変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

イ、イサキは?イサキは、と、取れたの??

今年の初め頃に突如巻き起こったいわゆる「伊達直人現象」。
その善意は大変尊いのですが、やはり施設などに寄付する場合は名乗った上でお金の方がよろしいのではないかと私は思うのです。
しかしこれは例外。


「寒ぶり愛する男」、養護施設にとれたて贈る

44人の子供たちが生活する富山県高岡市の児童養護施設「高岡愛育園」に15日、30歳代とみられる男性が訪れ、寒ブリ2本を置いて立ち去った。

 高級魚として名高い富山・氷見漁港産で、1本3万~4万円。子供たちは思わぬプレゼントに大喜び。刺し身や焼き魚にして味わった。箱には「寒ぶりを愛する男より」との手紙が入っていた。

 高橋源吾園長によると、男性が現れたのは15日午前9時頃。ワンボックスカーで乗り付け、玄関の前に青い発泡スチロールの箱2個を置いた。事務室にいた女性職員に気づくと手を上げ、何も言わずに去っていったという。

 箱には、氷見漁協のお墨付きであるブランド名「ひみ寒ぶり」の文字が記され、10キロと8キロのブリが入っていた。「今日とれた寒ぶりです。皆様で食べてください。寒ぶりを愛する男より」と書かれたB5判の手紙と、「魚屋でさばいてもらってください」と1万円入りの封筒も添えられていた。子供たちは興奮し、「こんな大きなお魚を見たのは初めて」と目を輝かせたという。

(2011年12月17日11時09分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111217-OYT1T00307.htm


寄付する物やらネーミングやらセンス良すぎ!
惚れてまうやろー! ってなものです。
私もぶり食べたくなってきました。

でも本当は食べ物、特にナマモノの寄付はやめた方がいいですよ。

« 冥土の旅の一里塚 めでたくもありめでたくもなし|Top|もっと光を!!(byギョエテ) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hontana.blog105.fc2.com/tb.php/1228-33567633

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード