変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

ドンペリ入りました~/12月中旬読書感想/長かった戦いよさらば

今日も帰りに忘年会の景品を買いました。

今日は
酒屋でドンペリ、
トイざらすで積み木セットを買いました。
ドンペリ手に取ったの初めてですドキドキ。
喜んでくれると嬉しいのですが。
あと二人分です。


今月はMF文庫Jで買う予定のタイトルが無くてちょと寂しい。
新規開拓のつもりで一冊買ってみました。
絵は好み
鈴木大輔「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」 MF文庫J
うーん、絵はいい。
妹とか電波な身の周りの人達との掴みどころのない会話も悪くない。
しかしなんといいますか、続巻を出すことを前提にしている為か、始終思わせぶりな設定をバラまくばかりで
ストーリーらしいストーリーがない。
最後にちょっとだけオチらしきものはあったものの、既視感ありありなので35点。
このまま続けて買うかは2巻を読んでみてからです。

以下最近読んだ本
モーリス・ルブラン「リュパンの冒険」 創元推理文庫
正体は終盤まで明かされないが、初登場時から「私はルパンです」と顔に書いてあるような青年貴族とお約束のカタマリのようなストーリー展開、
なんだこれはと最後まで読み進めると解説で納得。
これは先に舞台ドラマとして発表された作品を、モーリス・ルブランが後にノベライズしたものなんですね。
トリックではなく「ルパン物」の雰囲気を楽しむ作品でした。

夢野久作「骸骨の黒穂」 角川文庫
大正・昭和初期の怪奇小説は読んでいる方が不安になるほどフリーダム。
現在なら残酷描写はともかく、差別・障害系の話題はなかなか書けまいて。
九州の方言や独特の奇声と相まっておなじみの夢野ワールドが楽しめます。
角川はこの人の文庫を全て復刊するべき。

筒井作蔵「おそれながら天朝様に敵対するから加勢しろ! 秩父事件を歩く」 街と暮らし社
明治に起きた秩父事件についての本。
いたるところに「オルグ」なんて用語が使われていたり、憲兵隊と衝突した箇所を仰々しく「~戦争」と呼称したりと、そこはかとなく昭和の左翼臭のする文体ですが、要点はよく押さえてあります。
一応旅モノのレーベルですので、秩父事件の概要を学びつつ、埼玉県の山間部の風情も楽しめるつくりの本です。

他に
日日日「ささみさん@がんばらない 4」 ガガガ文庫
E・C・タブ「デュマレストサーガ4 共生惑星ソリス」 創元推理文庫
ハインライン「メトセラの子ら」 ハヤカワ文庫
藪田貫「武士の町 大阪 天下の台所の侍たち」 中公新書
フランソワーズ・デポルト「中世のパン」 白水社
森豊「樹下美人図考」 六興出版
を読みました。
積読はあと40冊。


ついに「涼宮ハルヒの驚愕」の発売日が決定したとか。
5月25日前後編同時発売ですか…
同時に発売なら一冊にまとめればええに。
600ページの文庫なんかざらにあるでしょう。
表紙イラストも発表されていましたが、3年前に使われる予定だった朝比奈さんのイラストはお蔵入?
待っとったでー
これだけ力を入れているということはこれで完結かなあ…
しかし
許す、全て許す
早くでないかなあ。
とりあえずお布施に告知の載ったスニーカーは買うことにします。

« 八丈島のきょん!|Top|人様の景品と自分用のブツを揃えます »

コメント

おお、遂に出るんですねー。だいぶ先なのがちょっと不安ですが

前回は発売日カウントダウンPOPを全国の書店に配布しながら
ドタキャンしやがりましたから…

しかしよく訓練された信者は首長くして待ってるでアリマス。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hontana.blog105.fc2.com/tb.php/905-cce6e7db

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード