変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

2010年8月まとめ

8月はとても疲れました。
山のようにあった本棚はほぼ組み立てが完了し、連日東京地検特捜部とタイマンがハレるくらいのダンボール箱を新居に搬入しました。
あと少し、あと少しで「本」の引越しは完了です。

しかし他の引越しは遅々として進みません。本当に9月中に完了するのか。


今日はこちらを買いました。
ギャルゲヱは最近よく本が出る
田尾典丈「ギャルゲヱの世界よようこそ! Fandisc」
野村美月「文学少女見習いの、卒業」 ファミ通文庫


8月まとめ
買った本 15冊
読んだ本 14冊     ※漫画、雑誌は含まない、ラノベは含む

8月は買った本も読んだ本も大半はラノベです。いや、もう肩がこって普通の本がなかなか読めません。なんと8月は一度もBOOKOFFに足を運んでいません。Amazonも予約以外は利用していませんし。

2010年8月末在庫
積読はあと41冊。足の踏み場も無いなか撮影。9月末こそは新居で撮影したいものです。

今読んでいる本
筒井康隆「現代語裏辞典」
マーティン・J・ドアティ「図説 中世ヨーロッパ武器・防具・戦術百科」



明日はお休みします。

My memory 1991~2000 

以前どんなに探してもみつからなかったブツが、今回の引越しでみつかりました。

それは
思い出
私の日記。
2000年の12月上旬までつけていました
1991年から2000年までです。えー、中三から入社二年目までかな。
最後二年は数日分まとめてつけるとか惰性になっていたのでやめてしまいました。当時はまだ仕事の手の抜き方が分からなくて、毎日が大変な状態でしたし。
今では立派な給料泥棒に成長しました。

久しぶりに読み返してみました。
中性紙は劣化が無くてとてもキレイです。
映画の半券、通行券、航空券、18切符、ストリップ劇場の半券、UFOキャッチャーのぬいぐるみのタグ
映画の半券や写真もマメに貼り付けていて、当時の記憶が鮮明によみがえってきます。
しかし…、なんというか…、内容が痛いなあ。特に中学から高校。当時はまだそんな言葉はありませんでしたが、これは典型的な中二病です。
思春期の頃に書いた文章とはいえ、もう少しなんとかならないものか過去の俺。特に性的な話題を書くのはヤメれ。張り倒すぞ過去の俺。
元々他人に見せるつもりなぞ毛頭ありませんが、これはいけません。新居に持ち出したら再び厳重に封をしておこう。

あとー、やっぱり勉強してませんね、過去の俺。暇があればゲームとアニメ三昧です。高校生のとある日には「天外魔境を買いにいったが置いてなかったのでフォゴットンワールドを買った」とか書いています。
お目当ての品が無ければ帰れよクソガキ。
今の私と行動パターンがほぼ同じなのがとてもイヤです。

しかし「フォゴットンワールド」とは…?





あー、「パラメシウムごときで俺を止めることはできん」のやつか。「ロストワールド」ね。
ということは専用コントローラーも買っていないか俺?




明日はお休みします。

最近読んだラノベの感想

日日日「ささみさん@がんばらない 3」 ガガガ文庫
タイトルとは違っておおいにがんばるささみさん。しかし実はこの世界の秩序を乱さない為にがんばらない選択をしたのでした。
よく分かりませんがそんなお話です。
日本神話を題材にして毎回少しずつ話を膨らましてきています。


犬村小六「とある飛空士への恋歌 4」 ガガガ文庫
別に戦記モノじゃないのでラストのピンチをイヤボーンの法則で乗り切っても問題ありません(ちょっと違うか)。
見えそうで見えてこない世界観が続きを待ち遠しくさせます。
ただ、時々入る変なコメディはいただけません。


樋口司「ダブルアクセス 3」 MF文庫J
あー、打ち切られてしもうた。
一応物語は完結しているのですが、駆け足な感は否めません。
前作に引き続きお話が地味だったからでしょうか。私は好きなんですが。
せめて絵師さんがタカハル画伯なら…
ラストは悲劇的な展開を匂わせていましたが、打ち切られていなければこの辺りも詳しく語られていたのかもしれません。
せめてあと2巻あれば。


田口一「この中に一人、妹がいる!」 MF文庫J
適当に買ってみたのですが、これは当たりでした。
終始バカ丸出しな展開ですが、自分に好意を寄せる女の子の中の誰が妹かと疑心暗鬼に陥るちょいミステリー的な展開があったりと結構頑張っています。
挿絵も可愛くて作風に合っています。
続きが出るのならばぜひ読んでみたいです。


アサウラ「ベン・トー6 和栗おこわ弁当310円」 スーパーダッシュ文庫
噂の先輩の妹は予想以上に良キャラでグー。
学園祭も楽しそうに描写されてました。個人的には揚げマーズバーが出てきていたのが興味深く、味まで解説されていたということは、作者は食べたことがあるのでしょうか。
日本で揚げマーズバーを出すお店があるのか、それとも作者が自分で調理したのか。
Deep-fried_mars_bars_convert_20090108211733.jpg
スニッカーズのテンプラとか、一口食べただけでも胸ヤケがしそうです。

やはり車はMTに限るよ

今日は軽バンを借りてきて大きな荷物を中心に運びました。
レンタカー屋さんは「ミッション車しかないんですが大丈夫ですか?」と言っていましたが、そんなの当然じゃないですか。
軽トラ・軽バンでオートマとかシャバすぎます。

さて、棚とかを入れた隙間にゲーム機を詰めます。
PCエンジンはそろそろ挙動があやしい
PCエンジン・サターン・ドリキャスは奥殿と協議の上で持っていくことにしました。もしかしたらまだ遊ぶかもしれませんから。
プレステはPS2があるので廃棄決定。奥殿が「PS2だとポポローグでお土産が全部展示できないからなあ」と難色を示していましたが、それは特殊すぎるので却下。

軽バンで家と新居を何往復もしました。
かなり人の住める家らしくなってきたかと。

奥殿が自分の部屋用にとウッドカーペットを購入していました。
木ですので二階に運び込むのには結構難儀しましたが、敷いてみるとなかなかのもの。
いいかんじです

色が黒なのは奥殿の趣味丸出し仕様だからです。

呼吸するが如くポチる

ついに来ましたか。
涼宮ハルヒの消失 限定版 (Amazon.co.jp限定スチールブック仕様/完全生産限定版)  [Blu-ray]涼宮ハルヒの消失 限定版 (Amazon.co.jp限定スチールブック仕様/完全生産限定版) [Blu-ray]
(2010/12/18)
平野綾杉田智和

商品詳細を見る

当然予約しましたとも、ええ。
ククク、楽しみじゃのう。


そういえば「ハルヒちゃん」もPSPでゲーム化するんですって?しかも麻雀。
麻雀ゲームは大好きだけどどうしようかなあ。
こちらはまだ「待ち」です。


明日はお休みします。

ああ、結構な出費になってもうた

手に馴染む
これは二年前、紀伊國屋書店丸亀店の開店記念にもらった革調のビニールブックカバーです。
以後愛用しております。

奥殿曰く、「私は○君のコレが羨ましくてなあ、なんで私は開店日に行かなかったんだー!」

昨日、紀伊國屋書店が入っている「ゆめタウン」の広告によると、なんと紀伊國屋書店またこのブックカバーを配るとか。
期間は8/26~8/29、2000円以上お買い上げの方、先着50名様。

よっしゃ、奥殿の為に人肌脱ごう。買いたい本ならいくらでもありますから。

仕事帰りに紀伊國屋へ。本を物色するのですが、最近すっかりご無沙汰だったので欲しい本が多すぎて困ります。
結局買ったのはこちら。
ちょいお高い
マルセル・エイメ「異色作家短編集17 壁抜け男」 早川書房
マーティン・J・ドアティ「図説 中世ヨーロッパ武器・防具・戦術百科」原書房

原書房の本は高いなあ、結局2000円どころではなくなりました。

しかし、肝心のブックカバーは品切れ。聞けば14時にはなくなったとか。
むぅ、今日はそんなに東洋文庫が売れたのか?(ちがう)
残念。


気をとりなおして今日も新居へ。途中TSUTAYAに寄り道して見つけました。
待ってました
アサウラ「ベン・トー6 和栗おこわ弁当310円」 スーパーダッシュ文庫
なんとついに先輩の妹登場とは。これは楽しみです。茶髪さんのイラストはありますか。

ついでに隣のエロゲー屋にも寄りました。するとシュタインズ・ゲートが山積みになっていました。
今日発売日だったの?
前々から気になってたので購入。
帰ってパッケージを眺めていると…、ありゃ、これ32bit専用だ。新しいパソコン64bitなんだよなー。
古いパソコンも修理済みですが、新居で奥殿にあげるつもりで今は接続していません。
仕方がない、奥殿に断ってちょくちょく遊ばせてもらおう。これはエロゲーじゃないから許してくれるかな。
古いパソコンに入っている「クドわふたー」はどうしようか、あちらは正真正銘のエロゲーだしなあ。

ラノベ選びはフィーリング、地雷を踏むのもまた一興

ハァ、しんどいしんどい。

連日の荷物運びもですが、会社でISOの更新審査があり、その準備でおおわらわです。
企業はなぜISOなんか取るのでしょうか。今時あんなものに何の価値が…。

会社帰りに買う本が心の慰めです。今日はMF文庫の発売日。
ダブルアクセス3
樋口司「ダブルアクセス 3」

たまには新規開拓も必要かと思い、可愛らしい表紙と嘉門達夫みたいなタイトルに惹かれて選びました。内容は一切確認していません。
妹は君かい?
田口一「この中に一人、妹がいる!」
お前か?
え、私じゃないよ、おにいちゃん。
お前やー!!
…面白ければいいのですが。
しかしタイトルは「妹がいる!」じゃなくて「妹がおる!」にしてほしかったです。



明日はお休みします。

積読の山は一向に減らず

暑い中少しずつ読んだ本の感想です。

ウィルフレッド・セシジャー「湿原のアラブ人」 白水社
イラクの湿地帯で何年も生活したイギリス人冒険家の体験記。1950年代、イラクがまだ王国だった頃です。
イラクといえば乾燥したイメージが強いのですが、よくよく考えてみれば、かの国には歴史的大河チグリス・ユーフラテス川があるではありませんか。
この二大大河の合流地点には広大な湿地帯が広がり、人々は葦で家を作り、交通手段は専らカヌーです。
まだまだ行政は部族の族長に委ねられた古き良き時代、湿地帯の村には必ず旅人をもてなすゲストハウスがあります。
葦で作られたゲストハウスは広々として涼しそう。
ムディーフ(ゲストハウス)内部
ここで出されるコーヒーやライスやミルクの描写がとても美味しそうに感じられます。
著者は持ち前の医療技術を発揮してどの村でも歓迎されます。病気や怪我の治療は勿論ですが、一番重宝されたのは、年頃の少年に施す割礼手術だったとか。
現在ではこの湿地帯の村々はイスラム原理主義者の巣窟となっているそうです。


潘 佩珠「ヴェトナム亡国史 他」 東洋文庫
ベトナム独立運動に身を投じた著者が、ベトナムの亡国に至る経緯を嘆くとともに、フランスによる酷政を切々と綴ります。
序文は梁啓超の手によりますが、これもなかなか印象的です。
梁はフランスのベトナム統治の酷さと日本の台湾統治の見事さを比較しますが、こうも言います。
「将来にわたってもベトナム人は存在しつづけるだろうが、あと10数年もするともはやこの世に台湾人は存在しなくなるだろう」と。
確かにもう少し日本の統治が長ければ、台湾は沖縄と同じように日本と同化したかもしれません。韓国については、歴史がどのように流れようが究極的には何らかの形で独立に至ったであろうと私は考えます。



ラノベの感想はまた今度にでも。
積読はあと37冊。今の家にある私の本はもう積読の山だけです。

それにしても暑いなあ。

ダンボールは意外と寝心地が良いと知った34の夏

週末に新居に泊りこみで本棚の整理をすることにしました。
21時に到着。
とりあえず一服しようと、持参した「とある飛空士への恋歌 4」を読みます。

ハッ、気がつくと最後まで読んでいました。いかん、いかん。

以後は性根を入れて本棚作成&本の収納。
ここ数日ドライバーの使いすぎで手の皮がむけてきました。
なんとか頑張って4つ作成しました。そして本を詰めました。
歴史小説など

横溝正史

収納は効率良く

収納場所が増えたので、従来に比べて見やすく置けます。
どうにか半分作り終えたところで時間は3時。
疲れたのでダンボールの上で横になっていたら朝まで寝てしまいました。


翌日も本の整理を続行。

昼前くらいに電器屋さんが洗濯機と冷蔵庫を取りつけにきました。
まずは懸案の洗濯機。

私:あのー、ちょっと狭いのですが…

業:そうですねー。まあ、やってみます。

結果、キレイに設置できました。
やれやれ

おーいヤマダ電機、設置できたぞ!
柱削りでもしない限り無理とかいい加減なこと言いやがってよう。

次に冷蔵庫。折角ですので一番大きなサイズを買いました。店頭で見るとそうでもないのですが、家に入れるととてつもない大きさです。
とりあえずリビングに運び入れ、保護テープをはがす業者さん。ふと作業の手が止まります。冷蔵庫の一部分を凝視してから言うことには、

業:ここに塗装ムラがありますね。これは交換モノです。

私:(ちょっとムラがあるだけで大げさな)どれどれ … うっ。
うーん
確かに右側の扉の端に大きめのムラがあります。なんだコレ、車の擦り傷をタッチペンで塗るとこんな感じになりますね。
使用する分には何の問題もないし、1mも離れてみると分からないのですが、新品のハイエンドモデルでこれはあんまりな仕打ちです。日立はちゃんと検品しているのでしょうか。

業:とりあえず使って下さって結構ですよ。代わりが入荷したら交換しますから。

うーん、それもどうだろうか。これだけで全交換は勿体ないし、来週には家具を搬入するのでこんなデカイ冷蔵庫出し入れしていたら大変です。

私:この部分の部品交換だけにして下さい。

業:では右側ドアの交換ということで伝えておきます。


来週は待望のエアコンが入荷します。これでこの家も住める環境に近づいたというものです。

アホは年とっても治りません

毎日引越し作業続行中です。
荷物の山をかき分けると、様々な発見があるものです。
本日は奥殿が「本棚の中から出てきた」と私の大学の成績表を見つけてました。なぜそんなところに?
「可」が多すぎるので画像のUPはしませんが、これは就職先に提出する為の書類が残っていたのですね。
習得単位は卒業可能ラインギリギリ。勿論わざとです、ハッハッハ。四年生の時は週に1コマしか授業を履修していませんでした。
ちなみに奥殿は私の倍の単位を取って卒業しています。教職プラスとある国家資格も取りました。スゲエ、スゲエよハニー。
部屋の隅にはタイムカプセルが埋まっていますね。


さて、今日も帰りに本を買いました。
飛空士これで終わり?
日日日「ささみさん@がんばらない 3」
犬村小六「とある飛空士への恋歌 4」 ガガガ文庫
暑くて本を読む気力が湧きませんが、ラノベならなんとか。

土曜日は新居に泊り込みで本棚を組み立てるつもりです。



明日と明後日はお休みします。

奥殿iPhoneデビュー

奥殿がPHSからiPhone4に乗りかえるとのこと。
ペースメーカーの作動は奥殿曰く「設置箇所に素肌に直付けでもしない限り何ら問題は無い」そうです。

最近ウィルコムもパッとしませんので、ここらで流行モノに手を出すのも悪くないでしょう。


奥:ついでに○君もソフトバンクにしないか?家族間無料通話だゼ?

私:えー、ソフトバンクとかありえんし( ´,_ゝ`)。

奥:なんだその言い草は!!

と夫婦間の会話も弾みます。


ついでに奥殿ショップでこんなものを持って帰っていました。
ガンダムケータイ
奥:○君が喜ぶと思って。

何スカ、ガンプラケータイって。
ガンダムの造作がスゲエ…
でも折角なんだから充電台じゃなくて本体をガンダムに組み込んでほしかったなあ。
こんなの購入する傾奇者なら喜んで使うでしょ。
昔ゲーム&ウォッチでそんなモデルありましたよね。

今さら聞けない

本の整理をしていたらこんなのを見つけました。
センスは悪いですが、良い仕事してます
「いまさら聞けない!! インターネット一発解決Q&A 2000年版」
あー、これ私が初めてパソコン買った時に一緒に買ったやつだ。
そっかー、もう10年経ったかー。
私のPCデビューは遅く(昔実家にあったPC88や98でゲームをしていたのは除外)、入社して一年目のことです。
学生の頃は携帯すら持っておらず、卒論も手書きで提出しました。当時ですら手書きの卒論は珍しく、学部内では私の他にもう一人いたきりです。

当時結構お世話になったことを懐かしみながら読み返してみますと、パソコンのキー操作とか基本用語などは今でも十分通用します。当たり前といえば当たり前ですか。
ただネット関係は何もかもが古い…
ADSLが実験的な試みとか書かれてあるし、エロサイトのバナーをクリックするとどうなるかとかも書いてあります。勝手にダイヤルQ2に接続する悪徳業者とかありましたなあ。
この辺りを読んでいると昭和40年代の本より古臭く感じるのは、自分が実際に過ごしたことがあるからでしょうか。
「ムフフ系」と称してやたらとエロ情報が多いのも本書の特徴です。その節は大変お世話になりました。
試みに「裏本大全集」を検索してみると…あ、まだあった。
画像もまだたくさん残ってますね。
それにしても画面が出る速度の速いこと速いこと。
裏本って2006年まで発売されていたのですね。

本棚は重く、世間は狭い

今日は注文していた本棚が届く予定ですので、朝から新居に詰めていました。
まずは組み立て家具が到着。
佐川の運ちゃんが「全部で25個口でぇーす!」と元気よく搬入。
おやぁー、自分で買っておいてなんですが、こんなに量あったっけか。
リビングが占領されました
これ誰が組み立てるんだよ(お前だ)。

次にガラス戸付きの本棚が到着。こちらは完成品でニトリの人が中まで運んでくれました。
思ったよりでかい
部屋の中に木の香りが広がります。
山をかきわけ…
持ってきている本の山から少し入れてみました。
ちょっとだけ入れてみました
うんうん、これはいい感じです。

午後から少し本棚を組み立ててみました。小さいタイプなら20分もかかりませんが、一番大きいサイズのは1時間以上かかります。
結局今日は二つ組み立ててギブアップ。先が思いやられます。


夕方から奥殿と一緒にご近所に挨拶まわりに出かけました。
住むのはもう少し先ですが、引越しでご迷惑をおかけすることもあるでしょうから。

まず最初に隣をご訪問したのですが、そこの奥さんが私の顔をまじまじと見ます。

奥さん:もしかして○君?

私:?

奥さん:私よ、私。○○ ○子。

私:ええ! マジかい!

なんとこんなところで小学校の同級生と再会するとは。同窓会以来だから14年ぶりですね。


とても疲れた一日でしたが、最後の最後でちょっとだけ心が温かくなりました。

クトゥルー物二冊

夏ですから夏らしい本を読みました。
作風はかなり違う

菊池秀行「妖神グルメ」 ソノラマ文庫
逢空万太「這いよれ!ニャル子さん 5」 GA文庫
どちらもクトゥルー物です。

まずは「妖神グルメ」
封印されながらも太古には地球の生態系を一変させるほどの力を振るったクトゥルー。しかし近年ではちょっと顔見せして何人かを発狂させただけ。それは何故か?
答えはお腹がすいているから
だから星辰の位置が決まって復活のチャンスが到来しても自力では無理。ではどうすれば…
主のお腹を満たすのだ!
世界最高のイカモノ料理人内原富手夫をスカウトすべく、クトゥルーの信者達が暗躍しはじめた!

あーほーかー。
しかしこんな題材でも面白おかしく、時にはシリアスに書き切る菊池秀行さんは流石です。この方の作品はほとんど読んだことがないので他作品との比較が出来ないのが惜しいところです。

世界最高のイカモノ料理人で高校生の内原富手夫はイカモノ料理以外には一切興味がなく、邪神に料理が振舞えるとあって、大喜びで怪しい人達についていきます。その腕は超一流。
例えば富手夫の乗った空母を襲ったダゴンに即興で料理を与え退散させます。
富手夫曰く「故郷の味を与えてホームシックにしてやった。今頃は海底の棲家で身体を丸めてこっくりしているさ」
ダゴンの故郷の味が分かるんかい!
こんな凄い男を他の邪神の信者も放っておくわけがなく、富手夫の身柄はクトゥルーとヨグ=ソトースの信者の間で奪いあいとなり、二大邪神はアーカムで決戦と相成ります。
先に富手夫のイカモノ料理で満腹となったヨグ=ソトースと空腹で動けないのでオーストラリア沖の深海から腕だけアーカムまで伸ばして闘うクトゥルー。
クトゥルーの腕を衛星写真でも確認できる一本の黒い直線で表現した二大邪神の闘いは短いものの、思わず背筋がゾクリとします。こんなアホ小説なのに手を抜かない菊池御大には恐れ入ります。

そして物語は終局へ。お約束のルルイエ浮上。富手夫は腹ペコクトゥルーとご対面。果たして天才料理人が最後に選んだ究極のイカモノ食材とは?

結末は妙に爽やか。ステレオタイプながらもメインヒロインも良い役回りでした。
伝奇小説の大家が大真面目に書いたパロディー作品、大満足です。


「ニャル子さん」の方は相変わらずボケと突っ込みだけで話が進みますなあ。面白いけどちょっとマンネリ気味。
「音速の500倍で13km伸びる」とかネタが比較的新鮮なのは結構なことです。
個人的には真尋とクー子の掛け合いが好きです。微妙に良い感じになったりして。



明日はお休みします。

奥:「消耗品を買いにいくだけでもダメ?」 私:「らめぇぇぇ! あそことは火事と葬式以外付き合い禁止!!」

今日は新居に洗濯機が納入される日です。
午後1時の約束でしたので新居へ。

1時ジャストに来た業者さん設置場所を見るなりポツリ。

業:ああ、これは置けませんね。

私:へ?だって店員さんは置けるって…

業:防水パンの端が壁とくっついているからもう一方の足がはみ出るんですよ。別売りのゲタの置き場もなさそうだし云々。

一旦電器屋と相談しなおして機種変更をお勧めしますと言い残して業者さんは去っていきました。

うーん、せめてきちんと測ってくれても良かったのにと、あきらめきれない私はメジャーを取り出し周辺を計測し略図を作成。そしてカタログの数値とにらめっこ。。。これ置けるんじゃないかなあ。

一度相談してみようとヤマダ電機に向かいました。しかしこれが酷かった…
ヤマダの店員さん、私が説明しているといきなり無言でどこかに消える。おいおい。
どうやら取り付け業者に確認の電話をかけに行ったらしいのですが、それなら一言断ってから行けよ。しかも私が話している途中で。それ人の話なんぞ聞いていないの丸わかりやんけ、せめてフリだけでもしろよなー。

とにかく業者の説明は置けないの一点張り。そして店員さんは業者が言っているんだからと私が作ってきた略図など見やしねえ。相変わらず時々無言で席を立って5~10分程こちらを一人にするし。

はあ~。

せめて図を見つつ「ここが何cm足りないから置けません」とか具体的な説明が聞ければ他の製品に変更したのだが。

仕方ないなあ。

「キャンセルしてくれ」
洗濯機、エアコン、冷蔵庫、注文したもの全て。

冷蔵庫とエアコンのフロア担当者さんごめんなさい。特に日立のエアコンの説明を懇切丁寧にしてくださった三菱の販売協力員さん大変申し訳ありません。でももうこの店では物を買いたくありません。

繁盛店の為か、80万超のキャンセルを出されても店員涼しい顔をしてけつかる。非常にムカつくが、態度に出してはこちらの負けなので出来るだけ平静を装う私。

店員曰く「高額の為お客様のクレジット控が無いとキャンセルできません」
うっせー、元々そんなつもりじゃ無かったから手元にねえよ。家まで取りに戻れと?この店は納品が完了していない客の売り上げ伝票を捨てるのか?
そんな意味のことを言うと、店員奥に行って伝票を探したのちにレジで処理。

店:キャンセルできました。

ほら見ろやればできるじゃないか。さっきのセリフは全て試して完全に無理だと分かった上で吐けよ。
もうこの店とは完全に縁切り決定。


数キロ先の他店へ行きました。
洗濯機と冷蔵庫とエアコン三台下さい、と事情を説明しつつ言うと店員さん「ソレハイケマセンネエ、モットテイネイナタイオウヲシナケレバ」と神妙7:笑顔3くらいの顔で仰いました。ここはヤマダ電機ほど売れてないからなー。
件の洗濯機については、置けるかどうか正直微妙だが、置く方向で頑張ってみる、置けなかったら機種変更ということになりました。店を変えればどうにかなるほど甘くはないということですね。とにかくお願いします。
この店を出た時にはもう夕方でした。

今日はヤマダ電機に半日潰されてしもうた…

25年前も暑かった…

今日で日本航空123便墜落事故から25年とか。
もうそんなに経ちましたか。あの日のことはよく憶えています。
両親とも遅くまで農作業→青果市場へ出荷作業で晩御飯が遅れに遅れ、私は一人で123便行方不明のニュースを観ていました。
当然翌日以降テレビはこのニュースばかりになっていました。
被害者の方々の残された遺書は衝撃的で、私も飛行機に乗るたびに一応筆記用具の準備をするのと機内で文案を考えています。ビビリなものですから。

改めて心よりご冥福をお祈り致します。


今回ご紹介するのはこちらです。
墜落!の瞬間
マルコム・マクファーソン編著「墜落!の瞬間 ボイスレコーダーが語る真実」 青山出版社
飛行機事故の後に機体から回収されるボイスレコーダー。
本書は28件の航空機事故の事例を、ボイスレコーダーからおこされたコックピット内の会話を中心にまとめています。
事故の原因は機体の故障や人為的ミスなど色々ありますが、どの事例も緊迫感がありつつも著者による解説が必要最小限な為か非常に淡々とした印象があり、夜中一人で本書を読んでいると震えてくるほど怖いです。
墜落事故ですから幕切れは突然にあっけなく訪れます。それまでの機内クルーの奮闘ぶりとの落差がまた…
日本航空123便の事例も収録されております。

誰もいない家でひとり読書をする

出勤前に車に段ボール箱を目一杯詰め込み、帰りに新居に寄って降ろします。
二階と車を10往復。半端なく疲れます。
全て引き入れたところで一休み。
最初からエアコンが付いている私の部屋でクッションに寝転がりしばし読書をしました。
新居初読みはこれ。
ニャル5
逢空万太「這いよれ!ニャル子さん 5」 GA文庫
道草したTSUTAYAで偶然発見しました。
まあ、読んだといっても10ページくらいです。最初の儀式みたいなもんですね。

今晩も明日に備えて車にダンボールを詰め込みます。やっと1/5くらいは片付いたかな。

何はともあれ遮光カーテン

本日住宅の引渡しがありました。
銀行の応接室にて不動産屋さん、司法書士さんを交えて最後の手続きを行います。
私の口座には融資全額の1700万が記帳されました。
おお!あのー、このまま帰ってもいいですか?
勿論右から左で手付け分を引いた額は不動産屋さんに振り込まれました…、今後この桁の数字が私の通帳に並ぶ日は来るのでしょうか。また一から貯金のしなおしですね。

新居に向かう道中、警察署に寄って免許の住所変更をし、ホームセンターで来客用スリッパを購入しました。

新居に到着。近所へのご挨拶は週末に行うつもりですので、それまで表札はかけないつもりです。とりあえず窓にカーテンをかけました。
私の部屋は当然遮光カーテン。太陽光線などは一切不要です。
さらにこの前に本棚を置きます
ククク、流石は一級遮光。真昼間でも暗い暗い。

この後何往復かしてダンボールに詰めた本を新居に運び入れました。これから毎日少しずつ移動させていきます。

きちんと住める環境になるのはいつのことやら。

なんという羞恥! 癖になりそうだ (*´д`*)

今日は近所のヤマダ電機で冷蔵庫とエアコンを買ってきました。
我ら夫婦は「世界ふしぎ発見」で洗脳されておりますので、メーカーは日立で統一しました。
注文したエアコンは品薄で、取り付けは9月に入るとのこと…、恐るべし猛暑!

それにしてもヤマダ電機の「ケイタイdeポイント」はどうにかならないでしょうか。
お会計の度にこのような携帯を店員に差し出し、
わふー
このような待ち受けを覗かれる身にもなって下さい。
ちゃんと撮れません
新しい快感に目覚めそうです。



明日はお休みします。

どちらも読み応え抜群でした

なんだか寝付けなかったので、昨日買ってきたカンボジア関係の本を一気に読みました。どちらも違った意味で「面白い」本です。これだから読書はやめられねーのです。

山田寛「ポル・ポト<革命>史 虐殺と破壊の四年間」 講談社選書メチエ
ポル・ポトがカンボジアを制圧するに至った経緯、ポト派の政権崩壊後から内戦終結までの流れが非常に分かりやすく解説されています。
カンボジア独立からロン・ノル政権誕生までのシアヌーク国王の政治手腕などはよく知らなかったものですから勉強になりました。
90年代の政治情勢の混乱振りは、当時日本でも連日のように報道されていましたので、本書を読んで思い出し、懐かしく感じました。


馬渕直城「私が見たポル・ポト キリングフィールズを駆けぬけた青春」 集英社
ポル・ポトに二度もインタビューすることに成功した著者。80年代にはポト派に従軍取材も行っており、他では見られない貴重な写真、迫力ある体験談が山盛りです。
しかし、この人恐ろしく視野が狭い…
本書のほとんどが自身の体験や伝聞を主観的にまとめたものです。ポト派による虐殺は虚構であり、虐殺とされたものはほぼアメリカとベトナムの仕業なんだとか。
アンコール・ワットもポト派は大事に保護し、仏像の略奪・破壊はその後ベトナム軍が行ったもの、カンボジア全土にバラ巻かれた地雷もベトナム軍が行ったこと…
スゲエ、スゲエよ。とても2000年代に書かれた本だとは思えません。
先に読んだ「ポル・ポト<革命>史」やホンカツさんの著書と比較すると、その主観100%な内容には目が点になります。
まあ、ホンカツさんの場合はベトナムの影響が非常に強い時期に取材を行ったわけですから、ある程度は割り引いて考えた方が良さそうですが、それにしてもなあ。

献血・ポルポト・ソファー選び

今日はまず高松市内で献血をしました。
前回は1月、年間の回数制限に引っかかって半年以上ご無沙汰になっていました。
体質で血液が標準より濃い目の私としては、月一回400ml抜いてもらえると非常にありがたいのですが、決まりなら仕方がないですね。


折角高松市内に来ているので、紀伊國屋書店と宮脇書店本店を覗きました。それぞれ一冊ずつ本を買いました。
ポル・ポト本
山田寛「ポル・ポト<革命>史 虐殺と破壊の四年間」 講談社選書メチエ
馬渕直城「私が見たポル・ポト キリングフィールズを駆けぬけた青春」 集英社
この後寄ったドトールで本を袋から出してチェックしていると、

奥:ポル・ポトがマイブーム?

と訊かれました。うむむ、そーかもしれんね。


最後にニトリで家具を見ました。今日はリビングに入れるソファーを買いました。
私としては食後にダルく退廃的な時間を過ごしたいので、身が深く沈むタイプが好みなのですが、奥殿としては姿勢良く腰掛けてテレビ鑑賞したいので、座面は硬めが良いとのこと。
色々と話し合いましたが最終決定権は私に委ねてくれましたので、私の意見:奥殿の意見=7:3くらいのブツを購入しました。

暑い日はラノベでさらさら

水分がトンで弱った脳にも優しく沁みわたるというものです。

これを買いました。
スニーカー掲載分はいつ単行本化するのか
猫砂一平「末代まで! LAP3 心霊温泉トレイニング・キャンプ」 スニーカー文庫
夏は海で合宿、水着に温泉。正しくストロングスタイル。
相変わらず書きたいことが多すぎて、ちょっと無理して詰め込んだ感があってところどころ読みにくい箇所がありますが、総じて楽しく読めました。
術者の系統ごとに攻めパターンがまるで異なるババアレースは奥が深いですね。
面と向かってはお話ができないものの、電話ごしなら大丈夫という「メリーさん」と背中合わせで携帯で会話というのもなかなか…
ってこれ結構ラブコメでよく使われるネタだな。
次巻も早めにお願いします。


他買っておいたラノベも読みました。

空埜一樹「死なない男に恋した少女7.彼方のアシタ」 HJ文庫
ふおお、やっぱりこれで終わりだったかあ!
ラストはどのようにまとめるのかと思っていたのですが、、、
なんだかもの凄くシンプルなお話でした。
一応納得はできるものの、話にオチを付ける為に無駄は一切削ぎ落としました的な展開で。
全てがお約束で収束していくので、昼休みに20分で読めてしまったのはちょっと驚きです。

日日日「狂乱家族日記 番外そのなな」 ファミ通文庫
この人の多作ぶりには驚かされます。狂乱の番外は今もWebで絶賛連載中だとか。
今回の番外はアウトローの巣窟「正夢町」に焦点が当てられており、登場するキャラが立ちまくりでよろしいかと。
本編のレギュラー「狂乱家族」の出番が極力抑えられていたのが話が散漫にならないポイントでしょうかね。

そろそろ大詰め

今日も午後から半休を取りました。
いやー、二日連続だから気まずいこと気まずいこと。

しかし今日は仕方がないのです。
とりあえず市役所に寄って住所を変更しました。
まだ引渡し済んでいないけどナー。

次に銀行。
担当の方が山のような書類を抱えて出てきました。
その全てに住所と名前を記入します。なんだか社長さんになった気分です。
そして捺印。
全部で30ヶ所くらいはあったでしょうか、大金を借りるというのは大変なことなのですね。

これでローンの契約は完了。あとは引渡しの日を待つばかりです。
日々本をダンボールに積め、空いたカラーボックスを解体しつつ首を長くしております。

思ったより小さい

忘れた頃に届きました。
コンパクト
涼宮ハルヒ「超パノラマクリアポスター」

これは1月末に買った「涼宮ハルヒの衣替えキャンペーン」と称するパノラマカバー版の全巻購入特典です。
収まりません
それにしても小さいなあ。文庫のカバーと大差ない大きさですよ?
角川のセコさが伺えますな。

まあいいや。
新居の自室に本棚で埋まらない壁があれば貼るかもしれません。

水難

昨晩2時半頃。

奥:トイレのタンクに水が流れなくなった。

私:どれどれ。

眠い目をこすりつつタンクの蓋をあける。元栓を閉めずにいじっていたのがマズかった。そのうちに部品がはずれ…

ぶしゅーっ!!

はわわ、水が噴出した!慌てて部品を元に戻そうとするも、水圧で入らない。右手で強引に噴出部を押さえつつ奥殿に叫ぶ。

私:おーい、○ちゃん!10円玉持ってきて!

我が家にはマイナスドライバーが無いのでコインで栓を閉めようとしたが、固くて回らない。
その間にもトイレの床は水浸しに…
右手で噴出部を押さえているので身動きも取れない。チクショウ、オランダの堤防の穴に腕を突っ込んだ少年の気分だ。

そ、そうだ!

私:おーい、○ちゃん!プライヤー持ってきて!

奥:どこにあるんだそんなモン!

私:文房具入れてる引き出しの中だようー。

闘い済んで…
プライヤーで10円玉を挟み元栓にあてがう。これで回るはず、、、よし、回った!
水が止まった時にはトイレ、脱衣場、玄関が水浸しになっていました。
後始末が済んだ時にはもう4時。ほとんど寝てないのと修理の手配の為本日午前は急遽半休を頂きました。
修理に来た業者さんには分からない部品を不用意に触ってはいけません、と怒られてしまいました。トホホ。

おお、筒井康隆さんの新刊だ!

本屋さんで偶然見つけました。

筒井康隆「現代語裏辞典」 文藝春秋
新旧
なんだか「欠陥大百科」を彷彿とさせますね。今度は辞書ですか。
多くの人達から寄せられたアイデアを参考にしたとはいえ、70過ぎてもこんなアホな連載及び出版ができる筒井さんは偉大な人だと思います。
表紙がいとうのいぢさんの「ビアンカ・オーバースタディ」もいつか必ず出版されると信じています。
先生、頑張って下さい。続きはまだでしょうか。

他にもラノベを二冊買いました。
狂乱は短編も多いね
日日日「狂乱家族日記 番外そのなな」 ファミ通文庫
空埜一樹「死なない男に恋した少女7.彼方のアシタ」 HJ文庫

サシデレはもしかして今回で最終巻かい?




明日と明後日はお休みします。

カモン!カモン!カモン!ダイオージャ!

お休みの日は引越し関係の買出しをします。

今日買ったのは、

・表札
・カーテン
・本棚
・クッション

表札は家紋入りにしたいなーと思っていたのですが、探すとなかなかありません。

こちらのサイトのオーダーメイド表札は大変魅力的です。
黒ガラスに金文字などは洋菓子を連想させるオシャレなデザインですが、そこに家紋を入れると一転してモロヤクザ…

うーん、私としてはオーソドックスなアルミプレートの隅にワンポイントで家紋が入っているようなデザインが良いのに。
仕方がないので家紋は諦めて普通のデザインのものにしました。

ちなみにうちの(というか実家の)家紋は上がり藤です。
84-kamon-3-61_MED.gif

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード