変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

2014年7月まとめ

更に少々買い足しまして。
2014年7月末在庫
芥川龍之介「河童 他二篇」
バルザック「海辺の悲劇 他三編」 岩波文庫

「河童」は読みました。風刺の効いた内容と、憎めない河童の描写が楽しい作品でしたが、他の二篇も含めて芥川さんのギリギリ感が伝わってきて、読んでいると少ししんどいですな。

7月まとめ
買った本 14冊
読んだ本 19冊     ※漫画、雑誌は含まない、ラノベは含む

積読はあと1冊。というか今読んでいるので積んではいません。

8月は長めのお休みがあるので在庫は多めに持っておきたいものですが、
BOOKOFFにでもなんか手頃な出物はないものか。

〽酒は呑め呑め 呑むならば 

奥殿の飲んでいたズブロッカの匂いを嗅がせてもらう。
ズブロッカ 500ml [正規品]ズブロッカ 500ml [正規品]
()
ズブロッカ

商品詳細を見る

ほんのり桜餅の匂いがして非常に美味そうなのだが、40度の酒など飲んだら死ぬし…

先日こちらの本を買って読む。
暇つぶしに最適の一冊
青木正児「酒の肴・抱樽酒話」 岩波文庫
中国文学を下敷きにして、酒や酒の肴を自分の興味の向くままに面白おかしく書き綴ったエッセイ集。
読後は無性に豆腐を肴に冷酒をあおりたくなる…
こんな感じ?


思ってみただけ思ってみただけ~。

酒が飲めない体質なのは残念至極。
下戸も鍛錬すれば多少は飲めるとはよく聞く話なれど、そこまでする気は毛頭なし。

それは、血を吐きながら続ける悲しいマラソンですよ・・・

積読の在庫が少なくなったので、古本・新刊から少し買い足しました。
買ってすぐ読んでしまったので焼け石に水っぽくなってしまいましたけど。

古本
マカートニー「中国訪問使節日記」 東洋文庫
18世紀末頃のお話
乾隆帝に謁見する際、三跪九叩等をするしないで一悶着あったことで有名なイギリス使節の記録です。
少々かげりが見えはじめてきているものの、最盛期の清朝の様子が垣間見れて興味深い本でした。
ほぼ同時期に書かれた朝鮮朝貢使節の記録も併せて読むと、東洋と西洋の両視点で乾隆末期の中国社会を伺えます。
熱河日記 1―朝鮮知識人の中国紀行 (東洋文庫 325)熱河日記 1―朝鮮知識人の中国紀行 (東洋文庫 325)
(1978/03)
朴 趾源

商品詳細を見る


新刊
七月隆文「俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件8」 一迅社文庫
今月買うべきラノベはもう一冊ありました。しかも私の一番好きなヤツ。
なんかエロいね
…なんですかなあ、この大きな帯は。別に下にはエッチな絵が隠れているわけでもなし。
今回はヒロインの実家が破産するとかシリアスな感じの始まり方でしたが、内容はいつも通りで、しかも舞台を変えていましたので、少し新鮮かつ面白く読めました。最後はあっさり元の鞘に収まりましたし。
この作品の欠点といえば、毎回20分で読めてしまうところでしょうか。
もう少し長持ちしてほしいので、次巻はぜひ800ページで出してください。

少ない在庫も読んでしまいました。

猪俣津南雄「踏査報告 窮乏の農村」 岩波文庫
昭和初期の農家の困窮振りを綴ったルポルタージュ。巻末の解説によると筆者はバリバリの「主義者」らしいので、もしかしたら少々内容を盛ってあるのかもしれませんが、戦前の農家は構造的に豊作でも凶作でも困窮するようになっていたようで。
個々のエピソードでは、三陸海岸沖の農民達が、貧困に喘ぐなかでも政府から津波の補助金が支給されるので、「津波様」とかつての大災害をありがたがっているというのが非常に胸を打たれました。

倉橋由美子「スミヤキストQの冒険 」 講談社
汗と体液の臭いが漂う昭和40年テイストにあふれる作品でした。

ボッカッチョ「デカメロン」 河出書房新社
買ってから読了までに二年も費やしたのはこの本がでかすぎるから。寝床や会社で読めないじゃないですか。
決して面白くないわけじゃありません。
訳は丁寧で注釈も豊富。巻末の解説などはそれだけで一冊の本にできるほどの充実ぶりでした。



なんとなんと、積読の在庫が無くなってしまいました。
また買ってこなければ。

あと二ヶ月、待ち遠しいこと

「閃の軌跡Ⅱ」のOPがようやく公開された模様。

ニコ生よりの転載らしく、終盤妙な声が入っていてちょっとびっくりします。
ついでに店頭用PVも。

今回やたらとキャラが増えて楽しみなのは楽しみなのですが、果たして上手に風呂敷を畳めるのやら…
ちょっと心配でもあります。
「碧の軌跡」において帝国での暗躍がほのめかされていた蛇の使徒「破戒」さんは新規キャラなのか、それともファルコムお得意の意外なあの人展開なのか。
実はオリビエがそうでしたぁ♡なんてのはご勘弁願いますよ。
いや、過去作にちょっとだけ登場した第四使徒の口調が少し似てるような気がしたものですから。

海外版のムーンライト伝説は初めて聴いた

最近リメイク版を視聴したのを機にセーラームーン関連の動画を漁っております。
こちら海外の新作。


250名の合作とのこと。妖魔オニワバンダナだったっけ?
非常に出来の良い動画なのですが、1カット毎に絵柄が変わるので観ていると不安な気分になってきます。

血まみれの6周年

このブログを始めて今日で6周年でございます。
ちりも積もれば山となるわけですね。あくまでもゴミの山ですがー。

さて、今朝ワン公にご飯を与えた後、犬缶のガラを洗っていた時のことでございます。(今の季節、洗わないと臭いますから)。
タワシで奥までしっかり洗っていたところ、不意に缶のフタが右人差し指にサックリ刺さってしまいました。
結構深く切ったようで血が大量に流れ出し、慌てて指をしばって止血を行いました。
一旦血は止まったものの、動かすと傷から滲んでくるので、本日は半休を取って病院に行こうと思い立ち、
会社に「すんませーん、犬缶で指切りました」と連絡を入れ、とりあえずリビングのソファーで安静にしておくことにしました。



そのまま三時間爆睡してしまいました。しまった、もう昼までに病院行く時間がねえ。
幸いなことに血は止まっており、指先まで感覚はありますので、あえて病院で縫ってもらわなくても良いかなーと素人判断。

血まみれの指をよく洗って再度手当てした後に出勤することと致します。

暑気払いに…

雪ミク買うてみました。
雪ミク
一時期値段が高騰しておりましたが、この頃は定価付近まで落ち着いてきましたので。

早速他のミクさん達と並べてみました。
三ミク
うむ。

今回買ったのは薄い本ばかりです(エロくはないよ)

積読の在庫が無くなりかけたので、古本を少し補充しました。全て岩波文庫。
今回は暗い作品メイン
「ワーグマン日本素描集」
芥川龍之介「侏儒の言葉」「歯車 他二篇」
猪俣津南雄「踏査報告 窮乏の農村」
芥川を読みたくなったからといってこの二冊をチョイスしたのは、いきなり最終回から読み始めるようなものでちょっと失敗だったかと反省してみたり。

どれも短いお話又はイラスト主体でしたので、買った翌日には上から三冊は読んでしまいました。
また何か補充しないといけませぬ。

さらばアルファGT

R1のオーバーヒートの件でディーラーより連絡あり。
クーラントがドレンプラグから漏れており、おそらくは今年の車検でクーラントを交換した際にドレンプラグに微細なゴミでも付着して、わずかな隙間ができていたのであろうとのこと。
「というわけで今回はこちらの責任の可能性大なのでお代はいただきません。サーセンっした。」

むう、私は昨日奥殿に大喝されたものの、すっかりアルファGTを買う気になってましたよ。
逸る気を鎮める為に本棚から福野礼一郎さんの本を引っ張り出し熟読し、
極上中古車を作る方法 (別冊CG)極上中古車を作る方法 (別冊CG)
(2004/06)
福野 礼一郎

商品詳細を見る

格安の中古外車を買うと後でどんなヒドイ目に遭うか頭に叩き込んでいたとゆーのにいー…

車を買い替える大義名分が消失して消化不良気味のワタクシ。

このクソ暑いのに勘弁してくれ~

外出中に急に車のエアコンが効かなくなってしまいました。
先月エアコンの修理したばかりなのに許さんぞぉ!修理代返せ!!
と息巻きながらディーラーに駆け込んだのですが、
診断の結果はエアコンの故障ではなくオーバーヒートとのこと。
我がR1はまたしても入院と相成りました。
今度の修理代はなんぼや~?

こう故障が続くと買い替えを検討したくなります。
実は近所のオートバックスにアルファGTが60万で売りに出されておりまして。
47533.jpg
photo_main.jpg
※写真はネットで拾ってきたものです。

年式のわりには程度の良い外観とタン革内装にかなり心惹かれます。

奥殿に話したところ、「60万のアルファロメオ買いたいとか気は確か!?」と怒られてしまいました…

高校の授業でこれかあ…

某新聞のデジタルサイト→2chという孫引きですのであえてソースを出しませんが、、、

とある高校で集団的自衛権を考える授業を実施したそーです。

先生例えとしてドラえもんを引き合いに出し、
曰く、米国は「ジャイアン」、日本は「のび太」。
曰く、「のび太が武装して僕は強いといっても、本当に自分を守れるかな」
そして、「武装してけんかをするか、何も持たずやられるのか、選択肢は二つじゃないよね」 と。

うーん、私の感想は2chのレス群とほぼ同じ。
のび太が武装すると鬼神レベルの強さを発揮する。特にハジキ系。
しかものび太は武装していると躊躇せず攻撃してきます。自分の強さにおののいて攻撃できなくなるガンダム系のチキン野郎とは違うのですよ?
また、米国をジャイアンに例えていますが、今の片務的な同盟関係だとドラえもんの方が適切なのでは。
丸腰では話が通じないという点では、ジャイアンはアソコだな。(あえてどことは言わない)

先生は57歳とのことで、実際にはドラえもんをあまり読んだことも観たこともないのかなあ。
特に国家レベルのドンパチも起こる劇場版はほとんどご存知ない?
だって我々直撃世代以下ならば、こんな大雑把な見立て3秒でツッコミが入りますぜ。
生徒さんたちは優しいネ。
img_11.jpg
img_0.jpg
chikyuhakai.jpg

三連休初日は…

何をするでもなく、部屋で寝転んで読書をし、眠くなったらそのまま寝て、目が覚めたら読書を再会したりして時間をつぶしました。
たまにはこんなルーズな時間の使い方も良いものです。
そんなこんなで先日買った芥川龍之介の「支那游記」を読んでしまいました。
100年前の本とは思えぬ保存状態の良さ
大正から昭和初期くらいの出版で価格が2円以上する本は、紙質も印刷の状態も良く大変読みやすいです。
本書は芥川龍之介が毎日新聞社の依頼で4ヶ月近く中国各地を旅し、帰国後執筆した旅行記です。
全体的に斜に構えたような文体でしたが、当時の中国の風俗世相を細やかに描写していて非常に面白かったです。
特に上海での京劇見物などは日本の歌舞伎興行と比較して興味を惹かれました。
また、在上海のとある邦人女性に「先月中央公論に発表した『鴉』という小説は大変面白うございました」と褒められた芥川が「あれは悪作」ですと謙遜した返事をし、(『鴉』の作者宇野浩二にこの問答を聞かせてやりたい)と述懐するなどちょっとしたユーモラスなやりとりもいくらか挿入されており、最後まで飽きずに読み進められました。

私、お恥ずかしながら芥川龍之介の作品は国語の教科書に載っているようなものしか読んだことなかったのですが、これを機に他の作品も読んでみたくなりました。

新聞の投書ネタのようで相すみませぬ。

一昨日のこと。

帰宅途中に、押しボタン式信号機のある横断歩道を渡る小学生を見かけました。
abbyroad.jpg
※写真はイメージです。

手を挙げて横断歩道を渡りきった小学生は、信号待ちしていた対面両側の車にペコリペコリと頭を下げてから歩道を歩いて去っていきました。

うむむ、なんという礼儀正しい子供か!

感動のあまりその子供が通っているであろう小学校に電話をかけたくなりましたが、それではあまりにも不審人物すぎるので、ぐっとこらえて帰宅後奥殿に話しただけで済ました次第でございます。

たったこれだけのことでその日の晩と次の日一日中気分が良かった実に安い私でした。

今月はこれ一冊

読みたいラノベが少なくて寂しい。
最近は購入ショップ毎に特典が違う場合が多いのね
白鳥士郎「のうりん 9」 GA文庫
Amazonで買ったから特典のミニ小説付きです。超やっつけ仕事な内容もまた趣き深し。

で、本編は…
長期シリーズになると大体同じような構成になるのは仕方がないとしても、前半のパロディーが長すぎるような気がします。
延々とドラゴンボールやってたかと思うといきなりZガンダムの最終回になって〆とか…
後半の文化祭展示即売会はこれぞ農業高校な雰囲気が漂っていて面白かったです。
絶対この作者はパロディーじゃなくて素の文章の方が良いと思うのですけどのー。
パロ入れるなら一章丸ごとじゃなくて要所要所でさりげなくね。
ラストのシリアスパートが取材した内容丸写しっぽいのももはや作風なのか…

まあ、次回は先生メイン回らしいので超期待しております。

7月に入って読んだ本

上原栄子「辻の華 くるわのおんなたち」 時事通信社
マルタン・ナド「ある出稼石工の回想」
横山源之助「日本の下層社会」
中勘助「堤婆達多」 岩波文庫
ゾラ「制作」 聚英閣
安部公房「第四間氷期」  講談社

ルーゴン=マッカール叢書はこれにて読了。藤原書店のゾラセレクションの他の巻も買ってみようかと思う今日このごろです。
ずっと残っているデカメロンも八日四話目くらいまでは読んでます。

そろそろ在庫を積み増しせねば…

高橋留美子さんの得意ジャンルはラブコメとホラー

コンビニでなんとなく雑誌を物色していると、こちらが目に留まり…
鏡が来た
もう高橋御大の作品は読んでいないのですが、表紙一面のイラストとでかでかと「高 橋 留 美 子」と書かれていてはついつい買っちゃうじゃないですか。
いい加減にしろよこの商学館め。
スペリオール買うのは生まれて初めてです。「サンクチュアリ」が連載されていた頃立ち読みはしていましたけど。

読みきり作品の「鏡が来た」は昨今の御大作品にしては珍しくコメディ要素がほとんど無いホラー作品でした(私が知らないだけかも)。
グロ描写や流血の惨事は高橋御大の得意技ですし、お話も今風の要素も取り入れつつ手堅くまとめられております。
この作品もそのうち短編集に収録されると思いますが、何年さきのことになるか分かりませんのでファンはコンビニなり書店なりに急ぐがよろしかろうでございます。


巻末のサイバラさんのエッセイ漫画も面白く、まあ350円分の価値はありました。

パエリア美味しゅうございました、生ハム美味しゅうございました

続き

お食事は市内商店街のスペイン居酒屋でいただきました。
まずは乾杯です。これからもよろしくな~。
私は水だけ
奥殿はシェリーだのワインだの次々と杯を重ねていきますが、私は飲めないので食べる専門です。
とこぶしのパエリア
色々注文しましたが、特に最後に食べた生ハムが絶品でした。あのような豚々した濃厚な味の生ハムは食べたことがありません。

店を出たあとは近くのカフェでちょっとお茶してから帰りました。

今日は良き一日でありました。

食前テスラ

結婚記念日にささやかなお食事でもと高松市街地まで出かけたのでございます。

商店街に変わった車が展示されているのを見かけ…
なんだコレ、マセラティ?いや違う…
おお?
こ、これはテスラ!
日本に進出していたのか
テスラモーター日本に進出していたとは知らんかったー。
スタッフが外人さんで、流暢な日本語で群がるオッサン共の対応にあたっておりました。
それではオッサン中に乗り込んでみましょうそれっ。
デザインそのものはシンプルだが…

これは凄すぎ
全体的ににはオーソドックスかつシンプルデザインですが、インパネ周りが全て液晶モニターになっているのには度肝を抜かれます。
未来的というか、アメリカンというか、大味というか…
もう一つ凄いのがトランクルーム。
バッテリーはどこにあるんだ?
電機自動車故にエンジン類が存在しないので、車体の前後に広大な収納スペースが存在します。
お子様専用席
特に後部には子供限定ではありますが、座席まであります。アホやー。

しかしこれほど大きな車を軽快に転がすとなると、バッテリーもかなり大型のものが必要ではないかと思うのですが、床下にでも収納しているのでしょうか?

それにしても珍しいブツを拝むことができました。
パンフレットまで貰ってホクホク顔で、目的地のスペイン居酒屋へと向かうのであります。

マッチ売りの…

斎藤昌三「日本好色燐票史」 靑園莊
エログロ趣味サイコー
昭和23年刊行で、限定300部の私家版といってもよいような本です。
戦後まもなくの本は非常に紙質の悪い本が多いのですが、こちらは厚みのたっぷりある和紙を使用しており、保存状態も良好です。
タイトル部分には金属プレートが使用されています。
署名入り
限定300部のうち私の購入した本はトリの300番。筆者の斎藤昌三さんは猥褻本研究で有名な方です。

本書の内容は、筆者が大正末から昭和15年頃にかけて蒐集したマッチ箱の複製ラベルを貼り付けて簡単な解説を加えたものです。
マッチ箱といってもわ印研究の泰斗ですからただのマッチ箱ではなく、カフェー、バー、ダンスホール、女郎屋等々当時の大人の社交場のマッチ箱です。
カフェー
カフェじゃなくて「カフェー」でございます。キャラメルマキアートが云々のお洒落なお店ではなく、「女給」さんがお客にちょっとしたサーヴィスをしてくれたりする…
犯罪公論
大正末から昭和初期にかけて大流行したエログロ趣味を取り入れた図柄も多くあります。
このセンス!
ごめーん
一つだけ「原票を紛失致しましたので復刻不可能となりました」と書かれた紙が貼付されておりました。わざわざ書かなければ分からないものを。これは筆者の遊び心と解釈しておけばよろしいのでしょうかね。
チャブ屋
横浜は本牧で外国人船乗り相手に繁盛したダンスホールと女郎屋を合わせたような形態の商売「チャブ屋」のマッチもあります。
チャブ屋といえば「本牧お浜」なんかが有名ですね。

当時は野球とサッカーで放映中止になる度に悶えていたもので…

なんとセーラームーンの歴代OP集とな!!

これはたぎる、血がたぎる!!
ちゃんと最新作のCrystalも収録しているところがニクイよね。
一度も観たことのない実写版もとても面白そうです。
途中で観るのをやめたセーラースターズともども機会があれば観てみようかな…

74号と75号と76号と77号

配本も残すところ二回となった(多分)「世界の貨幣コレクション」です。
8月配本で終わり?
今回はロシア(ソ連)の5ルーブル札、ウズベキスタンの3スム札、エストニアの20センティ玉、マカオの10アボス玉、エクアドルの1スクレ玉、スーダンの25ピアストル札です。
今回のお札は全て子供銀行券サイズ
今更ながらですが、このシリーズはメインの世界各国の貨幣紹介とお金に関する様々なコラムで構成されておりまして、
今回75号の特集「貯金箱図鑑 ~世界各国の貯金箱~」はお国柄が滲み出て見ごたえがありました。まあ、世界各国と言っても日本+欧米なんですけどね。
実にカラフル
また、続き物特集「江戸時代のお金」は今回で7回目となっており、江戸時代の通貨政策を微にいり細にわたり解説しており、これだけで一冊の本にできそうな勢いです。

さて、本当に次回配本で終了なのでしょうか。

13年目は「レース婚式」とな

おお、今日は結婚記念日ではないか。
13年とはまだまだこれからでございますな。

台風が過ぎたらどこかへお食事に行こう。

高望みはしないけど、これからも二人仲良く健康に暮らせますように。

ちょっとだけ豪気に

注文していた古本が届きましたのよ オホホ。
全部初版
斎藤昌三「日本好色燐票史」 靑園莊
芥川龍之介「支那游記」 改造社
倉橋由美子「スミヤキストQの冒険 」
安部公房「第四間氷期」  講談社

古め二冊は渋い帙装丁。この帙はオリジナルではなく古本屋さんがかけてくれたものっぽいです。流石は神田の古書店ですなあ。

中身はこんな感じ

日本好色燐票史(昭和23年)
エログロ趣味サイコー
著者の斎藤 昌三さんは猥褻本研究などで有名な方で、本書は当時のバーやカフェー、待合などのマッチ箱のラベルを集めたもの。
このセンス!
なんと本物のラベルを本に貼り付けております。その数78枚(だと思う)。
限定300部で私の購入した本は300番でした。キリ番ゲットでございますな。
この本は眺めているだけでも実に愉しいもので、読了後もう少し詳しく紹介できればと思います。

支那游記(大正14年)
100年前の本とは思えぬ保存状態の良さ
この本は芥川龍之介が毎日新聞社の依頼で書いた中国旅行記です。
先日読んだ本に本書のことが度々引用されておりまして、読んでみたくなった次第です。


追記:7/8 「日本好色燐票史」に貼付されているのは本物のマッチ箱ではなく、作者のマッチ箱コレクションを複製したラベルでした。
まあ、よくよく考えたら300個も同じマッチ箱持っているわけありませんわな。
でもこの複製ラベル、カラフルでとても美しいです。

お腹痛いから明日会社お休み!!  …できるわけない

土曜は一日中右脇腹に鈍痛を感じており、実に憂鬱でありました。
どうやら金曜の夜にちょっとだけのつもりで部屋の小さな長椅子で仮眠したのがまずかった様子。
小さな椅子に無理やり体を折り曲げて横たわり4時間近くも眠りこけていたので肉離れが起きたのではないかと。
…もしくは肝臓ガンとか?

まあ、痛みを感じるほどのガンなら何やっても無駄なのでひとまず置いておくとして、鈍痛の原因が肉離れと仮定して、
昨晩はセーラームーンを拝んだあとはゆっくり入浴して早々にお眠しました。

朝、目が覚めると昨晩の不快な鈍痛がキレイに消えていました。
ああ、なんと素晴らしいことか。

最近体が固いから、ちょっとでも寝相が悪いとこんな事が起きるんだなあ。

月の光は愛のメッセージ

うをををを!!
土曜の夜にセーラームーンとは何年振りだよコンチクショウ!!!

本日よりニコニコで配信が始まった「美少女戦士セーラームーンCrystal」を観ました。
なんか完全原作準拠の構成なんですな。
新作アニメを観ているとは思えないほど既視感ありまくりでした。

声優さんについてはうさぎ役の三石さん以外のキャスティングは変更されているものの、どなたもオリジナルに近い雰囲気で演技しているのでロートルも安心して観れましたよ。

これから気になるのは、
・他のセーラー戦士の声と性格付け、特にレイちゃんの性格は原作と旧アニメ版のどっち?
・これは全何話なんだ?
・クイン・ベリルは誰が声を担当するのか、潘 恵子さんなら最高だが?
・クンツァ伊藤さんとゾイ斉藤さんのホモカップル設定はあるのか?
・クンツァイトの声にはぜひ曽我部 和恭さんを!!!(無茶言うな)

思い出補正が強すぎて新作は受け付けないのではないかと心配しておりましたが、とりあえずはハイクオリティな出来で安心しました。

取らぬ狸の皮算用

そろそろボーナスですので、思い切ってちょっとお高い古本を買ってみることにしました。
いやー、先日中野書店の目録が届き、何気にぱらぱらとめくっていると気になる本が何冊かあったものですから。
眺めるだけでも楽しい
目録買いも楽しいものですが、またいつか神田の古書街巡りをしたいものです。

日曜か月曜には届く予定で今から楽しみです。

会議中に飲むコーヒーは苦い

ちょいと生産部の品質向上ミーティングに混ぜてもらいました。テーマは「ポカミス撲滅」。

主任A:皆なんかやると「以後注意します」と言うけど、もっと環境を整えないといつかは再発するよな。例えばこの前のスイッチ切り忘れの件、あれなんかスイッチ入ってる間ずっとエレクトリカルパレードのテーマでも流しておけば良いんじゃね?

一同:笑い

私:(名案だが流す音楽はレッドショルダーのテーマの方が俺は…)


うん、特に意味はありません。

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード