変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

2012年7月まとめ

買って読んだ本
もっと恋子を前面に押し出すのだ!
おかざき登「この部室は帰宅しない部が占拠しました。5」 MF文庫J
この作品は面白い回とそうじゃない回の差が激しいなあ。
今回はそうじゃない回でした。

最近読んだ本
E・R・バローズ「合本版・火星シリーズ 第二集 火星の幻兵団」創元SF文庫
「歴史群像シリーズ アドルフ・ヒトラー 権力編 戦略編」 学研
辻達也「大岡越前守 名奉行の虚像と実像」 中公新書
長田龍太「中世ヨーロッパの武術」 新紀元社
梅本弘「雪中の奇跡」 大日本絵画
へーベル「ドイツ炉辺ばなし集」 岩波文庫
三笠宮崇仁「古代エジプトの神々」 日本放送出版協会
マルセル・プルースト「失われた時を求めて 2 スワン家のほうへⅡ」 岩波文庫

「中世ヨーロッパの武術」はタイトル通り中世ヨーロッパの戦闘技術が網羅されていて圧巻でした。
中世ヨーロッパの武術中世ヨーロッパの武術
(2012/03/01)
長田 龍太

商品詳細を見る

急所や関節を狙った素手の格闘術や剣を反対に持ち柄の部分で相手を殴りつける「殺撃」など、戦場で如何に素早く相手を行動不能
(致命傷にはこだわらない)に至らしめるかを重視した練りに練り上げられた技術体系です。
中世ヨーロッパというと、騎士の一騎打ちか槍兵の集団戦か、いずれにしろ大雑把なイメージがありましたが、なかなかどうして立派なものです。

7月まとめ
買った本 38冊
読んだ本 26冊     ※漫画、雑誌は含まない、ラノベは含む

7月末在庫
積読はあと18冊。
千夜一夜物語買ったからまた増えちゃったなあ…
でもある程度は読んでいない本のストックが無いと不安なのもまた事実。



明日はお休みします。

本は読んでこそ本

キクニさんの「本棚探偵の回想」を読みました。
本棚探偵の回想本棚探偵の回想
(2004/09)
喜国 雅彦

商品詳細を見る

趣味の探偵小説の蒐集にまつわるエッセイで、楽しそうな雰囲気はよく伝わってくるものの、
買った本の大半は読まないと言い切るのはやはり違和感を感じます。
本を買うのがとても楽しいのは私も共感できますが、読むとさらに楽しいではありませんか。
展示して眺めて楽しむのはあくまでも副次的なものだと思うのです。
あとBOOKOFFをそこまで毛嫌いせんでも、とも。
確かに書店の万引きの誘い水になっているなどの問題もありますが、あそこの機械的な値付けは時として結構な掘り出しものとの出会いがあるので私は好きです。

本書の景気の良い本の買いっぷりに触発されて、ここ数週間購入をためらっていた本を日本の古本屋経由で購入したのはナイショです。

暑い日は涼しいところで読書に限るよ 後編

続き

BOOKOFFがセール中でしたので、色々お安く買えましたの巻。

通常歴史群像シリーズは意外と高い
「歴史群像シリーズ81 戦後事件史 あの時何が起きたのか」
今泉忠明「進化を忘れた動物たち」 講談社現代新書
山本博文「お殿様たちの出世 江戸幕府老中への道」 新潮選書
この三冊はとりあえず買ってすぐ読みました。
「進化を忘れた動物たち」は少し古い本ですので、素人の私でもすぐ分かる誤った説がいくらか載っていました。
しかし全体としては面白い本です。

殿下の良い仕事
辻嘉一「味覚三昧」 中央公論社
喜国雅彦「本棚探偵の回想」 双葉社
三笠宮崇仁「古代エジプトの神々」 日本放送出版協会
キクニさんの本は内容はさほど興味はないものの、古書を意識した装丁は気になっていました。
今回お安くてに入れる機会にめぐまれましたので求めてみた次第です。他の本棚探偵シリーズもどこかに置いてないものかねえ。

最後に文庫
岩波は毎回チェックだ
オスカー・ワイルド「ドリアン・グレイの画像」
ハドソン「はるかな国 とおい昔」
プルタルコス「食卓歓談集」 岩波文庫
コナン・ドイル「四人の署名」 創元推理文庫
ホームズのこの長編は「四つの署名」で記憶していたので少し違和感あり

暑い日は涼しいところで読書に限るよ 前編

毎日暑いですね。
汗をかきすぎると疲労が溜まって何もする気が起きなくなって困ります。
休日は終日エアコンをつけている(お犬様用)リビングでボケッとしている時間が長くなります。

さて、本日はBOOKOFFがセールをやっていたので何かないかと覗いてきました。
携帯片手に本を物色するせどりさんを書き分けて購入したものは、、、
1~6
7~11
大場正史 訳「バートン版 千夜一夜物語 全11巻」 ちくま文庫
セール中なんで値札の半額で買えました。
ちくま文庫版は表紙と挿絵の雰囲気が良くて気に入っています。
BOOKOFFは時折安くてよい品が見つかるので定期的なチェックが欠かせません。

他にも色々買いましたが、そろそろ眠くてつらくなってきたので続きはまた明日にでも。

コボなぞ~

楽天の電子書籍端末「kobo Touch」が発売当初より不具合続出とのこと。
またそれに対する楽天の役員の方の弁明が大変愉快で、私も2chのスレ等で色々楽しませていただきました。

「大きなミスを犯してしまった」――楽天koboに何が起きたのか

しかしそれに輪をかけて、三木谷社長のインタビューがふるっています。

細かいことで騒いでいるのは少数派ですよ

社長!かっこイイ!!
数年前東横インの社長が不法改造問題の記者会見で世間をナメまくった不貞腐れたコメントを発したのを聞いた時と同じ感動をおぼえました。
あの時は東横の社長が早々にケツを割って再度涙の謝罪会見を開き、痛く失望させられたものですが、
三木谷社長には最後までこの姿勢を貫いてくれるものと信じております。

ポムのパスケースは10万匹「限定」なんだとか… この御時世に初回10万本とは冒険者よのう、ファルコム

PSP「那由多の軌跡」を買いました。
サントラのイラストは良し
ポムのパスケースとjdkのライブDVDとミニサントラ付き。
ゲーム本体だけ欲しかったのですが、特典無しはAmazonに取り扱いが無かったので。

とりあえず序章を遊んでみた感想は、やはり軌跡シリーズというより「ZWEIⅢ」だなーと。
アクションは苦手なので毎日少しずつ進めていきます。

ゲームは一日一時間、私ら昭和50年代世代のカリスマヒーローの名言であります。

一人相撲はっけよい

Amazonをチェックしていたらこんな本がありました。
世界のなめこ図鑑世界のなめこ図鑑
(2012/07/30)
不明

商品詳細を見る

「うわっなめこって図鑑ができるくらい種類があるんだ!うぉぉぉ、読みてえええ!!」
とポチろうとしたのですが、下の商品説明を読むと、これは「おさわり探偵なめこ栽培キット」なる携帯アプリのファンブックなのですね。

…orz

               __‐`'´''"'マ          ____\   ー‐┐    |一
                Z.    __`ゝ          \      ノ´   ⊂冖
 ∧      /|   ゙仆斗┘リート=┬-、_      \    ー‐┐   ,/
/   ∨\/   |    `L,.っ,ノ u }ノ ノ   \      ,>   ノ´   \
         |__    兀.!_// i |     l、     く.   ー‐┐ ー|ー
ー‐┐ ー|一ヽヽ /  u' \ヽ‐'´  !|     ト、     \   ,ノ´   ̄匚ノ
 ノ´   ノ こ  /_____,  }j  ハ、  ヽ ヽ,___/    /  ー‐┐  ┼‐ヽヽ
ー‐┐  ニ|ニ.     / ___ノ /\_,≧/ u 人.   /     ,ノ´   ノ こ
 ノ´   ⊂冖   く  {上rン´  ,厶../ / ヽヽ   \    ||  ニ|ニ
ー‐┐  |     /    ̄   ノ{こ, /,〃   !|    \   ・・   ⊂冖
 ノ´   l.__ノ   \     ,.イ !l`T´ | /     |:|     /       |
ー‐┐ ー‐;:‐    \   //    l  |     |_|   ∠.、       l.__ノ
 ノ´   (_,     /   ヒ_ー--、_|ー、____,ノj┘    /        ┼‐
ー‐┐   /     /     \ ̄\ー`トー-<    /          ノ こ
 ノ´   \     \      \  ヽ  \  ヽ    ̄ ̄|
 | |   」z.___    >       \. ヽ.  ヽ   l      |/l   /|  ∧  /\
 ・・   /| (_,  /           ) lヽ   ',  l、      |/   | /   V
       ┼‐   \       , イ、_,上ハ   }  小          |/
      ノ こ     \     (乙≧='''"´ ,∠,__ノ/
      ┼‐ヽ    /           厶乙iフ/
      ノ ⊂ト  く               `¨¨¨´

いやー、だっておっちゃん携帯アプリなんてダウンロードしないしー。

白なめことか枯れなめことか実在しないのか、それは残念。

だらだら続けて四周年

当ブログも明日で四周年となります。
時々覗いてくださる方々には感謝の言葉もありません。
継続は力なりとは正しく至言であります。なんの力になるのかはさっぱり分かりませんが。

さて、折角なので手持ちの本でも数えてみました。
カウントの基準は二年前と同じく以下の通りです。

・奥殿の本も含む
・デアゴスティーニ系のファイルに綴じてある本は1ファイル1冊とする
・マンガと雑誌、ゲームの攻略本はカウントしない
・絵本、画集はカウントする
・辞書もカウント

マンガとゲームの本をカウントすると作業が一気に面倒くさくなるので割愛するのでございます。

結果3539冊ありました。
引っ越して以来本の購入量を減らしているのでこんなものでしょう。
床が抜けなければあと1000冊は余裕を持って収納するスペースがあります。

本は買ってもなかなか読む時間が作れないのが困ったものです。



明日はお休みします。

古い岩波新書は読み応えがある

休日ですのでちょいと本を買ってきました
岩波新書の古いのは良い本が多い
へーベル「ドイツ炉辺ばなし集」 岩波文庫
田中ロミオ「人類は衰退しました 7」 ガガガ文庫
若月俊一「村で病気とたたかう」岩波新書

当然ながらまず「人類は~」を読みました。
変更されたイラストに違和感はありません。今回は中編二本立て。
二本とも悪くはない、悪くはないのですが、オチが概視感アリアリで…
他ジャンルのネタならまだしもラノベでも時々使われているからなー。
使い古された題材をお約束として使うのならそれも有りなんでしょう。

「村で~」も読みました。これはプロジェクトXでも取り上げられた長野の佐古病院の院長先生の奮闘記ですね。
脊椎カリエスがまだ死病として猛威を奮い、住民のほぼ全員がお腹に寄生虫を飼っており、血圧が300近い(!)人がゴロゴロいるような時代のお話です。
番組観てた時も「この先生はアカだな」と思ったものですが、ここまで真っ赤っかだったとは思いもよりませんでした。
ですが先生は教条主義的で頭でっかちなサヨクには批判的で、常に農民のニードを掴むべしと現場に飛び込んでいく熱き漢でもあります。
それゆえに保守的な村の指導者層とも分かりあえていきます。


ちょくちょく本を買うものの、買ってすぐ読むのでなかなか積読は貯まりませぬな。

ナシゴレンは食べ放題ですか?

朝礼で部長がこんなことを言う。

部:この度我が社はインドネシアに工場を建てることになりました。赴任を希望する者は今月中に私のところに申し出てください。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工、誰がそんなこと言いに来るんや部長ぉ~。
私を含めてここにおるんは給料泥棒のドグサレばかりやでえ~。

しかし最近ウチの会社は攻めの姿勢が目立つな。そんなに儲けてるわけでもないのに大丈夫か。

絶対にありえないと断言できるが、もしインドネシア赴任の辞令が下りたらどうしようかと午前中仕事をするフリしながらボケッと考える。
40前になって転職はタルイから覚悟を決めて従うとして、奥殿とるーちゃんは留守番、らんまるは連れていこうか。
でもインドネシアにバーニーズマウンテンドッグなんてもはや動物虐待の域だよなあ。



その内にお昼になり、午前の瞑想タイムは終了の巻。

そろそろボーナスなもんでちょっとくらいいいよね? 第四弾

性懲りもなく懐中時計をもう一個買いました。
カジュアル
エルジンのフリーメーソン時計。
八角形のケースと黒地に白の文字盤のデザインが大変気に入りました。
これは1925年頃のものだそうです。

短期間にアンティークの時計を三個も買ってしまい、お財布が少し寂しくなってしまいましたが、その分心は豊かになったので良しとしましょう。うんうん。

また来年あたりに何かそそる出品物があれば購入してみたいと思います。

そろそろボーナスなもんでちょっとくらいいいよね? 第三弾

ヤフオクで銀無垢の懐中時計を買いました。
とにかくデカイ
デカイ!重い!
出品者によるとイギリスの時計職人ジョンソンさん18世紀後半のお作で、バージフュージー式(チェーン駆動式)だそうです。
これが本物だとすれば200年以上前の物ということで、私の所有するありとあらゆるブツの中で最古のものです。

とりあえずひんむいてみました。
秘密の穴
カバーをはずすと鍵穴が見えます。ここに付属の鍵を差し込んでジコジコ巻き上げるわけです。
とりあえず巻いてみましたが、すこぶる快調に動いております。部屋の何処にいても聞こえてくるコチコチ音がまたいい味出しています。

ここまでは地味な銀時計ですが、この時計の本領はここから。
さらに蓋を開けてみます。
どうやったら
上手く撮れるんじゃー!!
写真がひどすぎて何がなにやらですが、非常に精密な飾り彫りがほどこされています。ジョンソンさんスゲエ。
彫り物の奥にムーブメントがコチコチ動いているのが透けて見え、ながめていると大変贅沢な気分にひたれます。

蓋の裏には刻印があります。
ホールマーク
私のにわか知識によると、これはホールマークというイギリスの貴金属に刻印されるもので、この時計の場合は1795年にバーミンガムの検査場で銀製品であることを確認したという意味だそうです。 …多分。

1795年というとアメリカは独立して間もなく、フランスでは革命の流血騒ぎが一段落してそろそろナポレオンが台頭してきた頃ですね。
ロマンがあります。

そろそろボーナスなもんでちょっとくらいいいよね? 第二弾

マーケットプレイスで時計の本を買いました。
良い本だが高かった
小島健司「ポケット・ウォッチ物語」 グリーンアロー出版社
懐中時計に関するあれやこれやを詳細にかつ分かりやすく解説してくれている良著です。
しかも300点以上にも及ぶ写真付きで、眺めているだけでも楽しくなります。
良い買い物をした時の満足感はこたえられぬものがあります。
ちょっと高かったけどナー。



次回は物欲に負けた私懐中時計を追加購入するの巻です。

そろそろボーナスなもんでちょっとくらいいいよね?(誰に言うとんのじゃ) 第一弾

今週はちょっと無駄遣い週間。
いや、本は無駄じゃないですけど。

Amazonにて
雪中の奇跡は冬戦争モノです
春日みかげ「織田信奈の野望 9」 GA文庫
長田龍太「中世ヨーロッパの武術」 新紀元社
梅本弘「雪中の奇跡」 大日本絵画

とりあえず信奈の野望を読みました。
前半かなりの部分を鹿之助のモノローグと両川姉妹の会話形式で中国大名の状況説明についやすのはいかがなものかと思いましたが、
前巻で八方ふさがりだった状況が好転したので良しとしましょう。
宇喜多秀家と小西行長のイラストが無かったのは残念。
織田家はこのまま日の本に新たな秩序を打ち立てるのか、はたまた史実通りに物語が収束する戦国自衛隊になるのか、
乞う次巻であります。

実はバナナも植えているのですが、これは花が咲く気配すらありません

今日も暑かったですね。


夕方奥殿が、庭に植えているブルーベリーを収穫して見せてくれました。
初物
一個だけ。

果実は数週間前からある程度の個数実っていたものの、梅雨による日照不足の所為かなかなか熟さず我々夫婦をやきもきさせていたのでございます。
やっと一個熟したか、感慨深いものがあります。

これも縁起物ですので奥殿と半分こして食べました。
このまま天気が続けば残りもどんどん熟していくでしょうか。

別にのろけてなんかいない、ないんだモン!

本日は奥殿の従兄の結婚式に出席しました。
従兄は私の一つ下で、美容院を経営しているオシャレ・ガイです。
今年で11歳になる老バーニーズ、シエスタ君の飼い主でもあります。
この時10歳
昨年のブログの記事内では8歳と書いていましたが、よくよく聞くと当時10歳だったとのこと。
もうバーニーズマウンテンドッグ的にはいつ神様の御許に送られてもおかしくないお年頃です。
一日でも長く元気で愛くるしい姿を見せてほしいと願う今日この頃です。

閑話休題

さて、奥殿は今日の式に明るめ色柄の着物をチョイスして臨みました。
私が言うのもアレですが結構よく似合ってます。
伯母などもそれを見て、「まあ、○ちゃんいつでもお嫁に行けるわあ、○君(私のこと)もらってやってね」などと言います。
Yes,奥殿なら何度でも嫁にもらいましょう。
ただ、結婚式だけはいくつになっても御免こうむります。
従兄の式はそれは盛大で、最後は大変感動的な〆で私も心からの拍手を送ったものです。
しかし自分にあれは無理。無理無理無理むりカタツムリであります。

人の門出は盛大に祝いますが、自分達のことは二人だけでささやかにひっそりと幸せを分かちあいたいのです(ならブログにこんなアホな記事書いてンじゃねえとセルフつっこみ)。

そんなエゴイストもうすぐ37歳の夏。

古本と困ったバスのお話 in岡山

連休初日、岡山の万歩書店に行ってきました。奥殿はお留守番。
去年の年末はたくさん買い込んだのですが、今回は不漁でした。

まず、
少し高いけどいい本
「The あんてぃーく Vol.5 特集古時計の世界」 よみうりカラームックシリーズ
20年くらい前の本です。
思わずため息が出るような時計の写真が多数収録されており眼福な一冊でした。
ついでに以前から探していた懐中時計の書籍に関する情報もあり、これは買って良かった。

他に三冊。
残りは適当に
「歴史群像シリーズ アドルフ・ヒトラー 権力編 戦略編」 学研
辻達也「大岡越前守 名奉行の虚像と実像」 中公新書

こんなところで帰路につきました。


帰りのバスの中
マスカットスタジアムを過ぎたあたりから車内にピーピーと警告音が鳴り響きます。
何事かと思えば運転手さんが徐行運転しながら携帯で「オーバーヒートしたようだ」と連絡しているではありませんか。
そのうちにバスは最寄の停留所に止まり、「申し訳ありませんが次のバスが来るまでここでお待ち下さい」と…

おいおい、この炎天下30分待つのかよー。

停留所の近くでボケっとつっ立ていると、運転手さんがエンジンルームを開いて覗き、ベルトが切れていましたと私に話しかけてきます(その時乗客は私ともう一人御婦人がいただけでした)。

私が「整備不良ですね」と言うと運転手さんは「いえ、そんなことはありません。毎日点検しています」とかえします。
いや、あなたは毎日始業点検しているかもしれないが、走行中にベルトが切れるなんて消耗品の交換スパンが長すぎるのでは。
結論としてはここの整備部と保守管理の部分でコストカットしていると思われる会社がクソだということで。

…とか思いましたが、別にそれ程腹も立っていないし、運ちゃんはきちんと自分の仕事をやっているようなので、それ以上は一言もしゃべらずに黙って次のバスを待っていました。

この会社高速バスも運行しているのに大丈夫かな…
まあ、私は香川の人間だからしーらない。

宇宙世紀モノ以外ではOO(セカンド含む)>種>X>>>W>>>∞>>>種死というのがこれまでの私的評価(Gガンは全く別モノの面白いロボットアニメ)

今日は三連休前の週末、あげガンダムのDVDを借りて観ていました。
4巻14話第一部最終回直前、フリットが復讐鬼と化したところまで。
やはりノベライズ版の方が話がまとまっていて面白いものの、アニメも悪くないですね。
特に第一部は敵が正体不明で地球外生命体チックな不気味さが良く表現できているのと、メカニックのジイさんがチャーム100%なところとが。

公式ページで配信されている第三部も最近チェックするようになりました。
こちらはなんか普通につまんないガンダムになっとるのー。
あのシャアもどきのせいか…

最近は物語終盤になると敵方にツリ目のガンダムを出さないといけないのですか?

おっぱい型スタンド買ったよー\(^O^)/

懐中時計の展示スタンドを購入してみました。
二つで5000円
ちょっとチープですが舶来モノは風情がございます。

るーちゃんにイタズラされては困りますので、置き場書は扉付本棚の中です。
もっと欲しい
むう、スタンドも中身も安物ながらなかなか良いではないか(写真はしょぼしょぼですが)。
もっと欲しいなあ、とか思ったり思わなかったり。

7月上旬読んだ本あれこれ

JCBのポイントで買いました。
ガルムが可愛い
冨原 眞弓「トーヴェ・ヤンソンとガルムの世界―ムーミントロールの誕生」 青土社
本書で取り上げている1940年代前後のフィンランドというと、ソ連及びドイツと死闘を繰り広げた「冬戦争」「継続戦争」「ラップランド戦争」くらいの知識しか無かったのですが、
平時においてもスウェーデン語系の住民とフィン語系住民の深刻な対立とか内政に関しても色々と問題を抱えていたのですね。
ムーミンの作者で世界的に高名なトーヴェ・ヤンソンさんは、風刺雑誌「ガルム」の筆頭絵師さんでもあり、国内右派(フィン語至上派)、スターリン、ヒトラーを徹底的にコケにしまくります。
遠い遠い北の国の風刺漫画は筆者の解説がないと少々難解なところもありますけど、硬軟織り交ぜたバラエティ溢れる題材は読んでいて飽きることがありません。

ラノベも一冊買いました。
設定は好み
竜ノ湖太郎「問題児たちが異世界から来るそうですよ? 降臨、蒼海の覇者」 スニーカー文庫
俺TUEEE!!異世界バトル小説もかなり役者が揃いはじめてきた印象。
次巻あたりで飛躍するかな。

他に
デイヴィッド・ゴードン「二流小説家」 早川書房
バルザック「ツールの司祭・赤い宿屋」 岩波文庫
正木ひろし「首なし事件の記録 挑戦する弁護士」 講談社現代新書
田代和生「書き替えられた国書 徳川・朝鮮外交の舞台裏」 中公新書
を読みました。



明日はお休みします。

那由多の軌跡のOPはなぜ公開しない?

「イース セルセタの樹海」のOPが公開されておりました。

これを観る限りではガディス以外の三悪の方々も出るようで結構なことでございます。
あー、リーザの声も旧作から引き続きで白鳥さんがやるのか、無茶すんなあ、、、もとい、楽しみです。

スーファミ、PCエンジン、PS2とそれぞれに微妙に話が違ってた(ラスボスも全て違う)イース4ですが、本家が作るVITA版はどうなるのかね。

11年目は鋼鉄婚式というそうな

二週間ぶりのお休みは、我ら夫婦の11回目の結婚記念日でもあります。
今さら大げさなことをするつもりはありませんが、晩はちょいお高めの店でディナーとしゃれこみました。
毎年同じような店で同じような料理を注文しているのに、最近は完食するとお腹が一杯で苦しくて仕方がありません。
お互い年とったよなあ、とお腹をさすりながらしみじみと〆のコーヒーなどいただくのであります。

これからも仲良く幸せにくらせますように。

七夕の日にセルフお中元を

ヤフオクで落札したブツが届きました。
あこがれのゼニス
ゼニスの懐中時計です。1925年製だとか。
裏蓋をあけるとGRAND PRIX PARIS 1900 と刻まれています。よく分かりませんがモンドセレクション金賞受賞みたいなものでしょうか。

前々からゼニスの時計は欲しくてたまらなかったのですが、腕時計はお高くてとても手が出せません。
しかし懐中時計なら私でも買う気になれる価格で状態の良い品が結構見つかるものです。
100年近く前の時計がコチコチと音をたてて時を刻むのをながめるのはなんとも心安らぐひとときであります。

1年か2年に一度ならこのような非実用的なお買い物をしても許されるのではないかと思うのです。

…本は生活必需品ですから毎日のように買ってもなんら問題はありません。

御猫一周年

るーちゃんがウチに来て一年が経ちました
愛娘
拾ってきたので年齢不詳ながらおそらく二歳前後と推察します。
当初1.8kgだった体重は、もりもりご飯を食べた結果2.5kgになりました!
…あまり変わっとらんなー。
アウトドア生活中に栄養失調気味だったのか、はたまた元々小ぶりなネコちゃんだったのか。

ベッドで寝そべって読書していると決まって本の上に寝転んでかまってかまってをする甘えん坊さんでして、
お父っつあんは就寝前に本が読めなくなってしまったあげくに顔一杯に猫毛皮を押し付けられ、心ゆくまで猫臭を嗅ぎながら安眠する毎日なのでした…

これからも一緒に寝ようぞ。

即決価格入札が私のジャスティス

ありがたいことにそろそろこの給料泥棒めにもボーナスがいただけるのです。

貯金や奥殿に配分は無論のことですが、少しくらいは贅沢してもバチは当たりませんよね。

といわけでここ二、三日はセルフお中元探しの為にヤフオクとにらめっこしていました。
早く届かないかなー。

モルダー、あなた疲れてるのよ

少なくなった積読の山を眺めていると、ふと全てにカバーをかけてみたくなり、

かけてみた。
お重

並べてみた

意味ねー。

暇つぶし本補給(ホントは暇なんてありません…)

気晴らしに帰宅途中にちょっと道草してあまり寄らない古本屋さんを覗いてきました。
最近ご無沙汰でしたので、興味がある本を何冊かお安く買うことができました。
全部100円
歴史読本臨時増刊「お金の百科事典」新人物往来社
正木ひろし「首なし事件の記録 挑戦する弁護士」 講談社現代新書
田代和生「書き替えられた国書 徳川・朝鮮外交の舞台裏」 中公新書

とりあえず夕食後にお金の百科事典を読みました。日本のみならず古今東西のお金に関する事柄が網羅されてるのがポイント高いです。
中でも一番ポイント高いのがヴァレンシュタインの10ダカット金貨でしょうか。
他に王じゃないのはクロムウェルくらいのものか?
王様でもなんでもない一介の傭兵隊長が金貨の肖像に使われるとは…
まあ、往時は10万を超える大軍を率いた皇帝軍総司令官サマでしたから、金貨も自分で作らせたのかも。

ね・む・い

ちょっと色々あって、先週と今週二週間お休み無しで出社することになり非常に眠いです。
やはり週に一度は6時までぐっすりと眠らないと…
寝室でるーちゃんが枕を暖めて待っててくれているので、本日はこの辺で失礼します。

お休みなさい。

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード