今でも)存在して死文化もせずに運用されている例が多いので驚かされます。
本書は面白い良書ですが、ところどころ気になる点もあります。東洋については一体どこから資料を引いてきたのだろうと思わせるほど適当な記述が目立ちますし、マジック・ジョンソンがエイズで死亡したことになっています…

レイ・ラッセル「嘲笑う男」
SFっぽい味付けのお話もありましたが、基本的に全てブラックな怪奇短編集です。
収録中では短いですがネロ皇帝の遺言が良かったです。


今日はこちらがAmazonから届きました。
拾参さつめ

日日日「狂乱家族日記 拾参さつめ」 ファミ通文庫
昨日注文して今日到着とは、Amazonにしては良い仕事です。
今回はいつの間にかポイントが貯まっていたので、150円で購入できました。
Amazonは一体どういった条件でポイントが付くのでしょうか。普段は何冊購入しても1ポイントも付きませんが。
それと送料無料キャンペーンはいつまでやるのでしょうか。文庫本一冊売って送料タダにしてたら確実に赤になるとおもうのですが。
ユーザーとしては便利で助かりますけど。


積読はあと28冊。

空の軌跡

私、ニコニコ動画から以下の動画をiPodに放り込んでいます。



いい年こいて著作権無視行為を堂々と告白か、と言われると返す言葉も無いのですが、ゴニョゴニョ…

土曜に一人で外出した際に、これらの動画をカーオーディオにつないで大音量で聴いていました。
新旧ゲームのボス戦音楽でテンション上がりまくりです。

聴いているうちにふと思いました。
「ああ、大作RPGやりてぇなあ」

現在やりかけのゲームがいくらかありますが、さらに一本購入することにしました。
選定する条件はこんなところです。

①携帯ゲーム機用
②リメイク不可、移植は可
③馴染みのメーカーが良い
④音楽重視
⑤とにかく長い

結果こちらにしました。
空の軌跡FC

「英雄伝説 空の軌跡FC」日本ファルコム
①PSP
②PCからの移植だがファルコムオリジナル
③ファルコムとは昭和の頃からマブ
④ファルコムサウンドは世界一ぃぃぃ!!
⑤これはよく分からんが、三作続けて遊べば長いのでは(SCはUMD2枚組とか…)

ファルコムのコマンド式RPGなど英雄伝説Ⅱ以来です。
早速さわりだけ遊んでみたのですが、久し振りにPSPを持つととても軽くて驚きました。
PSPが軽いというか、DSLLが重いんですね。小学生が外に持ちだすにはキツイでしょうね。
ゲームの内容は、まだ30分程度しか遊んでいないのでまだよく分かりません。
これからぼつぼつやっていきます。



性懲りもなく本も買いました。
時間がいっぱい

大森望 編「不思議の扉 時間がいっぱい」 角川文庫
時間に関するSF系のお話を集めた本です。購入理由は表紙の作家陣を見てお察しください。
収録作品で谷川さん以外に読んだことがあるのは星・筒井両御大だけですので楽しみです。

土曜は本を買う日です

今日は一人で高松方面に外出しました。
高松中央通りは桜が満開でとてもきれいです。
しかしここ街路樹に桜なんて植えてたっけか。去年まで記憶になかったけどなあ。

一人でしたので本屋にしか寄っていません。今日も少し買い物をしました。

まずはBOOKOFF
創元文庫づくし

モーリス・ルブラン「虎の牙」「カリオストロ伯爵夫人」「奇巌城」 創元推理文庫
ハインライン「ルナ・ゲートの彼方」 創元SF文庫

最近ルパン物をよく読むようになりました。

続いて紀伊國屋書店高松店
こちらはいろいろ

アーニェ・コリア「コンドームの歴史」 河出書房新社
安藤勇一郎「大名行列の秘密」 NHK出版
日日日「ささみさん@がんばらない」 ガガガ文庫

おお、新刊書は偶然「あ」から始まる名前の人ばかりだ(だからなんだ、だから)
こちら全て店頭で興味を持って購入しました。

積読タワーが30冊超えそうで困ります。

フイタwww

以下引用


「アルマゲドン」?…山崎飛行士らのポスター

 アラン・ポインデクスター船長が米国の俳優ブルース・ウィリスさんに似ているため、ウィリスさんが小惑星の地球衝突から人類を救う米映画「アルマゲドン」をほうふつとさせるポスターに仕上げた。「STS―131」はシャトル飛行131回目に当たる今回のミッションを指し、山崎さんは右端に立っている。

http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20100327-OYT1T00453.htm?from=navlp


件のポスターってこんなんですか。
20100327-347669-1-L.jpg
中央の三人がちゃんとアルマゲドンの配置になっていて笑かしてくれます。
国家プロジェクトなのに遊び心がありますね。
山崎さんは日の丸が写る構図なのもポイント高いです。

頑張ってください。


2chにNASAのリンクが貼られていたのですが、ここは毎回こんな事してるみたいですね。
http://sfa.nasa.gov/products.cfm

続編マダー?

本日届きました。
溜息Ⅴ

「涼宮ハルヒの憂鬱5.999999 涼宮ハルヒの溜息Ⅴ」

あえて言いましょう。
二期は一期に勝るとも劣らない傑作だったと、いやマジで。

二期は話数が少ないのが寂しいところですね(狂気のエンドレスエイトは一話と数えます)。
長いトンネルを抜けた後の「溜息」篇は傑作でした。「溜息」は話自体が気に入らん人も多かろうと思われますが、私は好きです。

「涼宮ハルヒの憂鬱」はこれにて完結ですね。次回新作があるとしてもおそらく別タイトルになるでしょう。
揃いも揃ったり

それにしても二期分のタイトルがカオス。

ブルーレイ?何それ?
そんなの買うわけないじゃないですか。
だって私、
北米版
北米版も
ロシア版
ロシア版も
台湾版
台湾版も持ってるんですよぉぉぉぉ!!! … … … アホや。

でも内容(パッケージ・特典)次第では買うかも。
もったいぶらずにはよ出せや角川。どうせ出すんだろ、ん?

お願い、出すと言って。

「消失」は勿論ブルーレイで買います。
いつ出るかは分かりませんし、そもそも再生機を所有していませんが。

道草はたのし

前にも述べましたが、私はラノベレーベルの中ではMF文庫Jが一番好きです。
なんといいますか、肌に合います。

今日は買えました。
今月はこの二冊


比嘉智康「神明解ろーどぐらす」
ヤマグチノボル「烈風の騎士姫」

どちらから読もうかと迷いましたが、「神明解ろーどぐらす」にしました。
作者はあのギャルゴの人。ラノベたるものはすべからくかくありたいと思わせるきれいな終わり方だった作品を書いた方ですから、新シリーズにも期待が膨らみます。


小学・中学と学校のすぐそばに住んでいた池田十勝は、いつもクラスメイトたちが下校時にあった他愛ない話をするのにまじれず、疎外感を味わっていた。そんなわけで遠くの高校へと進学した十勝は今日も、女子ばかりだけど曲者ぞろいの下校友達と一緒に校門を出るのだった……。くだらない話をしながら道草する! ひたすら無意味でフツーな下校を満喫したい、そんな十勝のアフタースクール・ライフ!! たぶん、きっと、ラブコメです!!


今回は下校に焦点を当てた作品ですか。文字通り帰宅部ですね。
読み始めは主人公の帰宅仲間である三人の女の子のエキセントリックさに面食らいました。特に千歳とかいうヒロイン格の娘さんの電波というかテンパり具合はヤバイ。
しかし、中盤皆でプールに行くあたりからだんだん面白くなってきました。
普段は主人公のモノローグが地の文ですが、時折千歳のモノローグに切り替わるあたりも良いです。最終章のジャンケンして負けた人が全員の荷物を持つゲームなんかは本当に楽しそうでした。
そしてエピローグでは次回からほのぼの日常系+αの予感が…
来るか?今回も怖いの来るのか?
思えばタイトルも少し意味深だし、これは次回も期待大です。

ところで、咲ちゃんという女の子のあだ名が「さきっぽ」というのは非常に問題があるのでは、と思った私の頭が既にオッサン・セクハラ脳なのでしょうか。
おそらく作中と読みすすめる私の脳内では「さきっぽ」の発音が違うのでしょうね。

富野に訊け!!

そろそろMF文庫の新刊が並んでいるかなあ、と本屋を覗いてみたのですが今日も未入荷。
じゃあ何か他のものでもと、ラノベコーナーで異彩を放っているこの本を手に取りました。
富野に訊け!!

富野由悠季「富野に訊け!!」 アニメージュ文庫

最初に謝っておきます。ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい。

私、この本に北方謙三さんの「試みの地平線」みたいなノリを期待していました。
まあ、アニメージュ連載だそうなので、「小僧ども!」とか「ソープに行け」クラスの迷言が連発されるとは思っていませんでした。
しかしそれに近いモノはあるんじゃないのかなと。。。

誠にごめんなさい、ハゲごめん。
読んでみると大変真面目な人生相談集でした(別に北方先生がふざけているというわけではありませんが)。

掲載雑誌の性格上10代の若者からの悩み事が多いのですが、なんとハゲ御大、一つ一つに誠実に、具体的に、上から目線にならず、自分の体験もふまえつつ、御回答あそばしているではありませんか。
相談内容も友人関係、恋愛、将来の夢、死生観、セックス等々多岐にわたっています。
10代からの質問にはまるで父親のごとく親身に回答する御大ですが、2~30代からの質問にはちょっとつき放した感じの厳しめの回答が目立ちます。
冒頭から「う~ん、質問が嘘っぽいなあ」とか。

普段は人生相談の類は嫌いなので手を出さないのですが、ネタ本として買った本書につい引き込まれて一気に読んでしまいました。

テンプレ戻しました

テンプレを以前使用していたものに戻しました。

これまでのはデザインは非常に優れていたのですが、私の環境では表示が少しおかしいのでずっと気になっていたのです。

素っ気ないですが、長く使っていたテンプレには愛着もありますし。
何故か広告が一切表示されないのもポイント高いです。

読むそばから買うので積読が減りません

ここ数日で読んだ本の感想です。


ナオミ・ノヴィック「テメレア戦記Ⅲ 黒雲の彼方へ」
今回は中国からの帰還のお話。
色々あってテメレア御一行は陸路でイギリスを目ざすことに。
道中野生ドラゴンの群れと遭遇し、テメレアさんが意気投合してしまうのですが、
人と交流がないドラゴンが使用するドラゴン言語「ドゥルザグ語」とか、人間が聞くと面白さが全く理解できないけどドラゴンが聞くと大うけするドラゴン冒険譚とか、ファンタジックな要素が多目で面白いくだりでした。
ドラゴンの待遇改善を望むテメレアさんの革命思想は中国を離れても衰えず、途中合流したプロイセン軍のドラゴンにもあれこれと理想を語り、担い手のローレンスはプロイセン士官から顰蹙をかってさらに頭を抱えます。
「人間とドラゴンとの共存」は本作のテーマになるんでしょうかね。
プロイセンに到着した御一行はフランス軍との戦いに巻き込まれます。
イエナの戦いからダンツィヒ篭城戦まで、ナポレオンによるプロイセンフルボッコの過程の大半を共に歩むことになります。
ドラゴンを運用した会戦はどのようなものかと思ったのですが、双方にドラゴンを擁する空軍があるのでお互いに相殺する形となり、陸戦はほぼ史実通りに展開しています。
2巻であれやこれやがあって復讐を誓った純白のセレスチャル種のドラゴンがフランス軍に仕官し、元帥の位を与えられて単独で空軍を指揮するとか、強烈な咆哮を放って敵軍を恐慌状態にしたあと全部隊で突撃をかけるとか、このあたりも見所が多いです。
ダンツィヒに篭城して窮地に追い込まれた御一行を助けるものは…
最後の展開はお約束というか、パターンというか、そんな感じですが、
「パターンこそ永遠の真理なんだ。知らんのか」 ~オリビエ・ポプラン
ですのでオールオッケーです。
次巻はアフリカが舞台となるらしいのですが、どのようなお話になるのでしょうか。翻訳が待たれます。


ブライアン・ラムレイ「タイタス・クロウの帰還」
クトゥルーの眷属に襲撃されたクロウは時空往還機乗り込み難を逃れるが…

はっきり言って今作は風呂敷を広げすぎです。
確かに大宇宙規模で展開されるクトゥルフ神話ですが、人間はあくまでも虫けら扱いの方がよろしいのではないかと。
立ち向かう人間まで超人的な能力を手に入れたらなんだか別のお話のようです。
個人的には前作「地を穿つ魔」までのやたらと魔道書の名前を引き合いに出してハッタリをかませながら進めるお話の方が好みです。
事故でバラバラになったクロウの体を何十年もかけて再生するロボット生命体との交流とか、面白いエピソードもところどころにはありますが。


モーリス・ルブラン「リュパンの告白」
ルパン物の短編集。
ミステリー色の強いものからそうでもないものまで色々。全編共通しているのはルパンの人を食った格好の良さでしょうか。
とある話で絶対絶命のピンチに陥るルパンですが、なぜかルパンの被害者である女性に助けられ九死に一生を得ます。
ラストでルパンは鏡を見つめ、
「それにしても、なにしろ、美男子だということは…」
と一言。
くぅー、ええなあ、俺も言ってみたい。
美男子じゃないのがつらいところです。


北川琢磨「A&A 未知との遭遇まさかの境遇」
ヒロインは宇宙人、(その宇宙人の間では)研究が終了し一定の評価が下されている地球人をあえて再研究しようと地球に訪れた変わり者。とあるアクシデントから主人公の少年と知り合い深い仲に…
「ドタバタ異文化コミュニケーション」ですか。確かに単語の意味は合っているが、ネイティブはそのような使い方はしないとか、あえて使うと大変奇妙な響きになるとかありますね。有名な「All your base are belong to us」みたいなもんですかね。

All your base are belong to us

主人公は冒頭にいきなり死ぬので、以降一見重そうな展開になりますが、読みすすめてみると全然そんなことはない軽いテンポの楽しいお話だということが分かります。
イラストも私好みです。


スタニスワフ・レム「ソラリスの陽のもとに」
長い間積んでいた本ですが、もっと早く読めば良かったと後悔しきりです。
惑星ソラリスを覆う海、実はこの海が一個の高等生命だった。ソラリスの海とコミュニケーションを取ろうと試みる人類だったが…
名作古典SFだけあって、後に影響をうけた作品は多数あるのではないでしょうか。私の読んだことのある作品でもアレとかコレとか。
作中で主人公は神の存在を否定しますが、ソラリスの海の人類など歯牙にもかけないきまぐれで残酷な仕打ちは、まさしく神そのものです。
この作品確か映画にもなってますよね。
惑星ソラリス [DVD]惑星ソラリス [DVD]
(1998/09/25)
ナタリヤ・ボンダルチュク

商品詳細を見る

作中で描写されるソラリスの海の鮮烈さを表現できているのか気になります。
大昔「睡魔に勝てず寝てしまった」という評を見かけたことはあるのですが…




積読はあと26冊。

明日はお休みします。

ハヤカワ文庫の微妙なワイド版はイラッときます

午前中奥殿に今日は外出するかと訊ねると、「寒いので眠い」と変温動物のような回答が帰ってきて布団の中に潜り込んでしまいました。
仕方がないので一人外出する準備をしていると、メール便が届きました。
あ、この前マーケットプレイスで頼んだやつだ。
バーチャルスター発生学

「バーチャルスター発生学 少女革命ウテナサントラ」
ケースが黄ばんでるなあ。
iPodに放り込む前に、そのままCDをカーオーディオに入れて外出しました。
前衛演劇を意識した造りのウテナは音楽も独創的なものが多くて聴きごたえがあります。特にアルバム前半に収録されている本編「決闘」のシーンに流された合唱曲は必聴です。

近所の紀伊國屋書店に行きました。休日に一人で外出となるとやはりここです。
文庫本を二冊買いました。
復刊大歓迎

スタニスワフ・レム「泰平ヨンの航星日誌」 ハヤカワ文庫
メリメ「シャルル九世年代記」 岩波文庫

「泰平ヨン」は積んでいたレムの「ソラリスの陽のもとに」を読んで面白かったので。作品のトーンはかなり違うようですが。
「シャルル九世」は立読みして面白そうだったので買いました。16世紀のフランスで、新教徒迫害の嵐が吹き荒れていた頃のお話ですね。

この一週間で本をたくさん買ってしまったのでなるべく読もうと頑張っているのですが、そうするとゲームの方が手付かずになってしまいます。
コロぱたの続き、エストポリス二週目、涼宮ハルヒの直列とやりたいものはたくさんあるのに。

愛羅武勇 ~ お彼岸に御先祖の墓前で思ったこと

昨日から風が強いですね。おまけに黄砂も飛ぶので車がきな粉もちのようになって困ります。

今日はお彼岸でしたので、実家にお墓参りに行きました。

お墓には色鮮やかな菜の花が供えられており、春らしい雰囲気が漂っていました。
おお、なんという洒落た演出か。
昨日一足先にやってきた兄の仕事のようです。
お花が大好きだった母も泉下でさぞかしお喜びのことでしょう。
兄、GJ。


ところで、私の曾祖母の名は「アイ」といいます。戒名(浄土真宗なので正しくは法名)は俗名から取って「愛○○信女」といいます。
曾祖母より後に亡くなった曽祖父も、なぜか曾祖母と併せて愛の字が使われており、「愛武○○居士」となっています。「武」は曽祖父の名前の一部です。
曽祖父と曾祖母は同じ墓に葬られているのですが、愛の字が二つ並んで刻まれている墓石はいつ見ても微笑ましいものがあります。
お寺さんもなかなか粋なはからいをするものです。

※曽祖父達の法名の一部を伏せているのは、プライバシー云々ではなく、単に私が全部憶えていないだけです。また、浄土真宗本願寺派の法名は正式には頭に「釈」の字を付けるのですが、御先祖の法名を見ると必ずしもそうはなっていません。田舎故に昔はおおらかだったのでしょうかね。

鳥は見るのも食べるのも大好きです(奥殿語る)

私は鳥を見るのが大好きです。
以前は大して興味が無かったのですが、元々鳥好きの奥殿の影響でしょうか、最近は外出すると街中でよくバードウォッチングをします。
水溜りで水浴びするスズメ、池の辺の木にコロニーを作るサギ、いつも利用する駐車場に毎年来るツバメ、お城近くで優雅に舞うトビ、なぜか脳外科の屋上に大集結していて奥殿と「今日はオペがあったのか」と話がはずんだカラス、
注意を払うと身の周りにも結構な見所があるものです。

久し振りにデアゴスティー二に手を出してしまいました。
週刊野鳥の世界

週刊 野鳥の世界
先々週から買っていたのですが、続けて買っていこうという決心がついたのでご紹介です。
創刊号だけ安いいつもの商法。毎号テーマごとにバラしてバインダーにファイリングする形式です。
ツバメ

中身も充実していまして、鳥によっては付属のQRコードで鳴き声をダウンロードできるようになっています。
キビタキ

お気に入りの鳥の鳴き声があればメールの着信音にでもしようかと思っています。

さて、このシリーズは何号まで発売されるのでしょうか。35号まで購読すると双眼鏡プレゼントとあるので35号までは確実らしいのですが。

今までのこの手の本の戦績は、

週刊マーダーケースブック ~ 挫折
週刊日録20世紀 ~ コンプリート
隔週刊トレジャーストーン ~ コンプリート

と二勝一敗で悪くはありません。今回も勝利を確実にする為には通販の定期購読・カード払いにしておくべきでしょうか。これならば途中で興味を失っても全号強制お届けです。
…試合に勝って勝負に負けたという感じですね。


今日はついでにこちらも買いました。
AA.jpg

北川琢磨「A&A 未知との遭遇まさかの境遇」 スニーカー文庫
2chのラノベ板でそこそこ評判が良かったので興味を持ちました。

初めてiTunes Storeでお買い物してみました

重宝しています、ipod。
手持ちのCDから600曲とお気に入りの動画を10入れていますが、まだ空き容量が50Gもある愛い奴です。
イヤホンを付けると耳が痛くなるので滅多に使いませんが、AUX端子でカーオーディオに接続して通勤のお供にしています。

ところで、前々から少女革命ウテナのCDを探しているのですがなかな見つかりません。
「少女革命ウテナ」~バーチャルスター発生学「少女革命ウテナ」~バーチャルスター発生学
(1997/11/06)
TVサントラロイヤル・ナイツ

商品詳細を見る

iTunes Storeで売っていないものかと検索してみたところ、ウテナで二曲ヒットしました。一曲150円とお手ごろでしたので買ってみました。

一曲目
絶対運命黙示録
… ああ、これインスト版じゃないか、俺のアホー。

二曲目
バーチャルスター発生学
… ちゃんと歌っているけど歌手がちがうなあ。

おとなしくマーケットプレイスでCDを買うかな。あー、この名盤を手放すとは、昔の俺のアホー。

お口直しにもう一曲購入しました。
平野文 TOO FULL WITH LOVE
… ああ、これはイイ。10数年振りに聴くが心に染み渡るぜぇ。
なんと今年に入ってから平野文さんのベストアルバムがリリースされているのですね。
さて、どうするか。

ついでにハルヒのアプリTDOS3 for iPhoneも購入しました。
「射手座の日」で登場していた例の艦隊戦ゲームです。

レビューでは高評価なのですが、難しくて二面がクリアできません。
230円でしたのであまり文句は言いますまい。
メニューにハルヒのアイコンが追加されただけでも料金分の価値はあるというものです。

ダイエット雑感

健康の為とダイエットを志してはや8ヶ月。
その後どうなったかと申しますと、、、

どうにもなっていません。体重は67kgのままです。

運動は三日坊主にならずに続いています。
電話帳を二冊重ねて作った踏み台をゆっくりと昇り降りするスローステップ運動。本当は背筋を伸ばして腕を振るものらしいのですが、それだと退屈ですのでいつも本を読みながらやっています。
傍から見ると二宮金次郎さんそっくりな姿勢です。
hpp9140025.jpg

本が面白いと一時間は平気で続けられますし、毎日最低三十分はやっています。

食事制限は前ほど厳密にやっていません。缶コーヒーも飲んでいます。一応無糖タイプに限っていますが、あまり意味は無いと思います。

体重に変化があったのは一度だけ。先月大阪に旅行に行ったのですが、旅先で生活リズムが変わった故か、とにかくよく食べました。朝食などは普段の三倍の量食べていたと思います。
そして帰宅して体重計に乗ってみると…
70?
いやいやいや、これは69kgだ。そう、限りなく70に近い69kg。

慌てた私は運動の量を増やすことにしました。
踏み台運動だけではなく器具もご登場。
腹筋ローラーと
コロコロ

ブルワーカー。
意外と使えます

どちらも本来はダイエットではなく筋肉を付ける為の器具ですね。
腹筋ローラーは最近でも時々使いますが、ブルワーカー使ったのは15年振りです。
高校生の時通販で購入して愛用していました。育ち盛りのお年頃なら一年も続けると結構効果がありますよ。
99f95a21_convert_20100318205550.jpg

当時私は帰宅部でしたが、運動部に所属している連中や体育の先生から「いい体している」と時々言われて密かな自慢でございましたよエッヘン。

思い出に浸りながら一週間頑張った結果、、、
体重は67kgまで戻りました。
なぜここから下がらない?
ついでにもう3kg減って64kgになればダイエット終了なのになあ。

一応このブログは「読書日記」ですので

3月に入ってから本の購入は抑えていたのですが、先日結構な量を買ってしまいました。
我慢していると反動がくるものでしょうか。

たくさん買ったらたくさん読まなきゃ。

ここ数日に読んだ本の感想です


ナオミ・ノヴィック「テメレア戦記Ⅱ 翡翠の玉座」
1巻ラストで中国の皇族にしか所有が許されない希少種だと判明したテメレアさん。清朝との関係悪化を懸念したイギリス政府により、テメレアさんと御一行は中国に使節として赴くのでした。
なんというか、この時代の清朝皇族がイギリスまで出張ってくるとか、嘉慶帝に「皇太子」がいるとか、気になる点はありますが、そんなことに目くじらを立てていては時代小説は読めませんよね。
中国への航海中、アウステルリッツでのフランス軍大勝利の報が届き、イギリス海軍御一行様に戦慄が走る描写は好きです。
テメレア達が中国に到着すると、物語は一気に面白くなります。ドラゴンが人間達に混じって通りを平然と闊歩している北京の描写はユニークです。大型龍が何頭も住んでいるこの世界の紫禁城の縄張りは一体どのようになっているのだろうかと想像しながら読みました。
最初は中国行きを非常に嫌がったテメレアですが、中国でのドラゴンの自由な暮らしぶりにすっかり感化されてしまい、イギリスに帰ったらドラゴンの待遇改善運動をするのだと息巻き、担い手であるローレンスは頭を抱えてしまいます。
続きが非常に気になります。

ですんで買ってきました。
テメレア戦記Ⅲ

ナオミ・ノヴィック「テメレア戦記Ⅲ 黒雲の彼方へ」 ヴィレッジブックス


逢空万太「這いよれ!ニャル子さん4」
いつものといえばいつものノリ。今回はハスター登場。オリジナルとは全く別のベクトルで「名状しがたい」感じなキャラクターになっています。
お約束の小ネタで私に理解できるのは八割程度で、少年ナコト、蕃神×蕃神、二人はブリトヴァあたりがツボにきました。こんなつまんねーネタになぜ?
確か3巻で、ニャル子さん達は地球年齢に換算すると20代後半というくだりがありましたが、確かに20代後半の勤め人がひょんなことから高校に通いはじめて、あろうことか親しい異性までできたらそれはハイテンションになるだろうと妙に納得してしまいました。
私ももう一回高校か大学に通いたいものです。


北野勇作「かめくん」
「木星戦争」に投入するために開発されたカメ型ヒューマノイド「かめくん」。一旦お役御免となり、次の戦線投入のお呼びがかかるまでのインターバル期間を描いた作品。
アパートで暮らし、定職に就き、図書館で本を借り、野良猫に餌付けをし、日々平穏に暮らしていく描写が微笑ましいのですが、自身の存在を問う観念的なくだりもあって不思議な印象を受けます。あとがきまでもが物語の延長のような文体で読者を煙に巻きます。
風俗描写が本書が刊行された2000年頃に準拠されているので、未来のお話ながらちょっと懐かしい感じ。こういうものはかえって50年位昔のお話の方が古さを感じさせなかったりするものです。


伊藤文學「『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏」
ホモ雑誌「薔薇族」と共にあった35年の歴史を編集長が綴ります。
編年体ではなく紀伝体で。
薔薇族に関わった人達のエピソード、作品(小説・エッセイ・写真・イラスト・漫画)がふんだんに掲載されているのですが、普段は目にしないジャンルにもかかわらず、つい引き込まれて読みふけってしまいました。
掲載されている作品全てが力強く、ノンケでも思わず「勃って」しまいます。
読んでいる間はこの世に「女性」が存在していることを忘れさせてしまう一冊です。
ヴォースゲー!


積読はあと28冊。

飲みすぎに注意

今日はホワイトデーです。奥殿にはこちらを差し上げました。
漏斗も付いています

ステンレス製スキットル 7オンス

この前旅行に行った時に東急ハンズで買いました。個人的には革装が好みなのですが、奥殿の好みにあわせて無垢のタイプにしました。
鏡面仕上げでございます。
ピカピカ


奥殿にも結構喜ばれて一安心です。


奥:でもコレどうやって使おうか。

私:好みのジンなりウォッカなり入れると良いぞ。そして冷蔵庫にでも保管しておけば?

奥:スキットルに長い間入れておくとお酒が金臭くなるんだよ。やっぱり飲む分だけ入れておかないと。

私:そうか。そしたら外出時にそっとポケットに忍ばせておくかな。その曲面を生かして足にくくりつけるという古来の使用法でもいいな。そして喉が渇いた時にキュッと一口。

奥:なんかもの凄くダメオヤジな感じがするなあ。でもありがとうね。




明日と明後日はお休みします。

CR-Z

つい先頃、ホンダのハイブリッド車CR-Zが発売されました。

http://www.honda.co.jp/CR-Z/

近年すっかりミニバン屋に成り下がったホンダの車には興味が持てませんでしたが、これはいいですね。
スタイルも往年のCR-X(デルソルは除く)の正当後継といった感じです。
ハイブリッド+6MTの傾奇者すぎる組み合わせも素敵です。どれだけハイブリッドの効果があるのか怪しいものですが、あえてMTの設定を加えるのがホンダのホンダたる所以ですね。

で、今日は日曜日ですので、近所のディーラーに試乗車を見物に行きたかったのですが、買う気も無いのに試乗車に乗り込んで運転したり、パンフレットを貰ってきたりする勇気がなかなか起きません。
大学生の頃はどんな高級外車ディーラーでも呼吸をするように乗り込んでいけたのですが、最近はどうも。

それでもなんとかディーラーまで出かけていきました。しかし出来たのは試乗車を眺めるだけ。扉を開けて乗り込んだり、写真を撮ったり、パンフレットを貰ったりはできませんでした。小心者になったものです。

実物を見た感想ですが、写真で見るよりもずっと格好が良いですね。私なら、色は黒かシルバー、スカイルーフ付けて6MTでレザーシートでと妄想が膨らみます。
買いませんけどね。
車道楽は地獄の一丁目でありますよ。

パンフレットを貰えなかった寂しさをまぎらわすためにこちらを買いました。
CR-Zのすべて

モーターファン別冊「CR-Zのすべて」

ついでにこちらも買いました。
嘲笑う男

レイ・ラッセル「異色作家短編集16 嘲笑う男」 早川書房

余談ながら、上記の本は紀伊国屋書店で購入したのですが、ポイントカードを出したところ、丸亀店では使えないと言われました。
失望したぞ丸亀店!!

このカードは先月梅田店で作成して、昨日高松店では問題なく使えたのに…
さらに聞けば丸亀店で使えるのは夏以降になるとのこと。
それは一体どういうことか。端末やらシステムやらは導入しようと思えばすぐにできるだろう?
贔屓にしている丸亀店ですが、これには失望させられました。

罪深き者、汝の名は…

高松商店街を歩いていて、

私:なあ、○○子さん。罪深き私の告白を聴いてくれないか。

奥:?、何。

私:ほら、あそこの店頭にフランスパンのディスプレイがあるだろ。あれが…

奥:道祖神に見えるとか言うなよ
いらっしゃいませ
私:ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン !! 先に言われた?いや、色といい、形といい、大きさといい、向きといい道祖神に見えないか?特にリボンの位置がヤバイよな。

奥:見えるかあ?「罪深き」とか言いだすからもしかしたらと思ったら本当にそうだったとはな。いや、真っ先に道祖神が思いついたということは、私にもそう見えていたのか?

私:○○子、汝の罪を許しましょう。

奥:うっさい、罪深くないから許さんでもいい。

私:いやもう許したから、ククク。

BOOK OFFと私 ~ まるで物々交換

家の中が本やら漫画で埋まっているので少し整理をしようと思いました。
しかし本を処分するつもりは毛頭ありません。
熟考の末、ワンピース他漫画類を紙袋3つ分売却することにしました。ワンピース大好きですが、この調子では100巻超えそうですので。
それにあわせて奥殿も紙袋一つ分協力してくれました。
向かうはBOOK OFF。

なんとなんと総額21530円でした。すげえやワンピース。
奥殿には5000円あげました。
奥殿曰く「私の分は絶対5000円もないはずだけどいいの?」
ふふふ、私はそんな細かいことを言うスモールアヌスな男ではないのだよ(その割には5000円しか渡さないが)。

サービス券もたくさん貰ってすっかり気を良くした私は、店内で色々買い物をしました。
久々に大漁

モーリス・ルブラン「リュパンの冒険」「リュパンの告白」「オルヌカン城の謎」「緑の目の令嬢」「金三角」「赤い数珠」「二つの微笑を持つ女」「特捜班ヴィクトール」
ジュール・ヴェルヌ「サハラ砂漠の秘密」 創元推理文庫
北野勇作「かめくん」 徳間デュアル文庫
「かめくん」は探していたので見つかって嬉しいです。
ついでにゲームも買いました。
直列

DS「涼宮ハルヒの直列 超SOS団団員コレクション」
特典も完備です。
RX-7.jpg

チョロQに触るのは小学生の時以来ですよ。少し走らせてみましたが、20数年前の記憶よりも軽快に走ったので驚きました。そして今でも10円玉ウィリーができるのですね。しばしの間童心に返ってしまいました。
それにしてもこのゲーム面白いのかな。
奥殿もゲームを1本買っていました。

この余勢を駆って、高松市内でも買い物をしました。
アニメイトにて
ニャル子さん4

逢空万太「這いよれ!ニャル子さん4」 GA文庫
紀伊國屋書店にて
薔薇族

伊藤文學「『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏」 河出書房新社
ヤマジュンさんの漫画も一本掲載されています。

これだけ買ってその後二人で食事をしても本日の収支はプラスでした。


昨日ブライアン・ラムレイ「地を穿つ魔」を読みました。
積読はあと29冊。

はぁ~~~ぁ

「子ども手当て」の支給法案が可決か。
少子化対策になるのなら多少の負担は甘受しようと思っていたが、これはないわぁー。

最悪あと4年もコレが続くと思うと心の底からうんざりするなあ。


思えば夏の衆院選で、岩手県以外で小沢さんが牛耳る政党になんで票が集まったのかなあ。

この人自民から新進、自由にかけて政策に関してはトンチキなことばかり言っていた記憶があるんだがなあ。
国連待機部隊構想とかついこの間言っていたよな。


はぁ~。

せいぜい貯金でもして自己防衛に努めるしかないのかね。

えろえろ14

Amazonでの評価が結構高いので観てみたくなりました。
涼宮ハヒルの憂鬱 七夕ラプソディ [DVD]涼宮ハヒルの憂鬱 七夕ラプソディ [DVD]
(2009/11/27)
愛音まひろ灘坂舞

商品詳細を見る

仕事の帰りに向かうはTSUTAYA、アダルトコーナー。
アダルトコーナーに入るのは久し振りです。置いてあるかな。

「制服・フェチ」コーナーに置いてありました。が、貸し出し中orz

それならばとこちらを借りようとしたのですが、
改めて、涼宮ハヒルの憂鬱&消失 [DVD]改めて、涼宮ハヒルの憂鬱&消失 [DVD]
(2009/10/30)
香坂百合真内賢治

商品詳細を見る

しかしこちらも貸し出し中。
何この敗北感…

仕方がないのでジャケットだけ手にとってながめてみました。
ハヒルにヒョンにみるくに夕希か、うむ、悪くはないな。
私は果たしてこれを早送りなしで観ることができるだろうか。

制作元のTMAというメーカーさんは、コスプレAVを多く手がけているようですね。
以下作品群
軽音部! [DVD]軽音部! [DVD]
(2009/10/09)
愛璃みいつぼみ

商品詳細を見る

クロナド [DVD]クロナド [DVD]
(2008/11/07)
美花ぬりぇ並樹ゆりあ

商品詳細を見る

きら☆すた さくら奈々 [DVD]きら☆すた さくら奈々 [DVD]
(2007/11/23)
さくら奈々

商品詳細を見る

頑張ってんなあ。
特に「軽音部!」はレベルが高そうだ。AmazonのレビューによるとEDを完全に再現しているそうだが…
これも観てみたいです。

懐古厨(・A・)イクナイ!!

世の中に懐古厨ほどウザイものはありません。やれ昔の方が良かった今はダメだとか、オリジナルとここが違うあそこが違う製作者は全く理解していないとか。
うっせえよジジイ、おとなしくゲームウォッチででも遊んでな。

でも、一言だけいわせてください。

マジカル・セレナの名乗り上げシーンはダメだ!!

あそこはガイが一人ずつ真面目に紹介して最後にセレナだけノリがおかしいのがポイントだったはず。
それをハイデッカにやらせちゃダメ。折角の魔法の人妻がかすんじゃうでしょぉぉォ!?



あ、エストポリスクリアしました。
二回目プレイを前提としている為か、かなり短い印象です。
オリジナルでは雑多に存在していたイベントを、メインのストーリーに関連つけたり(魔法の人妻もしかり)、思い切ってそぎ落としたりして、物語重視の作りになっていました。
一部懐古厨のオッサンにはカチンとくる箇所もありましたが、旧作を上手にスクラッチ&ビルドしていると思います。

アクションゲームとしては、もう少し頑張りましょうといったところです。同ジャンルですと、最近遊んだイース7と比べても少々見劣りがします。すぐに処理落ちするのもいただけません。

パズルの難易度はやや簡単な調度いい(私にとって)感じでした。これ以上難しいと自力クリアが困難ですから。


ラスト付近の展開で感じたこと
・エリーヌの扱いが随分と違う、旧作では正体に気付いていなかったとはいえ、マキシム「ならば生かしてはおかん」とか言っていたのになあ。
・ディオス戦のBGMがエストポリス伝記1のものでオッサン大興奮。
・しかしディオスは弱い。あ、これは昔からか。
・終盤になってアレクディアスの名前がぽちぽち出てきた。そしてあのラストは…、もしかして二周目にご登場か?


それでは二周目に挑戦します。

10万馬力だ

今日は寒かったですね。
香川でも雪が降っていました。

生憎なことに、今日奥殿は8ヶ月に一度のペースメーカーの定期健診だったそうで、この寒い中合羽を着込んで病院へ出掛けてきたそうです。

病院に入ると、医療機器メーカーの技師さんが目が合うなりペコリと会釈をしてきたとのこと。

奥殿:「うわっ、私、顔おぼえられてる?」

そりゃあ上得意様の顔をおぼえておくのは営業の基本ですがな。
本日の検査は無事終了。次回からは半年に一度になったそうです。ナチュラルにカモられているかもしれませんね。



そんな奥殿に聞いたちょっとイイ話。

奥:ペースメーカーはね、現在はリチウム電池を使用しているんだけど、電池の信頼性が低かった頃はプルトニウムを電源にしていたんだよ。

私:(;゚Д゚)ナ、ナンダッテー!! プルトニウムとな!

奥:うん、確か238Pu。半永久的に電池がもつんだって。

私:ほぉー。ちょっと不謹慎だけど鉄腕アトムだな。で、○ちゃんはウランちゃんだったことあるの?

奥:ないない。確か1960年代の話だったと思う。そもそも日本では使用禁止だろ。

私:それにしても、プルトニウム体に仕込んでいたら荼毘に付すとき大変だな。

奥:普通のペースメーカーだって火葬したら駄目だって、炉を痛めるよ。私が死んだらまずペースメーカーを摘出しないといけないんだからよくおぼえとけよ。



あとでwikiで調べてみたのですが、現在でも世界で50~100個のプルトニウム電源ペースメーカーが絶賛稼働中だそうです。
勿論日本では製造も使用も禁止とのこと。

読書もしてます

今週読んだ本の感想です。


ミカ・ワルタリ 「エジプト人 下巻」
なかなかに波乱万丈で面白い作品でした。
主人公シヌへは合理的で現代人に近い感覚の人物として描かれています。イクナートン王の宗教改革にも、アトン神への信仰ではなく、唯一神の下に人間は平等であるという理念に惹かれ、積極的に加担していきます。アトン神の教えをキリスト教っぽく描写しているのも興味深いです。
しかし、理想主義で国が運営できれば世話はないわけで、現実と全く合わないお花畑政策のおかげでエジプトは国中が大混乱に陥り、シヌへも最愛の妻と息子を混乱の中で失ってしまいます。
その後はイクナートン王の毒殺、ツタンカーメン王の担ぎあげ、神官アイの即位、将軍ホレムへブの即位とお話は史実通り(イクナートン王の毒殺は脚色ですが)に進むのですが、シヌへは散々な目に遭いながらもイクナートン王の理想を捨て去ることができず、かつては友人だったが現在はファラオとなったホレムへブにことあるごとにたてつきます。
ついにファラオの怒りをかったシヌへは流刑に処され、流刑地で恨みをこめながらこの物語を書いているというところで幕となります。
主人公のシヌへは理想主義者でのぼせやすいので、すぐに危険な目に遭ってしまうのですが、それを支える片目の奴隷カプタが大変良いキャラクターです。
奴隷のカプタは常に主人の財産を横領し私腹を肥やしていますが、一度シヌへから命令を受けると「やれやれあなたはきちがいですからの」と毒づきながらも忠実に従い、折角溜め込んだ財産を手放すことも厭いません。シヌへの命令は大概が無茶なものなので、カプタは何度も文無しになったり命を落としかけるのですが、その度に復活し財産を増やし最終的にはエジプト一の富豪になります。

本書の舞台となるイクナートン王からラムセス二世までの時代は、高校の世界史あたりでも取り上げられる比較的ポピュラーなものです。エジプト古代史に興味がおありの方に本書はお勧めです。
本書は小学館から「ミイラ医師シヌへ」というタイトルでも出版されているようです。



横溝正史 「髑髏検校」
ミステリーではなく時代小説。中編二本立てでした。
一本目の「神変稲妻車」は二本の名笛とそれにまつわる秘宝をめぐるお話なのですが、舞台や登場人物がコロコロと入れ替わり立ちかわりして序盤はお話の筋がわかりにくく面白くありません。
ところが、終盤近くになって舞台が秘宝の隠されている山奥に移ると、それまでの登場人物やお話が解決に向かって収束されていき、俄然盛り上がっていきます。このあたりは流石です。
終盤で「山窩」の集団が大暴れしたり、病気で容姿が醜く変化した人を「かったいもの」と呼んだりするあたりは戦前の作品ならではですか。現在ではこのような描写は難しいでしょう。
二本目の「髑髏検校」は江戸を舞台とした吸血鬼モノです。こちらは表題作ながらページ数が少ないのでやや盛り上がりに欠けます。


積読はあと19冊。


明日はお休みします。

えろえろ13

読み終わりました。
ロシア好色昔話大全

A・N・アファナーシェフ編「ロシア好色昔話大全」 平凡社
タイトルの通り、ロシアに伝わるエロティックな昔話集です。19世紀に編集されたものとか。
全142話収録で、隠喩で表現とかお上品なお話は無く、どれも「マラ」だの「ボボ」だのダイレクトです。
一度に読むよりは、寝床で少しずつ読むのがよろしいでしょう。どうでもいいお話ばかりなので、睡眠薬代わりに最適です。
巻末には全話の簡単な解説も掲載されており、資料的価値もあります。
本書で特徴的なのは、やたらと物語に村の司祭が登場し、しかも奥さんや娘を寝取られるといった間抜けな役柄ばかりです。
まれに好色な司祭が百姓の奥さんをだまして同衾するお話もあるのですが、必ず後で仕返しをされます。
やはり村の司祭は生活に密着した存在で権威もあった為、この手の話では絶好のからかいの対象となったのでしょうね。
貴族の奥方や娘さん、王女さまが百姓や兵士をおもちゃにするお話もぼちぼち見られます。
貴族が村の娘を…となると話が陰惨になりますが、これだとどちらも嬉しいwin-winな関係と言えましょう。まさにおとぎばなしですね。

全142話の中で、私が特に気に入っている話をご紹介します。頭のどの辺りを使えばこんな話が出てくるのやら。


うぐいすマラ

 昔、ある国に、といってもわが国ではないのだが、一人の若者が住んでいて、主なる神から珍しい特技を恵まれていた。マラがうぐいすのようにさえずったのである。ある日のこと、この若者が王さまの宮殿の庭にしのびこみ、茂みの中に腰を下ろしてズボンの中からマラをひっぱり出した。坐ったまま様子をうかがっていると、マラは庭じゅうにひびきわたるようにさえずりはじめた。あるときは口笛のように美声を長くひっぱったり、あるときは谷わたりのように鋭い鳴き声をあげたりした。
 王さまには娘にあたる王女がいた。それが絵にも描けず言葉でも言いあらわせないほどの美人だった。王女はうぐいすの声に聞きほれているうちに《きっと、庭の中にうぐいすが巣をかけたにちがいない。近づいて眺めてみよう》と思った。
 近くに寄ってみると、茂みの中に見目よい若者が腰を下ろして両手にマラをにぎっていた。
「こんにちは、王女さま」
「こんにちは、若者よ。お前は何をにぎっているのですか」
「これは貴重な外国わたりの小鳥です。うぐいすのように鳴くのです」
「鳴かしてごらん」
 マラがまた鋭い声をあげたり、口笛のように美声をのばしたりしはじめた。王女はどんな音楽よりもその声に魅せられて、いつまでも聞いていたい気がした。
「ああ、若いお方。わたしに外国わたりのその小鳥を売ってくださいな」
「これはお金で売り買いする品物ではなく、秘伝のものです」
「どんな秘伝があるのです」
「あなたの白い体の中から種を三べん食べさせるのです。さもないといい声で鳴かなくなります」
「それはどういうことですか」
「簡単なことですよ、王女さま。あなたは草の上に横になり裾をまくり上げてください。私はあなたのお腹の上に種を蒔いて、それをうぐいすの餌にするのです」
 王女はよくよく考えた末、承知した。草の上に横になり裾をまくり上げた。若者は王女のお腹一面、玉門にごく近いあたりにもぱらぱら種を蒔き、小鳥の餌として食べさせた。小鳥はついばみついばみしているうちに、割れ目の中にしゅっとすべりこんだ。
「ああ、だめよ」と王女は叫び声をあげた。「そんなこと、約束になかったわ。どうしてそこへ小鳥を入れたの」
「種がその中に一粒ころげこんだのです。もったいないじゃありませんか。少々窮屈だって、ひろわなきゃならないんです」
 次の日、またうぐいすが庭で鳴きはじめ、王女がやってきた。
「もう一度、小鳥に餌をあげなさい」
「はい、王女さま、横になってください」
 王女は草の上に横になり、若者は小鳥に餌を食べさせはじめたが、マラは玉門のまわりをぐるぐるまわっているだけだった。王女は我慢できなくなって体がほてってきた。
「若いお方、種が一粒割れ目の中に落ちたようよ」
「いいえ、落ちた種はありません」
「きょうは落ちなくたって、底を探せばきのうのがのこっているかもしれないわ」
「探してみれば、いくらくれますか」
「好きなだけあげるわ」
「じゃあ、百ルーブリください」
 王女は百ルーブリはらい、若者はきのうの種を探しにかかった。
 この日から、王女は昼となく夜となく庭に出て、うぐいすの鳴き声を聞きほれにくるようになった。
 それからどれほどの月日がたったことだろう、王女のお腹がふくらんできた。
「お前、どうしたの」と王さまとお后さまが尋ねた。
「お父さまとお母さま、わたしの仕合せをご存じないのですね。ここに、うぐいすが巣をつくったのです」
 仕方なく、王女を若者の妻に与えた。人には生まれついてのきりょうも頭も必要ない。特技があればよいというお話。
 

二人の馴れ初めは?  ロッククライミングです♥

ぼちぼち遊んでます。「エストポリス」
現在世界をガデスの魔の手から救い、新婚さんのキャッキャウフフな一年間を経て、
第二部「魔法の人妻マジカル・セレナと愉快な仲間たちvs四狂神」編に突入したところです。

今のところSFC版と大筋では同じ展開ですが、マキシムとセレナがくっついていく過程は結構変更されていますね。
それでいて、ティアの「私は泣けない女だから云々」のくだりは同じだったりするので、そこだけ唐突な印象はありました。
SFC版ではティアは基本じめじめした性格の女の子でしたので、自ら身を引くシーンはグッときたものでしたが、うむむ。
後半も普通にパーティに参加していますね。もしかしてラストの展開も変更したりしています?

とりあえず豊崎愛生さんの「うるさい!変態!」のセリフが聴けたので良しとしますか。


ゲーム自体の感想ですが、DSはアクションゲームに不向きなのではないでしょうか。ガデスとの戦闘は手が痛くて大変でした。
この手のゲームでは、私はレベルを適性よりやや高めにして敵に特攻する手法をよくするのですが、本作ではダメージを受けると固まる時間がやや長めで、下手するとそのまま連続攻撃をくらって沈没してしまうので、敵の攻撃はできるだけ避けなくてはなりません。
DSの十字キーでこれがしんどいしんどい。

SFC版よりのウリだった洞窟・塔のパズル要素は思ったよりも簡単に感じました。
コロぱたで鍛えられたからですかね。
音ゲー風味のトロッコ追跡ゲームには泣かされました。


前半はとにかくガデスがうざかったです。オリジナルの二倍近い回数戦っているんじゃなかろうかと。
あんたはもうええわ。

テンプレート変更しました

なんかハイセンスなテンプレートが配布されていたので思い切って変更してみました。
いかがなもんでしょうか、ちょっとは読みやすくなったでしょうか。

前のテンプレもシンプルで気に入ってはいたのですが。

ただ、このテンプレだと私の環境では右半分が思いっきり余ってしまいます。
どうやって調整すればいいのだろうか?


追記:そろそろ寝ようかと思い、その前にアクセス解析をチェックしてみたのですが、19時以降アクセス0。
んん、カウンターは回っているのに何故?
そうか、また解析の調子がおかしいんだな、FC2許すまじ!

とヒートアップし始めたあたりで、テンプレ変更後に解析用タグを貼るのを忘れていたことに気がつきましたorz

とりあえず何でも人の所為にするのが私の悪い癖です。

Top|Next »

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード