変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

愛の国ガンダーラ

ああ、買って二週間経たないうちに岩波文庫の「西遊記」を読んでしまった。
二割引セール中でお買い得
半年かけて読めばいいかなと思っていたのですが…
とにかくこの岩波文庫版は訳が素晴らしく、平均500ページ×10巻の大作もなんの苦も無くすらすら読めてしまいました。
しかも巻末の訳注も単なる用語解説にとどまらず、作品の背景にある道教的思想や世界観も分かりやすく説明しているすぐれもの。
最終巻の巻末にある作品解題と併せると、これだけでも600ページ近いボリュームで、一粒で二度美味しい構成でした。

…私にとって西遊記といえば日テレのドラマでして、
奥殿のコレクションより
(これは奥殿の部屋より拝借)
今回原作を読んでいる間も常に頭の中で「ガンダーラ」がエンドレス再生されておりました。


まあ、原作は天竺までもが中華風であまり西域っぽい雰囲気はありませんでしたがそれはさておき。
あのドラマのキャラの性格付けも、原作に概ね忠実なようです。
即ち、
孫悟空は自信家で天下無双、正にワンマンアーミー、
猪八戒は食い意地の汚いトラブルメーカー、地の文の三人称に「八戒」と書かれるよりも「あほんだら」「まぬけ」「おたんちん」などど書かれることの方が多い楽しい御仁、
沙 悟浄は空気。
これら原作のキャラクターを、堺正章らが自分の持ち味を活かして上手に消化している印象です。

ただ、原作の三蔵法師だけは私のイメージとは180度とは申しませんが、100度ほどは違っておりました。
徳の高い高僧ですがやはり人間、妖魔の跋扈する西域の道中では泣くわ喚くわ八戒以上のトラブルメーカー、三蔵法師のわがままで一行が窮地に陥ったことは一度ならずありました。
夏目雅子の凛々しい三蔵法師をイメージして読むと目が点になることうけあいです。
a1631b32bbd73c71f52fec1cb55ba39f.jpg

« 2014年8月まとめ|Top|はじめてのジュウ♪ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hontana.blog105.fc2.com/tb.php/2051-3cd7f447

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード