変○紳○の読書とかの日記

読書を中心とした日記を地味に地味に更新しております

小学校の図書室は宝の山だったな

時々、子供の頃に読んだ本をまた読みたくなることがあります。
書名を憶えていれば、手に入れるのは難しいことではありません。
しかし、もう20数年前のことですから、内容は憶えていても書名まではなかなか出てきません。

今回はそんな一冊。

・内容はイタイイタイ病を扱った子供向けのノンフィクション物
・題名には確か「川」が付いていたはず

「神通川」で検索してみてもいま一つピンとこない、それならばもっとダイレクトに「イタイイタイ病」で検索してみては…

一つだけそれっぽい本が見つかりました。
死の川とたたかう―イタイイタイ病を追って (偕成社文庫 (4057))死の川とたたかう―イタイイタイ病を追って (偕成社文庫 (4057))
(1983/10)
八田 清信

商品詳細を見る

うーん、確かこんな題名だったと思うんだが…
「イタイイタイ病」というダイレクトな病名、凄惨な症状、町医者荻野さんの奮戦、頑なに責任を認めない大企業、と
大変に心に残る内容で、小学校の図書室から何回も借りたものです。

Amazonのマーケットプレイスでは値段がアレなことになっていましたので、「日本の古本屋」で検索、
常識的な値段を付けている古書店から購入することにしました。

これが昔読んだ本だと嬉しいのですが。
さあ、どうなる。

« え、何? 南野陽子が結婚したって?|Top|お願い、もっと増量して… »

コメント

おお、こんなのがあるのですね。
他にも探している本があるので活用してみます。

掲載されていた「覚え違いタイトル集」の中に

「田んぼの中にタガメがいる」≒「誰がために鐘は鳴る」

というのがあって、不覚にも咀嚼していた朝食を噴いてしまいました。
流石にそれはちょっと違うんじゃあ…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hontana.blog105.fc2.com/tb.php/966-9c444e57

Top

HOME

hentaisinsi

Author:hentaisinsi
登場人物

変○紳○:本好きな40代、
       フルスロットル。
中の人  :中の人。
       ガス欠気味。
奥殿   :変○紳○のラバさん。
       酋長の娘ではない。
       中の人の配偶者。
       いつもマイペース。

FC2Blog Ranking

よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

この人とブロともになる

QRコード