変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

3月に読んだ本 その1、小説編

積読の山から何冊か抜き出して読みました。

ジュール・ベルヌ「サハラ砂漠の秘密」 創元推理文庫
買って二年近くも積んでいた本ですが、もっと早く読んでおけば良かったです。
物語は二部構成となっており、緊張感ある冒険小説仕立ての前半と、荒唐無稽ながらスピード感があり畳み掛けるように進む後半の一粒で二度美味しい小説です。
19世紀(発表されたのは20世紀になってから)の小説らしく、主人公御一行があまりひどい目に遭わず(死ぬとか陵辱されるレベルで)、最後はハッピーエンドに終わるのも、疲れた中年の脳みそに優しくて安心させられました。

モーリス・ルブラン「水晶栓」 新潮文庫
「813」みたいにルパンが常に守勢にまわるお話ね。
苦戦するルパンはあまり好きではないのだけれど、惚れた女の為なら俄然張り切り不可能を可能にするところはやはり素敵です。
序盤から敵の正体ははっきりしていて、その攻略方を思いつくのに四苦八苦するところも新鮮でした。
あと、堀口大學さんの訳はフランス人に「桑原桑原」とか「南無阿弥陀仏」とか言わせるのがちょっと…

平井和正「真幻魔大戦11 破滅世界のクロノス」 徳間ノベルス
小角が覚醒してベガと再会したと思えば、またフェードアウトして今度は超過去のムウ大陸が舞台となー。
えーかげんにせーよー、と30年以上前の作品にブチ切れてどうする俺。

ハインライン「天翔る少女」 創元推理文庫
「ポディの宇宙旅行」を改題とのこと。
元題の方が作品の雰囲気にはあっていると思います。
内容は、遠い未来なのに1950年代の保守的なアメリカの雰囲気漂ういつものハインライン節。

« 3月に読んだ本 その2、ノンフィクション編|Top|私はお下品な本が三度の飯よりも好きなものですから… »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hontana.blog105.fc2.com/tb.php/1315-6b37ffc9

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード