変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

月見コーヒー

2chでみかけた記事です。


韓国の追憶の味、「モーニングコーヒー」は生卵入り

皆さんは「モーニングコーヒー」と聞いて、何を期待するだろう。カフェイン多めの
朝専用ブレンドコーヒーを連想する人もいれば、コーヒーにトーストやサラダ、
ゆで卵がセットになった、いわゆる「モーニング」を連想する人もいるに違いない。
一方韓国では、特に中高年の方にとっては、モーニングコーヒーといえば
「コーヒーに生卵を落としたもの」であるという。あの、個人的には別々に味わいたいのですが……。

韓国でコーヒー教室を受け持つ先生にお話をうかがった。コーヒーに生卵を落とす、
韓国のモーニングコーヒー(韓国語で「モニンコッピ」)は、70~80年代によく飲まれ、
10年ほど前まではタバン(=昔ながらの喫茶店)などで、その姿を見かけることができたそう。
コーヒーに黄身だけを落とすのがポイントで、場合によってはゴマ油を入れることもあるとか。
「あまった白身でジョン(チヂミのような焼きもの)を作って、夕方に売っていたものですよ」と先生。
「当時のコーヒーは質も悪かったはずなのに、意外とおいしく思った記憶があります」

現在のソウルでは、韓国モーニングコーヒーの姿を見かけることは難しいが、
「今でもタバンでお願いすれば、作ってくれるかも」という先生の話を聞き、
私もその追憶の味を一度味わってみたく、いかにも古びた外観のタバンに入店してみた。

ソウルでもお年寄りの姿が目立つ、楽園洞に位置するそのタバンは、
外から見たひなびた感とはうらはらに、店内は中高年の溜まり場となっており、一種独特な活気を帯びている。
注文を取りに来た水商売風のお母さんに、モーニングコーヒーはありますかと聞くと、
「コーヒーに卵を入れればいいんでしょ? メニューにはないけど、できますよ」との答え。
「時々、お年を召したお客様が注文されるんですよ」。
やっぱり皆さん、朝に飲むんですか? と質問すると、「朝も昼も飲んでいかれますよ」とのことである。

http://www.excite.co.jp/News/bit/E1296640347756.html


コーヒーに生卵とかマヂか。
香港でポピュラーなコーヒーと紅茶を混ぜる「おしどり」(鴛鴦茶)は飲んだことがあるけどこれは初耳。
よしやってみよう。

まずカップに卵黄を入れる。
ボケボケ写真1

次にコーヒーを煎れかき混ぜる…
ボケボケ写真2

飲む。
うーん、卵が固まってコーヒーと味が混ざっていない。
卵のカタマリが口に入るたびに卵味がコーヒーの味とは別に感じられる。

それじゃあ、砂糖と牛乳を入れてよくかき混ぜればミルクセーキみたいになるのでは。





ならなかった。
ゲフっ。

記事にあるようにゴマ油も入れれば卵と合って案外美味しいかもしれませんね。
もうやりませんけど。

« もう10数年連載してるのね|Top|新・本棚紹介 その5 »

コメント

コーヒーはブッラクしか飲まないので何かを混ぜるという事は小さい頃くらいしかやった事がないですが、韓国には卵を混ぜるという飲み方もあるのですね。

若い世代に伝わっていないということは、
彼の国でも美味しいと感じる人は少なかったのでしょう。
一言でいうと生臭いコーヒーでした。

味はともかく由来は気になります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hontana.blog105.fc2.com/tb.php/946-c15b16b5

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード