変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

2012年6月まとめ

最近読んだ本
バルザック「バルザック 人間喜劇セレクション13 従兄ポンス 収集家の悲劇」 藤原書店
松尾剛次「鎌倉新仏教の誕生」
梅谷繁樹「捨聖・一遍上人」 講談社現代新書
増川宏一「伊予小松藩会所日記」 集英社新書
鹿島茂「怪帝ナポレオンⅢ世」 講談社
E・R・バローズ「合本版・火星シリーズ 第一集 火星のプリンセス」 創元SF文庫
火星シリーズはSFというより剣豪モノのよう。

頭で考えるよりも先に体が動く熱きディキシー、ジョン・カーターさんが尚武の気風漂う火星の大地に突如現れ、
火星の猛者共をちぎっては投げちぎっては投げの大活躍~♪
ひょんなことからとある王国のプリンセスと恋仲になり結婚。
そしてまたひょんなことからプリンセスは悪党にさらわれ、恋女房を追いかけジョン・カーターさんは火星の奥地へ大進撃!
行く先々で様々な人種の王国を平らげ、火星の極地で無事嫁サンを奪還。
そしてジョン・カーターさんは火星の列王より大元帥の称号を与えられたのでした ~Fin.

第一集はこんな感じでした。
「強敵」と書いて「とも」と呼ぶべき熱き漢の友情や、健気な(火星)ワンちゃんの活躍や、火星のお姫さまとの燃えるような恋や(セックスは無し)、20世紀初頭ならではの怪しげな空想兵器や数々の奇想。これは良いエンターテイメントでした。
二集以降もボチボチと読んでいきます。


6月まとめ
買った本 30冊
読んだ本 39冊     ※漫画、雑誌は含まない、ラノベは含む

6月は入院中に読書が進みました。
おかげで在庫もほぼ一掃できました。

2012年6月在庫
積読はあと6冊。
冊数を一桁にして内容もほぼリニューアルです。

さあ、2012年後半は体調に気をつけて過ごしていきたいものです。



明日はお休みします。

ファルコムは分かってるな

帰りに電撃Playstationを立読みしました。
「イース セルセタの樹海」の新情報が掲載されていたものですから。


なんと今作もガディスの声は玄田哲章さんが担当するンですって?
そうするとこの

ぶっ殺してやるううう!!がまた聴けるわけですな。
ああ、ボクはそれだけで胸が一杯です。
ゲームの出来とかもうどうでもいいや。
VITA、買わねばならぬようだのう。

在庫があれば高くても買ったかもしれないが

ビブリア古書堂の3巻で取り上げられていたロバート・F・ヤングの「たんぽぽ娘」を読んでみたくなり、色々と探してみたのですが、どうも見つかりません。
たんぽぽ娘―海外ロマンチックSF傑作選2 (1980年) (集英社文庫 コバルトシリーズ)たんぽぽ娘―海外ロマンチックSF傑作選2 (1980年) (集英社文庫 コバルトシリーズ)
(1980/02)
風見 潤

商品詳細を見る

日本の古本屋で検索してもヒットしないのはどうしたことか。
やはり皆考えることは同じで、早々に買われちゃったのかしらん。

ところでこの「たんぽぽ娘」、河出書房の奇想コレクションから刊行される予定があるそうです。
どんがらがん (奇想コレクション)どんがらがん (奇想コレクション)
(2005/10/26)
アヴラム・デイヴィッドスン

商品詳細を見る

まだいつになるのかは決まっていないようですが、奇想コレクションは装丁もお洒落なので楽しみなことです。
たかだか30年くらい前の文庫本に大枚をはたくのも気が進みませんので、こうした過去の名作を再出版する動きは大歓迎です。

honto?

この間の入院治療費をカード払いにしたものですから、7月の支払い額がへヴィになっちゃいました…
その代わりといってはナンですが、ポイントもどーんと付きました。どーんと。

どれ、久し振りにbk-1で本と引き換えてもらうとするか。





おや、いつのまにかbk-1屋号が変わってる。
hontoとな?
ジュンク堂や丸善といった有名書店と提携し、電子書籍も豊富に取り揃えてうんたらかんたら。
よく分かりませんが、貧弱な在庫はちっとは良くなりましたかね?
JCBのポイントは24時間出荷可能品じゃないと使えないのですよ。

それでは手始めにこの本を…
中世ヨーロッパの武術中世ヨーロッパの武術
(2012/03/01)
長田 龍太

商品詳細を見る

No! 1~3日出荷になってるから注文できねえ!
Amazonには在庫があるのによぉ!

ではダメもとでこれはどうか。
トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界―ムーミントロールの誕生トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界―ムーミントロールの誕生
(2009/05)
冨原 眞弓

商品詳細を見る

おお、在庫があった。
在庫が豊富なんだか貧弱なんだかよく分からんが、とにかく注文だ。
この本3年前から欲しかったのですが、ちょっとお高いので躊躇していたらいつの間にか店頭から消えてしまっていたのです。
今回ご縁があってタダで入手することが出来、ボクご満悦でございます。

【PC88】タグは宝の山だ

うおおお!!ニコニコに「うる星やつら 恋のサバイバル・バースデイ」のPLAY動画がUPされとるぞ~!!
原作の絵を丁寧に似せたグラフィック、軽快なBGM、原作の雰囲気を損なわないオリジナルストーリー、マルチエンディングとうる星好きにはたまらぬ1本でした。







ソフトはまだ大事に持ってますよ。
これは面白いよ
中身は黄色が鮮やかな5インチディスクと手作り感あふれるマニュアルです。
まだデータは残ってる?
もう見られないと思っていたPLAY動画を見ることができ、UP主さんには感謝の言葉もありません。
トゥルーエンド(というかなんというか)で「愛はブーメラン」が流れはじめたときは思わず泣きそうになりました。
でも泣かない、なんてったって男の子だもんな!

う、う、う、う、う、う、う、ぐう、ぐうぐ、ぐうう!

引き続きブルガーコフの「犬の心臓」を読んでいました。
昨日はこれ「吾輩は猫である」みたいな話かなーとか書いてたのですが、
お話が半分近く過ぎたあたりで大変なことに…
あわわ、僕の愛嬌あるシャリク(作中に登場する犬の名、日本でいうところのポチみたいなもの)は一体何処へ?
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
成立直後のソ連でここまで社会批判をやってのけ、しかも「ハエ男の恐怖」並の怪奇グロ仕立てとはブルガーコフ先生パネぇっす。
よくもまあ、こんな作品を発表しようとしたものだ(結局当局に原稿を没収されたそうな)
読後は無性に飼犬にやさしくしてやりたくなり、深夜にもかかわらずらんまる坊の頭をナデナデしてやりました。


注文していた「怪帝ナポレオン三世」も届きました。
ナポレオン三世
6月の本の購入はこの辺で打ち止めにしておきます(多分)。

晴耕雨読(別に晴れても何も耕しません)

今日は特に何をするでもなく、本読んでゴロゴロしてました。
以下簡単に感想とか。

アサウラ「ベン・トー 9 おかずたっぷり!具だくさん!香り豊かな欧風カレー弁当すぺしゃる305円」 スーパーダッシュ文庫
表紙は白粉大先生じゃなくて禊萩さんだったか…、そういわれればそうだな。
ところでヨー・サトーさんは何やってますのん?あめ玉なんか一度手に出してもらったら済む話じゃないかこの犯罪者め。
しかしまあ、「いつも、センパイは私のしてほしいことをしてくれて、」だからなあ。
どいつもこいつもフケツ。
今回も読み応えのあるお話でした。
朝食の後読んで、なんとなくカレーが食べたくなり、カレーうどんなど作り食べてしまいました。

田口一「この中に1人、妹がいる! 7」MF文庫J
7巻までくると毎回毎回同じ事の繰り返しで話を混ぜかえすばかりで全く新鮮味がないよ?
もう誰が妹とかどうでも良くなった今日このごろ。

ミハイル・A・ブルガーコフ「犬の心臓」河出書房新社
まだ読みはじめたところだけど、これはソ連版「吾輩は猫である」なのか。
人間供の殺伐としたやりとりの間に挿入される犬の雑感が可愛らしいが、後々ヒドイ目に逢わされそうでちょっと心配。
これから続きを読もう。

他にも昨日読んだ「つげ義春の温泉」の影響で手持ちのつげ作品を読み返してみたり、猫と一緒に昼寝をしたりして過ごしました。

積読補給 3 Amazon

Amazonでも買います。
ポケミス高けえ…
木下直之「股間若衆 男の裸は芸術か」 新潮社
デイヴィッド・ゴードン「二流小説家」 早川書房
ミハイル・A・ブルガーコフ「犬の心臓」河出書房新社
つげ義春「つげ義春の温泉」ちくま文庫
白粉大先生が表紙に
田口一「この中に1人、妹がいる! 7」MF文庫J
アサウラ「ベン・トー 9 おかずたっぷり!具だくさん!香り豊かな欧風カレー弁当すぺしゃる305円」 スーパーダッシュ文庫

まだ届いていないけどマーケットプレイスでこちらも
怪帝ナポレオン3世怪帝ナポレオン3世
(2004/11/30)
鹿島 茂

商品詳細を見る


さて、とりあえず「股間若衆」を読んでみました。本のタイトルにも使われている「股間若衆」だの「新股間若衆」だの「股間漏洩集」だの「とろける股間」だの興味を引く章題がたくさんあったものですから。
…大したことはなかったです。正直期待はずれ?
ガチムチ兄貴の股間より日本の近代美術史に詳しくなれる本です。
「つげ義春の温泉」も読みました、というかこれは写真集ですね。
つげ作品に出てくる温泉そのまんまの風情ありすぎる情景を堪能できました。

残りはラノベからボチボチ読むとします。

瞼の母(ただし外道)

帰宅したら無事届いていました。
困った人
三上延「ビブリア古書堂の事件手帖 3 ~栞子さんと消えない絆~」 メディアワークス文庫
本に関する薀蓄を読むのは楽しいものです。相変わらず作者はよく調べてありますな。
店長栞子さんの外道ぶりは作中でもネタにされていましたが、今回は控えめでした。
ところで最後のオチについて。
あとがきによると作中の年代は2010年、ですから栞子さんのお母さんが出奔したのは90年代末頃、オチは別に不思議でもなんでもないわけですが、
読んでいる私が時代を勝手に自分の年に合わせてしまい、「え~、昭和にそんなモンあるかよ!」と一人憤慨してしまいましたorz。
年寄りは嫌ですネ。

次の巻は冬頃の予定とか、今度こそは店長さんに 稀覯本>>>超えられない壁>>>その他全て といった困ったビブリオマニアの真髄を発揮していただきたいものです。

買えた本あり、買えなかった(届かなかった)本あり

今日はこちらが発売されていました。
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
(2012/06/21)
三上延

商品詳細を見る

私はAmazonに注文しておりまして、昨日発送メールが来たので今日読めるものと楽しみにしていたのですが結局届かず…
まあ、昨日今日と天候が悪かったから仕方がありませんな。明日には届くでしょう。

あげガンダムの2巻は買ってきて読みました。
重装機兵レイノス
小太刀右京「機動戦士ガンダムAGE 2 アウェイクン」 スニーカー文庫
おお、第一部最終決戦熱い!
やはり要塞戦はガンダムの華よのう。
今まで私、本作のララァなポジションの娘さんは火星人のスパイかと思っておりました。
ところがなんとこれほどまでに惨い扱いをされていたとは。
初代が復讐鬼と化すのも無理ねーですな。

ついでにこちらも買って読みました。
基本規模が違うだけで同じ事の繰り返し
日日日「ささみさん@がんばらない」 ガガガ文庫
話が終局に向かって世界規模に展開してきたのは壮大で良いのですが、この作者は前回までのあらすじや設定を作中で長々と語るのが鬱陶しくていけません。狂乱家族日記もそうでした。
そんなのは巻頭の登場人物紹介のページにでも書いておいて忘れた人だけ読めばよろしい。

あげがんだむ

現在放映中の(それとももう終わったか?)「起動戦士ガンダムAGE」は、絶望的にアレなMSのデザインと等身の低い寸詰まりキャラデザ故に観る気が起きなかったのですが、
漏れ伝わる情報によるとなかなか面白そうです。

ですのでノベライズ版を買ってきました。
ガンダムのカッコ悪さは致命的
小太刀右京「機動戦士 ガンダムAGE 1 スタンドアップ」「3 セカンドエイジ」 スニーカー文庫
あああ、2巻置いてなかったああ!!

まあいい、1冊抜かしても大体話は分かる。明日別の本屋で買ってこよう。
とりあえず1巻と3巻を読んでみたわけですが、思ったよりも殺伐としていて面白かったです。
導入は馬鹿のひとつおぼえの巻き込まれパターンかと思いきや、最初から殺る気満々でガンダムを用意していたわけですか、いいぞ!!

話もあまりゴチャゴチャしていなくて、ノベライズとしてシンプルにまとめてあって好感が持てました。
そういえばZZもノベライズ版は面白かったな…

ちょっとアニメも観てみようかという気になってきましたよ。
もうレンタルしてるのかな?

嵐の夜は思い出にひたる

いや、香川はもう台風過ぎましたけど。

ニコニコで昔散々遊び倒したPC-88の「今夜も朝までパワフルまーじゃん2」(dbソフト)の動画を見つけてつい見入ってしまいました。

個人的にはこれが麻雀ゲームの最高峰だと思っています。
遊べるモードは4つありまして、
・ノーマルな四人打ち
・脱衣
・ぽこまーじゃん(ドンジャラみたいな簡易麻雀)

と色々面白いのですが、
やはり一番なのは、すごろく形式のストーリーモード「さすらい麻雀」です。

これは世界中を巡って「世界雀士」と呼ばれる猛者を相手にするというもの。
ボスが強くてクリアまでにかなり時間がかかった記憶があるのですが、UPされている動画はやたらと役満を連発してあっさり勝ち進んでいます。
もしかしてバランスに手を加えてるのかな。

何にしても今頃こんな懐かしい動画が拝めて私は幸せです。
しみじみとネット社会の便利さが身にしみます。

仕事もするし、本も買う

三週間振りの会社でしたがそこに居るのはいつものドグサレ共ばかりですので、特に問題なく復帰できました。
案ずるより産むがやすしでございます。

さて、帰宅するとマーケットプレイスに注文していた「火星のプリンセス」が届いていました。
少スレ有
帯付きでキレイなのは結構ですが、1500円は高いなあ。
これからは欲しい本を見つけたらすぐに確保しよう。

サザエさんみてると~ちょっぴり憂鬱~♪

日曜日もおしまい、 明日は会社に行かなきゃ♪

学生時代以来の三週間にも及ぶ休暇を経ての出社なので、ちょっぴりどころじゃなく憂鬱ですorz。

それではおやすみなさい。

積読補給 2 古本

今日はBOOKOFF巡りをしてみたり。

某店の100円コーナーにてE・R・バローズの火星シリーズの揃いを見つけました。創元SF文庫の合本版で全4巻のやつです。
こんな状態の良い本を計420円で入手できるとはとすっかり嬉しくなってしまいました。
一冊一冊が分厚いので取るのはお勘定の直前にしようと、まずは先に売り場を一巡してくることにしました。

さて、全ての売り場をチェックしたので火星シリーズをレジに持って行こうと100円コーナーに向かいました。
すると…、なんと第一集の「火星のプリンセス」が無くなっているではありませんか!!!
嗚呼、今時こんな本誰も買わねーとたかをくくっていた私がおろかでした。つい20分前までは4冊揃っていたのに…
仕方なく残りを買って帰りました。
折角の掘り出し物が…
E・R・バローズ「合本版・火星シリーズ 第二集 火星の幻兵団」「同 第三集 火星の秘密兵器」「同 第四集 火星の古代兵器」 創元SF文庫
第一集はAmazonのマーケットプレイスで購入することにしました。
火星のプリンセス―合本版・火星シリーズ〈第1集〉 (創元SF文庫)火星のプリンセス―合本版・火星シリーズ〈第1集〉 (創元SF文庫)
(1999/06)
エドガー・ライス バローズ

商品詳細を見る

送料込みで1500円…、あああもう!!


他にこれらの本を買いました。
一遍上人ものは楽しみ
石橋崇雄「大清帝国」 講談社選書メチエ
松尾剛次「鎌倉新仏教の誕生」
梅谷繁樹「捨聖・一遍上人」 講談社現代新書
増川宏一「伊予小松藩会所日記」 集英社新書
「大清帝国」はもう読みましたが、これだけあれば当分の間は読む本に困らないでしょう。

積読補給 1 新刊

今週一杯はお休みを頂いております。
今日は奥殿と高松市へ出かけてきました。

何かないかと紀伊國屋書店を覗いてみます。
すると売り場の一角に1950年代に出版されていた岩波写真文庫の復刻版を見つけました。
2007年に復刻された本をどうして今頃特設コーナーを設けて売り出しているのかよく分かりませんが、私の心の琴線に触れた本をいくらか買い求めました。
一冊700円(元々は100円)
岩波写真文庫「3 南氷洋の捕鯨」「7 廣島 戦争と都市」「44 蛔虫」「47 東京 大都会の顔」「66 ソヴェト連邦」「121 農村の婦人 南信濃の」「159 ソ連・中国の旅 桑原武夫」
とりあえず全て目を通しましたが、中でも白眉は「44 蛔虫」です。
これを買わずに何を買う?
手のひらに山盛りの回虫とか、目黒の寄生虫館でもお目にかかれないような(あったらゴメン)素敵写真がてんこ盛りです。
私の父は「うどん玉のような」と形容していた
また、寄生虫蔓延の原因の一つに野糞の横行を取り上げ、街中の野糞跡の写真を掲載してあるなど、着眼点がイチイチ私のツボを突きまくりです。
犬なら時々見かけるが…
時は正に1950年代前半、戦後の混乱によって日本中の衛生状態が極度に悪化し、日本国民の約8割がお腹に回虫を飼っていた頃であります。


他にもバルザック「ツールの司祭・赤い宿屋」 岩波文庫 を買いました。
岩波文庫はあなどれない
私の持っている「人間喜劇セレクション」に漏れているバルザックの作品を少しずつ読んでいけたらと思っています。

入院中に読んだ本のこと

入院中に読んだ本は全部で14冊です。とてつもなく暇な日々でしたが、一日一冊以上は読めませんでした。
入院のおとも

内、バルザック選集
「7巻 金融小説名篇集」「8巻 娼婦の栄光と悲惨 悪党ヴォートラン最後の変身 上」「9巻 同 下」「10巻 あら皮 欲望の哲学」「11巻 従妹ベット 好色一代記 上」「12巻 同 下」
欲望にまみれた人間のクズを描写させたら一級品のバルザックの作品の中でも、私は「従妹ベット」が特にお気に入りです。
どうしようもなく泥沼展開のところを終盤カタルシスにあふれる畳み掛けるようなハッピーエンドに急旋回させたかと思えば、最後の最後で救いようのないオチを持ってくるところなんて素敵すぎます。

三年近く積んであった本
長らく積んでました
ピンチョン「競売ナンバー49の叫び」 筑摩書房
ミハイル・ブルガーコフ「巨匠とマルガリータ」 郁朋社
「競売ナンバー49の叫び」はとても読みやすいし、部分的には面白い箇所も多々あるのだけど、全体としてはどんな話なのかさっぱり理解できませんでした。私の知識と読解力ではピンチョンは難解すぎます。
「巨匠とマルガリータ」はなぜもっと早く読まなかったのかと後悔するほどの傑作でした。
これがスターリン治下のソ連で書かれた作品というのは驚きです(発表はできなかったようですが)。
モスクワの風俗描写を堪能するだけでも楽しいスグレモノ。

他積読より
ハインライン「栄光の道」 ハヤカワ文庫
森茉莉「翻訳 マドゥモアゼル・ルウルウ」 新潮社
K・クロスリイ-ホランド「北欧神話物語」 青土社
大熊哲雄 他「旦那場 近世被差別民の活動領域」 現代書刊

入院中に買って読んだ本
病院の売店とAmazonにて
司馬遼太郎「おれは権現」 講談社文庫
竹宮ゆゆこ「ゴールデンタイム外伝 二次元くんスペシャル」 電撃文庫
「二次元くんスペシャル」は上手にまとめてあるのだけど、私は自分の境遇を家族や周囲の環境の所為にするクソガキが大嫌いなので(たとえ本当にそうであったとしても)そこは適当に-10点。


残りの積読は … おお、二冊しかない!
まあ、近日中に補給予定です。

祝 満期除隊

昨日主治医の先生より経過の説明を受けました。

先生:血液中の細菌を培養しているが、今のところ細菌はみとめられない。心臓エコーではまだ弁の先に5mmほどの固まりが残っているのが確認された。これは放置しておけばいずれ小さくなって消滅するが、万が一固まりが根本から取れると脳梗塞を引きおこす原因となるので、ワーファリン飲んで固まりを溶かそう。

私:はあ。

先生:というわけで明日帰っていいよ。ワーファリン飲んで来週またエコー取りにおいで。

ああ、二週間長かった。先生、大変お世話になりました。あと内科の先生、あなたは命の恩人です。あなたが心臓の雑音を見つけてくれなければ、私は遠からずお星様になっていたことでしょう。

奥殿、二週間家を守ってくれてありがとう。
それから最後によく我慢した俺の両腕。間断なく続く高濃度の抗生剤の点滴と定期的な採血で、両腕のいたるところが腫れあがって痛痒くてたまんねえ。




ええー、本日より当ブログは平常運転に戻ります。面白くないのも以前と同じでございます。

退院の目処がつく

昨日主治医の先生とお話しした結果、
このまま何事もなければ13日の水曜日に退院することになりました。
あと少しの辛抱です。

また、午後から上司がお見舞いに来てくれました。
そこで退院の予定を報告すると部長曰く、
「ならば来週一杯は静養して18日から出社しろ」
とのこと。

溜まっている仕事は心配なものの、ここは一つお言葉に甘えさせていただくことにしました。

暇潰し

毎日退屈でたまりませぬ。
4時間おきの点滴以外はすることがないのです。

日々やっている暇潰しはこんなところです。

1読書
家から14冊未読の本を持ち込んだのですが、読んだのはそのうち5冊+売店で買った司馬遼太郎の「おれは権現」+それを読んで再読したくなり、家から持ち込んだ「関ヶ原」。
思ったよりは読めないものです。

2ゲーム
PSP 持ち込んで「碧の軌跡」をちみちみ再プレイしています。

3ネット
携帯でネットはやりにくい。時々ニコニコで配信されたアニメを観る程度。

4テレビ
ニュース以外観るものなし。

5昼寝
病院のベッドは寝心地良し。

6面会
事を大げさにしたくないので周りには入院したことを知らせていないのです。
故にあまり人は来ないのですが、来ると嬉しいものです。

7一時帰宅
犬の世話の為1回2回朝夕の外出を許可してもらっています。
毎日帰宅して奥殿と畜生どもの顔を見るのは大いに癒されます。


ああ、早く帰りたいなあ。

ひたすら点滴

入院初日、主治医の先生より治療方の説明がありました。

先生「感染性心内膜炎の治療には抗生剤を定期的に点滴して血液内の抗生剤の濃度を一定に保つ必要がある。ペニシリンのみならば4ヶ月、ゲンタマイシンとの併用ならば2ヶ月が標準治療期間だ」

私&奥殿「…」

先生「あ、ごめん間違えた。月じゃなくて週ね」

先生ぇ~
そんなわけで毎日4時間おきに抗生剤の点滴を受けています。深夜は夢うつつのところを看護師さんが善きにはからってくれているようです。
前にも書きましたように熱は入院初日に下がりました。しかし2週間は投与が必要とのことなので、まだまだ辛抱の日々です。
主観ではもうどこも悪いところは無いので早く帰りたくて仕方ありません。

熱は下がりました

入院3日目で慣れた&退屈なので病院より更新してみたり。

とりあえず1日6回4時間おきに抗生剤の投与を受けてます。
熱は初日に平熱まで下がりました。
後は心臓に感染している細菌が消滅するのをひたすら待つのみです。


以後退院の日まで不定期に更新します。
スマホでブログの記事作成するのってスゲぇ面倒。

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード