変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

苺に貴賎なし

お庭に苺を植えて3ヶ月。
ついに実がなったと奥殿より報告が。

奥:ほら、これこれ。一個だけ。

私:ほう。

ちょこーん

私:あー、○○子さん、○○子さん。

奥:んー?

私:ズバリ敗因は?

奥:おそらくは日照不足。

作物を育てるというのは難しいものですね。
よそ様の写真を拝借して申し訳ないのですが、
titleimg.jpg
上手に育てるとこんな感じになるそうです。


しかし一個だけでも苺は苺。我が家の門出を祝う縁起物です。
夕飯の後にはんぶんこしていただきました。



意外なことにこの見た目の悪い苺、香りが強く驚くほど甘みがありました。
ふふん、やればできるじゃないかネ。

« 強きかな 天を恐れず 地に恥ぢぬ ひねもすのたりのたりかな|Top|歴史は夜作られる(意味が違う) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hontana.blog105.fc2.com/tb.php/923-3e7a9b07

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード