変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

2012年8月まとめ

注文した本が一気に届きました。
次は子ひつじ
小太刀右京「機動戦士ガンダムAGE 4 マーズ・コンタクト」
玩具堂「子ひつじは迷わない 贈るひつじが6ぴき」 スニーカー文庫
櫂末高彰「学校の外階段 2」 ファミ通文庫
コニー・ウィリス「ブラックアウト」 早川書房

とりあえずガンダムを読みました。最近アニメの本放送も毎週チェックしているのですが、ここ数話のつまらなさは異常です。
キオに理想論語らせるのは良いとしても、「戦いをやめて一緒に考えよう」と壊れたスピーカーみたいにくりかえさせるのはいかがなものかと。
子供の語彙力ならそんなものかもしれませんが、同じ13歳でウッソはもっと意味不明でキレた迷言を吐いてくれていたような。
それに引きかえノベライズ版は相変わらず面白いです。各キャラの掘り下げが巧みで、アニメ本編でイライラさせられたガノタ魂を鎮めてくれる優れた副読本です。


最近読んだ本
工藤宣「江戸文人のスクラップブック」 新潮社
ジェニファー・デイヴィーズ「英国ヴィクトリア朝のキッチン」彩流社
荒俣宏「目玉と脳の大冒険 博物学者たちの時代」 筑摩書房
辻嘉一「味覚三昧」 中央公論社
プルタルコス「食卓歓談集」 岩波文庫
大場正史 訳「バートン版 千夜一夜物語 2巻」 ちくま文庫
津野海太郎「おかしな時代 『ワンダーランド』と黒テントへの日々」 本の雑誌社


8月まとめ
買った本 23冊
読んだ本 21冊     ※漫画、雑誌は含まない、ラノベは含む

積読はあと20冊。
2012年8月在庫
千夜一夜と神聖喜劇を年内に読了するのは難しそうです。



明日はお休みします。

疲れて帰宅すると、玄関に注文した本の包みが置いてある。 至福のひととき

案外早く帰宅することができてホッとしています。
今日やらなければいけない仕事を明日以降に先延ばししただけなんですけどね。

さて、表題の通り帰宅すると注文していた本が届いていました。
神聖喜劇
大西巨人「神聖喜劇 全5巻」 光文社

前々から読んでみたいと思っていました。
そこそこのコンディションで初版の揃いが3000円切ってるのはお安いと思います。
文庫で揃えると5000円超えますから。

そのうちボチボチと読みます。

不本意ながら、食べていかなくてはならないので…

柄にもなく仕事が忙しいので、今日と明日はお休みします。

気がつけば8月ももう終わり、朝は涼しくなってまいりました。
日も短くなっており、4時などまだ真っ暗です。

ああ、そろそろ寝なくちゃ…

中華パソコン ヘイ、お待ち!

パソコン届きました取り付けました。
一体型
まあ、とりあえずこんなものです。
Amazonにおける本機のレビューに「付属のBluetoothのキーボードとマウスがクソ」というのがありましたが、
うん、正しくそびえたつクソでありました。
こんなレスポンスが悪い物使えるわけがありません。
即効不燃ゴミにして元々使っていたキーボードとマウスを取り付けたのでございます。

他には不満な点はありません。

今のところは。

もう中華パソコンでいいや

パソコンの動作が不安定すぎてあか~ん!!

買って5年しか経ってませんが、パソコンを買い換えることにしました。

これまではスペック重視でしたが、よく考えるとネット閲覧以外に使っていませんので、今回はコスト重視にしました。
それに5年も経てばどんな安物でも私のパソコンよりは高性能のはずです。

そして選んだのはこちら
Lenovo IdeaCentre B320シリーズ 21.5型ワイド液晶 OneKeyTV(地デジ) Core i5-2400s オールインワンPC 7760-1JJLenovo IdeaCentre B320シリーズ 21.5型ワイド液晶 OneKeyTV(地デジ) Core i5-2400s オールインワンPC 7760-1JJ
(2011/08/12)
Lenovo

商品詳細を見る

このサイズの一体型で5万を切る安さが決め手でした。
Amazonのレビューでもそれなりの評価でしたので問題はないと思います。

一日も早く届きますように。



明日はお休みします。

小遣いを下ろしてきたものですから

今日はちょっと本を買ってきました。

高松の讃州堂書店にて「夢野久作の日記」を発見。
安い!
帯は無いものの、初版で相場よりかなり安かったので購入しました。
この本は夢野久作の息子の杉山龍丸氏が編集したもので、日記のみならず、杉野一族の写真に戸籍謄本、自宅の間取りや父夢野久作の思い出等々内容が豪華で、非常に資料性の高い本です。
これは良い買い物でした。

次にBOOKOFF、単行本一律500円セールをやってましたので何冊か買いました。
割引券もあったので三冊で350円
津野海太郎「おかしな時代 『ワンダーランド』と黒テントへの日々」 本の雑誌社
福井惇「狼・さそり・大地の牙 連続企業爆破35年目の真実」 文藝春秋
と学会「トンデモ本の大世界 20th」アスペクト
「狼~」は期待はずれ。前半の筆者が事件記者だった当時の回想録は面白いのですが、後半の連続企業爆破事件の顛末はWikiでも参照すれば分かることばかりです。どこに「35年目の真実」などあるのやら。
「トンデモ本~」は20周年記念でトンデモ本の基礎知識的なもの。値段が安かったから買ったものの、こちらも新鮮味には欠けます。まあ、記念ということで。

新刊も一冊。
ボケボケ写真失礼 斬新なデザイン
管賀江留郎「戦前の少年犯罪」築地書館
堯舜の世などというものは懐古厨の心の中にのみ存在するのであり、決して実在していたものではないのですよ、という内容の本。
昔は地域ぐるみで~、親が~、教師が~、と凶悪な少年犯罪が起こるたびに昔を引き合いに出して今の世を嘆く人々に対し、筆者は戦前に発生した凶悪事件を丹念に抽出して嘲笑しまくります。
まあ、人は自分が一番活動的だった時代を美化するものですから。勿論私もそうです。
主題の少年犯罪とは少し離れるものの、二・二六事件はニートが引き起こした犯罪とする筆者の大胆な考察は楽しく興味深く読ませていただきました。

夜の大運動会

夕飯を済ませてリビングから廊下に出ると、るーちゃんがピョンピョン跳ねていました。
どうしたどうしたと見上げると、なんとコウモリが家の中を飛び回っているではありませんか。いつ入ったんだ?

るーちゃんはどうしてもコウモリを捕まえることができずに、ひたすら跳ね続けています。
どれ、お父さんにまかせな。

さっと紙袋を一閃!
コウモリゲットだぜ!
山奥育ちをなめんなよ?

手に持つとなめらかで温かい。羽を閉じると結構小さいのね。
一口サイズ
るーちゃんに下げわたすときっといじめ殺すでしょうし、元野良だったからもしかすると食べてしまうかもしれません。
コウモリはこのまま外に放してやりました。もし私が地獄に落ちた時には引っ張り上げていただけたら幸いです。決して下は見ませんので。

コウモリを逃がした後るーちゃんを見ると、なんと犬のように口をあけてハアハアしています。そして床には汗で足跡がついています。
これは大変、暑い廊下で長時間跳ね続けていたのでるーちゃん熱中症になっちゃった?

急いで奥殿とエアコンの効いた部屋に連れ込み、冷やしたミルクを飲ませ、体を霧吹で冷やし、アイスノンを側に置いてやりました。
30分後には元のるーちゃんに戻り一安心です。

それにしてもハアハアする猫なんて初めて見たよ、らんまるはいつもやっているけどなあ。

愛の予感のジュブナイル

この前買った「ビアンカ・オーバースタディ」を読みました。
ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)ビアンカ・オーバースタディ (星海社FICTIONS)
(2012/08/17)
筒井 康隆

商品詳細を見る

いつもの筒井作風ながら、ラノベ調を意識している為か全体的に薄味な印象。
しかしながら、通常だと物語終盤になるほどキャラと世界観が壊れていくのに対して、今作ではその辺抑え目にしてあるのでそれが却って不気味な印象をうけます。。
玉切り姐さんはサイコーや!

ファウスト掲載時にも思ったことですが、いとうのいぢ氏とのコラボは「夢の競演」というより「まぜるな危険」でございます。

「時をかける少女」もそうですが、筒井さんが若年層向けの作品を手がけると、どこか「お仕事でやってます」感が漂います。
筒井作品としては異色な、どちらかというと地味な「時をかける少女」が今でも根強い人気なのは原田知世のおかげだと固く信じるもうすぐ37歳。

ティターンズ系の悪役顔連邦MSはたまらねえ!

ユニコーンガンダムの4巻を借りてきました。
機動戦士ガンダムUC 4 [DVD]機動戦士ガンダムUC 4 [DVD]
(2011/12/02)
内山昂輝、藤村歩 他

商品詳細を見る

バナージの寝言はさておき、昔なつかしのMSが大暴れするお祭り回で堪能できました。
特にバイアランが無双するのが個人的には大興奮。
ROBOT魂 〈SIDE MS〉バイアラン・カスタムROBOT魂 〈SIDE MS〉バイアラン・カスタム
()
ROBOT魂

商品詳細を見る

本編ではジェリドが地上と宇宙で1回ずつ乗ってあっさりフェードアウトしたので、UCでは凛々しさ100倍でした。

あとは、、、名前は忘れたけど、巨大MAの放つリフレクタービットがプロペラ付きで萎えました。
ニュータイプの放つ変なオーラが物理攻撃にもなるくらいなんだから、ビットくらいミノフスキーなんちゃらで浮かせとけよー。

UCは本筋が本家ハゲ並みのファンタジーのくせして、細かいところにはリアルっぽさを求めているのがアンバランスな感じ。

こういう日もあるさ

本日はパソコンの調子が非常に悪く、一回お休みさせていただきます。

夏は熱と落雷でPCぶっ壊れ率が非常に高い…
そろそろ買い換えた方が良いのか、、、
まだ買って5年なんだがなあ。

太田が悪い。

筒井康隆さんの「ビアンカ・オーバースタディ」がついに発売されました。
まだまだ現役
ファウストに発表されてから4年、本当に出版されるとは思っていませんでした。
同年代の作家さんが次々と鬼籍に入っているなか、いとうのいぢのイラストでこのような本を出すとはなんとまあ。
もしかしたらこれが御大の最後の作品となるのか?

とりあえずパラパラとめくってみたところ、ファウスト掲載当時のイラストは全て収録されている様子。
あとがきもいつもの筒井節で面白い。
次回作の構想はあるがもう書く気力がないというのはなんとも惜しいことです。

厨二心をくすぐるパンキッシュな良品だとは思うが

今日は親戚の法事に出席してきました。

お勤めの最中数珠をまさぐっているとヒモが切れてしまい、少し気まずい思いをしました。
買って10年しないうちにヒモが切れるとは流石ダイソー製。

今度はまともな数珠を買おうと、帰宅後ネットで数珠を検索してみました。
男性用で宗派は浄土真宗と、



とある仏具屋さんのサイトでインド白檀製の大変格好良い数珠を見つけました。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/daikokuya-b/a069-h.html

食指は動きまくりなんですが、どーなんでしょうかこのデザインは。
juz1-01_075aa.jpg
本当に浄土真宗の仏事で使って構わないンでしょうか。

例えば、親の葬式でこんなデザインの数珠持って出席して違和感無い人物といえば、一休禅師か織田信長くらいしか思い浮かびません。

まあ、“夕には白骨となれる身なり”を体現したデザインと言えましょうが、親類の白眼視に耐えられそうにないので、断念してノーマルな数珠を探します。

個人的には非常にツボなんだけどなー。値段もお手ごろだし。

子供を本嫌いにさせる秘訣は、読んだら必ず感想を書かせること

とりあえず8月に入って読んだ本三冊の一口感想です。
暇があるとゲームしているのでなかなか本が読めません。

E・R・バローズ「合本版・火星シリーズ 第三集 火星の秘密兵器」創元SF文庫
SFというよりファンタジー小説のようなシリーズですが、第三集に収録されている三話は結構SF風味でした。
とはいってもゆでたまご級の超理論ではありましたが。
20世紀初頭の小説はヒロインがさらわれても性的にヒドイ目には遭わないので読んでて安心です。

コナン・ドイル「四人の署名」 創元推理文庫
本編よりも冒頭のホームズとワトソンの掛け合いが好きです。
冒頭いきなりコカインを腕に注射するホームズさん素敵。
私が昔読んだジュブナイル版ではこのような描写は無かったような気がします(当たり前だ)。

大場正史 訳「バートン版 千夜一夜物語 1巻」 ちくま文庫
これも本編もさることながら、訳者のリチャード・F・バートン氏の訳注も趣き深い味わいがあります。
登場人物のほぼ全てが会話の端々にアラーをあがめる言葉を挿入するので、コーランを読んでいるような気分になります。
私が読んだことのある岩波文庫のコーランは内容がどことなく庶民的で親しみのある訳でしたのでなおさらです。

「那由多の軌跡」クリアしました

毎日少しずつ遊んでいたから結構かかってしまいました。

このゲームのPVでファルコムの社長が「ファルコムの得意なものを注ぎこみました」と語っておられましたが、
どちらかというと近年のファルコム作品からあり合わせの物を集めて作ったような内容のように感じられました。
特にイース7やZWEIの臭いがプンプンと。

アクションは一部遠近が非常に分かりにくいステージがあり閉口させられましたが、全体としてはぬるゲーマーの私でもなんとかノーマルでクリアできる水準で安心しました。

音楽は相変わらずのクオリティ。私は物語後半のボス戦の音楽が特にお気に入りです。


来月はセルセタの発売が控えております。どこかにVITA落ちてないかな。



明日はお休みします。

モルニヤ Molnija Молния (稲妻)

ヤフオクでモルニヤの懐中時計がお安く出品されていたのでつい落札してしまいました。
てへっσ(*'v^*)
鎖つき
ブレゲ針と燦然と輝くMADE IN USSRが刻まれたシンプルな文字盤。
裏の狼もカッコイイのです。
かっこいい
ケースの素材はニッケルかスチールだと思います。
銀側や金側などは退廃したブルジョワの持ち物ですよね同士。
製作年は不明。
創業は1947年だそうですので、1947年から1991年までのいずれかですね。一番新しい年でも21年前です。
んん~、ソ連崩壊からもう20年経ってたのかー。

このメーカーは主にソ連の歴史をモチーフとしたデザインの時計を作っているそうです。
私もヤフオクで大祖国戦争の図柄の懐中時計が出品されていたのを見かけたことがあります。

ちなみに今回モルニヤの時計を画像検索していたところ、
ミーシャの時計が見つかりました。
20111124_0aa8b0_convert_20120815223928.jpg
ロンドンオリンピックの一つ目不気味妖精など足元にも及ばない愛くるしさです。
これ凄く欲しいのですが、どこかに出回っていないものか。

どですかでん

お盆休みも三日目、さて今日は何をしようか。

奥:ことでんに乗って高松に行こう!

※ことでん=琴電=高松琴平電気鉄道~香川唯一の私鉄で、しょっぱい経営の為、車両の大半は全国の鉄道のお下がりで構成されています。
ことでん旧塗色の頃-高松琴平電鉄・琴平線写真集ことでん旧塗色の頃-高松琴平電鉄・琴平線写真集
(2008/09/25)
吉田 明宣

商品詳細を見る


私:えー、高松なら車でいきゃーええんでない?

奥:ことでんは風情がある!

ま、まあな。

そんなわけで車で10分、ことでん岡田駅に到着。
これは琴平行き
車内はすいていたので、私ら夫婦は車両の先頭に陣取り、にわか鉄オタとなっておりました。
思わず一句詠みたくなる
確かに風情はあるが、線路の草抜きくらいはしようぜ。

電車にゆられて小一時間、高松市街地に到着。
とりあえず本屋に寄らせていただきました。

古書
リバー書房 讃州堂書店にて
工藤宣「江戸文人のスクラップブック」 新潮社
ジェニファー・デイヴィーズ「英国ヴィクトリア朝のキッチン」彩流社
荒俣宏「目玉と脳の大冒険 博物学者たちの時代」 筑摩書房
新刊
「冒険」も欲しくなった
喜国雅彦「本棚探偵の生還」 双葉社

とりあえずキクニさんの本は帰りの車内で読みました。
古本集めも一段落したご様子で、内容はややパワーダウン気味。

その他市内商店街の普段は立ち寄らない場所を中心にぽちぽちと。

近場ながらも旅行気分に浸れた一日でした。

香川はうどんだけじゃないのだよ、君ィ

お盆はお墓参りに出かけたり、古書店を覗いたり。

こちらを買いました。(実はこの本昨年岡山の万歩書店で購入したのですが、帰宅して袋をあけると入っていませんでした… どこかで落としたようで…)
昭和の薫りたかき一冊
泉忠夫「讃岐 味どころ」 保育社カラーブックス
カラーブックスの食べ歩きガイドシリーズの一冊で、昭和61年当時の高松市を中心とした香川の飲食店ガイドです。
うどん店は一部高級店の紹介に留め(もっとも、香川のセルフのうどん屋が全国的に有名になるのは平成以降の話でして、当時は飯場扱いでガイドブックに載るようなものではありませんでした)、和洋中華とバラエティあふれるラインナップです。
掲載店舗は94店、割烹、フランス料理、バー、お好み焼き、ステーキハウス等々(個人的には美代志野とかリリーとかの甘味処も充実していれば完璧だったのだが)。明日にでもこの本片手にして高松市内食べ歩きを敢行したくなります。
しかし、30年近く経った今、残っている店舗は20も無いと思われます。
掲載地図と写真を見ていると、明らかに現在は存在していない店舗のなんと多いことよ…
飲食店は長く続けるのが難しいことをつくづく思い知らされる一冊です。

ボスのスタンドが発動してしもうた

夕食後、自室のソファーに横になってボケッとしていたら、ふと気がつくと23時半。
あれ、いきなり時間が3時間すっとんだぞ?

夢も見ずに寝込んでいたのか、ちょっと損した気分。


それではお休みなさい。

おちゃらけつつも締めるところは締めている

明日からお盆休みです。
帰りにこちらを買いました。
北方謙三風のアオリがまた良し
白鳥士郎「のうりん4」 GA文庫
今回もパワー落ちてない。

序盤で台風の時田んぼの様子を見に行き命を落とす農民の心情と労苦が取り上げられており、しんみりしてしまいました。
私の伯父がこれで命を落としてしまいましたので…
2chあたりではAA付でネタ扱いされている「ちょっと田んぼの様子見てくる」ですが、様子を見てくる=眺めるじゃなくて、稲が駄目にならないように田を保全することなのよね。
伯父が亡くなったのは確かアテネオリンピックがあった年だったから、あれからもう8年か。

ラストのオチがパロディネタだったのはいかがなものかと思わないでもないですが、しっかりと楽しませてもらいました。
この作品はイラストの使われ方が斬新でよろしいね。

この作品がいつまで続くか分かりませんが、百姓の倅といたしましては農業の四季を狂ったパロネタを交えつつ描ききってくれれば嬉しく思います。

これは酷い

じっぺいさんが熱中症でお亡くなり…

サモエド犬が炎天下の中車に閉じ込められるなど悲惨の極みだな。
人間でいうと防寒コート着てサウナに入り、外から鍵かけられるようなもんだ。

このようなニュースを見て一日気分が悪かった。

Amazonと私 その4 ~海外発送はOK?

2ch経由でこのような記事をみかけました。


【8月9日 AFP】米首都ワシントンD.C.(Washington D.C.)の男性が、米国の大手通販サイト、アマゾン・ドットコム(Amazon.com)でカラーテレビを注文したところ、代わりに高性能のセミオートマチック・アサルトライフルが届けられた。警察は誤配達の経緯を調査している。

 同市の北東部に住むセス・ホービッツ(Seth Horvitz)さんは、SIGザウアー(SIG Sauer)製ライフル「SIG716」が配達業者から届けられると、すぐに警察に通報したという。

 ホービッツさんは地元テレビ局「Fox 5」に次のように語った。「彼ら(警察)は最初、少し混乱した様子だった。前例のないことだったらしい。私のことについて質問をした後、『この武器をここに置いておくことは違法なので、われわれが引き取る』と伝えられた。車で輸送するのは違法なので、返品はできないそうだ」

 ホービッツさんは、アマゾン・ドットコムに出店していた小売業者に薄型テレビを注文していた。銃が入った箱に記載された住所はホービッツさんのものだったが、中に入っていた納品書によるとペンシルベニア(Pennsylvania)州の銃販売店に発送する予定の銃だったらしい。

 米国ではここ1か月足らずのうちに銃乱射事件が2件発生している。ワシントンD.C.首都警察の関係者は8日、本件について調査中だとAFPに語った。

 SIGザウアーは欧州の大手火器製造会社で、米国の多くの警察組織にも銃を供給している。SIG716は、同社の米子会社のウェブサイトで「大口径のカービン銃並みの威力を必要とする人に最適なライフル」と解説されている。

 銃規制強化を求める米市民団体「Brady Campaign to Prevent Gun Violence(銃暴力を防ぐブレーディ・キャンペーン)」のダン・グロス(Dan Gross)代表は声明で「これらの銃が持つ殺傷力の恐ろしさを最近起きた事件で思い知らされたばかり」だと指摘し、「銃がこれほどまでに国内に行き渡り、危険な人物の手に簡単に渡ってしまう現状を改善すべきだ」と述べた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2894272/9341686


いくら銃大国アメリカといえど、突然自宅にライフルが送りつけられたらびっくりしますわなあ。
流石Amazon、品揃えはピカイチと言いたいところですが、業販の銃が誤配されただけなのね。
でも、注文していたテレビの代わりに配達されたということは、やはりAmazonが銃の流通に噛んでいるのか?
まさか例の段ボール箱に入っていたわけでもあるまいし…
とりあえず米Amazonでgunを検索してみると、引っ掛かるのはエアガンばかりでした。

誰か私にVITAをめぐんで下さい

この前買ってきた「那由多の軌跡」は毎日一時間ずつ遊んでいます。
四章に入ってようやくゲームに慣れてきたところです。やはりアクションゲームはつらい。
今のところ従来の「軌跡」シリーズとのつながりは無いようだが、、、

「イース セルセタの樹海」のデモムービーが公開されていました。

おお、ガディスが玄田さんの声で「ぶっ殺してやる!」て言うとるな。よしよしいいぞ。
問題なのはVITAを買わなければいけないんだなあ。
WiFi機能のみの機体で中古の相場が18000円か。
他にVITAで欲しいゲームが無いのが痛い。

あついぜぇ~、アツクテシヌゼぇ~

なんだこの連日の暑さは…

自宅にいる時はリビング→自室→寝室と行く先々でエアコンをつけるのでそれなりに過ごせます。電気代上等です。

問題は職場でして、40℃近い倉庫で在庫の確認とかしていると気分が悪くなってきます。
俯いてメモ書きなどしていると汗が落ちて文字がにじむ…

な、泣いてなんかいないモン!これは汗だモン!!(その通りだ)

本日などは出荷作業に立ち会っていたところ、トラックの運ちゃんが、
「疲れたからちょっと休ませて」と言って自販機でスポーツドリンクを買って飲んでいたのですが、
急にふらふらしはじめその場にくずれ落ちてしまいました。
一同大慌てで運ちゃんを屋内に引き込み首筋を冷やすなどしながら休んでもらい、大事には至りませんでした。
熱中症とは恐ろしいものでございますなあ。

パンスト“と”性交した剛の者のお話(パンスト“で”ではなく)

好きな本の新刊が出てた!と喜んで買ったら最終巻で少し寂しかったり。
最終巻
かじいたかし「僕の妹は漢字が読める 5」 HJ文庫

歴史干渉SFは理詰めで考えると気分が悪くなるほどこんがらがりますが、本書は他の設定と同様にそのあたりはかなり柔軟に流してあります。
未来になればなるほど未来帝国イースとタメはれる程狂ってくる日本と、それを受け入れる主人公の度量の深さには感服するほかありません。
どう考えてもディストピアになる結末なのに、ほんわりと感動的なのも主人公の人格故でしょう。

幕間の小ネタも最後まで楽しめました。特に「厨二な国会質疑とは如何なるものか」とか。

ジャンルは何であれ、きれいに終われた小説を読むと心地よいものです。



明日はお休みします。

ウインズオブサンダーも面白いよ

四年に一度のオリンピックですから、一回くらいはオリンピックネタを。

先日体操の内村選手が優勝した際、内村選手の御母堂が手にブラックサンダーという菓子を持って応援していたと一部で話題になっていました。

ブラックサンダー?

サンダーといえばゲートオブサンダー

私はサンダーフォースよりこっちの方が好きです。

いやいやいや、、、、

少し調べると、キットカットのようなチョコレート菓子だそうですね。
内村選手の好物だそうですが、全く知らないのでもしかしたら関東ローカルなのか。

奥:ローソン行ってみ、普通に置いてあるから。

なんと、
試しに近所のローソンに寄ってみると、確かにありました。
デブの素
最近発売された菓子なのか、それともやはり関東ローカルの菓子がコンビ二の流通網に乗って四国でも出回るようになったのか。
味はチョコのコーティングを薄くしている為なのか、くどくなる一歩手前の甘さ加減が気に入りました。
しかし私は体操選手じゃないから、こんなのを常食しているとあっという間に太りそうです。

暑いなあ、、、まどろみながら、うだうだと

毎日暑くてたまりません。
冬の寒いのも嫌だけど、汗かかないだけまだましか。

夕食後、自室でエアコンかけて猫と寝転んでいたらあっという間に二時間過ぎてました。
恐るべし猫。


こんな暑い日でも首相官邸取り巻いてデモしている人たちはエアコン使わず頑張ってるのかなあ。

主催者の一人がイベント会社社員で市民の自発的なデモですって、、、ンなわけないでしょNHK、クローズアップ現代。
いかにも一般人風な若者や子連れだけじゃなく、中心で旗持ってる年配の人にもインタビューしろよ?

組織強化の絶好の機会とそっち系の方々がハッスルするのは分かるがなあ。

言うなれば日本近代産業史の縮図

日本の古本屋で注文していた本が届きました。
ちょっと高い
江口茂「日本の懐中時計 明治・大正・昭和変遷史」 開成出版
本書は国産機械式懐中時計のALLカタログで、セイコー・シチズンの巨頭は勿論のこと、明治頃にポッと出ては消えたメーカーの時計も網羅した労作です。
大阪ウォッチ

エンパイヤ

盲人用
写真にある大阪ウォッチと呼ばれる時計は金無垢で120円とあります。現在の貨幣価値に換算すると200万円くらい?
結構高い気もしますが、今でも金無垢の腕時計ならそのくらいするモデルはありますよね。

限定1000部のそこそこ稀覯本です。

昨年東京に出張した折に神保町の古書店で見かけたのですが、その時は高くて購入を断念。
今回日本の古本屋経由でこれまた神保町の通販専門古書店より購入しました(値段は同じくらい)

本書のラインナップで特に面白いと思ったのが、セイコー(精工舎)の俗に「セイコー・ナルダン」と呼ばれる時計。
ユリスナルダンの時計そっくりに作ったものの、当時のセイコーの技術では完全にコピーしきれず、町の時計屋で分解すると必ず歯車が曲がって破損したとか。
そして時計屋では手に負えず精工舎に送るもこちらでも修理できず新品交換が常であったと。

現在ですと中国コピー品でもなかなか無いような心温まるエピソードですが、かつては日本にもなりふりかまわずがむしゃらに突っ走っていた時期があったのですな。

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード