変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

9月の読書感想 そのに

大西巨人「神聖喜劇 1巻」 光文社
「拝啓天皇陛下様」かはたまた「陸軍よもやま話」か、そんな棟田ワールドな兵営小説かと思いきや、
主人公東堂二等兵は恐ろしい記憶力と理論武装で、つっかかる上官達を次々とやり込めていくのです。
ストーリー云々より東堂さんの軍隊生活考察と果てしない思索を楽しむ小説と私は感じたのですが、
果たして二巻以降の展開は如何に。

ポール・アンダースン「大魔王作戦」 ハヤカワ文庫
「高度に発達した科学は魔法と見分けがつかない」、なら魔法でいいじゃないか。そんな小説。
昔観た「のび太の魔界大冒険」のようです(こっちが先だよ)。

E・R・バローズ「合本版・火星シリーズ 第四集 火星の古代兵器」 創元SF文庫
ここまで読み進めると、細部は違うものの話はほぼワンパターン。ヒロインはさらわれヒーローは罠にかかりまくるも最後はハッピーエンド。だがそこがいい。
最終話の木星編が尻切れで終わっているのは、作者が太平洋戦争に従軍して執筆が中断した為だとか。
4巻構成にすると話数が中途半端な為、埋め草に使われた中篇小説「モンスター13号」が存外な面白さでした。

モーリス・ルブラン「ルパン、最後の恋」 早川書房
年をとって貧民街の子供達の世話を焼いたりと丸くなってもルパンはルパン。
相変わらず敵に対しては容赦無く裏をかいて小馬鹿にしまくっています。
推敲途中の遺稿とはいえ小気味よく話の進む爽やかな中篇小説でした。

« もし家で飼うなら名前はダスキンだな|Top|鈴木土下座衛門 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hontana.blog105.fc2.com/tb.php/1475-f15e2ed9

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード