変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

どですかでん

お盆休みも三日目、さて今日は何をしようか。

奥:ことでんに乗って高松に行こう!

※ことでん=琴電=高松琴平電気鉄道~香川唯一の私鉄で、しょっぱい経営の為、車両の大半は全国の鉄道のお下がりで構成されています。
ことでん旧塗色の頃-高松琴平電鉄・琴平線写真集ことでん旧塗色の頃-高松琴平電鉄・琴平線写真集
(2008/09/25)
吉田 明宣

商品詳細を見る


私:えー、高松なら車でいきゃーええんでない?

奥:ことでんは風情がある!

ま、まあな。

そんなわけで車で10分、ことでん岡田駅に到着。
これは琴平行き
車内はすいていたので、私ら夫婦は車両の先頭に陣取り、にわか鉄オタとなっておりました。
思わず一句詠みたくなる
確かに風情はあるが、線路の草抜きくらいはしようぜ。

電車にゆられて小一時間、高松市街地に到着。
とりあえず本屋に寄らせていただきました。

古書
リバー書房 讃州堂書店にて
工藤宣「江戸文人のスクラップブック」 新潮社
ジェニファー・デイヴィーズ「英国ヴィクトリア朝のキッチン」彩流社
荒俣宏「目玉と脳の大冒険 博物学者たちの時代」 筑摩書房
新刊
「冒険」も欲しくなった
喜国雅彦「本棚探偵の生還」 双葉社

とりあえずキクニさんの本は帰りの車内で読みました。
古本集めも一段落したご様子で、内容はややパワーダウン気味。

その他市内商店街の普段は立ち寄らない場所を中心にぽちぽちと。

近場ながらも旅行気分に浸れた一日でした。

« モルニヤ Molnija Молния (稲妻)|Top|香川はうどんだけじゃないのだよ、君ィ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hontana.blog105.fc2.com/tb.php/1436-4181d9c6

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード