変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

2012年1月まとめ

まず、さらに性懲りもなく買ってきた本。
BOOKOFFでコツコツと買っています
横溝正史「死仮面」 角川文庫
BOOKOFFにて、平成に入って以降の重版なので、一部語句が修正されているとのこと。もう作者が故人になっている作品を修正すんじゃねえ。

あと一冊かあ
松智洋「パパのいうことを聞きなさい!4~8」 スーパーダッシュ文庫
一日一冊、7巻まで読みました。
2巻でコスプレがどうのこうのとやらかしはじめた時には嫌な予感がしましたが、以降はそれ程変な展開もなくほのぼのと話が進み、実に私好みです。

ブンガク!ブンガク!!
かじいたかし「僕の妹は漢字が読める3」 HJ文庫
俺の好きな本キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

他に読んだ本
礫川全次「アウトローの近代史 博徒・ヤクザ・暴力団」 平凡社新書


1月まとめ
買った本 43冊
読んだ本 33冊     ※漫画、雑誌は含まない、ラノベは含む

買った本よんじゅうさんさつ…
今年は購入数を200冊以内に抑えようと誓ったのに、一月で1/5超えとるぞおらあ。
2012年1月末在庫
積読はあと47冊。



明日はお休みします。

1月後半に読んだ本のこと

バルザック「人間喜劇 セレクション 2 セザール・ビロトー ある香水商の隆盛と凋落」 藤原書店
破産しても借金を全額返そうと奮戦するお人好しのビロトーをとりまく家族・親戚達の暖かさにホロリとさせられます。
19世紀のフランスの商取引やら、いきなり冒頭で「毛の生える薬はありません」と言い切る毛生え薬の宣伝文句の絶妙さやら、本筋以外でも楽しめる要素の多い作品でした。


山本七平「洪思翊中将の処刑」 文藝春秋
朝鮮系で唯一将軍にまで登りつめた洪思翊氏の評伝、ではなく、
高潔で人望厚かった洪思翊中将が、どうして戦犯として処刑されたかを探る本です。
冒頭数章はとりあえず中将の生い立ちや人となりなどを紹介。
残りは中将の裁判記録の解説になるわけですが、中将は自身の裁判については一切発言をしなかったので、
山下大将の裁判に証人として出廷した時の発言記録、自身の裁判の証人の記録、証拠として提出された捕虜の日記(これが面白い)等を勘案して、中将は死刑判決を言い渡されます。
結局のところ当時の洪中将の地位にあれば、何をどのようにしようが死刑は免れなかったようです。
洪中将は死刑判決が言い渡されても、「甲種(絞首)合格だったよ」と一言周辺に冗談をもらした以外は特に感想を述べるでもなく、静かに13階段をのぼり最後を迎えます。
黙祷。


かもよしひさ訳・絵「新版 雑兵物語」 パロル舎
鉄砲の撃ち方、首の取り方、鼻のそぎ方、槍の使い方、糧食の取り扱い等々、戦場における足軽の作法が分かりやすい語り口調で説明されております。
巻末の訳者の解説はちょっと的外れな感がありますが…


にむらじゅんこ「クスクスの謎 人と人をつなげる粒パスタの謎」 平凡社新書
クスクスというのは粒状のパスタのことだったのですね。私はてっきりヒエのような雑穀かと思っていました。
カルディなどにも置いてあるのを見かけますので一度食べてみたいです。


赤坂治績「江戸歌舞伎役者の“食乱”日記」 新潮新書
幕末の歌舞伎役者が地方巡業の際につけていた日記なのですが、そこらかしこに食べ物についての記述が目立ちます。
しかもどれもおいしそうで、この本の元ネタとなったオリジナルの回想録「手前味噌」を読んでみたくなります。
私の住んでいる丸亀の名物はタコ飯だったとか。今じゃほとんど聞きませんな。


マーク・シャッカー「ステーキ! 世界一の牛肉を探す旅」 中央公論社
ステーキ好きの著者は、究極のステーキを求めてアメリカ、フランス、スコットランド、イタリア、日本、アルゼンチンを巡ります。
著者の好みからすると日本の霜降りなどは酷評されるかと思っていたのですが、日本の社会全般も含めて高評価だったのが意外でした。
各国のステーキ肉を食べて究極の肉作りの条件を練り上げた著者は、なんと自身で牛を購入し肥育するという挙にでます。なんという探求心か。
理想の品種で理想の餌を与え肥育し、充分熟成させた肉を食べてみた著者の感想は、「美味いが究極と言えるほどではない」「言うは易し、行うは難し(意訳)」というもの。
ま、そうだろうね。
でもここまでやれば上等よ。


「少女の友 創刊100周年記念号 明治・大正・昭和ベストセレクション」 実業之日本社
戦前の少女雑誌は風情ありすぎで見ていて飽きません。オリジナルも一冊欲しいなあ。
私は松本かつぢさんのイラストが特に好きです。


積読はあと43冊。



明日はお休みします。

週末は高松で1本ヌイてきました

今日は特にやることがなかったので献血してきました。
私、血の濃さだけは無駄にありますので、機会があればなるべくするように心がけております。
以前も何度か述べましたが、元手のかからない偽善行為を満喫でき、飲み物や菓子をタダ食いできるなんて結構なことではございませんか。
おまけに昨年高松商店街の献血センターが丸亀町に移転してからはアイスまで恵んでくれるようになりましたよヒャッホウ。

今日で20回目でした。
ボケとる
ん~、もっとやってるような気がするんだが、年3回が限度ならこんなものかな…。
個人的には月イチでも全然かまわないんだけど。
成分献血なら年12~24回できるのですが、アレは拘束時間が長いからなあ。
50回のチョボイ景品までの道のりは長い。

はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢつと手を見る

本日は弊社最大の取引先である某グローバルメーカー様の外部監査がありました。
ワタクシめも一応とある部署のカシラですんで出席させられましたよ。
うう、腹痛ぇ。
まあ、某社の品質管理担当の方曰く、「日本のサプライヤーはどこもレベル高いです」とのことで、監査自体は穏便に済ませていただけました。
なんでも品質のレベルは 日本≧韓国・台湾>中国・東南アジア諸国>インド なンだとか。
特に中国企業の品質管理の甘さと社会体制の理不尽さを嘆いておいででございました。
それでも近年弊社が徐々に海外勢にシェアを削られているのは圧倒的な安さが理由なんだろうなあ、と
今時の小学生でも知っているようなことを再認識させられた次第でございます。
あー、せめて私が定年退職するまでは会社がもちますように。
今さら他のことをする気にはなれん。

パパのいうことを聞きなさい!

一日一冊、読んだら続きを買い足しています。
最近よく売れている
松智洋「パパのいうことを聞きなさい!」 スーパーダッシュ文庫
最近露出が多いからなんとなく買ってみました。二冊読んだ時点では割と地味ですね。
これから派手になりそうな感じではあります。
個人的にはこの手の話はしんみりと進めてほしいわけですが、それじゃラノベじゃねーしなあ。

それにしても集英社のプッシュは凄いですね。
アニメ化は普通だとしても、6誌でコミカライズですと?
まるで全盛期のドラえもんのようです。

超絶真珠男

寒くて何もやる気が起きず、夕食後はボケッとニコニコで天外魔境Ⅱのプレイ動画など眺めておりました。



未だにこれを超えるコマンド式RPGにお目にかかったことはありません(個人の感想デス)。
山場を適当に鑑賞した後、書庫からいそいそと攻略本を引っ張り出してきました。
辻野さんのマンガもあるよ
桝田省治さんの制作ノートとか読み物としても楽しめる一冊で、私の宝物です。
勿論天外魔境Ⅱもまだ持っていますが、PCエンジンがまともに動かなくなってきているので遊ぶのは困難になっています。
しかしPS2のリメイク版は論外な出来でしたし、DSやPSPも一部修正が入っていると聞きます…
浜田村は死霊銀バエじゃなく親族食ってこその浜田村だし、吹雪御前もちゃんと腕もげなきゃダメだよ~。

本日は60円黒字

大変寒い一日でございました。

本日は所用の為有休を取っていました。

丸亀市では犬猫の去勢・避妊手術をすると補助金が出るとかで、市役所に申請してきました。
補助金の振込は来月とのことですが、とりあえず相当額を下ろしました。
例によって臨時収入は即日使いきりです。

まず市役所近くのピザメインの喫茶店で奥殿と昼食
        ↓
      BOOKOFFを覗く
        ↓
      書店を覗く

といつものお決まりパターン。
我ながら飽きないものだね。

BOOKOFFで買ったのはこちら
鹿島さん講談社現代新書にも書いてたのか
鹿島茂「デパートを発明した夫婦」 講談社現代新書
礫川全次「アウトローの近代史 博徒・ヤクザ・暴力団」 平凡社新書
誰がなんと言おうが、講談社現代新書は旧デザインがよろしい。

書店ではラノベを
ほのぼの系?
松智洋「パパのいうことを聞きなさい!」 スーパーダッシュ文庫
最近買うラノベが少なくなっていたので新規開拓をば。


次はこのあたりを

そんなわけで今日我慢した本を備忘録代わりにここに挙げてみたり。
作家の値段 『新宝島』の夢作家の値段 『新宝島』の夢
(2010/10/19)
出久根 達郎

商品詳細を見る

書肆紅屋の本―2007年8月~2009年12月書肆紅屋の本―2007年8月~2009年12月
(2010/07)
空想書店書肆紅屋

商品詳細を見る

本屋の本は最近買ってなかったのですが、この間「ビブリア古書堂」読んでまたちょっと興味が湧いてきました。

エステルハージ博士の事件簿 (ストレンジフィクション)エステルハージ博士の事件簿 (ストレンジフィクション)
(2010/11/16)
アヴラム・デイヴィッドスン

商品詳細を見る

小松左京全集完全版―長編小説 (1)小松左京全集完全版―長編小説 (1)
(2006/09)
小松 左京

商品詳細を見る

小松左京さんの立派な全集も発見。この人の作品はほとんど読んだことがないので、これを機会に読んでみようかなー、とか。

文庫は買ってもよかったかも。
第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)
(2011/11/23)
又吉 直樹

商品詳細を見る


そしてラノベ。
パパのいうことを聞きなさい! (パパのいうことを聞きなさい! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)パパのいうことを聞きなさい! (パパのいうことを聞きなさい! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2009/12/25)
松 智洋

商品詳細を見る

面白かったら買ってみようかと思ったものの、紀伊國屋の丸亀店はラノベにシュリンクパックかけているので確認することあたわずorz。
とりあえず今晩読む本は佃煮にするほどあるのでまた今度やね。



明日はお休みします。

もう一皿追加!

うん、本屋に寄って手持ちに余裕があると買ってしまうのはもはや物理法則だよね仕方がないよね。
今日は丸亀の紀伊國屋にて
グリンメルスハウゼン「阿呆物語 上中下」岩波文庫
「少女の友 創刊100周年記念号 明治・大正・昭和ベストセレクション」 実業之日本社
阿呆物語だけ買うつもりが、前々から欲しかった少女の友まで…

さらに気になる本を何冊か見かけましたが流石にそれはまた今度。

さあ、買うべし買うべし!

お小遣い解禁になったので早速色々買ってきました。
高松の紀伊國屋書店にて。
本屋を覗くたびに新たに欲しい本が…
坪内 祐三「探訪記者松崎天民」 筑摩書房
かもよしひさ訳・絵「新版 雑兵物語」 パロル舎
吉岡信「江戸の生薬屋」 青蛙房
マーク・シャッカー「ステーキ! 世界一の牛肉を探す旅」 中央公論社
新書
赤坂治績「江戸歌舞伎役者の“食乱”日記」 新潮新書
にむらじゅんこ「クスクスの謎 人と人をつなげる粒パスタの謎」 平凡社新書

新刊は高いですね。欲しい本全て買うのは無理でした。

お次にBOOKOFFを少々。
藤田画伯カッコイイ
近藤史人「藤田嗣治 「異邦人」の生涯」 講談社
カーター・J・エッカート「日本帝国の申し子 高敞の金一族と韓国資本主義の植民地起源 1876-1945」 草思社

今月はこれで終わりにしたいです。
ラノベは別腹ですが、最近新たに読んでみたいと思えるラノベが少ない…
何かスカッと馬鹿馬鹿しい作品はないものか。

ロシアン・ティーを一杯。ジャムではなくママレードでもなく蜂蜜で

ニコニコ動画覗いてたら、創刊30周年記念 銀河英雄伝説×ニコニコ本社 カフェコラボとかいうものをやってました。

メニューには「ヤンの紅茶」とか「フレデリカのクレープ」とか。
ほー、その紅茶はシロン葉かアルーシャ葉なんだろうねユリアン?
あとヤン婦人のお料理はサンドイッチが良かったと思ふ。

銀英伝ってまだまだ人気あんのね。

もちろん私も大好きです。

廃太子かく語りき


Amazonのランキングで見かけた本。
父・金正日と私 金正男独占告白父・金正日と私 金正男独占告白
(2012/01/19)
五味 洋治

商品詳細を見る

まさお君のアップはインパクトあるなー。
会社にこんな感じの風体の方がいらっしゃるので表紙をじっとながめているとジワリとくるものがあります。
旬なのでとりあえず出してみた本なのか、それとも何か目新しいことが書いてあるのか。
北朝鮮本は粗製乱造気味だからのう。
今度本屋でみかけたらちょっと読んでみよう。

闘うパソコンゲームマガジン

ヤフオクで昔購読していたパソゲーの雑誌を落札しました。
ecualロマンス
月刊コンプティーク1990年2月号
表紙はCOCO、太い眉毛が時代を感じさせます。
裏はFMTOWNSの広告です。
南野陽子が良かったのにぃ
40MB HDD搭載モデルが548000円ととんでもない値段です。
中を開くとPC88初のCDROM搭載モデルmcの広告が。
これもコア構想の一環か?
当時これが欲しくてたまらなかったのですが、結局CDROMの専用ソフトはほとんど発売されなかったように記憶しております。

あー、さてさて、コンプティークといえば福袋。
青少年のお楽しみ
古本で購入すると時々コレが切り取られていることがあって困ります。
中身は今見てもそれなりに過激でございます。
光栄の三国志もまだⅡです。
シンプルで面白い
これは当時サルのように遊びまくっていました。楊文里(ヤン・ウェンリー)と名付けたオリジナル武将で中国全土を荒らしまわった痛い記憶がございます。

えろえろ24

今回はニコニコの人気動画をば。

うーん、時代が下るにつれてソフトメーカーの実力の差が激しくなっております。
今でも現役のアリスソフトはチャンピオンソフトの頃から非常にクオリティが高いのね。
ついでにこの動画BGMも最高。

私、この中で遊んだことがあるのは「天使たちの午後Ⅱ」くらいのもんです。
当時はまだ小・中学生でしたからなあ…
これでも物凄く興奮したものだが。

ありがとうございました

本日は奥殿の伯母様の三回忌でして、
伯母様の身内の御意向であえて法要はせずに、皆で食事会を行いました。

楽しく食事をした後には、なんと亡き伯母様からと称して私と奥殿にお年玉まで頂いてしまいました。
お年玉など最後に貰ったのは20年以上前のことなので、恐縮することしきりです。
臨時収入は使い切る主義ですが、少なからぬ額を頂きましたので、流石にこれを全てアホなことに使うのは伯母様に対して失礼であります。
ですから大半は貯金して、ちょっとだけ、ちょっとだけ趣味に使わせていただけたらと…

とりあえずまだ一日一冊ペース

セレスタン・ギタール「フランス革命下の一市民の日記」 中央公論社
政治にも関心がある年金生活者の日記で、時事問題にも触れつつも、基本的には身の周りの出来事を中心に綴られています。日記ですから。
が、1794年以降日記の内容は一変、革命政府が暴走しはじめ、連日処刑された人の名前や経歴、罪状の列挙が続きます。
一日に数十人の名前が淡々と並べられているのは読んでいて背筋が寒くなります。
秋頃にロベスピエールが処刑されるとギロチンラッシュも終息し、日記はまた元の日常の記録に戻っています。

平井和正 「真幻魔大戦9 犬神一族」 徳間書店
話が飛びまくっとるぞー。
冒頭の「主な登場人物」に挙げられている9割はもう出番が無いのだろう。

福富太郎「昭和キャバレー秘史」 河出書房新社
「キャバレー太郎」の異名を持つ大手キャバレーチェーン店オーナー福富太郎さんの自伝兼昭和キャバレー史。
思ったよりしっかりとした文体で、キャバレー全盛期の様子が活き活きと描写されています。
自身の体験も踏まえてヤクザや警察との関係もしっかりと書かれてあるのは興味深いです。
個人的にはキャバレーとアルサロとピンサロの定義と成り立ちと変遷が詳しいのが勉強になりました(何の勉強だ)

ジョン・ストローソン「公爵(ウェリントン)と皇帝(ナポレオン)」 新潮社
欧州で大暴れしているナポレオンと、その間にイベリア半島で地味にフランス軍を失血死させていくウェリントンの対比が鮮やかな一冊でした。
私ウェリントン公爵については、インド時代とワーテルローはそこそこ知識はあったものの、イベリア半島での活躍は詳しくなかったので、これも大変お勉強になりました。

大橋義輝「韓国天才少年の数奇な半生 キム・ウンヨンのその後」 共栄書房
2000年に一人ともてはやされたキム少年はその後周りのプレッシャーに負けてマスコミとは交渉を絶ったものの、
身を持ち崩すわけでもなく、それなりに進学してそれなりの職と家庭を得て平凡な一市民の幸せを掴んでおりましたとさ。
タイトルから悲惨な結末を想像していたので読んでホッと一安心です。
ところで、本文中に唐突に三島由紀夫に言及している箇所があり、何だ?と訝しんでいたのですが、
巻末の著作リストに「おれの三島由紀夫」があり納得。
仕方がないなあ、この三島スキーさんは。

「良縁を求める人の為に 結婚する人の為に 花嫁花婿必要帖」 婦人倶楽部付録(昭和8年)
花嫁さん全集もそうでしたが、この時代の婦人誌のおまけは異常。
付録ではなく普通に出版しても通用するほど内容が微に入り細を穿っております。
見合いするにあたって相手の身辺調査(家族構成・遺伝病の有無)を徹底すべしと力説しているのは時代ですね。
それとも今でもそうなのかしらん。

バルザック「人間喜劇 セレクション 1 ぺール・ゴリオ」 藤原書店
ゴリオ爺さんは既読ですので、別巻のあらすじ集や人物紹介と照らし合わせながら斜め読みしました。
巻末の鹿島茂さんの解説は相変わらず味わい深いです。

三上延「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち 同2 ―栞子さんと謎めく日常」メディアワークス文庫
読みやすく、古書の薀蓄も勉強になります。人情味あふれるミステリー仕立てのストーリーも良し。
ただ、なんというか、ヒロインの栞子嬢の嫌な人さ加減はなんということか。
容姿や愛らしい仕草にカモフラージュされているものの、やっていることは一々黒い。
元々安楽椅子探偵というものはどこか人を小馬鹿にしたような態度をとるヤナ奴というのは定石ではありますが…
ビブリオマニアと安楽椅子探偵という組み合わせはある意味最凶ですかのー。
この先主人公はこの困った人を更生させられるのか、あるいは同類になっていくのか。
乞う、次巻!


積読はあと38冊。



明日はお休みします。

世界の赤ちゃんに幸あれ

先日寄付したおぎゃー献金から礼状が届きましたよ。
どういたしまして
いやー、自分の懐が痛まない偽善活動は実に清々しいものですなあ。ハッハッハ。
そもそもなぜ私がおぎゃ-献金に寄付する気になったかと申しますと、

愛生会病院

この神々しいHPを見たからデス。
太陽に吠えろのテーマが流れなくなったのは非常に残念。

2012年初アニメ(けいおんの映画は?)

どちらもニコニコチャンネルにて視聴。

輪るピングドラム
今日の今日まで「ピンクドラム」かと思っていた私近眼36歳。
初めて観たのが22話なので話の内容がさっぱり分からんが、幾原邦彦さんの作品だというのは瞬時に理解できました。

リコーダーとランドセル
実に馬鹿馬鹿しくて面白い。3分アニメなのが勿体無いなあ。
イノセントな演技をする置鮎龍太郎さんがキモカッコイイ。

臨時収入は即使うのDA!

会社から2011年の改善提案の報奨金をいただきました。
はて、、、俺去年改善提案なんか出してたっけか?
まあ、会社がたとえはした金とはいえタダでめぐんでくれるはずはないので、何か書いたンでしょうな。

懐がちょっとだけ暖かくなったので早速買ってきました。
宵越しの金は持たねへ
三上延「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち 同2 ―栞子さんと謎めく日常」メディアワークス文庫
ビブリオマニアっつーと読書家じゃなくて偏執狂的なド変態のイメージがあるけど、この爽やかなイラストの本でもそうなのかな。
寝る前にでも読んでみましょう。

語呂悪っ

「軌跡」シリーズ最新作「那由多の軌跡」か…

これだけじゃまだ何もわからん。
あえてPSPで出すそのココロは?

春頃にはもう少し情報がでてくるかな。



明日はお休みします。

元々発酵してるから問題ねーよ(危険思想)

外出先にて

奥:もしかして今日ゴミの日だった?

私:おう、朝出しといたよ。

奥:しまった~、冷蔵庫の奥に賞味期限が二ヶ月過ぎたヨーグルトがあったんよー。

私:待てハニー、未開封なら問題なく食える。捨てるなんてもったいないゾ。

奥:じゃあ、らんまるにあげようか。

私:待てーい!犬風情に人間様の食品を与えるなど沙汰の限りなり! 俺が食う。

奥:マジ? …口に入れる前によく臭いを確かめるんだよ。

で、帰宅後、件のヨーグルトを開けてみたところ全く問題ない状態でしたので、ありがたくいただきました。
ただ450gは一度に食べるにはちと多いので、特別に1/5ほどらんまるに分けてあげました。
プレーンですからいいでしょう。
元々はスイスの犬ですので、坊やの30代くらい前のご先祖は常食していたかもしれません。
案の定一息でぺロリと食べていました。

うむ、ヨーグルトはプレーンに限る。
b0016565_1801314.jpg

手ぶらで書店をあとにすると気分が悪い

午後から一人で外出して紀伊國屋書店を冷やかしておりました。
当然ながら欲しい本が見つかるわけですが、生憎なことに年末年始の物入りで手元不如意であります。
一冊くらいなら買ってもいいかなーと思うンですけど、欲しい本全部買うと諭吉さんが必要に…

そんな時にもう一人の私がカードを使えとささやきます。
あ、そうだカードだ!
           ,-,ii|||||||||||||||||ii、‐、
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_/ i|||||||||||||||||||||||||i ヽ_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ゛゛llll||||||||||/ ' i||||||  |||||||||||||||||i ` ヾ|||||||||||llll""
       ゛lll/   |||||||  ||||||||||||||||||    ,llll""
         \   l|||||||||||||||||||||||||||l   /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         彡   ゛ll||||||||||||||||||ll"   ミ  |
         \_      ゛゛Y""     __ノ  | 
           | ]下ミ─-。、_|_, 。-―テ「 [ l   |  私の限度額は500万です
           ゝ_,. lミミi=´<_,.`=i=ヲ 、__ノ  <  
                 ヽlミ| 「‐、=ラ7 |ヲ'´       |
_______  , へ ノ`i=、_ 二 _,=iゝ、_,へ、  _ \_________
i    i    i  ̄| |――-\ ̄∠-――| | ̄ i    i    i

よーし、パパ買っちゃうぞー!!





いやいやいや、俺ルールに定められたカードの月の使用額ももう一杯です。
自分で決めたルールは遵守しないと生活が無軌道になってしまいますので我慢我慢。

せめてここに備忘録代わりに記しておきましょう。

探訪記者松崎天民探訪記者松崎天民
(2011/12/05)
坪内 祐三

商品詳細を見る

明治時代の名物ジャーナリストの評伝です。巻末の広告には他にも興味深い本が何冊か並んでいましたので、来月にはぜひ買っておきたい本です。

阿呆物語 上 (岩波文庫 赤 403-1)阿呆物語 上 (岩波文庫 赤 403-1)
(1953/10/05)
グリンメルスハウゼン

商品詳細を見る

上中下三巻構成です。三十年戦争を舞台にした物語だとか。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る

最近売れているのでちょっと手にとってみたところなかなか面白そうでした。これだけでも買っとけば良かったかな…

江戸歌舞伎役者の“食乱”日記 (新潮新書)江戸歌舞伎役者の“食乱”日記 (新潮新書)
(2011/12)
赤坂 治績

商品詳細を見る

これも買っとけば…、いやいや。

雑兵物語雑兵物語
(2006/08)
かも よしひさ

商品詳細を見る

雑兵物語の現代語訳で、読みやすい本でした。

日露戦争諷刺画大全〈上〉日露戦争諷刺画大全〈上〉
(2010/11/30)
飯倉 章

商品詳細を見る

上下巻。
面白そうなんだけどこの本高いよー。

早くこいこい小遣い日。
上に挙げたうちの何冊かは買います。

追記1/9
Amazonで見かけたこれも追加だ!!
狂えるオルランド狂えるオルランド
(2001/08)
ルドヴィコ アリオスト

商品詳細を見る

「神曲」みたいな長編叙述詩とのことで、大変面白そうなのだが、12600円て…
岩波文庫版はないのか岩波文庫版わぁ!!

一日一冊ペースで

今年になって読んだ本の感想です。


井上理津子「最後の色街飛田」 筑摩書房
吉原・玉の井・中村と旧遊郭についての詳細な記録をまとめた本は読んだことがあるのですが、
ある意味現役の飛田をここまで体当たりで調べてあるのは凄げぇの一言。
文章が感情入りすぎて少々ウザイものの、地元のヤクザに取材したり警察に「飛田で売春行為が行われているけど取り締まらないの」と質問してみたり…、脱帽ものの無鉄砲です。
ところで、上記の質問に対しての警察の回答は白々しいにもほどがあります。黄金町のちょんの間はあっさりと撲滅したくせによう。


清水正二郎「エロスの航海 ある船医の漁色メモ」 光書房
これは当ブログで過去に紹介したことのある「漁色の海図 ある船医の女体探求」の続編です。
前作は東南アジア、今回は中東を中心にして、船医の主人公が寄港地で体験する不思議な女性体験を綴ったもので、相変わらずマユツバものですね。
章ごとのヌード写真もやはりシュトラッツの著作からの転用。
イスラエルのお話はサイモン・ウィーゼンタール・センターが飛んできそうなくらいユダヤ人を虚仮にしまくった内容でした。


原三正「お歯黒の研究」 人間の科学社
文字通りお歯黒の歴史についての詳細な研究本です。
まずアジア全域の身体装飾の歴史から入っていくので、お歯黒という奇習の概要が知識の無い者にも分かりやすく読めました。
ただ惜しいことにこの本は誤植が山のようにありました。
申し訳程度に正誤表がはさまってあったのですが、その10倍以上はあったと思われます。
誤植をいちいち手書きで訂正したこの本の元のオーナーさんご苦労さま。


アサウラ「ベン・トー8 超大盛スタミナ弁当クリスマス特別版1250円」 スーパーダッシュ文庫
今回のセガネタは先鋭化しすぎだな…
白粉大先生の出番が少なめだったのも個人的には不満。
全体的にはクリスマスらしい良いお話でありました。


アラン・ダンデス「鳥屋(とや)の梯子と人生はそも短くて糞まみれ ドイツ民衆文化再考」 平凡社
ドイツ人がどれだけ糞尿ネタを愛好しているかということを、様々な文献や著名人の言動を例に取り、これでもかこれでもかと力説した本です。
本書はアメリカのとある学会での講演を下敷きにしているそうですが、その時一部ドイツ系の聴衆は激昂しまくりだったとか。さもありなん。


田中恒夫「図説 朝鮮戦争」 河出書房新社
朝鮮戦争の本は何冊か読んだことがありますが、戦争に至る経緯や作戦の進展などは本書が一番分かりやすい内容となっていました。
それにしても彼の国はいつまでもつのかねえ。ぽっちゃりさんな三代目に支えきれるのかしらん。


筑波昭「津山三十人殺し 日本犯罪史上空前の惨劇」 新潮文庫
おお怖い、なんという怖い本か。
私は寝床でこの本を読んだ後眠れなくなってしまいました。いやマジで。
本書は二部構成になっており、一部は事件の概要、二部は犯人都井睦雄の22年の生涯を一年一章で綴っております。
当然最終章は事件が発生するわけですが、筒井康隆の小説かと突っ込みを入れたくなるほどの大暴れぶりです。
でもこれはまぎれもなく現実に起きた事件なんですよね…


積読はあと46冊。

神戸の麤皮で食事をするのが夢でした(ちがう)

久し振りに大きめの買い物をしました。古本ですけどね。
バルザック
人間喜劇
バルザック「バルザック 「人間喜劇」セレクション 全15巻」 藤原書店
100篇に及ぶバルザックの人間喜劇の中からテーマ別に構成した選集でございます。
ちなみに私は「ゴリオ爺さん」しか読んだことありません。
しかし19世紀フランスを語るにはバルザックを読まざるを得ないでしょうて。
そんなわけでこれからぼちぼち読んでいきます。 

今年は多分宇宙暦マイナス789年

今年初買いです。
贅沢すぎる
SFアドベンチャー増刊「銀河英雄伝説増刊号」 徳間書店(1987年)
今日買った「津山三十人殺し」よりこちらの方が先に注文したということで。

内容は見ての通り本編が完結して間もない、映画化が予定されていた銀河英雄伝説の特集本でして、
イラストレーターによる名場面集、
この場面好き
作者インタビュー、
同業作家の寄稿、
ファンの座談会、
いしいひさいち風
キャラクター、世界観解説、
一応SF
鴨下幸久さん(本編終盤の挿絵担当)によるコミック「白銀の谷」、
鴨下さんとこのどんとさんは同一人物?
劇場版の解説、
短編「ダゴン星域会戦」(再録)
悪そうなリン・パオだこと
書き下ろし長編「千億の星、千億の光」(後に外伝3巻として出版)
と豪華な作りです。
実は私この本中学生の時に所有していたのですが、実家を出る際に処分してしまっていました。
今思うと非常にもったいないことをしたものです。おかげで10年後にイラン出費を強いられてしまいました。
この本の中で特に気に入っているのが、小林智美さんによるメインキャラクターのイラスト集です(帝国・フェザーンのみ、同盟は道原かつみさん)。
ロマサガ好きだったもので
特に不良っぽいメックリンガーが良いのですよ。
不良!
アニメ版とは芸術家の解釈が異なっていますね。
アニメ版




明日はお休みします。

けいおん観ました

今日は午前中に一人でけいおんの映画を観にいってきました。
イオン綾川店に着いたのが上映一時間前でしたので、暇潰しに本屋をひやかしていたところ…
つい買ってしまいました。
た た り じゃー(違う)
筑波昭「津山三十人殺し 日本犯罪史上空前の惨劇」 新潮文庫
ああもう。
おまけに未来屋書店の新年特別ブックカバーをもらいました。
去年もらったカバーと一緒に
今年のデザインは明るめね。
カバーばかり貰っても仕方がないのですが、嬉しいことにはかわりありません。

さて、肝心の映画の感想ですが、、、

ll                   ,'⌒,ー、           _ ,,..  X
l                 〈∨⌒ /\__,,..  -‐ '' " _,,. ‐''´
l          〈\   _,,r'" 〉 // //     . ‐''"
l           ,ゝ `く/ /  〉 /  ∧_,. r ''"
l- - - -_,,.. ‐''" _,.〉 / /  . {'⌒) ∠二二> -  - - - - - -ちょっとロンドン行ってくる
l  _,.. ‐''"  _,,,.. -{(⌒)、  r'`ー''‐‐^‐'ヾ{} +
l '-‐ '' "  _,,. ‐''"`ー‐ヘj^‐'   ;;    ‐ -‐   _-
l - ‐_+      ;'"  ,;'' ,''   ,;゙ ‐-  ー_- ‐
l______,''___,;;"_;;__,,___________
l///////////////////////
というのが第一。
上映中に席立ってJTBに駆け込みたくなるくらい魅力的なロンドンである。
くっそー俺も海外旅行してえよ、最近の高校生は卒業旅行に海外行くのか?
事前情報でイギリスに行くというのは聞いていましたが、別に現地の超能力者と共闘してミュータントに挑むわけでもなく、
いつものほのぼのどたばた路線を丁寧に作ってありました。だがそれがいいよね。
思わず上映後にパンフレットを買ってしまいました。
買うつもりは無かったが

とれびや~ん

正月にどこも行かないのも味気ないので、本日は奥殿と一緒に高松商店街に出かけてきました。
一昔前だと三箇日は閉めている店が多かったのに、最近はそうでもないのですね。

昼はどこで食べようかと思案しているところに、奥殿より以前見つけたガレットのお店に行きたいと提案あり。
ガレットとはそば粉を薄焼きして上に具を乗せるフランスの家庭料理のことです。
へぇ、高松にそんなこじゃれたお店があったのね。

お店はお正月にもかかわらずなかなかの盛況でした。もう3日ですので、皆「おせちに飽きたらカレー」状態なのかも。

我々はお正月特別ランチなるものを注文しました。それ即ちサラダ、鴨肉とチーズのガレット、デザートクレープ、ドリンクなり。
これが鴨のガレット。大変濃ゆい味でした。
よく冷えたシードルと
奥殿はお店の人のお勧めでシードルも注文していました。ドライなシードルと合わせると濃い味付けもちょうど良いかもしれませんね。
今度はノーマルな卵とハムを乗せたガレットも食べてみたいところです。

お会計も少々こぢゃれていましたが、お正月ですからまあいいでしょう。

その後市内散策。
紀伊國屋書店で欲しい本があったにもかかわらず我慢したボクエライ。
明日には注文した古書が大量入荷するのだ。

あ ん も ち ぞ う に

ご存知の方も多かろうとは思いますが、香川県には雑煮に餡入餅を使う奇習があります。
味は…、アンコがくどいのは確かですけど、白味噌のお汁にアンコは意外と良く合うのでございます。
モチが溶けてクリーミーになったお汁と一緒にアンコを口に含む至福のひととき、これに慣れると普通のおもちでは物足りなくなります。

さて、我が家には普通の切り餅の買い置きはあったのですが、やはり餡餅も食べたいので昨日実家からの帰り道スーパーに寄ってみました。
しかしながら、どこの店でも餡餅だけ売り切れ。普通のおもちは山積みにもかかわらずです。
ふおお、皆考えることは一緒かー。
一縷の望みをかけて今日は綾川のイオンタウンまで足を運んでみました。
イオンは平時から餅類の品揃えが充実しているのでもしかしたらと。
…あ、あったあった、良かったー。
少し値は張る
これで今年のお正月もバッチリです。

2012年の抱負

あけましておめでとうございます。
年を追うにつれてつまんなくなっている当ブログを覗いていただき誠にありがとうございます。
2012年もよろしくお願い致します。

さて、今年の抱負など…

・年間の購入冊数を200冊以内にとどめる
~本をそんなに買ってどうするんだと思いはじめた今日このごろなのでございますよ。
年間200冊というと月あたり約16冊。ナンだ楽勝ジャン?
…実は私今日日本の古本屋で古書を大量に注文してしまいました。その数奇しくも16冊。
てへっ♡

・犬猫のしつけに本腰を入れる
~と言ってもるーちゃんはこれ以上何もしつけることはありません。とても良い子です。
問題はらんまる坊。流石に仔犬の頃のようなかんしゃく玉ではなくなりましたが、まだまだ落ち着きがありません。
大型犬なのでちょっとしたヤンチャにも手を焼きます。
この辺なんとかしないとお父っつあんは一泊旅行にも行けませぬ。

・車が欲しい
~軽じゃない、大人のクーペにまた乗りたいなあ。
らんまる: … (ボクを乗せることができるワゴン車は?)
私:あ? そんなことは知らん。
まあ、今年は予算の都合でまず無理でしょう。

・仕事を頑張る
~言ってみただけ、言ってみただけ~♪

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード