変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

2010年9月まとめ

まずは最近読んだ本の感想。

モーリス・ルブラン「二つの微笑を持つ女」 創元推理文庫
ルパンの必殺技、「敵役の警官の女房を寝取る」が炸裂した作品ですね。こんな方法で相手を黙らせる主人公はルパンさんだけやー。
不覚にもオチには最後まで気が付きませんでした。なんという犬神家の一族。

ヴィクター・H・ホメアー、アーリン・ホー「お茶の歴史」 河出書房新社
欧米人が書く「~の歴史」本にしては珍しく記述の大半が東洋 … って当たり前ですね。
東洋、特に中国を抜かしてお茶の歴史を書くなどは不可能ですから。
日本の茶文化についても独立した章が設けられています。
読後は無性にお茶が飲みたくなる一冊です。


9月まとめ
買った本 9冊
読んだ本 13冊     ※漫画、雑誌は含まない、ラノベは含む

ラヴクラフト全集は数に入れていません。
ああ、9月のなんと低調なことか。
連日の引越し作業で本を読む暇などほとんどありませんでした。

2010年9月末在庫
積読はあと38冊。10月は月末にかがわ古本まつりがあるので果たしてこの水準を維持できるのやらです。

今読んでいる本
藤澤房俊「シチリア・マフィアの世界」 講談社学術文庫
草森紳一「文字の大陸汚穢の都 明治人清国見聞録」 大修館書店



明日はお休みします。

とりあえずは一段落

今日は一連のお引越し作業に一区切り付けるべく、有給休暇を取りました。
そしてレンタカー屋で軽トラックを借りてきます。
後は夫婦で大車輪。
不要物を山と積み込みゴミセンターに持ち込み、残りの荷物を強引に荷台に押し込み、空になった部屋を掃除しました。
ふう、
最後に壁にかかっている時計をはずして撤収完了です。
15時48分
なんとか9月中に大家に鍵を返すことができました。

今日から新居での生活が始まります。

ただ…、
最後の方は荷物の移動を最優先させた為、整理が全くできていません。
どこから手をつけたものやら
荷物の仮置き場と化した和室などは足の踏み場もありません。
これでも半分は処分したのですが…

まだまだこれからです。

なんだかなあ

本日弊社と取引のある海運会社から通達がありました。
曰く、現在中国の通関手続きが厳格になっている、ちょっとしたことでもハネられるので注意するようにと。
やはり尖閣問題の影響ではないかとのこと。

ニュースをながめていても色々ありますね。
なんですって、上海市で行われる国慶節の花火大会で、日本が参加する日だけ中止ですと?

はー、こんなちっちゃい嫌がらせが続くと、暴支膺懲とかチャ○コ○とかの最近はあまり使用されない単語が頭に浮かびますなあ。

隣国同士仲良くするのとなんでも譲歩するのは違うっすよ。



明日はお休みします。

正に「暑さも寒さも彼岸まで」

新居の庭でセミの死骸を見つけました。
9月下旬の羽化って遅くね?
えー、なんだっけこれ。
今の季節ならツクツクボウシ?
これで今年のセミの見納めでしょうか。
セミは花壇に埋めてあげました。しっかり肥料になって下さい。

しかし先日からめっきり涼しくなりましたね。
ついこの間まで引越し作業をしているとすぐ汗だくになって床に汗がポタポタ落ちて困ったものですが、
もう今はエアコンが無くても快適です。

あー、月日が経つのは早いなあ。
9月残すところあとわずか。
引越し急がねば。

ポップアップでメザシをチン!

荷物運びのついでに奥殿の歴代の携帯(PHS)を捨ててくることにしました。
昔の機種はちっこい
今見るとどれも時代を感じさせるモデルです。
確か近所のヤマダ電気に回収ボックスがあったはず。
あそこは嫌な思い出のある怨敵ですが、いちいちこだわるのもスモール・アスホールでございます。
それに6月にパソコンを買った時に付いたポイントがあるので使ってしまおうかと。

お店に入ると回収ボックスがありません。
店員に訊くと、以前はお客さんにボックスに投入してもらったのだが、今は一度こちらで預かってデータを完全に消去しているとのこと。
そして現在データを消去する機械が故障中で回収不可…
あー!本当に使えねえ店だなここは!!
しかしここで怒るのもアレですので黙って引き下がりました。携帯は最寄のショップにでも引き取ってもらいます。

気を取り直してお買い物。
オーブントースターを一つ買いました。

オーブントースターには少し思い出があります。
舞台は10数年前、まだ奥殿と付き合っていた頃、夜中電話でお話中。
私、トースターと言えばポップアップ式のものが頭に浮かぶものですから、
03_01_SK225_S_convert_20100925162351.jpg


奥:トースターでししゃもを焼いて…

私:(トースターで?)落ちた油はどうすんの?

奥:え?アルミホイルひくでしょ普通。

私:トースターにアルミホイル突っ込んで魚焼くの?面倒じゃないのか。

奥:え?

私:え?

と話がまったくかみ合わなかったことがあります。ごめんなさい、実家にオーブントースターが無かったものですから。

オーブントースターと奥殿の部屋に置くテレビの配線とでしめて5000円ナリ。全てポイントで買えました。

新本棚紹介 その1

新しい部屋の本棚をご紹介その1 戸付きの本棚です。

外観
外観
光って上手く撮れませんね。
ニトリのガラス戸付き本棚を二つ並べています。
中には主に古書とか、箱入豪華系の本とか、大きな写真集・画集・児童書・絵本等を収納しています。
古書類

絵本・児童書

図鑑とか

箱入り本

ラヴクラフト

お料理

テカテカの見苦しい写真を並べて申し訳ありません。
適当に並べてみたのですが、空間や棚板が余りすぎており、もう少し改善の余地があろうかと思われます。
お人形さんは少しリストラしました。

紀伊國屋の歴史コーナーは憩いの場

今日も引越し作業の合間に寄り道。
紀伊國屋書店に行ってきました。
今住んでいる所だと車で5分なのですが、新居からだと30分かかるのがつらいところです。

久し振りでしたので歴史関係を少し多目に買いました。
ちょっと多めに
ヴィクター・H・ホメアー、アーリン・ホー「お茶の歴史」 河出書房新社
藤澤房俊「シチリア・マフィアの世界」 講談社学術文庫
草森紳一「文字の大陸汚穢の都 明治人清国見聞録」 大修館書店
紀田順一郎「幕末明治傑物伝」 平凡社
筒井作蔵「おそれながら天朝様に敵対するから加勢しろ! 秩父事件を歩く」 街と暮らし社

「おそれながら~」はひじょ~~に不謹慎なのですが、一見してラノベのタイトルを連想してしまい、興味を持って手に取りました。
これは秩父事件において首謀者が発した檄文の一つなのだとか。

久し振りに読書感想など

最近読んだ本の感想です。


モーリス・ルブラン「813」「続813」 新潮文庫
2冊で一つのお話です。前半の「813」でも一応ルパンサイドでオチというかネタバラシ的な展開があります。
んー、別のお話で全く同じオチがあったのに気がつきませんでした。
全体を通してみると、普段は常に人を喰った態度でホームズなりべシュー警部なりを小バカにしているルパンですが、
今回は最後まで正体不明の敵に圧倒されっぱなしで、なかなかに手に汗握る展開でした。
新潮文庫版の堀口大學さんの訳にも慣れてきました。
ただ、フランス人のルパンに「10円玉の入る隙間もない」とか「お釈迦さまもご存知あるまい」とか言わせるのはいかがなものかと。
日本語としては間違ってはいませんし、雰囲気も合っていますが、これはちょっと。


ジェフリー・リーガン「ヴィジュアル版 決戦の世界史」 原書房
ヴィジュアル版とうたっているだけあって、図版が豊富。数ある会戦の中でも後の歴史に影響を与えるような正に「決戦」のみを取り上げています。
とても面白いのですが、西洋人の本にありがちな、「世界史」と言いながらも欧米に関連した事柄しか記述がないのは残念でした。
本書で取り上げられた欧米以外で行われた戦いというと、「ディエン・ビェン・フー」とか「ミッドウェー」とか、相手のどちらかには欧米の国が入っています。
西欧諸国が入っていないというと、モンゴルとアラブが戦った「アイン・ジャールートの戦い」くらいでした。でもこれも十字軍国家が関わっているなあ。
日本をもっと入れろとは言いませんが、この手の本で中国関係が全く入っていないというのは明らかに偏っているでしょう。
世界史に影響を与えたのなら唐とアッバース朝の「タラス河畔の戦い」くらい取り上げても良かったのでは。


E・C・タブ「夢見る惑星フォルゴーン」 創元推理文庫
ちょっと間が空きましたが、デュマレスト・サーガの2冊目を読みました。
このシリーズは毎回マドンナの出てくる寅さん的展開なのか。
そういえば先日作者のE・C・タブ氏がお亡くなりになりましたね。
ご冥福をお祈り致します。


比嘉智康「神明解ろーどぐらす 3」 MF文庫J
不意をついて主人公にキスするヒロイン(又はその恋敵)、そしてそれを偶然目撃する恋敵(又は逆)。
なんという教科書的ラブコメ展開かっ!
こんなのも嫌いではありませんけど、もう4人は元通りの関係には戻れないのでしょうか?
二学期までに元の鞘に納まりますように。
そしてどうか本作が次巻で終わりませんように。


積読はあと35冊。

ちょっと息抜き

もう月末まであとわずか、来月の家賃を払わないためには急いで引越しを完了させないといけません。
しかし、連日の新居と現在の住まいの往復で疲労の色が濃いのも確か。
ありていに申しますと、
あ・き・た

ああっ奥殿がにらむ。
しょうがないじゃんよー。

というわけで、今日は合間をぬって二時間ほど外出させていただきました。

外出先は当然本屋。ここにも新居で必要な物があるんじゃーい。
まずは讃州堂書店にて。
いあいあ!
「定本ラヴクラフト全集」国書刊行会
いやー、これ前から欲しかったんですよね。でも今の家じゃ置き場所がなくて。
わりとお手ごろ価格でしたので費用は引越し予算から出しました。
それと新居の部屋に貼ろうかと思って、浮世絵のレプリカを何枚か買いました。
一枚200円
東海道五十三次ですね。
一番上のはお気に入りの一つで獣肉屋と焼きいも屋さんです。
看板ですが、「山くじら」=「いのしし」、「○やき」はイモの断面がまるいことから。「十三里」は「栗(九里)より(四里)甘い」というもじりです。
それと宮脇書店でこちらを。
ろーどぐらす3
比嘉智康「神明解ろーどぐらす 3」 MF文庫J

よし、これでまだまだ頑張れる。
今日もあと三往復はするのだ。



明日はお休みします。

新居から初カキコ

本日はケーブルTV&インターネットの工事がありました。
工事の業者さんが「配線するんで机よけますねー」と私のパソ机を動かしていたところ、
ガッシャーンと派手にパソコンを転倒させてしまいました。
…、パソコンに不具合は全く無かったので何も言いますまい。
本日カルシウムの摂取量は充分足りていたようです。

工事終了後二台のパソコンに無線LANの設定をします。
ん~、つながらない。

こんな時は最初からやり直しに限ります。
ドライバーを全てアンインストールして…
…よし、つながった。

私のボロパソ改めてネットデビューであります。
コンセプトは木のぬくもり

前にも一度UPしましたが。シンプルにまとめてみました。
しかし今回はラックが小さいので、下は配線でゴチャゴチャしすぎています。
マウスをワイヤレスにするとか、タップのコードを短くするとか、もう少し工夫が必要ですね。
棚の辞書は大半が奥殿のブツで現在仮置き中です。
「えー、このまま置いといてよ」と聞き覚えのある声がしますが、
仮置きだ仮置き

そして奥殿のパソコン。
なるべく黒系で統一したいとのこと
こちらのラックは黒ガラスで奥殿の趣味丸出し仕様です。
スピーカーがウサギさんの耳のようですな。


パソコンが移ってもまだまだ引越しは完了しないのです。


明日はお休みします。


まだまだフォークが珍しかった時代のお話

こないだ買ってきたラノベを読みました。


支倉凍砂「狼と香辛料 ⅩⅤ 太陽の金貨 上」
なんか、ホロの同胞の消息云々は冒頭であっさりと片付けて、以降はいつもの商売がらみのお話になってますやん。
あまつさえロレンスはヨイツ周辺に腰を据えようとする始末。うーん、生温し。
これも悪くはない、悪くはないのですが、最終章はもう少しファンタジックな展開にしてもらいたかったです。
…と思いきや、ラスト間際で気になる展開。
ロレンスはこのまま無事商店の旦那に納まることができるのか?
そしてコル坊の運命や如何に?
待て、次巻!


竹宮ゆゆこ「ゴールデンタイム 1」
なんかですね、もともと大学を舞台にした恋愛モノはあまり好きではないのですよ。
すぐにセックスに持ち込もうとするとか、往年のトレンディドラマを彷彿とさせるとか(アレは嫌いなので)、そんな偏見があるのです。
でも本作はなかなか楽しめました。
冒頭は設定が上手く飲み込めなかったのと、作者お得意(?)のキ印ヒロインが合わなくてイライラしましたが、
中盤以降はいい感じに読めました。
ヒロインの香子さんですか、事前にあーしよう、こーしようと綿密な計画を立てていてもいざ本番となると大暴走してしまい嫌な汗をかきまくるというのはスッゲェよく分かります。
月例会議とかプレゼンとかの直後は大声で泣き喚きながらどこかに逃亡したくなりますよね。
…話がちょいそれましたが、そんな香子さんをフォローしながら次第に惹かれていく主人公もよろしい。
そして終盤、正に「役者は揃った」的な終わり方で続きが気になります。

探しています、コックさん人形

パスタ屋なんかでよく見かけるアレです。
新居の玄関先に置きたいなあ、と。
よそ様のブログの写真を拝借して非常に申し訳ないのですが、、、
images.jpg
こんな感じ。
いくらかバリエーションがあるみたいですが、私が欲しいのは
・身長80cmくらい
・黒板持ち
・眼鏡なし
・アメ色がかっていてアンティーク調
のやつです。 我ながらうっせぇなあ。

ネットで検索すれば簡単に見つかると思ったのですが、そうでもないようで、ヤフオクでもそれらしき物にヒットしません。

学生の頃高松市内の家具屋で販売していたのを見かけたことがあります。値段は確か2万円前後だったような。
欲しそうにしていたら当時つきあっていた奥殿が「誕生日に買ってあげようか?」と言ってくれたのですが、
高額だし置き場もなかったのでお気持ちだけいただきました。

…当時の私に未来を予知することができたならば買ってもらえばよかったです。

ちゃーりー ざ どらんく ぎにあ ぴっぐ

好評じゃなくても動画第三弾。

奥殿のお気に入りシリーズです。

Charlie the Drunk Guinea Pig
可愛らしいモルモットがオッサン声で口をひん曲げて暴言を吐いたり下品な言動を弄したり、ナイフを投げたり、目から熱線を放ったりとやりたい放題です。
その凶悪な所業は、引越しで疲れた我々夫婦の一服の清涼剤となりました。
iPhoneを手に入れた奥殿は、早速コレをお気に入り登録していました。
「これでいつでもチャーリーが観れる」とご満悦です。

しかし、オープニングの歌詞でよく分からない箇所があります。
「ゴミ箱から物音が聞こえるのでツナサンドイッチかと思ったら可愛いモルモットだったよ~」とか言っているのですが、
ツナサンド?
英語に堪能な方、どうかご教示を…

オレ一人でやる

このところとある動画を探しているのですが、なかなか見つかりません。
昨日貼った「世界最強のシマリ」もそのついでに見つけたものです。

うーん、検索単語を変えてみよう。

あいかわらずお目当ての動画は見つかりませんが、こんなものがありました。

ファイナルゾーンとはまた懐かしい。しかも全面の動画がUPされているとはどういうことだよオイ。
ついオープニングから見入ってしまう。
んー、オープニングで隊員達の履歴が流れるのですが、ランディー・ハンセンのSEXが「週二回」、リン・モモコのが「大好き」になってますな。
当時は小学生だったからこんな細かいところまで気がつかなかったなあ。

どこのオヤジギャグだよ

登録タグの「信頼のオレ一人」にも感動しました。皆考えることは同じなんですね。
このゲーム、チームを組むとかえって動きが取りにくく、大尉一人の方がミッションクリアが容易なんですよね。
ゲームに慣れてくるとその面のキーキャラだけは連れていくようにしていましたが、途中で死なさないように気を配るのが大変で…

えろえろ18


ごめんなさい。
ニコニコでインパクトのあるタイトルを見かけてつい…
しかし、これじゃ重りをズボンにくくりつけているようにしか見えませぬ。
やはりその辺りをアップにしていただくか、着衣はナシの方向で…ゲフンゲフン。

締め付けといえばですね、昔私が覗いたことのあるストリップ劇場で凄腕の踊り子さんがおりまして、

・栓抜きでコーラの栓を抜く(柄は差込やすいように木製で丸っこくカスタマイズしている)
・タコ糸でリンゴを切る(同じく一方が木製の柄につながっており、踊り子さんは柄を装着し、糸をリンゴにゆわえてお客に持たせ、引っ張り合いしてリンゴを切断)
・吹き矢(タバコを一本お客から借り、吹き矢にしてお客のところに返す)

等々の妙技を拝見したことがあります。
お客の入りが少なかったので私はかぶりつきで見ていました。前述のタコ糸でリンゴ切り芸において、踊り子さんと糸の引き合いをしたのはかくいう私でアリマス。
いやはや、手で引っ張り合いをしているような凄い力でした。
切ったリンゴは頂きました。美味しゅうございました。

料金以上の価値がある至芸でしたが、踊り子さんがどう見ても50歳以上のベテランさんでしたので、エロくはなかったです。

自分、昭和生まれスから…

今日は新居にテレビが届きました。
据付が済んでから業者さんが使い方を一通り説明してくれましたが、何を言っているのかさっぱり理解できませんでした。
「ふんふん」「なるほど」と一応適当に相槌を打っておいたのですが…
今使っているブラウン管のテレビと機能が違いすぎる…
昔祖母にビデオの概念を説明していた時のことを思い出しました。今は私がばーちゃんの立場です。

ま、まあ機能の確認はしておかないといけません。番組は映りましたので、次はBDデッキです。
ブルーレイは持っていないのでDVDを再生するとして、初視聴は何にしようかな。よし、これ。
はるひちゃん
メインヒロイン
全俺が支持する人気キャラ
森さんルート…
どこか志のあるゲーム会社さんが本当に作ってくれないものか。


午後からは家具関係が届きました。
ベッドも入り、かなり人の住める家っぽくなりました。あと一息です。
私のパソコン用の椅子も入れました。
もう組み立て家具はイヤだよぅ
ディノスの通販で良さげなのを見つけました。細部が安っぽいですが、そこは目を瞑りましょう。

そしてようやく積読の山を移してきました。
どんどん読もう


めざせ9月中引越し完了!
10月分の家賃は払いたくねーのです。

うん、読書の秋だ

昨月だけで通常の年間使用額の1.5倍ほどカードの利用がありました。
ですからJCBのポイントが貯まりまくりです。
ポイントでこちらの本を引き換えました。
決戦の世界史
ジェフリー・リーガン「ヴィジュアル版 決戦の世界史」 原書房
以前から欲しかったのですが、ちょっとお高いので躊躇していた本です。
5000円近い本を引き換えることのできるポイントが一月で貯まるとは…
一連の引越し騒動が終わったあとのリハビリが大変です。

それと、電撃文庫の発売日でしたのでちょっと買ってきました。
電撃二冊
支倉凍砂「狼と香辛料 ⅩⅤ 太陽の金貨 上」
竹宮ゆゆこ「ゴールデンタイム 1」

狼と香辛料はやっと最終章ですか…
終われる作品は幸せ者です。谷川さん、ああ谷川さん…
ゴールデンタイムは作者買い。内容は一切確認していません。とらドラ!の再来なるか。



明日はお休みします。

そろそろ読書の秋かな?

引越しの合間に少しずつ読みました。



筒井康隆「現代語裏辞典」 文藝春秋
項目が多く、長く楽しめました。夏バテ気味で数ページ読んでは寝ていただけかもしれません。
ネット上でアイデアを募集したそうで、中には筒井さんが書いたとは思えないような内容もありました。
私は「悪魔の辞典」みたいな皮肉系の項目よりも、「プッチーニ ~ 少量のマルチーニ」のようなことばあそび系の項目が好きです。


マーティン・J・ドアティ「図説 中世ヨーロッパ武器・防具・戦術百科」原書房
中世ヨーロッパの戦争のやり方が詳しく、しかも豊富な図版を使用して解説。これも少しずつ読める夏バテ野郎には嬉しい一冊でした。
前半で中世の花形ともいえる騎士の解説に力を入れているのが読み応えありです。日常のトレーニング法や馬上試合、中世の戦争の作法について等々。
貴族が個人プレーに走りすぎて戦術らしい戦術があまりなかった中世ヨーロッパですが、やはり独特の華があります。

うたかまりんちゃん

部屋の整理をしていると、古いタウン情報誌が出てきました。
読者投稿ページが異彩を放っていました
「月刊タウン情報 かがわ」1983年6月・10月号
これは流石にリアルで買ったものではなく、数年前に奥殿が古書店で購入したものです。1983年といえばまだ8歳ですから。

中をめくるとあらなつかしや。
成人映画多し
当時は香川県内に映画館が21館もあったのですね。この内高松市以外の映画館は昭和のうちに全滅(一部はあったかな?)。
市内の映画館も21世紀を迎えられたのはほとんどありません。

で、交通機関の時刻表も掲載されているのですが、フェリー関係が充実しているのには驚かされます。
最後に乗ったのは22年前
…て当時は瀬戸大橋もまだありませんでしたから、本州に渡るのに船は必須ですね。
宇高国道フェリーなど20分に1本船が出ていたようです。もっとも、現在も40分に1本出ていますので、この御時勢になかなかの健闘ぶりです。

この宇高国道フェリー、私の知らない内になにやら楽しい企画を催していたようで。


美少女キャラ「まりんちゃん」 グッズ限定販売 国道フェリー

 宇高航路を運航する国道フェリー(香川県高松市)は、利用促進策として、美少女キャラクターをあしらったTシャツとステッカーを作った。12日から、船内と宇野、高松港の乗り場などで限定販売する。

 キャラクターは、赤磐市の漫画家八的暁さんがデザインした「うたかまりんちゃん」。存廃問題に揺れる今年4月、ステッカー(2種類)を作り限定販売したところ、わずか数日で完売。「フェリーの利用増にもつながった」(同社)ため“第2弾”を作った。

 Tシャツ(Sサイズ75枚、Lサイズ50枚)は、表面にまりんちゃん、背面に船体と「I(アイ)〓(ラブ)FERRY(フェリー)」の文字を印刷。まりんちゃんの“お姉さん”という設定の新キャラクターをあしらったバージョン(Lサイズのみ75枚)もある。ステッカーは全3種類で、それぞれ300枚ずつ。

 Tシャツは1枚2800円、ステッカーは1枚300円。同社は「瀬戸内国際芸術祭が始まってから、利用者は増加傾向にある。宇高航路への関心が薄くなってしまわないよう、このPRチャンスをうまく活用したい」としている。

(注)〓はハートマーク。
http://town.sanyo.oni.co.jp/news_s/d/2010081210440966


むう、まりんちゃんとな?
tumblr_l72fgbd75Q1qd9jplo1_500_convert_20100908201754.jpg

まりん1_convert_20100908201901

お姉さんのイラストが特にええのう。青系の色づかいが素敵です。
Tシャツはともかくステッカーはちょっと欲しかったりして。
第三弾やりませんかな?

護美袋

現在引越しのついでに大量に物品を処分しています。
私の本、奥殿のCD・DVDといった一部神聖不可侵な領域もありますが、基本的には大ナタをふるっています。

そこで発生するのが大量のゴミ袋。週二回あるゴミ収集の度に40ℓの大袋で5~6個出しています。
これはゴミ袋代だけでも結構なものです。丸亀市は大袋が一枚40円します。
常日頃から高いと思っていましたが、調べてみると一枚150円という自治体もあるそうですね。10枚入りで1500円!

自治体としては、ゴミを有料化することによって住民になるべくゴミを出さないライフスタイルを構築してもらうという狙いもあるのかもしれません。
でも、生活していたらどうしてもゴミは発生しますからなあ。
私の実家のある地区では近年までゴミは基本自宅で焼却という蛮習がまかり通っていましたが、流石にもう無理です。
今でも剪定ゴミなどは裏庭で派手に燃やしますけど。


しかし何袋出しても部屋が片付かないのは何故?本は全て新居に移動させたし、衣類は半分処分したのだが…

新・本棚紹介 その0

私の部屋だけですが、大体移動完了しました。
写りが悪いけどちょっとだけご紹介します。

まず、パソコン周り
パソコン周り
椅子は気に入ったものがまだ見つからないのでキッチンから仮置きです。
今回パソコン机はコンパクトにまとめました。

次に漫画関係
くるくる回る
ニッセンから回転本棚を3つ購入しました(1つはCD、DVD用)。簡単に組み立てられ、場所を取らずに大量のコミック本が収納できるスグレものです。

で、本棚
天井一杯まで
今回部屋に置く本棚は少なめにして、部屋を広くすることを心がけました。気休めですが転倒防止器具も付けています。

そしてウォークインクローゼット改め書庫
狭い
4帖の部屋に16の本棚を置いています。組み立て家具は当分触りたくありません…
私と奥殿の本を全部収納してもまだ余裕があります。
心配していた床抜けも問題なさそうです。
…多分。
意外と奥殿の本が多くて驚きました。旧宅では狭いスペースにギュウギュウ詰めにしてたからでしょうか。


細部はまた適当にUPします。
さて、今度は他の部屋にとりかからなければ。



明日はお休みします。

ネイキッド!!

ブログをやっている人はアクセス解析を導入していることが多いですよね。
私も日々チェックして参考にさせていただいております。

さて、昨日このような単語で検索がありました。それは、
ネイキッドマラ
?、マラがネイキッドなんですか?
それともこんなの?

 (  ) ジブンヲ
  (  )
  | |

 

 ヽ('A`)ノ トキハナツ!
  (  )
  ノω|

 

 __[警]
  (  ) ('A`) 
  (  )Vノ )
   | |  | | 

好奇心を抑えきれず、私もその素敵な単語で検索をかけてみました。
…確かに私のブログが上位に出てきますね。
しかし、私のブログを含めて検索結果は全て「ネイキッド」と「マラ」が別々に引っかかっており、ネイキッドマラなるものの正体は分からずじまいでした。

まあ、連日の猛暑ですから一物も風に当ててやったほうが良いかもしれません。

おお、文明の利器

修理済みのボロパソを立ち上げてみました。
…、こいつ、動くぞ…(当たり前だ)

そんでもって引越しした時に備えて無線LANを設定。



おお、二台ともネットに接続できた!(だから当たり前だというに)

なんといいますか、ケーブルにつながっていないのにネットが使えるのは不思議な感じがします。
やはり昭和生まれなものですから、有線じゃないとちょっと不安があったのです。

これで新居では二台のPCを部屋毎に設置できます。

熟考の末、私は古いPCを貰って奥殿にはこの新しいのをあげることにしました。
まだクドわふたークリアしていませんし、シュタインズゲートも遊びたいですから。

卒業してもまだまだ続くよ

こないだ買ってきたラノベ二冊読みました。


田尾典丈「ギャルゲヱの世界よようこそ! Fandisc」
同じ外伝でもこの前出た「シルバーブレット」とは毛並みが全く違います。
主人公にゲーム中で自分を落としたセリフを言わせようとする女の子達のシュールなことよ。
もうメインのストーリーはシルバーブレットで展開させて、本編はひたすらキャッキャウフフでいいんじゃないでしょうか。

野村美月「文学少女見習いの、卒業」
読むといつも「蛇足」という言葉が浮かぶこのシリーズもこれにて終了。
琴吹さんの扱いが酷すぎる気もしますが、全体としては面白かったです。
メンヘラだらけの登場人物の中で、いつも真っ直ぐで明るい菜乃は良いキャラでありました。
で、巻末を見ると、「半熟作家と文学少女な編集者」2011年刊行ですと?
なんだ、結局再開後の話もやるんですか。
蛇に足どころじゃなくて翼も付けるその心意気は買いますけどもう無理にミステリー仕立てにしなくてもいいですよ。

あらヤダ奥さん!

今日も仕事の帰りに新居に寄ります。
隣の奥さんが庭先に立っていたので塀越しに立ち話などしました。
彼女は今でも小学時代の同級生達と連絡を取り合っているそうで、皆の近況も詳しく聞かせてくれました。

奥さん:もちろん○君のことも皆に伝えたよ。結婚してたとはねー。

うむ、同窓会した時はまだ奥殿と付き合っていなかったからな。私が結婚するなどとは誰も想像もつかなかっただろう。
何しろ俺サマは高校の卒業文集でも「生涯独身っぽい人」投票で堂々の一位だったからな。
でももう結婚して9年になるんだゼ?

気がつくとよもやま話を小一時間していました。昔を思い出してほのぼのすると同時に、皆イイ大人になってそれぞれの人生を歩んでいるんだなあと再確認させられました。

最後に奥さん、「隣に越してくる人どんな人かと心配してたんだけど、○君で良かったよ」とかおっしゃる。
あらヤダ奥さん!
モウ、お上手なんだから。

本棚の奥から出てきたものは…

今日はお休みするつもりでしたが…


寝る前に明日新居に持っていく本を詰めていました。
あとは奥殿の本がダンボール4箱程度で終了です。

本棚の奥からこのようなものが、、、こ、これは奥殿108の嫁入り道具その95!!
1983年刊
「電子ゲーム決定版大図鑑」 徳間書店
懐かしいですね、ゲームウォッチ。誕生日とクリスマスの時だけ買ってもらえました。
当時にしては形も良い
裏に写真が掲載されている(何故か本文では紹介されていません)ガンダムのゲームが欲しくて仕方ありませんでした。
ソフトバンクのガンダムケータイもこのようなデザインにすれば良かったのに。


ついでに私の漫画も発見されました。
ウノケンサイコー!
うのせけんいち「爆発ウギャー!!」少年サンデーコミックス
当時(20年前)ヒットしていたマガジンの「激烈バカ」に対抗して発表された作品(多分)です。
内容は表紙をから察して下さい。ほぼこの通りです。
連載当初は面食らいましたが、回を重ねていくうちにサンデー連載作品の中で一番楽しみな作品になりました。
しかし惜しいことに、コミック掲載分は作中連載シリーズがどれも中途半端になっています。
人類全てを赤フン一丁にしようと目論む大河シリーズ「赤フンのピー」もサワリしか収録されていません。
「爆発ウギャー!!」の完全版はどこかに存在していないのでしょうか。
どなたかご存知の方は…

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード