変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

2011年10月まとめ

1、昨日と今日読んだ本
玩具堂「子ひつじは迷わない うつるひつじが4ひき」スニーカー文庫
かじいたかし「僕の妹は漢字が読める2」 HJ文庫
今回の子ひつじは、横溝正史風味とちょっとした恋の鞘当て(のようなもの)が絶妙でたまんねえです。売れ行き悪くてもどんどん続けるべし!
「僕の妹~」は本編も良いのですが、幕間の23世紀の文芸誌「ぶんげいっこ」が最高でした。特に万葉集の原文と近代(21世紀)訳と現代(23世紀)訳がツボです。アンモニ・aとか声を出して笑ってしまいました。


2、10月まとめ
買った本 13冊
読んだ本 14冊     ※漫画、雑誌は含まない、ラノベは含む

積読はあと28冊。
2011年10月末在庫
10月は前半ゲームしてましたから。

今読んでいる本
竜ノ湖太郎「問題児が異世界から来るそうですよ? そう……巨龍召還」 スニーカー文庫



明日はお休みします。

今月はこれでおしまい

高松市内のリバー書房にて、タバコ臭いけど落ち着く店です。
やわらかいのとおかたいの
三木幹夫「ブルーフィルム物語 秘められた映画75年史」 世文社
西村恵信 訳注「無門関」 岩波文庫

ブルーフィルム物語は読みました。文字通り日本におけるブルーフィルムの歴史です。筆者は「現在は洋物ばかり」となげいていますが、ちょうどこのあと(昭和50年代半ば)家庭にビデオデッキが普及しはじめ、「洗濯屋ケンちゃん」を代表とした裏ビデオの全盛期を迎えるんですよね。

「無門関」は禅問答の本です。現代語訳があるので買ってみました。
「ムー」1987年7月号の特集「禅問答パラドックス」を小学生の時読んで以来禅問答には興味がありました。
巻頭特集はビッグフット

小学生にも分かりやすい良質な記事でした
ムーはオウム真理教の広告があったり、リトル・べプルの特集を組んだり、ペンパル募集コーナーが電波ゆんゆんだったりとアレな雑誌ではありましたが、時折このような面白い記事が載る不思議な雑誌でした(今もあるが)。


そしてAmazonからラノベを仕入れる。
子ひつじイチ押し
玩具堂「子ひつじは迷わない うつるひつじが4ひき」
竜ノ湖太郎「問題児が異世界から来るそうですよ? そう……巨龍召還」 スニーカー文庫
かじいたかし「僕の妹は漢字が読める2」 HJ文庫
子ひつじ楽しみです。

後半は少し多めに読めました

10月後半に読んだ本の感想を簡単に。


宮本正興+松田素二 編「新書アフリカ史」 講談社現代新書
第二次世界大戦前のアフリカというと、マリのカンカンムーサ王、ズールー族のシャカ王、スーダンのマフディー、ボーア戦争くらいしか知りませんでしたので、
地域別の分かりやすい歴史の解説はなかなか勉強になりました。
しかし、ヨーロッパのアフリカに対する仕打ちの惨さは異常ですな。

氏家幹人「旗本御家人 驚きの幕臣社会の真実」 歴史新書y
やっぱり氏家さんの本は面白い。
身分社会の江戸時代ですが抜け道はいくらでもあるもので、幕末にもなると身分を金で買い取った庶民出身の御家人や旗本がゴロゴロいるのは驚きです。

ドルー・ギルピン・ファウスト「戦死とアメリカ 南北戦争62万人の死の意味」 彩流社
兵器の進歩と戦術のギャップにより空前の戦死者が出た南北戦争。
戦場に臨む心構え、死を受け入れる覚悟、戦場に出た父親・夫・兄・息子の安否の確認、遺体の埋葬、喪服の確保とアメリカ社会の混乱と変化を描いています。
しかし遺体の運搬や保存、喪服の販売等、すぐに民間業者が大々的に広告をうって乗り込んでくるのは実にアメリカらしいですね。

逢空万太「這いよれ!ニャル子さん 8」 GA文庫
毎回毎回同じ展開で正直飽きました。
特にひたすらパロディ会話を続ける1章はひどすぎます。
そろそろ何か違う展開を始めるか終わるかすればいいのに。

脇村義太郎「東西書肆街考」 岩波新書
京都と東京(神保町)の出版と書籍商の歴史本。
神保町は私も何度か足を運んだことがありますので、明治から昭和にかけての店舗の変遷を地図を見ながらなぞっていくのは実に心が躍ります。
戦後まもなく盛んに行われたという古書の露店には稀覯本が廉価で叩き売りされていたりしていたのでしょうか。
行ってみたいなあ。

佐伯泰英「闘牛はなぜ殺されるか」 新潮社
闘牛の歴史に闘牛の作法、闘牛の観戦方法(出版当時の料金表もある)ととにかく詳しく、図版も多いので実に勉強になります。
ただ、筆者の思い入れが強いのか、一部記述が情緒的すぎて少し分かりにくい箇所もありました。
もっと淡々と書いてくれればええに。
極少数ながら日本人の闘牛士も存在するようですね。

鈴木大輔「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 4」MF文庫J
相変わらずのお約束ハーレム物展開なれど、キャラの立てかたと挿絵が良くて意外と楽しく読めてしまいちょっと悔しいです。

樋口司「カフェとオレの先輩 3」 MF文庫J
ああ、やっぱり3巻で終わりか…
この人のパターンに入りきらずに少しひねくれた展開にする作風は好きなのですが。
次回作に期待します。

松田道弘「不可能からの脱出 超能力を演出したショウマン ハリー・フーディー二」 王国社
筆者も奇術に詳しい人のようで、フーディニーの真価は技術ではなく客の心理を読んだ演出力にあると喝破しているのには非常に説得力がありました。
本書で紹介されていた20世紀初頭のアメリカを描いた小説「ラグタイム」が欲しくてたまりません。
ラグタイム (ハヤカワ文庫NV)ラグタイム (ハヤカワ文庫NV)
(1998/08)
E.L. ドクトロウ

商品詳細を見る

Amazonでは中古しかなくてちょっと高いけど買おうかな…


積読はあと25冊。

読んだ感想は明日にでも

まず、フーディニーの本が届きました。
帯がないのが残念
松田道弘「不可能からの脱出 超能力を演出したショウマン ハリー・フーディー二」 王国社

ラノベ買いました。
Amazonに頼んでいたら届くのが遅くなった
鈴木大輔「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 4」
樋口司「カフェとオレの先輩 3」 MF文庫J

漫画買いました。
お中元の話も好き
中村光「聖☆おにいさん 7」 
聖☆おにいさんは作者産休につき当分お休みなのが寂しいところです。この巻の飲み会の話とか凄く好きなのですが。

R2出社拒否

本日午前6時、出勤しようと車に乗り込みます。
エンジンをかけ、シフトをDレンジに入れるとエンスト… Why?
何度やっても同じ症状が出ます。
我が家には車が一台しかないので、このままでは身動きが取れませぬ。
仕方がないので急遽有休を取って車を修理に出すことにしました。
とりあえずディーラーが開店する時間まで二度寝します。



9時再度起床。
目覚ましが鳴ったところで奥殿も目が覚めて言うことには、

奥:○君大変!凄い寝坊してる!

いや、違う違う。


まずJAFにレッカーを依頼し、車をディーラーまで運んでもらいました。
エンストの原因はセンサーの故障でアイドリングが不安定になっているせいだとか。
そしてまだ保証期間中なので無償修理するとのこと。
ほほう。結構な出費になると覚悟していましたが、先程のレッカー費用も含めて全て無料で済みました。

まあ、たまには骨休めも必要ですよね。
午後からは特にすることも無いので、まだ明るいうちにらんまるを散歩に連れ出しました。
道中空き地でボール遊びをしていた子供たちに取り囲まれて撫でまわされるなど、いつもとは違った展開があり少々新鮮な気分でございました。

さようならどくとるマンボウ

北杜夫さんがお亡くなりになったとか。
好きだった作家さんがどんどんお亡くなりになって寂しいかぎりです。

高校生の時に読んだ「楡家の人びと」で長編小説を読む喜びに目覚めました。
白きたおやかな峰も良い
自らの実家をモチーフにしたと思われる楡脳病院三代の物語で、三島由紀夫も評していますが、特に楡基一郎のつきぬけた俗物ぶりが良いンですよね。
まさに和製「ブッデンブローク家」といった作品でした。

ユーモアあふれるエッセイも好きでした。
自らの躁鬱症のこと、三島由紀夫との思い出、気丈な御母堂のこと…


心よりご冥福をお祈りいたします。

誰が何の目的でこのような動画を…

ニコニコ動画でなんとなく頭に浮かんだキーワードを入力してみます…
「青春スキャンダル」っと。
うおっ、あった。

これ子供の頃よく行ったスーパーマーケットに置いてありまして、母に50円ねだっては遊んでいました。
序盤は「スパルタンX」みたいでサクサク進むのですが、1面の後半から殺人的な難易度になるんですよねー。
一度だけ1面をクリアした記憶があります。

それにしても世の中には奇特な人がいるもんだ。この人むちゃくちゃ上手いやんけー。

えろえろ22

前回の続きです。

ビレバンに寄ることができましたので、今度こそは忘れまいと書名をしっかりと頭に焼付け、店を出るとすぐに携帯にメモしました(なんと迷惑な客か)。
Alexandre Dupouyさんの「Scenes orientales 」ね、ヨシ!!

帰宅してからとりあえず日本のAmazonで検索してみたところ、デュポイ氏の作品は何点か取り扱いがあったものの、Scenes orientales はありませんでした。
やはり独Amazonかー。
独Amaにて検索してみると…
おお、あった。
51702WH3YXL__SS500_.jpg
サンプルを数点見ただけですが、東洋趣味とケツに対するこだわりがなんともいえぬ情緒をかもしだしている写真集です。
では、注文と。
エロの情熱は昔ほどではありませんが、かつてはエロ画像欲しさにロシアの有料サイトと契約していた私です。
学生時代に専攻していたドイツ語などキリル文字に比べれば赤子同然、とりゃー!!
まあ、注文フォームが万国共通なので少々単語の意味が分からなくとも問題ないわけですが。
JCBが使えなくて慌てたり、入力を訂正するために「戻る」と「進む」を何度か繰りかえすうちにいつの間にか二部注文したことになっていてそれに気付ずに注文を確定しそうになるという素人丸出しな行為をしてしまうなど、ちょっとまごついたところもありましたが、無事注文することができました。

早く来ないかなあ ふふふ。



明日はお休みします。

ママンと脱出王

今年も母の命日が近づいてきました(12月)。
早いものでもう6年になります。

最近心の底から思う事があります。
もう一度母と話がしたいなあ、と。
特に話題があるわけではありませんが、何気ないよもやま話をしながら、母の淹れてくれた角砂糖が5個入ったコーヒーの味がしないコーヒーを飲みたいのです。

しかしそんな事は永遠に不可能なわけでして、たまたま兄が撮っていた在りし日の母の動画を眺めては溜息をつくのでございます。

さて、今日はハリー・フーディニーの伝記をマーケットプレイスで購入してみました。
不可能からの脱出―超能力を演出したショウマン ハリー・フーディーニ不可能からの脱出―超能力を演出したショウマン ハリー・フーディーニ
(1985/12)
松田 道弘

商品詳細を見る

この人は20世紀初頭のアメリカで活躍した奇術師で、脱出術のエキスパートでした。
220px-HarryHoudini-1899.jpg
そして超能力や霊能力のトリックをあばく「サイキックハンター」としても精力的に活動していたことでも有名です。
なぜそのようなことをしていたかと言いますと、フーディニー氏も亡くなったお母さんとお話がしたかったンですよね。
そして当時流行りだった交霊術にも参加してみたのですが、当然ながらインチキばかりでプロの奇術師である氏をあざむけるモノは一つもなく、怒った氏は徹底的にトリックを暴く活動に従事しはじめたと。
私は別に怒りはしませんが、フーディ二ー氏の気持ちはよーく、分かります。
霊だのなんだの信じたいのはやまやまなのですが、三流文系私大卒の私の足りない頭さえだますことのできないまがいものばかりで、オカルト関連はネタで楽しむ以上のことはできなくなってしまいました。
ふぅ。

デロリアン社ってまだあったのか

とうの昔につぶれたものかと…


『バック・トゥ・ザ・フューチャー』デロリアンが電気自動車に!2013年に発売予定!

作中に出てくるスニーカーのレプリカ「2011 NIKE MAG」のオークション販売が行われたことでも話題の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズから、今度はタイムマシンに改造されたデロリアン・モデルの電気自動車が2013年ごろに発売される。ハリウッド・リポーターが報じたもので、価格は9万ドル~10万ドル(約720万円~約800万円)程度になる見込みだという。(1ドル80円計算)

 ハリウッド・リポーターによると。デロリアン社は2013年に映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズに出てくるタイムマシンに改造された同社の「DMC-12」を復刻した電気自動車を発売すると発表。すでに試作品はお披露目されており、電気自動車になったとはいえ、印象的なガルウイングははじめとする仕様はもちろんオリジナルそのまま。自動車の性能としても、現段階で最高時速約200キロを記録。価格は9万ドル~10万ドル程度に設定される予定だという。

 先日には映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』に出てくるスニーカー「2011 NIKE MAG」が発表され、徐々に現実がフィクションに追いついてきているかの印象さえある。もともとデロリアンは1975年に設立された自動車会社、そして同社が1981年に発売したモデル「DMC-12」を指すため、今回のケースでは、フィクションで描かれたことが現実になったとは言い難い。だが、すでに「DMC-12」は製造されていないが、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズでタイムマシンとなって出てきたことでカルト的な人気を博しており、今回電気自動車として復刻されるというのはファンにとっても朗報かもしれない。(編集部・福田麗)
373769.jpg

http://movies.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=733753



15年位前に北米日産が240Zの中古車を集め徹底的にレストアしたものを販売していたことはあったように記憶しているが、
73_datsun_240-z_pvgp_04_dv_04_convert_20111021205951.jpg

これは一からDMC-12作ってンのか?
よく金型とか残ってたなあ。

しかし、90年代までのスポーツカーは本当にカッコいいですね。
それ以降のものは安全性を確保するためか、妙にふくれていて今ひとつな印象です。
これはなにも私の懐古主義だけではありますまいて。

秋の夜長のおともに

先日の非常に痛そうな事件で興味を持ち、マーケットプレイスで購入しました。
図版多し
佐伯泰英「闘牛はなぜ殺されるか」 新潮社
ゲームもひと段落ついたので、そろそろ読書の秋に戻ろうかと思っています。

碧の軌跡クリアしました

Play時間は50時間くらい、終章の鬼のような長さには面くらいましたが、短いよりはいいですよ。

感想ですが、
・音楽は良い ~ ファルコムですからの。
・戦闘が大味になった ~ マスターアーツとかバーストとか新要素を盛り込んだおかげで、準備さえ整えておけば終盤のボス戦でもワンサイドゲームでありました。逆にCPやらバーストポイントが少ない状態で戦闘に入るとヒドイ目にあいました。
・黒幕の正体にビックリ ~ むしろファルコムのゲームとしてはお約束と言ってもいいくらいの展開なのですが、前作からの仕込みにより全く気が付きませんでした。
・おお、軌跡シリーズにも最近の流行の展開が ~ よくよく考えてみると前作「零の軌跡」は「まどかマギカ」よりも先に発表されてるのよね。まあ、ループネタ自体昔からよくあるけど。
・犬の声がセクシー ~ 終章の序盤ではお世話になりました。1500もあるEPでアヴァロンゲート連発最高でございました。
・続きがある!? ~ Yes! Yes! Yes!!

総じて丁寧に作られた良作でした。特務支援課よ永遠なれ。
さあ、二週目だ。

なんだその攻撃はぁぁぁ!!!

「碧の軌跡」、やっとラスボス戦に突入しあと少しのところまで追い詰めるも、なにやらごっつい全体攻撃で全滅してしまう。
HPMAXでなおかつバリアを張った状態で全滅するのは一体どうすれば良いの?
「土壇場マペット」でも装着しておくのかな…

セーブしたところからやり直すと面倒くさいのでゲームオーバーの画面のまま明日の夜まで放置しておこう。
夕食後「リトライ」で勝負だ!

今晩はもう寝ます。

今月も掘り出し物はあるかな?

今日は月に一回催される丸亀市立中央図書館「ブックバンク」の日です。
何かないかと今回も乞食させていただきました。
とはいっても市民の持ち寄る本だけで運営されていて他所から仕入れているわけではないので一ヶ月で品揃えに大した変化はありません。
一冊だけいただきました。
江戸時代から現代まで
脇村義太郎「東西書肆街考」 岩波新書
日本の古書街史を綴った本です。
面白そうですが、ボロいのが難です(なんと図々しい物言いか)。


Amazonからこちらが届きました。
いつまでつづく
逢空万太「這いよれ!ニャル子さん 8」 GA文庫
なんと今度はTVアニメ化とな。
TVでも紙芝居の本編+ヌルヌル動くOP+EDで50話くらいやるンですか?



明日はお休みします。

今月初買い

ちょいとお久し振りに紀伊國屋書店で本を買ってきました。
欲しい本はたくさんあるのですが、予算の都合で二冊だけです。
新刊は高いの
氏家幹人「旗本御家人 驚きの幕臣社会の真実」 歴史新書y
ドルー・ギルピン・ファウスト「戦死とアメリカ 南北戦争62万人の死の意味」 彩流社

南北戦争といえば銃器は著しく発達したのに戦術はナポレオン戦争当時のままで、両軍ともライフル銃の前に戦列歩兵を展開させた為にどエライ数の戦死者が出てしまったヤツですね。
ニコニコで出回っているこの映画がお気に入りです。

全編観てみたいので日本でもぜひ発売していただきたいところ。

半月で三冊

しか読んでいません。
家では暇があればゲームしていますから、読書は専ら会社の休憩時間に。

以下の本を読みました。

阿津秋良「香川県雑学読本」 丸山学芸図書
香川県といっても高松以東の東讃地区の話題が大半なのであまりピンときませんでした。
かろうじて分かるのは金比羅さんとか善通寺の話題くらいかな。

藤巻一保「呪いの博物誌 異端邪術の世界」 学研
この本自体は日本の呪術に関する事柄を表面的になぞっているだけなので大したことはありませんが、
参考文献が面白そうなものばかりです。
何冊か欲しい本があるのですが、今年はもうおあしがあまりなくて…

平井和正「真幻魔大戦 7 不死蝶は燃えて」 トクマノベルス
7巻で東丈フェードアウトか…
この人はプロットとか考えずに小説書いてるんだろうなあ。
この巻の最後あたりであやしげな新興宗教臭が漂いはじめたけれど、次はどうなる?


積読はあと26冊。

リサとガスパールとドゴ・アルヘンティーノ

今日は業務都合で休日でした。

奥殿と高松美術館で催されている「リサとガスパール&ペネロペ展」に行ってきました。
私共夫婦はこの絵本結構好きなんです。
作者のゲオルグ氏による原画が多数展示されていて見ごたえがありました。

ぬいぐるみと一緒にパシャリ。
はい、笑ってー



次に市内のペットショップへ寄りました。
らんまる坊のエサ皿を大きいものに買い替えようかと。

駐車場に停められてある一台の黒いワゴン車の窓から大型犬が二匹首を出していました。
お、どれどれ、一匹はボルゾイやね。立派な顔つきだよ。
二匹目は … えーと…
こ、これはドゴ・アルヘンティーノ!!
こんなん初めて見たわー。

ドゴ・アルヘンティーノとは、アルゼンチンで品種改良された狩猟犬で、ピューマをも狩ると言われています。
攻撃性が強く、飼うのは土佐犬並みに困難だとか。
ちなみになんとなく格好良さげな名前は日本語訳すると「アルゼンチン犬」です。

近くにオーナー様がいらっしゃればお話を伺ったうえで撮影させてほしかったのですが、私達が店を出るまでついにお見かけできなかったのが残念です。

これは拾ってきた写真。
IMG_93141_convert_20111013212542.jpg
今回見かけたドゴさんは断耳していませんでした。

ドゴ・アルヘンティーノ

どーもどーも、うどん県民です

ええい、うどんうどんとうるさいぞ!!


香川県が「うどん県」に改名していた?

 香川県が「うどん県」への改名を発表した。10月から。これは香川県観光協会の特設ホームページ内だけの出来事で、香川出身の“要潤副知事”が発表した。

 要副知事は「このたび香川県はうどん県に改名いたします。私たちはうどん県です。自他ともに認めるうどん県です。これまでは「うどん県(笑)」のようにやや遠慮気味に語ってきた名前ですが、これからは大手を振って、前を見て、「うどん県!」であることを高らかに宣言します」とメッセージを発表した。

 サイト内ではうどんに関する様々な案内はもちろん、香川県(うどん県)出身の女優、木内晶子さん、高畑淳子さんがナレーターとなってうどん以外の観光についても説明している。

 サイトの一番下には「うどん県への改名はありません。けれど、香川県がうどんを愛するうどん県であることは本当です」と但し書きを小さくつけている。

http://media.yucasee.jp/posts/index/9185

うどん県


あれ、要潤て副知事なの?
それともこの企画の為のネタ称号なのかな。

それにしても香川って他の話題は無いのか…

えろえろ21

昨日ヴィレッジヴァンガードにて、エロ系のムック本を立読みしていた時の事です。

その本の中でトルコのハーレムを擬して作成されたドイツの写真集が紹介されていまして、適度にエロくなおかつ格調高い内容にすっかり魅了されてしまいました。
Dominique_Ingres_-_The_Turkish_Bath_(1862)_convert_20111011212742.jpg
※参考画像 アングル「トルコ風呂」


帰宅したら検索してみよう、もしかしたら独Amazonで買えるかもしれぬと私は著者名と写真集の題名を深く頭に刻み込んだのでございます。

今日になって検索してみようとしたところ…
何もかもすっかりと忘れてしまっていました。
不精せずに携帯にでもメモっておけば良かった…

何か思い出せないかと少ないお脳を活動させてみたところ…
著者がAlexanderさんという方というのは思い出しました。
よしっ!早速独Amazonで検索だ!!



こんなよくある名前では何もわかんねえ

日本人ならケンジさんとかタケシさんレベルの名前じゃねえのかこれ。
あー、使えねえな俺。
今度ビレバン行ったら件のムック本は買っておこう。

続きを読む »

朝の涼しい時間に知らない道を歩くのはなかなかに趣のあることです

今朝も例によってらんまるの散歩に出かけました。
休日は日が昇ってから歩けるので気持ちが良いです。

今回は久し振りに散歩ルートを開拓してみようと思い、いつもとは一本違う通りに入りました。

少し歩くと大層な豪邸がありまして、ガレージかと見まがうほど大きな犬舎にグレートデーンを飼っておいででした。
おおう、近所にこんなお大尽がおったとわー。
グレートデーンを生でみたのは初めてですが、牛のように巨大な犬で、らんまるを見て一声「ぼぅっ!」と吠えたのがもの凄い迫力でした。

もう少し先に進むと犬のブリーダーを営んでいるお宅を発見。
種犬と思われる5、6匹のシベリアンハスキーが塀から身を乗り出してこちらをじっと見つめているのがシュール。
住宅地だから吠えないように躾けされているのでしょうね。

家から3km程進んだところで引き返しました。

今日も疲れたっスね、らんまる君。
のどかわいた
あら、また目ヤニが出とるなー。
散歩中すれ違う人たちからは「可愛い」「毛並みがよい」「綺麗な犬だ」などと好評をいただいて悪い気はしないのですが、
近くでよく見るとそれほどでもないのよねー。
お父っつあん無精者なので、シャンプーは半月に一回、ブラッシングは毛がもつれない程度に適宜、耳掃除と目ヤニのふき取りは気が付いたらくらいですから…

愛情はあるつもりなんだけどねー。



明日はお休みします。

ロングホーントレイン!!

ヒィィ、痛い、これは痛い。


牛の角が顔面貫通、スペインの人気闘牛士

[マドリード 7日 ロイター] スペイン北東部のサラゴザで7日、国内で人気の闘牛士、フアン・ホセ・パディーヤさん(38)の顔面を牛の角が貫通するという痛ましい事故が起きた。

 パディーリャさんは闘牛用の槍を牛に突き立てたあと転倒し、そこへ興奮した牛が突進。角が下あごに刺さり、左眼にかけて突き抜けた。地元テレビの映像には、顔じゅう血まみれのまま「見えない、何も見えない」と言っているパディーヤさんの姿が映された。

 闘牛場の医師が地元紙に語ったところによると、パディーヤさんは非常に危険な状態で、病院で手術を受けたという。

 パディーヤさんは長年スペインの闘牛界で上位にランクインしており、持ち前の勇敢さと、どんな凶暴な牛でも立ち向かっていく姿が評価されていた。

 スペインの闘牛は現在、動物保護団体からの反対運動を受けているほか、市民の関心の低下や国内経済の低迷で、資金面での運営も困難になっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111008-00000450-reu-int


顔面貫通しても即死じゃないのは脳が傷ついていないからか?
それにしても、、、(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
お大事に…


ところで、このニュースを見てから闘牛に関する本が読みたくなりました。
Amazonで調べてみると面白そうな本がありました。
闘牛はなぜ殺されるか (新潮選書)闘牛はなぜ殺されるか (新潮選書)
(1998/09)
佐伯 泰英

商品詳細を見る

中古しかないし、値付けがちょっとお高いけどさてどうしたものか。

読書の秋だから棚卸、、、失敗した…

800冊くらい数えたところで分からなくなってしまいました。
やりなおすのはめんどうなので今年の棚卸はこれにて終了。

昨年の10月27日に数えた時には3228冊ありましたので、おそらく3600冊くらいだと思います。
漫画も含めると4100冊くらい?

人間が一生に読める本の数なんてたかがしれていますから、本当は仕事なんてしている場合ではないのですが、
ご飯を食べる為には仕方なく…
…はあ、寝よ寝よ。

追悼 スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ氏がお亡くなりになったとか。
唐沢なをきさんの持ちネタが一つなくなっちゃったなあ。
とりあえず次号の週刊アスキーはチェックしてみましょう。

ジョブズ氏に私淑していた兄はさぞかしショックだろうなあ、と思っていたら夜に電話がかかってきました。分かりやすい人だ。
兄はジョブズ氏亡き後のアップルの経営を心配していましたが、アンタの心配することじゃないよとツッコミつつ、それじゃ追悼記念でiMacの新型モデルはどうだい?ブラウン管モニタのやつ。
imac_flowershot.jpg
などとバカ話に花を咲かす兄弟でありました。

我がドイツの医学薬学は世界一ィィィ

奥殿が服をくれました。
悪くない
軍シャツというものだそうで、ドイツ軍の放出品だとか。
いかにもミリタリーな感じではなくて落ち着いた良いデザインですな。

奥殿によると、いつも利用しているネットの服屋が閉店するので最後だから多めにお買い物したそうな。
で、ついでに私にもこれを買ってくださったとのこと。
お値段は1000円、放出品とはいえお安くてびっくり。

今年の秋はこれを着て過ごします。

ちなみに奥殿も同じ服を持っているので、ペアルックができますな…

ぐらぐらゆれる、こころもゆれる

19時頃地震がありました。

奥殿が「あ、今ゆれた」などと言いますが、私は全然気がつきませんでした。
数分後、NHKに「四国で震度2~3の地震」と速報が出ました。それによると丸亀近辺は震度3とか。
震度3で気がつかないとは、私はよほど鈍いのか。

奥殿続けて曰く、「さっきらんまるが突然吠えはじめたのはこの地震を予知したからなんじゃあ?」
いや、それはどうだろうか。
だってらん坊、ゆれた時は私とじゃれてて無反応だったよ?

それにしても今年は地震が多いですね。


先日買った「呪いの博物誌 異端邪術の世界」という本を今読んでいます。
陰毛やら糞尿やら人体の一部やらを使用したそっち系のおまじないが充実している私好みの本です。
その中で「娼女の秘呪」(おやまのまじない)という本が紹介されていまして、これがとても気になります。
著者は江戸川乱歩の実弟の平井蒼太という方で、昭和初期の大阪の遊女が行っていたおまじないの数々が書かれているのだとか。
日本の古本屋で検索してみると …ありました。
昭和32年の初版で木彫りの装丁ですと?
ゴクリ。
価格は一万円かあ。
高いけど出せない値段じゃないのが困ったところです。
さあてどうしようか。

特務支援課のアットホーム加減は異常


「碧の軌跡」はようやく一章をクリアしたところです。
今作から色々と付け足された新要素もこれまでのシリーズの発展系のようでホッとしました。
新作になる度にシステムがガラリと変わるゲームはゴメンです。

まだまだお話はサワリ程度の進展ながらも気になる情報もチラホラ。
ネタバレが怖くてニコニコやら2chやらの該当動画・スレが見られないのがつらいところです。
どうしても平日は二時間以上時間を割くことが出来ないのでもどかしいったらありゃしません。

銀さんの参戦はまだか?

ねうねう

源氏物語といえば若菜の章、
想い人である女三宮の愛猫を強奪して文字通り猫可愛がりする柏木の女々しいサイコっぷりが良し。


さて、うちのるーちゃん今朝は私の枕元で目を覚ます。
朝ごはんを与え、私はらんまるの散歩へ。
一時間後帰宅すると、るーちゃんの姿が見えない、鳴き声ひとつたてないとは面妖な。

あ、いた。
母ちゃんと一緒

寝室で奥殿の横にもぐり込んでいた。

奥:るーが近くで寝てると気になって眠れん。

うん、そうか、じゃあそろそろ起きれ。


夕食後自室に入るとるーちゃんが座席を温めてお出迎え。
そこのけい!
ご苦労とお尻で押しのけて私着席。
夏場はたたんだバスタオルの上やら階段の踊り場やらで寝ることの多かったるーちゃん、そろそろ人の温もりが恋しい季節かね。

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード