変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

2015年9月まとめ

9月まとめ
買った本 10冊
読んだ本 13冊     ※漫画、雑誌は含まない、ラノベは含む

買った本読みつつ積読も少しずつ消化しております。

積読はあと27冊

9月ラノベ事情

一時購入数が減っていたラノベですが、最近はまた増えてきたり。
以下は今月買って読んだラノベです。
9月購入分
LaseNote.「ミカグラ学園組曲1~5」 MF文庫J
白鳥士郎「のうりん 11」 
大森藤ノ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9」 GA文庫
赤城大空「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」 ガガガ文庫

つい先日まで放映していた下ネタのアニメは神がかり的な出来でしたな。
あれで原作二巻分とは…
二期こないかなー

9月読んだ本 そのいち

買ってきて読んだ本
文庫二冊
帚木蓬生「蝿の帝国 軍医たちの黙示録」 
中村文則「悪意の手記」 新潮文庫
悪意の手記は虚無的な心理描写がなかなか読ませます。

他に昭和天皇実録の2巻も読みました。

中華人民共和国今天成立了

安保関連法案が成立した今日このごろ。
政府が成立を急いだのは、急激な中国の軍拡を警戒してとの説もありますがはてさて。

今回はそんな中共さんの高祖の伝記本を買いました。
藤子不二雄A「劇画 毛沢東伝」 実業之日本社
毛沢東伝
昭和46年の作品の復刻版です。
成立しますた
切り絵と見まがうばかりの太い輪郭線が非常に迫力あります。
また、軍人というより武将といった感じの朱徳さんがイカス。

楽チン楽チン

国勢調査が今年からネット入力対応になってとても楽になりました。
なぜもっと早くやらなかったのでしょうかね。
週末には実家に戻って父にもやり方を指南せねば。

鬼子母神

枯れてしまったブルーベリーを片付けて、新たにザクロの苗を植えてみました。
ざくろ
来年の今頃には実が収穫できるようになっているかな?
とても楽しみです。
今度こそは枯らさないようにせねば…

遅かりし由良之助

リビングのエアコンを掃除」してみました。
フィルターに始まり、内部のフィン、室外機に至るまで念入りに。
結果、寒いくらいに冷房がよく効くようになりました。
おお~

なぜ三ヶ月前にやらなかった…orz

この夏の電気代なんか、1~2万は節約できただろうに…

9月はファルコム新作発売の月

東京ザナドゥ予約しましたよ。

でもなんかいまひとつそそらないんですよね…
ザナドゥの名前を冠するからには、何か一つくらい往年の名作と関連はあるよね?
あると言ってよバーニー

134号と135号と136号と137号

低浮上でも定期ネタはやるのでございます。
世界の貨幣コレクションでございます。
今回から写真は一枚!

今回はボスニア・ヘルツェゴビナの500ディナール札、レソトの1センテ玉、ポルトガルの2セント玉、パキスタンの2セント玉、ラオスの5キープ札、モンゴルの50トグログ札です。
またボスニアとモンゴルか…
これ額面が違うだけでデザインが同じ…
レソトは珍しいので大歓迎ですよ。

怒りの葡萄

庭のブルーベリーに花が咲いた、今年も収穫が楽しみ、と書いたのは4月のこと。
それからどうなったかというと、、、
全・滅!
なぜだか8月頃から実と葉が枯れはじめ、今では二本のブルーベリーが丸裸になってしまいました…

本当にどうしたんだろうか?
猛暑、病気、虫害…
うーん。

このような残念な結果になって、奥殿ともどもがっかりでございます。
ブルーベリー死んでないかな…?
もし枯れてしまっていたら、今度はザクロでも植えてみようかな。

商館時計

久し振りにヤフオクで懐中時計を落札しました。
ブルウル商会

裏

中身

明治30年代の、いわゆる商館時計と呼ばれる時計です。
銀側・稼動品
商館時計とは、商社が海外メーカーに日本向けに発注して販売していた懐中時計のことで、
メーカーの銘が入っておらず、裏蓋を開けると商社(商館)のエンブレムが刻まれております。

備忘録代わりに、以下に出品者の説明書きをコピペ


ブルウル商会(Bruhl Freres、ブルーウェル兄弟商會)は明治期に日本で活躍したフランスに本社を持つ商館です。
活動期間は1887年(明治20年)~1904年(明治37年)。

時計以外にバイクや自動車も扱っており、日本におけるモーターサイクルの黎明期に大いに活躍した会社です。
1901年に同社が輸入した米国製の蒸気自動車が日本で最初に販売目的で輸入された自動車であるとされています。


同商会の従業員であり、日本支店の切り盛りを行っていたリチャード アーベンハイム(後にブルウル商会の日本での事業を継承)が、1901年に輸入したバイクで日本初の遠乗り(京橋~稲毛海岸)を行っているほか、同年、商会が輸入した三台のバイクで本邦初のバイク競争も開催されています

商標の登録時期からおそらく1897年前後製と考えます。

1897年といえば明治30年、第一回オリンピック開催の翌年でもあります。

FHF製エボーシュの12サイズです。

テンプはバイメタルのチラネジ付き。

ブリッジのダマスキーン仕上げや,地板のペルラージュ仕上げは見た目の美しさだけでなく、防錆や金属表面の硬化による耐久性向上の役割も果たしています。


時刻あわせはピンセット(ダボ押し)です。
時刻を合わせる際は、ケース外側一時位置付近にあるピンを一番深くまで押し込みながら、竜頭を回してください。

動品で、テンプの振りも元気です。
日差は平置きの24時間実測で1分以内でした。

過去のオーバーホール履歴は不明のため、購入された方はオーバーホールに出された方がよいかもしれません。

材質は純度80%以上の銀無垢、裏蓋の開閉はヒンジ式のオープンフェイスケースです。

裏蓋内側に1897年にブルウル商会が登録した鷲の商標の刻印があります。

ポーセリン(陶器製)のダイヤルです。

竜頭含まずの48mmです。

FHF(The Fabrique d' Horlogerie de Fontainemelon 通称:フォンテンメロン)は1793年にスイスで創業した最古のエボーシュ供給メーカーです。
商館時計(コロンやBorel Courvoisier等)や同時代の精工舎がFHFのエボーシュを使用しており、明治期の日本において大きなシェアを獲得していたと考えられます。
1926年にはAS等ともに同業者の共同組合「エボーシュSA」創設など、スイスの時計の歴史にその大きな足跡を残しています。



コピペ終わり

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード