変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

2009年10月まとめ

1、菓子寄こせよ、菓子
高松商店街に行ったらなんだかとてもにぎやか。
ハロウィンのイベントをやってました。
通りには大道芸人さんや仮装した子供がぞろぞろしています。
紀伊國屋書店より写す
この調子で頑張れ高松商店街!


2、今日買った本
紀伊國屋書店にて
面白そう
日比恆明「玉の井 色街の社会と暮らし」 自由国民社
白峰旬「江戸大名のお引越し 居城受け渡しの作法」 新人物ブックス

bk1より届く
ファミ通文庫3冊
櫂末高彰「学校の階段の踊場2」
田尾典丈「ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc6」
日日日「狂乱家族日記 拾四さつめ」 ファミ通文庫


3、最近読んだ本
鹿島茂「パリ、娼婦の館」 角川学芸出版
19~20世紀前半のパリの娼館「メゾン・クローズ」についての本です。元々が雑誌に連載されていたコラムですので、読みやすい仕上がりになっています。
娼婦の調達方法から、借金漬けにしてなかなか足抜けができないようにする手管等々、洋の東西を問わず苦界の掟はどこも同じのようですね。
皇太子時代のエドワード7世が愛用していた、構造が複雑で今では正確な使い方が分からない「スケベイス」や、
高級店で行われた、2chのイサキ大漁コピペも真っ青のイメージプレイの数々等、興味深い内容が満載です。

秋岡家栄「双頭のワシの国アルバニア」 三栄堂選書
案内員の説明は多分にプロパガンダ臭がするものの、それを聞く秋岡さんは安易に付和雷同せず淡々と紹介する(好意的ではあるけど)…
ええー!チョウチン書かない秋岡さんなんて秋岡さんじゃないやい!

寺谷弘壬「マンガとユーモアでみるソ連」 太陽企画出版
ソ連の風刺小話「アネクドート」集です。
出版された時期ゆえにゴルバチョフ関連が多目ですが、「フルシチョフの馬鹿!と赤の広場で叫んだら国家機密漏洩罪で逮捕された」とか「アメリカ人:わが国にはケネディの馬鹿野郎と言える自由があるよ ソ連人:わが国にもケネディの馬鹿野郎と言える自由くらいあるよ」といった有名どころもきちんと押さえてあります。
表題にもあるように風刺漫画も多数掲載されていますが、こちらはあまり面白くありません。

前嶋信次「アラビアの医術」 中公新書
主にアッバース朝の時代に行われていた医術について紹介されています。
読むとアッバース朝の簡単な歴史も学べるお徳な一冊。
10世紀前後の中世のお話ですから呪術的な要素も多いのですが、意外と合理的な診断もされているようです。

他に
菊池良生「図説 神聖ローマ帝国」
田中亮三「図説 英国貴族の暮らし」 ふくろうの本
「エスキモーの道」 読売新聞社
岡田健太郎「客家円楼」 旅行人
紀田順一郎「幕末明治傑物伝」 平凡社
も読みました。


4、10月まとめ
買った本 52冊
読んだ本 26冊     ※漫画、雑誌は含まない、ラノベは含む

読書の秋とはいえちょっと買いすぎ。

積読はあと65冊。
2010年10月末在庫
久し振りに山が二つになってしまいました。

今読んでいる本
井田俊隆「英国パブサイン読本」 創元社
コナン・ドイル「勇将ジェラールの回想」創元推理文庫



明日はお休みします。

追記
なんだ、タイトルの「2009年」て…
自分のアホを戒める為に直さずこのままにしておきます。

思えば遠くまで来たもんだ

帰宅すると奥殿が近くのローソンまで乗せていけと言います。

OK、OK

でも生憎と近くのローソンには帰りに立ち寄ったんだな。同じ店に行くつもりはないぜ?ハニー。
折角だから今まで通ったことのないこの東側の道を通らないか。
そのうちローソンの一軒や二軒見つかるだろう。

奥:まあいいか。

交差点を東へ。
進めど進めどローソンは見えず。おやあー。
20分ほど進むといつの間にか国道32号線に出て綾川のイオンに着いてしまいました。

私:おお、ここにつながってるのか。どうかネ、ここで飯食って帰らないかネ。

奥:こんな遠くまで来ると思ってなかったから部屋着のままで携帯も持ってねえよ。 まあ、いいか。

晩ご飯にドリアのセットなど頂きました。
がっつり食べると食後にコーヒーが飲みたくなるというもの。カルディでタダのコーヒーを貰うことにします。
教会の炊き出しに集まるホームレスの如くコーヒーを貰い、店内を冷やかします。
む、クラマトがある。
トマトジュース
これはスパイスやハマグリエキスの入ったトマトジュースで、前から飲んでみたかったのです。
160mlで250円とお高いですが買ってみよう。これ、そこの御婦人、君も一本どうかな?

奥:じゃあ一本もらおうか。これでブラッディシーザーが作れる。

私:?なんぞねそれは。

奥:クラマトでブラッディマリーを作ると特にブラッディシーザーと呼ぶのじゃよ、お若いの。

私:ほう。

帰宅するとすっかり遅くなってしまいました。
トマトジュースは冷やして明日飲もう。

服は着るものじゃなくて脱ぐもの

最近読んだラノベの感想。


うえお久光「ヴィークルエンド」 電撃文庫
自分の体を操縦するレースのアイデアが新鮮で面白いです。
「ヤク」に「ストリート」とチャラい要素たっぷりなのに、読んだ印象はそんなにチャラくない。主人公はちょっとトボケているけどむしろ熱血漢。
本作のメインは主人公の内面世界であって、レースのチームメイトやライバルチームの面々は彩り程度に思えました。
終盤の壊れゆく主人公の内面世界はコニー・ウィリスの「航路」を連想し、思わずそっと合掌してしまいましたが、
その後の幼い頃の体験と重ね合わせたかのような現実世界の畳みかける展開には笑ってしまいました。パンツのゴムゆるい?
スッキリ爽やかな読後感。


今月はMF文庫Jで買う本が無いのでちょいと新規開拓してみました。
変態!
さがら総「変態王子と笑わない猫。」
このレーベルの変態率の高さは異常。

  そだ  |------、`⌒ー--、
  れが  |ハ{{ }} )))ヽ、l l ハ
  が   |、{ ハリノノノノノノ)、 l l
  い   |ヽヽー、彡彡ノノノ}  に
  い   |ヾヾヾヾヾヽ彡彡}  や
  !!    /:.:.:.ヾヾヾヾヽ彡彡} l っ
\__/{ l ii | l|} ハ、ヾ} ミ彡ト
彡シ ,ェ、、、ヾ{{ヽ} l|l ィェ=リ、シ} |l
lミ{ ゙イシモ'テ、ミヽ}シィ=ラ'ァ、 }ミ}} l
ヾミ    ̄~'ィ''': |゙:ー. ̄   lノ/l | |
ヾヾ   "  : : !、  `  lイノ l| |
 >l゙、    ー、,'ソ     /.|}、 l| |
:.lヽ ヽ   ー_ ‐-‐ァ'  /::ノl ト、
:.:.:.:\ヽ     二"  /::// /:.:.l:.:.
:.:.:.:.:.::ヽ:\     /::://:.:,':.:..:l:.:.
;.;.;.;.;;.:.:.:.\`ー-- '" //:.:.:;l:.:.:.:l:.:

ひょんなことから本音しか言えなくなった少年と、建前しか言えなくなった少女と、感情が表に出なくなった少女のドタバタ劇でした。
中盤の日記風に語られる少年のセクハラ猛攻は最高でした。
その後本音しか言えなくなる症状が治ってしまうのは展開上仕方がないとはいえちょっと残念。
最後までリミット全開で突っ走ってほしかったような気もします。

なんか黒いのキタ━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!

帰宅すると郵便受けになんか固いブツが入っていました。

んん~?
いつもはリボ払いのダイレクトメールばかりだというに
こ、これはJCB THE CLASSのインビテーションっ!!

まじか。
今年は臨時でたくさん使ったけど、いつもは年100万使うこと滅多にないっすよ?
おーおー、なんか調子コイたCDが入っとるわ。
開くとCDがスッと出てきます

こんなの持ってても使いこなせないけど、俺様の俗っぽすぎる虚栄心は満たせまくれます。
よーし、いっちょ申し込んでみましょう。
アホみたいに高い年会費はなんとかなるさ!

カードが届いたら初めに思いっきりしょうもない物を買おう。
ワクワク。

今年も棚卸

引越しして本棚に余裕ができたので、ちょいと数えてみました。
昨年の8月に数えた時は確か2487冊。
今回はもう少し正確に数えることができるのではないかと。

カウントする基準としては
・奥殿の本も含む
・デアゴスティーニ系のファイルに綴じてある本は1ファイル1冊とする
・マンガと雑誌、ゲームの攻略本はカウントしない
・絵本、画集はカウントする
・辞書もカウント

えーと、、、




3228冊ありました。マンガや攻略本も含めるのならば約4000冊くらいかと思われます。私と奥殿の所有比率は3:1

昨年数えた時にも同じことを感じましたが、別にコレクションしているわけではなく全て読む用ですから、質・量ともに蔵書家と呼ぶにはとてもとても…

古本が多いので火事になったらよく燃えるでしょう。

かーみーのすーむーほしーだー

ムーのバックナンバーを読んでいると、無性にこの動画が観たくなり…

光戦隊マスクマンOP
80年代まる出しの中の人の風体でじわじわ来て、最後の谷隼人の空中浮遊で我慢しきれず噴出してしまいます。
当時はオカルト流行ってましたから。

敵幹部で「イガム王子」という人がいるのですが、実はこの人女だったことがラスト間際で判明します(タイトルは確か「イガム、君は女!」だったかな)
私はその時初めてイガム王子は作中では男扱いされていたことに気が付きました。女なのになんで「王子」なんて呼ばれているのか不思議には思っていたのですが。

戦隊モノは次の「超獣戦隊ライブマン」まで観ていました。
後年「カクレンジャー」と「オーレンジャー」も観ていましたけど、それは半ばネタ扱いで観ていましたから。

戦い終わって…

本日午前中に電話の取り付け工事がありました。
本来電話なんぞ買ってきて配線すればおしまいですが、ドアホンと連動してもらったのです。
工事終了後に代金を支払い、引越しの経費を締めました。
これにて引越しは終了と致します。

今回の引越しで思ったこと

1、金が飛ぶ飛ぶ
二ヶ月でほぼ年収分遣ってしまいました…
金銭感覚がすっかりマヒしてこれから先が思いやられます。
じっくりとリハビリしなければ。
引越しに便乗して趣味のブツも買いまくり、必要経費で計上した悪い私です。

2、新婚再び
夫婦で新しい家具や家電を見て周ったり、早々に食卓を移動したので昔使っていた小さなちゃぶ台を引っ張り出してきてご飯を食べたりと、新婚の頃を思い出した数ヶ月間でありました。

3、暑い、ひたすら暑い
今年は異常な暑さで、引越しするには最悪の時期でした。
荷造り、家具の解体・組み立て、運んだ荷物の整理を行っていると、すぐに滝のような汗が流れてきました。
今同じ場所でエアコン無しに快適に過ごせているのが嘘のようです。

4、最後にちょっと女々しく
家の中も片付いてきたのでそろそろ親兄弟を招待しようと思っているのですが、
ああ、母にも新居を見てほしかった。
小さいながらも庭があるからお花を植えると大変喜んでくれただろうに…
実家に母が私の結婚記念と称して植えた木があるので、枝をもらって挿し木でもしようかと考えています。
マザコンは見苦しいですな。


カテゴリ「お引越し顛末記」も今回で終了でございます。



明日はお休みします。

元気に食害中

前置
奥殿はお庭にプランターを置いてパセリを育てています。
観賞用じゃなくて食用だそうで。


帰宅すると奥殿が私を台所へ連れていきます。なんですか、もうご飯ですか?

奥:いや、これを見せてあげようと思って。
まだちっちゃい

何かと思えばキアゲハの幼虫ではありませんか。

奥:晩にパセリを食べようと思って摘んでいたら葉っぱに付いていたんよ。で、これどうしようか。

私:家の中に持ち込んだあげく俺に聞くのか。んー、このまま飼ってみれ。終齢幼虫はかわいいぞ。
1157197170_convert_20101023190509.jpg
参考写真

奥:ええー、飼うのー?

私:(じゃあわざわざ聞くな)六株植えてるんだから一株やれば?

奥:一株で済むかなあ。とりあえず考えとくわ。


害虫さん今日のところは命拾いをした模様。

「伝説兄妹!」は面白いです

ここ数日に読んだ本です。


伊藤正孝「ビアフラ」 講談社文庫
今から約40年前に起こったナイジェリア内戦のルポ。
初期のゴルゴ13にも取り上げられていたことがありましたが、もうそんなに昔のことなんですね。
迫害されたイボ族がナイジェリア東部において「ビアフラ」という国名で独立宣言するも即座にナイジェリアと戦争状態に。
当初は優勢だったビアフラですが、補給がおぼつかずナイジェリアに沿岸部から制圧され、イボ族は凄まじい飢餓に陥ります。
筆者が現地入りしたのはビアフラが降伏する直前で、国中いたる所に子供の餓死者が転がっています。
大人もたんぱく質欠乏の為か、「タクシーに乗り合わせてもワキガが一切臭わない」といった生々しい描写もありました。
内戦終結時には100万人もの人が餓死していたそうですが、戦後はそれまでの地獄絵図から一転して比較的穏健な措置が取られたのだとか。


「写真記録水俣病1960-1970」 朝日新聞社
題名の通り水俣病患者を10年間撮り続けた記録です。
オール白黒ですがカラーには出せない凄まじさがあります。
巻末には水俣病についての詳しい解説もあり。
当時は企業に公害対策の概念が乏しかったので、被害者達は企業に責任を認めさせるまでに長く苦しい闘いを強いられることになります。
そういえば私、小学生の時に図書室でイタイイタイ病の本を読んだのですが、三井を相手に裁判で争う地元の町医者の先生にいたく感動した記憶があります。
あの本は全く知識の無い子供に公害病の恐ろしさを分かりやすく伝える良書でした。また読んでみたいのですが、書名が思いだせません…


「別冊1億人の昭和史 日本海軍史」 毎日新聞社
昭和の超弩級戦艦のなんと仰々しいことか。日本がこんな戦艦やら空母やらを何隻も保持していたと思うとなにやら不思議な感じがします。
この本が出版された頃(昭和50年初期)は海軍幹部クラスの方々がまだ御健在で、戦艦大和の建造に携わった元海軍技術中将のインタビューもあります。
明治の潜水艦遭難事故で、佐久間艇長の書いた遺書(公遺言 謹んで陛下に曰す…)の原本全文も掲載されています。
よくもまあ、窒息の恐怖と闘いながらここまでの文章を書けたものです。 敬礼。


岡田英弘「康煕帝の手紙」 中公新書
なんか読んだことのある内容だなあ、と思ったら、つい先日読んだ「紫禁城の栄光 明・清全史」の著者の本ではありませんか。
この本は康煕帝のジュンガル部への親征に焦点を当てており、康煕帝が行軍中に皇太子に宛てた手紙を中心にして話を進めています。
最初は楽観的なことばかり書いていた帝ですが、進軍すれどもなかなかガルダンの軍と遭遇せず、次第に補給が苦しくなってくると流石に気弱になってきたのか皇太子に
「お前の服を送れ、必ず古いのを送れ。父がお前を懐かしむ時に着たい」などと書いて思わずホロリとさせられます。
こんなに父帝から愛された皇太子も後年悲惨なことになるわけですが…


おかもと(仮)「伝説兄妹!」 このライトノベルがすごい!文庫
面白い、このラノベ面白いっすよ。
一見雑なイラストも本文とよく合っています。イメージ通りといいますか。
お話はある日突然主人公の前に謎の少女が現れて同居することになるというラノベテンプレの一つではありますが、
どうしようもなく人間的にダメ(強欲で自堕落)な主人公とか、子供っぽいワガママさがよく表現されているデシ子の描写とかが内容を個性的にしています。
続編が出るならばぜひ読んでみたいです。



積読はあと67冊。

零の軌跡クリアしました

今作も良い出来です。
基本は従来の軌跡シリーズを踏襲しているので遊びやすいですし、
それでいて今回は主人公チームが警察官なので、全体的にそれっぽいトーンでまとめていて
軌跡三部作とは少し違った印象なのが個人的にポイント高いです。
ラスト近くでも「公務執行妨害の現行犯で身柄を拘束する!」とか言ってから戦闘に突入するのはすごく気分がでますな。

音楽が良いのはお約束。通常戦闘、東クロスベル街道、銀・若頭・釣りキチ先生あたりとの戦闘曲が特にお気に入りです。

あとは中盤以降レンの出番が多くなり、彼女関連のエピソードは一応の決着がついていました。
私は軌跡シリーズをPSPで遊んでいたので知らなかったのですが、PC版の軌跡3で閲覧できるレンのお話はこんなのだったのですね。

おおぅ、これは惨い。
PSPで大半がカットされていたのもうなづけます。
これをそのまま流せる家庭用ゲーム機はPCエンジンくらいのものでしょう。
しかしこのエピソードをふまえておかないと、零の軌跡でのレンのイベントの一部が意味不明になります。
これからは幸せになるんですよ。

続編が出るのは確定のようで(売り上げにもよるでしょうが)、それも楽しみです。なるべく早く出ますように。
次回作も特務支援課の4人がメインだったらいいなあ。

年に一度の岡山詣で

今日も都合で休暇を取っていたので、奥殿と岡山に行ってきました。

岡山駅からバスに乗って万歩書店へ。
本店
ここには3時間くらい居ましたが、書棚の間隔が狭く、足元までビッシリと本を詰めているので非常に疲れました。
買ったのはこんなかんじです。
読書の秋ですから
「別冊1億人の昭和史 日本海軍史」 毎日新聞社
石黒敬章「明治期のポルノグラフィ」 新潮社
「女學界定期増刊 世界各國の家庭」博文館 明治38年
「ムー 1987年9月号」 学研
三輪隆「世界美少女図鑑 アジア編1 タイ北部・黄金の三角地帯」 巡遊社
フランソワーズ・デポルト「中世のパン」 白水社
石坂昌三「象の旅 長崎から江戸へ」 新潮社
寺谷弘壬「マンガとユーモアでみるソ連」 太陽企画出版
岡田英弘「康煕帝の手紙」
前嶋信次「アラビアの医術」 中公新書
夢野久作「骸骨の黒穂」 角川文庫

「世界各國の家庭」は明治の雑誌にしてはとても状態が良かったので買ってみました。
「ムー」は昔私が買ったことのある号で、禅問答の特集があるのです。
「片手の拍手の音は如何なるものか?」「こんにゃく問答」「犬に仏性はあるか?」等々有名なお話をまじえて禅問答を分かりやすく解説していてですね、当時小6だった私でも興味深く読めました。ムーは決して電波一色の雑誌ではないのですよ。
無論、オウムの広告があったり、文通コーナーに「戦士求む」の呼びかけがあったりと「濃いめ」の内容ではあります。
「明治期のポルノグラフィ」と「世界美少女図鑑」はもう読み(眺め)ました。
美少女図鑑は民族衣装に身を包んだ目の醒めるような美少女てんこ盛りで、著者はかなりの好き者と拝察いたします。
ケシ畑の中で撮影した写真は結構シュール、この命知らずさんめ。

新本棚紹介 その2

新居の部屋は広く使いたいので本棚は少なめにしています。外観もなるべく統一したいので、基本はニトリの「デール」シリーズで揃えました。
デカい
この4列+上置きを一人で組み立てるのは本当に大変でした。
そして付属の棚板の数が足りず、全部で30枚近く後から買い足しました。

漫画関係はニッセンの回転ラックを使っています。
壁を埋めないのでポスターも貼れます
高さが180cmもあり、コミック・CD・DVDを4面に多数収納できるスグレモノです。
私の部屋に三つ、奥殿の部屋に二つ入れました。

こちらはCD類。
上手く撮れませんね
壁にはこの前買った浮世絵のレプリカを貼りました。袋に入れてあるので撮影するとテカッてしまいます。



明日はお休みします。

ウェルコネ!

もう8年前になりますか、埼玉県の愛生会病院という産科の病院のHPがハイセンスであると2chで話題になりました。
私も御他聞に洩れず大いに笑かしてもらいました。
まずそれを題材にしたFLASHを見て大笑いし、次にHPを見たところFLASHの内容そのままだったので、笑いすぎて息が止まりそうになりました。

先日ふとしたことから愛生会病院のHPがまだ残っていることを知りました。

愛生会病院

うーん、今見てもアレですね。
残念ながらBGMに使用されていた「太陽にほえろ」のOPテーマは流れなくなっています。

FLASHもニコニコで見つけました。

当時は面白いFLASHがたくさん製作されていましたね。

本当にすごいンですか?

最近宝島社が新設したライトノベルレーベル「このライトノベルがすごい!文庫」。
創刊5タイトルにそれぞれ賞を与え書店のラノベコーナーにどどんと平積み。
無茶してんなあと思っていたのですが、案の定売れ残りがもの凄いことになっているとか。
その中でも特におかもと(仮)とかいう方の作品「伝説兄妹!」がまたアレな感じです。
この獅子舞のような表紙はちょっとなー。
口絵のマンガや本文挿絵もクセありすぎです。
プロフィールによると絵師さんは漫画家志望だそうですが、うーん、マンガ作品ならともかくラノベのイラストにこれはどうだろうか。
しかし、2chの評によると、意外にもこの「伝説兄妹!」が5作品の中では一番面白いそうで。
ふーん、皆さん結構新規開拓してるんですね。
私もちょっと買ってみました。
味はあるが…
おかもと(仮)「伝説兄妹!」 このライトノベルがすごい!文庫
ぼちぼち読んでみます。

ついでにこちらも買いました。
楽しみ
うえお久光「ヴィークルエンド」 電撃文庫

そしてこれも見つけたので買いました。
村正
「装甲悪鬼村正ヴィジュアルファンブック」エンターブレイン
村正は歴史好きにはなかなかタマラン演出が多くてお気に入りの作品です。
第四編で雪車町一蔵とのバトルの際に挿入されるインメルマンターンの解説シーンなどは特に好きですね。
ダルマゲッターロボは残酷すぎてちょっと引きましたけど。

南冲尋定[なんちゅうえろさだ] (越前国の刀工。生没年不祥。作刀期間1493~1526年)  AAは略

地元ニュ~ス。



東かがわ署と県警生活環境課などは9日、香川県まんのう町内のロッジで乱交パーティーを開催したとして、
公然わいせつほう助の疑いで、主催者の愛媛県松山市、会社員上枝巨彦容疑者(38)とスタッフの男女3人を、
公然わいせつの疑いで、同パーティーに参加していた男女4人をそれぞれ現行犯逮捕した。同課によると、
この種のパーティーでの摘発は四国、中国、九州では初めて。

上枝容疑者ら4人の逮捕容疑は共謀の上、9日午後10時15分ごろ、同町塩入のロッジで、ベッドを
使用させるなどして参加者を手助けした疑い。参加者4人は、同日、ロッジ内で、他の参加者の前で
わいせつな行為をした疑い。パーティーには、四国、中国、近畿から20代から50代までの
男女計約50人が参加していたという。

同署などによると、上枝容疑者は「FREEDOM」というグループを運営し、
東かがわ市内や愛媛県内などで同種のパーティーを開催していた。

同課によると、上枝容疑者は「趣味でつくった」などと供述しているが、
上枝容疑者が約2年前からグループを運営していたとみて、実態解明を急いでいる。
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/article.aspx?id=20101012000090


引越ししてまんのう町近くなったんですよね。なんと近所でこんな催しがあったとは。
さらに別ソース。


香川県警東かがわ署などは10日までに、同県まんのう町のロッジで、約50人が参加した乱交パーティーを開催したとして、公然わいせつほう助の疑いで、愛媛県松山市の不動産会社社員・上枝巨彦(きよひこ)容疑者(38)とスタッフの男女3人を現行犯逮捕した。乱交サークルを主宰し、ホームページ上で参加者を募集。今回はサークル2周年記念で「四国ノ乱」と銘打った大規模なパーティーだった。性行為中だった男女4人も、公然わいせつ容疑で現行犯逮捕された。

 その道の猛者が50人も参加した「四国ノ乱」は、踏み込んだ警察によって“チン圧”された。

 東かがわ署によると、逮捕された上枝容疑者らは、まんのう町の2階建てロッジを借り切って9日夜に乱交パーティーを開催し、参加者の手伝いをした公然わいせつほう助の疑い。パーティーには近畿、四国、中国から男性25人、女性24人の計49人が参加。「乾杯」の声が上がってから約1時間後の午後10時ごろ、令状を持った捜査員が踏み込んだ。当時、性行為中だった29~34歳の男女2人ずつの2組4人が、ほかの複数の参加者に行為を見せた公然わいせつ容疑で現行犯逮捕となった。

 上枝容疑者らは「FREEDOM(フリーダム)」という乱交サークルを主宰。ホームページ上で参加者を募集したり、過去のイベントの画像などを掲載していた。「あくまで複数プレーを楽しむ場」として、爪を切るなどのマナーを細かく設定。月1回ペースで乱交や緊縛などの性行為を楽しむパーティーを開催し、それぞれ「讃岐(香川)ノ乱」「伊予(愛媛)ノ乱」と開催地名に、乱交を意味する“乱”という名前を付けるのが通例だったとみられる。11月6日にも「伊予ノ乱」が予定されていた。同署によると、今回の「四国ノ乱」はサークル2周年を記念したイベントで、通常より参加者が多かった。

 参加料は男性1万円、カップル3000円、女性は無料。今回の「乱」には女性単独の参加者もおり、中には友人同士で誘い合って参加した女性や、夫婦での参加も。20~50代と幅広く、主婦から会社員まで職種もさまざまだが、反社会的組織の構成員はいなかった。警察では、5月から内偵を進めていた。

 今後は、パーティーにかかわる金の流れも捜査する。同容疑者は逮捕容疑を認めているという。現場に薬物などはなく、乾杯で使ったのもノンアルコール飲料類ばかりだったというから、ある意味、真剣に行為そのものを楽しむ集まりといえそうだ。ほかの参加者は、参考人として事情を聞かれただけで“放免”となっている。



おお、これはエロい。なんか臭ってきそうなくらいエロい。
思わずまんのう町がある南に向かってクンクンしてしまいそうになります。
さらに別ソースにはプレイの詳しい内容もあったのですが、ここには載せません。

しかし香川県警はなぜ検挙したんだ?
料金も良心設定だし、ソースを読む限りでは紳士淑女の社交の場にしか見えないんだけど。
…と奥殿に力説していると、「キメぇんだよ、ボケが」と一蹴されてしまいました。

お一人様一万かあ、私も申し出たら混ぜてもらえたかな?しかし私は結構ナイーブだから不特定多数の前では出来ないかも。
と晩飯の前に埒もないことを思ったり思わなかったり。

現場はまんのう町塩入のロッジとか、地元民なら一発でどこか分かりますがな。
よーし、今年の会社の忘年会はここでやろうかな。

さあ、積読を崩す作業に戻るんだ

「読書」の秋ですから本は買うだけじゃなくて読まなければダメです。

昨日、今日で読んだ本の感想を。

うえお久光「紫色のクオリア」 電撃文庫
前半はちょとほのぼのしたSF系ラノベだなあと思っていたら、後半からいきなり「火の鳥 未来篇」になってしまい面食らいました。
まー、本作は無限に存在する多元世界を渡り歩き、「未来篇」は不死故に気が遠くなるような時間を使って生命体を一から創りなおすわけですけど。
職場でお昼休みに一気に読みました。おかげで仮眠が取れず、午後から眠い眠い。
しかし色んな本を読んでも未だに量子論が理解できないアホな私…


岡田英弘 神田信夫 松村潤「紫禁城の栄光 明・清全史」 講談社学術文庫
今までに読んだことのある明清の歴史本の中では本書が一番分かりやすくバランスの取れた記述になっていたように思います。
特に明・清朝をとりまくモンゴル諸部族とチベット仏教の関係の説明が実に分かりやすい。
満足の一冊でした。


積読はあと64冊。

久し振りに大量買い、だって読書の秋ですもの ♡

今日は平日ですが都合で休暇を取っています。

奥殿と高松市の高松古本会館へ行ってきました。

まずは市内商店街でヤボ用を済ませます。
ATMに通帳を通すと…、ん、入金がある。
なんと大家から敷金の一部が返金されていました。
10年間入居していたので敷金が返ってくるとは考えておらず、むしろいくらか追金を取られるのではないかと覚悟していましたからこれは嬉しい誤算です。

しゃあッ!

私は予定外収入は全て遣いきる主義です。
とりあえず奥殿と山分けして、残りで本を買うことにしました。

まずは新刊本。
宮脇本店にて
鹿島茂「パリ、娼婦の館」 角川学芸出版
井田俊隆「英国パブサイン読本」 創元社
アダム・リース・ゴウルナー「フルーツ・ハンター」 白水社
ピエール・ラスロー「柑橘類の文化誌」 一灯社
ビー・ウィルソン「食品偽装の歴史」 白水社

そして本日の本命、高松古本会館。約一年振りですので欲しい本がたくさんありました。

歴史関係
当時は下ぶくれ萌え
森豊「樹下美人図考」 六興出版
「樹下美人図」といえば、中学の時歴史の教科書で見て「どこが美人や!」とツッコミを入れた方も多いのではないでしょうか。

文芸
筒井さん大漁
司馬遼太郎「故郷忘じがたく候」 文藝春秋
筒井康隆「原始人」「馬の首風雲録」文藝春秋
同 「ダンヌツィオに夢中」 中央公論
同 「あるいは酒でいっぱいの海」 「みだれ撃ち涜書ノート」 集英社
同 「48の妄想」 早川書房
北杜夫「酔いどれ船」 新潮社
ポール・ゴーガン「ノア・ノア」 岩波文庫
筒井さんのショート・ショート集は多分読んだことがあると思いますけど一応買ってみました。

世界情勢・民族・風俗等
ジム・ジョーンズ無双
チャールズ・A・クラウス「ガイアナ・人民寺院の虐殺」 鶴書房
伊藤正孝「ビアフラ」 講談社文庫
岡田健太郎「客家円楼」 旅行人
太田陸郎「支那習俗」 三國書房
秋岡家栄「双頭のワシの国アルバニア」 三栄堂選書
「エスキモーの道」 読売新聞社
「写真記録水俣病1960-1970」 朝日新聞社
吉岡鳥平「漫画の描き方」 弘學館
秋岡家栄さんのアルバニアルポ…、どんなチョウチン書いているのかしら、ドキドキ。
「漫画の描き方」は大正時代の漫画入門書です。

もう読みました。
色々な意味でヤバイ三冊
石原行雄「アジア売春街と麻薬地帯 体験記」 データハウス
「世紀末倶楽部 Vol.2 3」 コアマガジン
「アジア売春街~」は内容ちとヤバめ。売春は少女売春がメインで読んでいて気が滅入ります。今さら私が言うのもナンですが、人間はセッケンやタワシと同じで気軽に売り買いできる「商品」になりうることが再認識させられます。値段もマジでセッケン並みですし。
オススメなのはカンボジア・シェムリアップ州でのハッピーハーブピザ試食レポートです。
乾燥大麻粉が大量に振りかけられた(10服分!)マルゲリータは本当に美味しそうです。
「世紀末倶楽部」は90年代後半に大量に出版された死体・奇形写真山盛りの悪趣味本です。故・青山正明さんとか、登場する人もいつもお馴染みの方ばかり。
ネットの普及とともにこの手の本は廃れました。検索すればグロ写真などいくらでも見つかりますからな。

いちご白書(意味無し)

昨日の続き

私:苺?なぜに苺? いきなり家庭菜園か?

奥:フッ、苺の花言葉は「幸福な家庭」。引越した我らの門出を飾るのにふさわしいとは思わんかね君ィ。

私:おー。

奥:それに上手に育てると、実がプランターからずらっと並んでキレイだよ。

私:ほー。


というわけで、今日は苺の苗を買ってきました。他にはスズラン、スミレ、マリーゴールド等。
あと、カエデの苗もひと株買いました。10年もしたら紅葉が楽しめるのではなかろうかと。

園芸コーナーをあれやこれやと眺めていると、帰宅した時にはすっかり暗くなってしまいました。
私が買ったカエデは責任もって植えましたが、苺と他は明日奥殿にやってもらいます。



明日はお休みします。

花言葉は「移り気」「高慢」「辛抱強い愛情」「元気な女性」「あなたは美しいが冷淡だ」「無情」「浮気」「自慢家」「変節」「あなたは冷たい」 … たくさんあるんですね

引っ越したばかりなので我家の庭にはなーんにもありません。
なぜか花壇に白い日々草がひと株だけ植わっています。不動産屋さんの置き土産でしょうかね。

猫の額ほどですが折角のお庭、緑を植えなくてはご近所と景観のバランスも取れません。

本日は○○家の記念すべきガーデニング第一だーんの日であります。

庭の南側に隣家によって日中直射日光が当たらない場所があります。ここにあじさいを植えることにしました。
しかしシーズンオフの現在あじさいの苗なんか売っているものか…

よく行くホームセンターに三株置いてありました。しかも全てオツトメ品。
1000円もしませんでした
葉が日に焼けていかにも売れ残りっぽいです。
「美少女」なる商品名のあじさいと、ガクアジサイが二株。

庭のコーナーに「美少女」たんを真ん中にして植えてみました。
育ちますように
植え方は適当です。一応百姓のセガレですが、あまり畑の手伝いとかしなかったものですから。
無事に育ってくれることを祈ります。

奥殿は花壇にスズラン、あとプランターを買ってきてチューリップと苺を植えたいと言っています。
スズランとチューリップは分かるけどなぜに苺?

え!かがわ古本まつりが!!

今日は奥殿と高松市に出かけました。

まずは讃州堂書店へ。
そろそろ「かがわ古本まつり」の告知が出ているかなあと思いまして。
しかし店内には告知ポスターやチラシの類が一切ありません。
不審に思って店員さんに訊いてみたところ、会場の高松古本会館が常設販売するようになったので、今年から古本まつりは中止になったとのこと。

なーにーぃ!

楽しみにしていたのに中止とはあんまりな仕打ちです。
まあ、常設販売しているのだから適当な時に行けばいいのですけど。
よし、来週の水曜日に休暇を取っているから奥殿と行ってこよう。



他、何冊か本を買いました。
まずBOOKOFF
学術文庫は高い
岡田英弘 神田信夫 松村潤「紫禁城の栄光 明・清全史」 講談社学術文庫

次に宮脇書店
拷問コワス
トビー・グリーン「異端審問 大国スペインを蝕んだ恐怖支配」 中央公論新社

久々に漫画も買いました。
お風呂はいいね
ヤマザキ・マリ「テルマエ・ロマエ」 エンターブレイン
そんなに長くお風呂ネタが続くとは思えませんが、とにかく愉快な作品ですね。
読むとお風呂に入るのが楽しくなります。
平たい顔族に栄光あれ。


帰宅するとbk1から荷物が。
またJCBのポイントが貯まったので、二ヶ月連続で本を引き換えました。
ふくろうの本大好き
菊池良生「図説 神聖ローマ帝国」
田中亮三「図説 英国貴族の暮らし」 ふくろうの本

すまーと

どうなんでしょうかね、コレ。
20101004au.jpg
auのスマートフォンIS03

以前よりiPhone欲しいなとは思っていましたが、ソフトバンクはちょっとなーと。
昨年携帯換えたばかりですけど、角の塗装が剥げまくりでかなりみすぼらしくなっています。
機能に不満はありませんが、もやもやとした感じです。

今発表されている情報を見る限りでは、大きさ・デザインは及第点。機能は、、、おサイフケータイは使わないからどうでもよし、ワンセグは通勤中にラジオ代わりに使用しているからありがたい、他はよー分からん。
音楽聴くのはiPodがあるしなあ。

私がこの携帯に魅力を感じた一番の理由といえば、ストラップを付ける穴があることです。
これだけでiPhoneより頭ひとつ先行しています。
やっぱり携帯はカバーをかけずにポッケに突っ込むなどしてラフに使いたいですから。

今なら引越しの後遺症で金銭感覚がマヒしていて機種変程度のお金ならなんとも思わないのですが、さてさて。
やはり実際に市場に出回って尊い人柱様のリポートを確認してからでしょうかね。

風邪が治ったので本を読みました

感想など簡単に。


草森紳一「文字の大陸汚穢の都 明治人清国見聞録」 大修館書店
明治17年頃に清国に渡った人々の体験記、
尾崎行雄、榎本武揚、伊藤博文等、錚々たる面々です。
このころの人は大抵漢文の素養がありますから、いざ文字の本場へと意気込んで清国に渡ると
その街のあまりにもの汚さに面食らい、美しき漢文の世界とのギャップの激しさ故にか、日記や手紙にはそんな事柄ばかりが記されています。
各地の読書人と筆談で大いに盛り上がる岡千仞、幕末に修羅場をくぐり抜けすぎた為かいつもどこか表現が芝居っぽく大袈裟な榎本武揚、李鴻章のノラリクラリとした交渉テクにイラッとさせられる伊藤博文と、
同年の同じ国の滞在記ながら、立場によって内容はバラエティに富んでいます。街が汚いというのはどなたも同じ感想のようです。
著者の草森氏の解説が丁寧で分かりやすいのはありがたいのですが、時々主観が入りすぎるのはちょっとウザす。


藤澤房俊「シチリア・マフィアの世界」 講談社学術文庫
マフィアというと都会のギャングというイメージがありますが、それは主にアメリカに渡ったマフィアや戦後の新興マフィアで、
元々シチリアのマフィアというものは、大規模な地主と結びついて農業からシノギを得ているものなのだとか。
へー。
シチリアに跋扈する山賊、それを裏で糸引くマフィア、1940年代に山賊とか…
「ローマ以南はアフリカだ」とイタリア北部の人が南部を指してこのように揶揄するとか聞いたことがありますが…
途中で紹介される「モンテレープレの王」山賊ジュリアーノの話がまた凄い。
シチリアで農業を営んでいた青年ジュリアーノ、ある日誤って警官を殺してしまい、山へ逃げ込みそのまま山賊へ。
山賊として頭角を現し、一時はシチリア独立運動にも身を投じるものの、所詮はマフィアの操り人形にすぎず、ジュリアーノは次第に追い詰められていく。
自分の運命を弄んだマフィアに復讐するジュリアーノ、一時はマフィアの大親分ドン・カーロをあわやというところまで追い詰めるが、結局は仲間に裏切られて射殺。
…おいおい一体どこの武侠小説ですかこれは。



積読はあと39冊。

風邪には改源

15時頃からなんだか頭痛と軽い吐き気がします。
季節の変わり目ですから風邪でもひいたのかもしれません。
普段ならばちょっと大袈裟にしんどそうな素振りをしてみせ、周りに明日休む伏線を張っていくのですが(給料泥棒)、
明日は月例会議があるのでそうもいかず。

今日は本も読まずゲームもせず、早めに寝ることにします。

奥殿が薬を出すけど改源でいいかと訊いてきます。

ああ、そういえば以前奥殿が改源の薬包紙で折ってくれた鶴を新居にも持ってきました。
そんなモノ持ってきたのかと彼女は呆れていましたが…
また折ってもらおう。

ノッてきました

世間ではそろそろクリアした人も多いでしょうか、零の軌跡。
私はまだ一章、時間にして6時間程度です。なかなか遊ぶ時間がありません。
ネタバレが怖くてネットの関連情報も見れない日々。

ホンのサワリだけしか遊んでいませんが、今回もなかなか面白いじゃありませんか。
序章の最後でカチコミに行く前に捜査ミーティングを開くのも刑事モノっぽい演出で好きです。
各章のラストもこの形式を踏襲するんでしょうか。
そして物語をどうやって膨らませていくのか、興味は尽きません。
音楽は通常戦闘が良いですね。流石PVに使用されているだけのことはあります。

そろそろ主人公御一行がエステル・ヨシュア組と顔を合わせそうな雰囲気ですが、果たして今回この二人は操作できるのか。
前作終盤ではレベルが130、HPが30000超の化け物夫婦になってましたけどー。


明日あたりゲーム休暇が欲しいところなれど、最近忙しいのでこの週末三連休で勝負します。

スニーカー文庫はもう少し新人を育てる努力を…

春先に発売されてその後音沙汰無し。
心配していたのですが、続きが出て一安心です。
私はわりと好きだったのだが
北川拓磨「A&A 星にいくつかの願いを」 スニーカー文庫

って、これで打ち切られてるやんけー!
せめてもう一冊書かせてあげなよスニーカー。
今回も皆でラブレターを書いて発表しあうエピソードなんか結構いい感じだったのに。

シュガーダークは続き出ないし、ピーチガーデンも早期に終了。そしてこれもかー。
あと新人さんで期待できるのは「末代まで!」だけですか(私個人の見解です)。

スニーカーもいつまでもガンダムとハルヒだけじゃ駄目でしょうに。


昨日コメント欄で御推薦していただいたので、ちょっと買ってみました。
どんなお話やら
うえお久光「紫色のクオリア」 電撃文庫
他の方々のブログでも高評価な作品でしたので楽しみです。
ぼちぼち読んでみようかと。


おまけ
奥殿がAmazonより購入。
これはお買い得
Beatrix Potter 「The Complete Tales」
ピーターラビット全集ですね。元々日本円にして4000円程度なのですが、箱の背が少々痛んでいたのでディスカウントされていたそうです。
奥殿によると、日本では未発表のお話や、カットされているイラストも全て収録されているとか。

「私のエコポイントは89000です」と「気違ひ部落」と「みくせん」

ちょいと夫婦で高松方面にお出かけしてきました。
ここのところ引越しでドタバタしていましたから、たまにはゆっくりと。

まずは電器屋で貯まったエコポイントの申請手続きを行いました。
しめて6口89000ポイント。結構なもんです。全てJCBのギフト券にしました。年内には届くと良いのですが。

お次は高松商店街。
奥殿は三越、私はリバー書房へと。
今回はこれらを買いました。
今日も良い買い物
きだみのる「気違ひ部落周遊紀行」 吾妻書房
レーフ・イザード「雪男探検記」 ベースボール・マガジン社
イブヌ・ル・ムカッファイ「カリーラとディムナ アラビアの寓話」 東洋文庫

「気違ひ部落周遊紀行」は前々から欲しかったんですよね、読むのが楽しみです。


そして奥殿と合流すべく三越へ。
地下の食料品売り場、老舗のせんべい屋「志満秀」で「みくせん」なる初音ミクの関連商品を見つけました。
commodity_miku.jpg
おお、なんかすげぇ。
三越のデパ地下でこのようなブツを見ようとは、志満秀も思い切ったことをするもんだ。
値段も手ごろだったので御贈答用にと考えましたが、私の身のまわりで貰って喜ぶ人が思いつかなかったので一旦保留としました。
ウケねらいで会社に持ち込んでも良かったかな。

この「みくせん」通販も行っているようですので、香川県外の方でもお気軽にお求めになれます。
興味がおありの方はぜひどうぞ。
公式サイトはこちら
公式サイトによると2009年の5月から販売しているようですね。この手の色モノ商品としてはなかなかのロングセラーです。

零の軌跡

昨日届きました。
ドラマCDは付いていないやつです
PSP「零の軌跡」 日本ファルコム
名作「空の軌跡」の続編ですね。
初夏あたりから公開されていたPVが非常にそそる出来で、ずっと楽しみにしていました。


説明書などは読み飛ばして早速プレイです。どうせ「軌跡」シリーズと基本は同じでしょう?

まずは導入、いきなり物語佳境と思われるシーンからですか、たまにこんな演出のゲームを見かけますが、私は好きですよ。
もう少し自由に行動させてくれたらもっと良かったのですが。
そしてOPとお約束のチュートリアルを兼ねた最初のクエスト。
とりあえずここまでやってみました。
やはり軌跡シリーズのプレイ感覚です。
今のところ詳しいストーリーは分かりませんが、前作までのお話をどうからめてくるのかが今から楽しみです。
序盤でエステルとヨシュアが出てくるとか。
彼らがパーティに参加することはあるのでしょうか?

あざとすぎるほどウケを狙ったキャラ、ティオが予想以上にツボでした。なんと単純な私。

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード